ブルー プロトコル スペック。 【ブループロトコル】PS4版は出るの?推奨環境・スペックから予想

「ブループロトコル」PS4でプレイできるの?推奨スペックから予想してみた

ブルー プロトコル スペック

目次 PC限定?PS4は? 現在、絶賛開発中のブループロトコルですが、 CBTの段階ではPCでしかプレイができません。 しかしまだCBTの段階です。 他のオンラインゲームにはPS4にも対応しているものもあります。 サービス開始時には対応されるか、スペックをもとに調べてみましょう。 流石に古い?PS4のスペック PS4にはPROやスマートといったものもありますが、今回は 初期型と呼ばれるもので比較します。 なぜ初期型で比較するかというと、ハイスペックなPROだけが推奨スペックを満たせても、 初期型が満たせなければ対応しない可能性が高いからです。 そしてこちらが 初期型のスペックです。 グラフィックボード: 1. メモリ:8GB CPUとグラフィックボードについては専用のものですが、調べたところ、 Intel Core i5-2500K・GTX660 Ti相当らしいです。 推奨環境との比較 ではこれをもとに 比較をしていきましょう。 どの項目もスペックを満たせていますね。 というわけで 対応される可能性はあるかもしれません。 満たせても対応されないかも・・・ しかし、上記の通り 最低限必要なスペックは満たせているPS4ですが、 必ず対応されるとは限りません。 PS4が対応されないかもしれない理由 PS5の存在 2020年中に発売されるらしい PS5は、PS4より当然性能が高いです。 ブループロトコルが 現在の開発ペースで進むと 、おそらくPS5の発売とほぼ同時期にサービス開始すると思われます。 CSでプレイする層は、 PS5で対応すれば十分と判断されれば、PS4での対応はされなくなるでしょう。 コロナによる開発の遅れなどを考慮すればさらに遅くなるかもしれません。 どちらにせよ PS5のみ対応する可能性は十分にあります。 CS機に対応しない可能性 そもそもCS機への対応予定がないかもしれません。 CBTでもPCでしかプレイできませんし・・・ 結局どうなの? スペックは満たせているので、 対応することは可能だが、実際にされるかは運営次第。 といったところでしょうか。 PS5でも実装されるかは分からない上、 CBTではPCのみの対応でした。 また、 実装されても PS4では低画質でしか遊べないです。 折角なら美麗なグラフィックで楽しみたいですよね ブループロトコルは 劇場アニメに入り込んだような美麗なグラフィックが特徴です。 どうせなら 最高画質で楽しめるゲーミングPCを用意した方がいいでしょう。 推奨スペックを満たしたPCの紹介はコチラから。 まとめ• 低画質ならスペックは満たせる• しかし実装の可能性は高くない• CS機で実装されるかわからないのでゲーミングPCを買うほうがいいかも だいたいこんな感じでしょう。 折角なら ゲーミングPCを買っていろんなゲームを遊んでみるのもいいんじゃないでしょうか。 これを機にPCゲーデビューしてもいいんじゃないでしょうか。

次の

ブループロトコルのPCスペックの本当のおすすめはどれくらいか?(CBT時点)

ブルー プロトコル スペック

ブループロトコルでコントローラーは使える? PCゲームの場合、マウス+キーボードしか使えないゲームもありますが、「ブループロトコル」はコントローラーも使用可能。 BLUE PROTOCOLでは、以下のゲームパッドを動作対象としております。 ブループロトコルの推奨スペック PC版「ブループロトコル」を 「最高画質」で遊ぶための推奨スペックです。 ・OS:Windows 10 (64-bit 日本語版) ・CPU:IntelR Core? i7-7700 ・メモリ:16GB RAM ・グラフィックカード:NVIDIAR GeforceR GTX 1060(6GB)AMD Radeon? 「中画質」の推奨スペックなら一昔前のPCで事足りるスペックなので、「スペックが足りなくてPS4版は出ない」ということも無いと思うので、PS4版のサービス開始は今後に期待したいですね。 ブループロトコル ベータテストの評価 4月23日~4月26日に「ブループロトコル」のオープンベータテスト(OBT が実施されました。 個人的には「出たらやってみたいな~」と思ってたゲームでしたが、ベータテストが実施されていることすら知らなかったのでやってません。 ブループロトコルが注目される理由 オンラインゲームはあまり詳しくないのですが、「ブループロトコル」はMMORPGというジャンルのオンラインゲームのようです。 なぜ、「ブループロトコル」が注目されているか?というと、 「アニメ調のグラフィック」だと思います。 MMORPGというジャンルのゲームはあまり好きではありませんが、このゲームが気になった一番の理由が「アニメ調のグラフィック」 面倒くさい仕様 「ブループロトコル」にはストーリーもあるようですが、オンラインゲームなので基本は お使いクエストの繰り返し。 同じようなお使いクエストを何度も何度も繰り返すのはオンラインゲームなら普通なのですが、お使いクエストの道中が何かと面倒くさいそうです。 フィールドを移動するときにモンスターに乗って移動できるそうですが、モンスターにはスタミナがあり スタミナが切れると使えなくなるらしい。 鑑定システム クエストで必要な素材を手に入れるのに、敵を倒して素材を手に入れるのではなく、敵を倒して鑑定アイテムを手に入れて、それを 一度街に戻って鑑定してもらう必要があるそうです。 しかも、それがクエストに必要な素材になるかどうかはわからないらしい。 また、アイテムを入れるバックパックの容量も少なく、敵を倒してるとあっという間にバックパックが満タンに。 実際やってないのでわかりませんが、説明を読むだけで超絶面倒臭そう。 あとがき 基本無料プレイで遊べるので、正式にサービス開始されるようなら一度は遊んでみたいと思ってます。 「ブループロトコル」のアニメ調の綺麗なグラフィックというのは貴重ですし、これからの調整で長く遊べるようなゲームに仕上がってほしいですね。

次の

BLUE PROTOCOL(ブループロトコル) 推奨動作環境と感想|ブループロトコル好きの あの日のブルプロブログ

ブルー プロトコル スペック

アニメ調の新作MMOブループロトコル ついに期待の新作MMOの公開が近づいてきました! 既にクローズドベータテストも終わり、 正式リリースを待つ段階です。 今回はテストプレイで分かった、 色々な 楽しい機能から実機プレイの評価などをご紹介したいと思います。 ブループロトコルとは? まず、はじめにブループロトコルについて紹介します。 本作は、 「基本無料」です。 バンダイナムコから配信され、 パソコンで遊ぶことができる 国産の新作MMOアクションゲームです。 現段階で、ブループロトコルは、 PS4などの家庭用ゲーム機で実装される予定はありません。 プレイするにはパソコンが必要です。 必要スペックは下記の通りです。 課金要素について 基本プレイ無料のブループロトコルですが、 課金要素はどういったものなのでしょうか? 現在予定されている課金内容は、 衣装やエモートや時短アイテムです。 課金すれば 強力な武器防具が手に入る仕様ではないため、 札束で殴り合うゲームにはならないようです。 ベータテストなどでユーザーの意見を多く取り込んでおり、 ユーザーファーストの印象が強いため、 運営方法についても安心ですね。 ソロプレイで遊べるの? 本作のベータテストを遊んでみた感想ですが、 ソロでも十分ストーリーを進めることができます。 他のプレイヤーとパーティーを組めば 冒険が楽になるといったようなバランス設定です。 高難易度のダンジョンについて 難易度の高いダンジョンでは、 強力な武器や防具を手に入れるために周回することになります。 仲のいいパーティーメンバーがいればいいのですが、 ソロプレイヤーでも 自動マッチングがあるので気軽にダンジョン周回ができます。 PVPはある? プレイヤー同士が対戦することができるPvPモードについては、 現在実装の予定はないようです。 あくまでも本作は協力プレイに重点を置いているので、 他プレイヤーと平和的に遊ぶことができそうですね。 他のプレイヤーとの連携について 個人的に良いなと思ったシステムを紹介します。 本作はオンラインで他のプレイヤーが表示されています。 通常のオンラインゲームと違い、 本作ではパーティーメンバーでなくても 近くのプレイヤーにバフや回復をかけてあげることができます。 交流が深まりそうで良いシステムですね。 装備品について 装備品はクラフトで作成します。 ダンジョン等で敵から素材を手に入れて武器防具を作成する流れです。 クラフトには運要素があるので、 より強力な装備をもとめて 日々ダンジョンに潜るハクスラ的な楽しみ方もできるようです。 昼夜の時間概念がある 本作には 昼夜の時間概念が存在しており、 多くのプレイヤーが集まる町などでは、 きれいな景色のなかを散歩するだけでも十分楽しめます。 VRでプレイしたいくらいの癒される雰囲気でした。 また、ひとつの町には200人までプレイヤーが入ることができます。 町ごとに負荷を分散させるためチャンネル分けされています。 200人でもかなりの大人数ですよね。 まとめ 記事がかなり長くなってしまいそうなので、 今回はここまでの紹介です。 ブループロトコルには レイドや闘技場など、 まだまだ数多くの要素があります。 完成度がかなり高いので正式リリース後にぜひ遊んでみてください。

次の