退職 の ご 挨拶 返信。 【定年の挨拶】退職する時の挨拶メールを文例と共にご紹介

上司や取引先からの退職の挨拶メールへの返信方法【社内・社外例文付き】

退職 の ご 挨拶 返信

退職メールへの返信は必須ではありません。 しかし、相手と今後も良好な関係を続けたいと思う場合や社外、社内、転職や定年にかかわらず自分と関わりのあった人からの退職メールへは返信すべきです。 退職メールに返信すべき相手• ・社外の重要な取引先社員• ・社外の取引先相手で仕事を一緒に行ったことがある• ・社内で一緒に仕事を行ったことがある上司や先輩社員• ・社内で定年退職される所属部署の上司• 開封が後日になった場合、受信日ではなくメールを確認した当日で構いません。 ただ、受信日から1週間以上経ってから開封した場合や、退職者が挨拶をした後などは返信するのは控えておいたほうが無難です。 特に社外の方の場合は退職日が不明であったり、有給を消化して辞めることもあるなど退職日の特定が難しいため、せっかく送った返信メールが退職者へ届かない危険性が高くなります。 退職者への返信であることが宛名や題名でわかる様に記し、送られてきた・確認した当日に返信は迅速に行うようにしましょう。 基本的には退職メールへの返信はそのまま送り元に送信します。 ただ、個人宛のメールと課内で共有できるメールアドレスを使用している会社もあるため、共有アドレスの場合は退職者へのメールであることを明記した上で、個人的な内容記載は避けましょう。 結婚や定年の場合は退職理由が書かれている場合も多くあります。 しかし転職やその他様々な理由で退職される場合もあるため、明記されていない場合は退職理由について触れることはしないよう注意しましょう。 メールでは心が伝わりにくいため事務的な文章になりがちです。 文頭文末に感謝の言葉を必ず添えて、思い出や残念な気持ちを表す一文や個人に対する感謝の文章を盛り込むことを心がけると、より相手の心を打つ返信メールになるのです。 退職することがおめでたいわけではありませんので、必ず退職理由に対して祝福していることがわかる文章になっているか注意して書きましょう。 「〇〇さん。 今までわたしが配属されてからお仕事を共にさせていただき本当にありがとうございました。 新たなライフステージで〇〇さんが楽しく新たな幸せをみつけて輝いてくださることを心よりお祈り申し上げます。 無事にご出産を迎えられるよう心身ともに気をつけてお過ごしください。 今まで本当にありがとうございました。 全く仕事上関わったことがない場合や面識がなければ返信は不要かもしれませんが、少しでも面識があるのであれば、退職に関してメールをいただいたお礼と今後のご多幸をお祈りします。 と形式的でも返信しておくと良いでしょう。 「定年退職されるとのご連絡ありがとうございます。 〇〇さんには新人の頃から様々なアドバイスをいただきお世話にたりました。 〇〇さんの仕事上の部下に対する接し方や取り組み姿勢から学ぶことが多くありました。 寂しい気持ちも大きく複雑な心境ではありますが、本当に感謝しております。 〇〇さんの今後のご多幸を心より願っております。 今まで本当にありがとうございました。 転職先がわからない場合もありますがそういった次の機会があれば、よろしくお願いしますと言う気持ちを添えると、相手へ良い印象を残しておくことができ、ビジネスで大切な縁を繋いでおくことができるでしょう。 「〇〇さん。 退職のご連絡をいただきありがとうございました。 〇〇さんとは数年来ご指導等をいただき、本当に多くのことを学ばせていただきました。 〇〇さんがプロジェクト時におっしゃられた〜と言う言葉は今も心に残っております。 わたしのミスや勉強不足でご迷惑をおかけしたことも多々あり、書ききれないほどお世話になりました。 〇〇さんがご退職されること心惜しい気持ちでいっぱいですが、〇〇さんの今後のさらなるご活躍をお祈りしております。 また機会がございましたらぜひまたご指導ご鞭撻いただければ幸いです。 今まで本当にありがとうございました。 」 【社外】退職メールへの返信の例文5選 社外の方へ退職メールの返信をする際の注意事項 社外の方からの退職メールに返信する場合は、社名や部署、氏名を入れることを忘れないようにしましょう。 また、退職日がいつか、いつまでメールの返信を確認できるか分からないため返信は可能であれば当日などできる限り早く行うようにしましょう。 社外からの退職メールへの返信メール構成• 1相手の社名• 2相手の所属部署、氏名• 3退職の連絡をいただいたお礼• 4仕事上の関わり、エピソードなど• 5退職される方への感謝の一文• 6今後の関わりを期待する一文• 7今後の活躍やご多幸を願う一文• 〇〇様とは新人の頃からお付き合いをさせていただき、〇〇様のお力添えがあったからこそ今の私があると思っております。 大した恩返しもできないまま心苦しいですが、〇〇様の新たなライフステージが益々輝かれることを心より願っております。 これまで本当にありがとうございました。 相手に良い印象を持っているということ、今後も機会があれば関わりたいという気持ちが伝わるよう文章を作成することが今後のチャンスを逃さないためには必要です。 例文を参考に相手の心に伝えるメールを作成してください。 ご多忙の中退職のご連絡をいただきありがとうございました。 〇〇様には長年お世話になり、当社としてだけではなくわたくし個人としても言い尽くせないほどお力添えをいただいておりました。 本当に感謝の意とともに〇〇様のお人柄を尊敬しておりました。 再度お仕事などお会いできるご縁がございましたら、その際はどうぞよろしくお願いいたします。 健康には十分注意していただき、〇〇様が今後さらにご活躍されることを心より願っております。 これまで本当にありがとうございました。 退職の挨拶が直接できないが後任の案内も兼ねて送られてきた場合は、返事はあくまでも連絡に対する感謝の返事であって、退職に関して余計な詮索はしないようにしましょう。 「ご多忙の中退職のご挨拶をいただきありがとうございました。 〇〇様とは御社との関係で常に窓口としてご尽力いただき大変お世話になりました。 〇〇様がご退職されることは非常に残念ですが、〇〇様とお仕事できたこと本当に感謝しております。 本当にありがとうございました。 退職する理由は様々なものがあるため、すべての人にとって祝福することではない場合もあります。 パーティーの様にすると、去る側にとっては「自分が去ることを望まれていたのか?」と不快な気持ちにさえさせてしまうため充分注意しましょう。 挨拶の際には今までともに働いてきたことに対する感謝と退職が残念な気持ちがあるということを必ず話しましょう。 相手を思いやる気持ちを表すことはマナーとして非常に大切です。 プレゼントは必須ではありませんが、上司や定年退職など感謝の意を示したい際は贈りましょう。 高価なものや個人の嗜好品は避け、花束や色紙、ハンカチやお菓子、お茶など使えるもので誰しもが不快に思わないものを選びましょう。 退職メールへの返信は退職される方への礼儀 退職メールへ返信することは義務ではありませんが、礼儀です。 社内社外問わず退職の挨拶の裏には退職される方にとっては複雑な思いがあるかもしれません。 退職の背景を詮索せず、相手との関係や縁に対して感謝の意を表し、返事をすることができれば、今後の人間関係はより良いものに発展していくでしょう。 退職だけでなく、ビジネス上では異動や転勤で挨拶をされることも多々あるでしょう。 次の記事は移動や転勤する人へのメッセージ例を紹介していますので、角が立たずに良好な関係を今後も維持できる一言メッセージを併せて参考にしてみてください。

次の

退職の挨拶メールが取引先・社外から来た時|返信の書き方と例文

退職 の ご 挨拶 返信

定年退職の挨拶について 長年勤めあげた会社を定年退職する日が近づくにつれて、挨拶に頭を抱える人も多い事でしょう。 そこで、定年退職の挨拶の方法について紹介していきます。 定年退職の送別会での挨拶とは 定年退職の送別会では、定年退職する本人の挨拶は、欠かすことができません。 避けて通れない道なので、言葉に詰まって場をしらけさせないために事前に用意をしておくことが大切です。 どうしても湿っぽくなってしまいがちですが、お酒の場ですのでユーモアを交えて楽しい雰囲気になる挨拶にしましょう。 定年退職の挨拶状について 定年退職の挨拶状は、職場の人や取引先の人に、定年退職を知らせ、これまでのお礼を述べるためのハガキや手紙です。 内容は、いつで定年退職したのかを明記した上で、これまでのお礼を述べ、最後に今後の予定を書きます。 退職して1か月以内に送るのが基本ですので、退職したらすぐに作成に取り掛かりましょう。 定年退職後の再雇用の挨拶について 定年退職後に再雇用される場合は、定年退職の挨拶の際に、再雇用先について触れる必要があります。 定年前と同じ会社で再雇用される場合は、再雇用に対する感謝と、今後もお世話になる旨を書くようにしましょう。 関連相談• 定年挨拶の返信について 定年の挨拶が送られてきた場合、これまでの感謝の意味を込めて返信するのがマナーです。 メールアドレスが使えなくなる場合もあるので、来たらすぐに返信しなければなりません。 そんな時にすぐに対処できるよう、定年挨拶への返信の方法について詳しくまとめました。 定年挨拶の返信メールの書き方とは 定年挨拶への返信メールは、一斉送信で送られた場合と、個人あてに送られてきた場合の2パターンに分かれます。 一斉送信の場合は、必ずしも返信する必要はありませんが、いつまた会うか分からないので、できれば簡潔に労いの言葉を返すと良いです。 個人宛の場合は、その人との具体的なエピソードを盛り込み、これまでお世話になったことに対しての感謝を書くようにしましょう。 定年挨拶状への返信文例について 以下、ご参考ください。 この度は、定年のご連絡を頂きまして、ありがとうございます。 本当に、これまでお世話になりました。 そしてくれぐれも、お体に気をつけてください。 定年退職挨拶の手紙への返事の書き方とは 手紙で定年退職の挨拶をもらった場合は、返事も手紙で書くのがマナーです。 通常の手紙のように、時候の挨拶を述べた後、挨拶状を頂いた感謝を書いて、その後はメールと同様に労いの言葉や感謝の言葉を書くようにしましょう。 関連相談• 定年の乾杯の挨拶について 定年退職や人事異動などの歓送迎会では、会の始まりとして乾杯の挨拶がつきものです。 そこで乾杯の挨拶について紹介しますので、いざという時に慌てないように、参考にしてみてください。 送別会の乾杯の挨拶で面白い話とは 職場を一歩出た場での挨拶は、楽しい雰囲気にすることがポイントです。 定年退職の送別会の場合は、定年する人の面白かったエピソードを盛り込むと、場の雰囲気が和やかになります。 挨拶が長くなると場がしらけてしまうので、1~2分を目安に考えると良いでしょう。 異動による歓送迎会での乾杯の挨拶について 異動による歓送迎会の乾杯の挨拶では、定年の送別会のような細かいエピソードは不要です。 転出する人と、転入する人がどちらもいる場合は、転出する人を先に紹介するのがルールです。 歓送迎会の乾杯の挨拶も、定年の送別会同様に、できるだけ手短にまとめることが大切になります。 また、異動の場合は転入転出どちらであっても『今後のますますのご活躍を祈念して』で構いません。 関連相談• 定年の送別会の挨拶について 定年退職者の際には、これまでの感謝の意味を込めて送別会が催されます。 挨拶をしっかり準備して、定年される方を気持ちよく送りだしましょう。 定年の送別会の締めの挨拶とは 定年の送別会の締めの挨拶は、定年する人にとって最も心に残る大切なものです。 乾杯の挨拶とは違い、じっくりとエピソードを盛り込んで5分程度の長さにすると良いでしょう。 最後には、『新しい人生の門出を祝して万歳』と万歳三唱で締めくくります。 定年の送別会の幹事の挨拶とは 定年の送別会の幹事の挨拶は、送別会の冒頭部分に、会の趣旨を示すものです。 他の挨拶とは違い、幹事の挨拶は、感動させるような内容にする必要はありません。 『この度は、お忙しい中お集まりいただきましてありがとうございます。 』だけで十分です。 定年退職の送別会の進行について 定年退職の送別会は、冒頭の幹事挨拶から始まり、乾杯、歓談となるのが、前半の流れになります。 記念品の贈呈などがある場合は、歓談の後、送る側の代表挨拶と共に記念品を贈呈しましょう。 そして、定年退職者からの挨拶、最後に締めの挨拶となります。 関連相談• 定年退職の挨拶メールについて 以前は定年退職の挨拶は、手紙やはがきが一般的でしたが、最近はメールで済ませる人が増えています。 退職間際にメールすると、返信が受け取れない場合もありますので、余裕を持ってメールすることが大切です。 定年退職の挨拶メールの例文について 定年退職の挨拶メールは出来るだけシンプルにすることがポイントになります。 社外宛ての場合は、定年する日付や後任を明記して、相手が心配にならないように配慮しましょう。 社外宛てメール例文 平素より大変お世話になっております。 在職中は大変お世話になり、本当にありがとうございました。 本来ならばお伺いして挨拶すべきところを、メールにて失礼いたします。 最後になりましたが、貴社のますますのご発展とご活躍をお祈り申し上げます。 退職挨拶メールを上司に送る場合の注意点 上司や、特に親しかった人には、退職の挨拶メールは一斉メールではなく個別に送るようにしましょう。 また、『仕事が辛かった』などの愚痴になることは書かかないよう注意が必要です。 退職メールの件名について 退職の挨拶をメールで送る場合、相手が一目見て内容が分かる件名をつける事が大切です。 取引先など、社外の人に送る場合は、件名に会社名も入れるようにしましょう。

次の

社内外からの転職挨拶メール!40代としての適切な返信の対応は?

退職 の ご 挨拶 返信

退職メールはいつ送るもの? 退職が決まってから退職日まで、どのタイミングで退職の挨拶メールを送ればいいか、悩ましいところです。 社外向けと社内向けとではその意味合いもタイミングも違いますので、しっかり区別して用意しておきましょう。 退職を公表してもいい時期になり、社内に周知された後には、まず社外の人に退職のメールを送ります。 取引先などは引き継ぎなどのやり取りがありますから、 2~3週間前には伝えたいもの。 退職まであまり日がないタイミングだと、取引先に対して「最後まで仕事を全うしない人」とのレッテルを貼られてしまいます。 ちゃんと引き継ぎの期間を設けることで相手も安心しますし、不安材料や問題などがあれば解決する時間も取れます。 社内宛ての退職メールは、退職を報告するというより「最後の挨拶」に近いものになりますので、 最終出社日に送ることが一般的です。 勤務中ではなく定時が過ぎてから送るのがマナーという会社もありますし、1週間前にメールすることが慣例だという会社もあります。 会社特有の暗黙のルールがある場合があるので、ここは先輩方や今まで受け取った退職挨拶メールを参考にするのがよいでしょう。 社内向け退職メールのポイントと文例 大きな会社の場合、仕事でもプライベートでもあまり接点のない人もいるでしょう。 そういう人には一斉メールでもかまいません。 この場合、送るときは一斉送信の一覧がわからない 「Bcc」に送付先を入れましょう。 件名は「退職の挨拶」とし、件名だけで用件がわかるようにします。 退職理由は「一身上の都合」が基本。 細かく書かないことがビジネスメールでのルールです。 出産や結婚などのおめでたい理由の場合は、書いてもよいでしょう。 また、可能であれば、今後の連絡先を添えておくのも円満退職の秘訣です。 残った社員にとっては、今後の連絡先が全くわからなくなるのは寂しいもの。 私用の連絡先があることで、「会社は辞めるけど、会社の人とは今後もお付き合いしたい」という気持ちがこもります。 仕事上でお世話になった人や関わりの強い人に対しては、必ず個別に送るようにし、文面にもその人とのエピソードや思い出など一文を入れると心がこもります。 送別会をしてもらったり、記念品をもらったりした場合は、ここでお礼を入れるのもいいでしょう。 親しかったとしても、退職の挨拶メールで 会社の愚痴や苦言などを入れるのはご法度です。 メールは相手が削除しない限り、文書として残ります。 「立つ鳥跡を濁さず」を肝に銘じて、クリーンな印象でお別れをいいましょう。 このたび、一身上の都合により8月末で退社することになり、本日が最終出社日となりました。 本来ならば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在職中はたくさんの方々にお世話になり、本当にありがとうございました。 業務を通して多くの方々と関わり、さまざまなことを学ばせていただきました。 壁にぶつかるたびに、皆様からあたたかい叱咤激励のお言葉をかけていただき、本当に感謝しております。 この会社で学んだこと、経験のすべてを、今後も活かしていきたいと思います。 今後の連絡先は下記になりますので、何かありましたらこちらへご連絡をいただけると幸いです。 メール:xxx xxxxx 携帯:xxx-xxx-xxx 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 社外向け退職メールのポイントと文例 前述したとおり、社内へ送る退職メールと社外へ送る退職メールは意味合いが違います。 社外には会社の信用を損ねないこと、不安や不満を残さないことが鉄則です。 その為にも退職するあなた自身の信頼を守ることが大切です。 具体的なポイントは3つ 退職日は明記すること。 退職日が1週間後なのか、1か月後なのかで先方の優先順位も変わってくるので、必ず明記しましょう。 次に、 後任者や引き継ぎについて明記すること。 後任者と一緒に直接挨拶に行くのがベストですが、それができない場合はメールの中で名前を伝えておくことが大切です。 後任や引き継ぎについて何も書かれていない退職メールは相手に不安を与えますし、今までどんなに誠意を持って仕事をしていたとしても、一瞬で信頼関係が崩れてしまうでしょう。 最後に、社内メールと違い、社外宛ての退職メールには 私用連絡先などは書かないことが大切です。 あくまで今までのお付き合いは会社を通しての関係なのでここは一線を引いておきます。 転職先や、退職理由などを書くことも、会社やあなた自身の信用を損ねる原因となりますから気をつけましょう。 ここにあらためてお礼を申し上げます。 本来なら直接お伺いしてご挨拶すべきところですが、メールでのご連絡となりましたことをお詫び申し上げます。 上司向け退職メールのポイントと文例 上司への退職の挨拶メールは、基本的には社内用メールと同じです。 ネガティブな内容は避けて、今までの感謝を伝える文面であれば大丈夫です。 ただ、一斉送信だと気を悪くする人もいるので、面倒でも一人ずつに宛名入りで送るといいでしょう。 一身上の都合により、本日を持ちまして、退職することになりました。 本来ならば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 今までの貴重な経験を今後の人生に活かして、励んで参りたいと思います。 末筆ではございますが、改めて皆様の長年のご厚情に深謝すると共に、皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。 退職メールを受け取ったら返信するべき? 退職の挨拶メールを受け取った後の返信はどうすべきか、気を遣いますよね。 あまり難しく考えず、自分が退職する立場だったらもらいたい返信メールを心がけましょう。 返信は必須ではありません。 あまり仕事上で関わりのない人の場合は、スルーしても失礼には当たりません。 退職者は大勢の人に挨拶メールを送っていますから、ビジネスメールとしてはあえて返信しないのもマナーのひとつ。 親しい間柄の場合や、伝えたいことがある場合のみ返信しましょう。 ポイントは、お世話になったことへのお礼と、退職することに対しての残念な気持ち、最後に退職後の活躍や健闘を祈る言葉です。 退職する側もそうですが、ネガティブな言葉は避け、退職者が気持ちよく退社できるような言葉選びに気を付けましょう。 寂しい気持ちでいっぱいです。 一緒に仕事をさせていただいた経験は私にとって大きな財産となりました。 おわりに 退職を伝えるメールも、それに対する返信も、大切なのは今までお世話になったことへの感謝の気持ちです。 円満に退職することは、新しい生活を迎えるための必須条件です。 明るく爽やかに挨拶をして、美しい後ろ姿で次のステップへと向かいましょう。

次の