シマノ ルアー。 シマノ ルアーマチックMB 大人気ロッドがモバイルロッドで登場です。

ついにあの最強シーバスミノーに“可動式反射板”が搭載!『サイレントアサシン120Fフラッシュブースト(シマノ)』

シマノ ルアー

2019年シマノから発売される 釣具が続々と公開されてきています。 今回はカテゴリーに分けて2019年シマノから登場する釣り具をご紹介しましょう。 2019シマノ新製品、リール、ロッド、ルアー、PEライン 今回はソルトメインに絞ったシマノ2019NEWラインナップ。 もう既に紹介した製品に関しましてはリンクからお願いします。 2019シマノ新製品リール リールに関しては、19ステラSW、19ヴァンキッシュの発売。 個人的には、19ヴァンキッシュはフルモデルチェンジ、19ステラSWに関しては番手も限定されたマイナーチェンジの位置づけです。 19ステラSWは特に船からの大型魚に特化された機能面が新たに追加された感じとなっており 来年以降どのタイミングでフルモデルチェンジを行ってくるのか期待したいですね。 19ストラディックはステラとほぼ同機能性を持ち耐久力がどの程度なのか?注目です。 2019シマノ新製品ロッド ここ数年人気となっているハタ系の魚種を狙ったロックフィッシュ。 ハードロッカーが発売されていますが、コストを削減しロッドが持つスタイルは崩さずに 「ハードロッカーBB」が登場。 ショアジギングシリーズのコルトスナイパーシリーズからフラッグシップモデルとして発売されている 「コルトスナイパーXTUNE」が登場。 そしてBBとXTUNEの間を埋めるSSモデルも登場。 エギングロッドはフラッグシップモデルの 「セフィアLIMITED」が登場しました! 2019シマノ新製品PEライン PEラインは「OCEA EX8」に更に新しい機能性が付いた 「OCEA 8」が登場します。 300m・400m・500m 号数は1. 5号~12号 5号以上に関して熱伝導率が低く、耐熱性に優れた「ヒートシンクコーティング」を採用 シマノソルトウォーター製品では最も高価格なPEラインとなります。 2019シマノ新製品ルアー ルアー類は多くの発売中ルアーにて「狂鱗」カラーが新カラーとして採用されます。 新登場ルアー [熱砂シースパロー ロング 130HS] サイズ:130㎜ 自重:37g 95s・105HSに新たに130HSが登場。 大型ルアーながら平均飛距離「91. 2m」と十分な飛距離、貫通ワイヤー採用で青物ゲーム・サーフヒラメゲームなど 磯・サーフなど多くのフィールドで使用可能です。 [熱砂 投式三型] 自重:25g・30g 投式シリーズの新モデル。 25gと30gの2つのラインナップでテーリングを抑えたフックバランスで絡みを減らすフックバランスで登場します。 以上、2019年もシマノは多くの製品を発売してきます。 リールばかりに注目が集まっていますが、ルアーなども新たな機能を搭載、カラーバリエーションもより豊富になり 新形状ルアーと同じくらい既に発売されているルアーラインナップも再注目ですね。

次の

シマノ ルアーマチックMB 大人気ロッドがモバイルロッドで登場です。

シマノ ルアー

幅広いルアーゲームに対応、高性能&充実バリエーション。 メバル、アジといったショアからのライトルアーゲーム、シーバス、アオリイカ、ショアジギング、はては淡水でのバス・トラウトゲームまで、幅広いルアーターゲットに対応するハイコストパフォーマンスロッドが「ルアーマチック」。 自社工場生産によるシマノ基準の高品質、万全のアフター体制など、普及モデルを思わせない安心感を味わえます。 デザイン面でもゴールド色のメタルリングを2個配置し、シックな高級感を演出。 さらには入門者にも視覚的に選びやすい色分けされたタグを採用するなど、ひとつ先行く工夫も魅力です。 出典:シマノ 淡水・ソルト問わず、さまざまなルアーゲームを幅広く楽しめるラインナップが魅力のシリーズです。 かなりお買い得な価格設定ながらも 『一流メーカーシマノ』のクオリティを感じられるロッドですから、まさに初心者・入門者にピッタリ!安心して使えるロッドと言えます。 ラインナップ さすが、幅広いルアーゲームをカバーしているだけあって、ベイトとスピニングが両方展開されています。 ベイトは2モデル、スピニングはなんと19モデルもラインナップされています! それぞれの一覧表は横スクロールしてご覧ください。 ベイト 品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合ルアーウエイト(g) 適合ライン(ナイロン/lb) グリップ長さ(mm) カーボン含有率(%) 本体価格(円) S50M 1. 52 2 78. 8 80 1. 8/7. 8 4~18• 8~1. 5(PE 号)• 8~16(ナイロン) 210 85. 7 バリュープライス S56SUL 1. 68 2 86. 4 80 1. 3/4. 7 1. 5~4. 5 2. 5~4 90 95. 8 バリュープライス S56UL 1. 68 2 87. 4 85 1. 5/6. 0 2~6 3~6 90 96. 4 バリュープライス S56M 1. 68 2 86. 8 90 1. 8/8. 5 5~21• 8~1. 5(PE 号)• 8~16(ナイロン) 235 86. 6 バリュープライス S60SUL 1. 83 2 94. 0 88 1. 4/5. 2 1. 5~4. 5 2. 5~4 99 95. 9 バリュープライス S60UL 1. 83 2 94. 8 90 1. 5/6. 5 2~6 3~6 99 96. 5 バリュープライス S60L 1. 83 2 94. 3 120 1. 5/9. 0 5~14 5~10 198 78 バリュープライス S60M 1. 83 2 94. 3 105 1. 8/8. 9 7~28• 8~1. 5(PE 号)• 8~16(ナイロン) 325 86. 7 バリュープライス S66L 1. 98 2 101. 9 125 1. 5/9. 0 5~14 5~10 238 74. 3 バリュープライス S66ML 1. 98 2 101. 9 130 1. 6/9. 0 7~18 6~14 238 83 バリュープライス S66MH 1. 98 2 102. 0 130 1. 8/10. 0 7~35• 8~2(PE 号)• 10~20(ナイロン) 355 82. 1 バリュープライス S70UL 2. 14 2 109. 5 83 1. 3/9. 6 0. 8~10• 3~0. 8(PE 号)• 2~6(ナイロン) 106 80. 8 バリュープライス S70MH 2. 13 2 109. 7 145 2. 0/11. 0 7~35• 1~2(PE 号)• 12~25(ナイロン) 390 86. 3 バリュープライス S76UL 2. 29 2 117. 0 90 1. 3/10. 5 0. 8~12• 3~0. 8(PE 号)• 2~6(ナイロン) 137 78. 9 バリュープライス S80L 2. 44 2 125. 8 135 1. 6/11. 0 4~21• 5~1. 2(PE 号)• 3~12(ナイロン) 251 95 バリュープライス S80MH 2. 44 2 125. 3 175 2. 2/12. 5 10~42• 1~2. 5(PE 号)• 12~30(ナイロン) 445 86. 0 バリュープライス S86ML 2. 59 2 133. 3 145 1. 7/11. 6 6~28• 6~1. 5(PE 号)• 4~16(ナイロン) 261 95. 2 バリュープライス S90ML 2. 74 2 141. 0 155 1. 7/12. 4 6~28• 6~1. 5(PE 号)• 4~16(ナイロン) 278 95. 1 バリュープライス S90MH 2. 74 2 140. 5 190 2. 2/13. 8 10~50• 1~2. 5(PE 号)• 12~30(ナイロン) 460 89. 6 バリュープライス 出典:シマノ ルアーマチックの魅力 シマノクオリティのロッドが、1万円を大きく切る価格で手に入るコストパフォーマンスの高さこそが、一番の魅力だと思います。 (実売はおよそ5,000円〜7,000円の間) そして、身近なルアーフィッシングをする上では、ほぼ全てを網羅していると言えるラインナップで、初心者・入門者を強力にバックアップしてくれます。 ただ、さすがにこの価格ではガイドリングはSiCリングではなく全数Oリング採用です。 しかし、初心者ではPEラインを使うこと自体がトラブルの元ですから、基本的にまずはナイロンラインやフロロラインを使うことが推奨されます。 釣りのジャンルによってはPEラインを使うこともあると思いますが、すぐに問題が起きる訳ではありません。 (Oリングのガイドの場合、細かい砂などの粒子を噛み込んだPEラインによってガイドが傷つく可能性がある。 ) よほど長期間、ガイドリングに強い負荷のかかる釣りを続けなければ、そうそうキズはつかないと思います。 【関連記事】 初めからナイロンライン付きのアリビオと相性抜群 まさに、価格面では抑えれるところまで抑えながら、実戦で大きなトラブルは心配せずに楽しめるレベルを担保したロッドと言えます。 実際に購入して使用しているAmazonユーザーのクチコミもいくつか参考にしてみましょう。 本品S60Lはこのルアーマチックシリーズ中ではブラックバス、ライトゲームに最適なロッドとのことですがシマノのHPの仕様表を確認し、堤防でのサビキ、ちょい投げでイワシ、キスなどの小物類にも流用可能と判断し選びました。 カーボンなのでグラスに比べて持った感じ、振った感じが軽いので子供や女性でも1日使っても疲れにくいのでは?と思います。 軽いし品質も良く、ライトゲームで釣りをはじめてみようという方の入門に最適と思います。 *追記* このロッドでの海の堤防でのライトゲームは楽しいです。 ロックフィッシュロッドだと柔らかすぎるのでこちらの方がアタリもとりやすいしフッキングもしやすくて良いです。 近くの漁港を渡り歩くのに車にそのまま積める長さも本当に使い易いです。 軽くていいですね。 何度投げても疲れなくなりましたしアタリが良く分かるようになりました。 10g~30gのジグ等を使ってますが20g前後あたりが一番いいかも。 結構丈夫みたいでマゴチ60cm~も波に逆らって引き上げても大丈夫でしたし、イナダ40cmも抜き上げましたが折れませんでした。 初心者にはおすすめです。 出典:Amazon スペースの都合上、今回は2機種のクチコミを抜粋しましたが、価格と性能のバランスに満足している方が多いようです。 他のモデルでも概ね同じような雰囲気でした。 安い、軽い、強度十分(そこそこのサイズの魚がきても力負けしない)、感度も必要十分、サビキなどの小物エサ釣りでも使える…などなど、かなり高いコスパが評価されています!.

次の

【楽天市場】メーカー ブランド > シマノ > シマノ ルアー:彦星フィッシング

シマノ ルアー

シマノ ルアーマチックとは? シマノ ルアーマチックとは、有名釣具メーカーである シマノが製造、販売するハイコストパフォーマンスな汎用ルアーロッドシリーズです。 汎用ルアーロッドなので、魚種は特に決められていません。 もちろん、ある程度目安になる魚種はありますが、基本的にはご自身の希望する釣りスタイルに合わせてロッドを選ぶような形になっています。 ルアーマチックは、 ベイトロッド2種とスピニングロッド19種があり、トラウトなど淡水の小物釣りから青物釣りまでカバーしています。 また、シリーズを通して実売7,000円前後とコスパの良いルアーロッドとなっています。 この記事をお読みの方ならご存知だと思いますが、amazonや楽天市場などでもかなり評価の高いルアーロッドとなっています。 ちなみに私は、ルアーマチックシリーズは3本所有しており、以下のように使い分けています。 シマノ ルアーマチック s90mlとはどんなロッド? シマノルアーマチック s90mlは、 ルアーマチックシリーズの中で最も長い、9フィートのロッドです。 ちなみに、9フィートロッドには、• ルアーマチック S90ML(ミディアムライト)• ルアーマチック S90MH(ミディアムヘビー) と硬さ違いが2つあります。 ちなみにスペックは、以下のようになっています。 74 141 155 6~28 0. 6~1. 74 140. 5 190 10~50 1~2. S90MLは適合ルアーがかなり幅が広く、 シーバス用のプラグ系と軽めのメタルジグまで対応しています。 あと私的には、どちらかといえば柔らかめのロッドが好みなので、MLを購入しましたが、 30g以上あるメタルジグをぶん投げて、ジギングやりたい!という方はMH(ミディアムヘビー)をおすすめします。 S90MLは、シーバスにおすすめ!ショアジギは… 私が一番良く利用しているルアーロッドはルアーマチックS80Lです。 そもそも、私は小型河川でのシーバス釣り、チニングがメインです。 このような用途では、S80Lがぴったりというわけです。 ではなぜ、S90MLを購入したのかというと、 漁港や湾などでのショアジギをやりたかったからです。 ショアジギをするとなると、8フィートのS80Lでは短いです。 更に、S80Lは硬さがライトなので、あまり重たいメタルジグを投げることはできません。 そこで、ショアジギに最適と言われる9フィート前後のロッドを購入することになったのです。 ただ、 サーフや外洋など広いフィールドでショアジギするなら、大遠投する必要がありますので9フィートよりも長い竿のほうがいいのですが、ルアーマチックには9フィートまでしかないことや、大規模河川でのシーバス釣りにも使用したかったということもありS90MLを購入したわけです。 実際に、大阪淀川や南港でシーバス釣りに使用したのですが、シーバスにはちょうど良いスペックです。 日本海でショアジギをやった際には、9フィートなので仕方ないですがやや飛距離が短い気がしたのと、適合ルアーの重さが微妙に心もとない気がしました。 ということで、S90MLは S90MLのディテールを紹介 では、写真でS90MLのディテールを紹介していきたいと思います。 まずは、バット部分のプリントです。 比較のために、S80Lも一緒に移しています。 やや、S90MLのほうが太めですね。 続いて、バットの上部ロゴマークのところです。 S80LもS90MLも全く同じです。 グリップとの接続部分に、金色のメタルリングとゴールドとグリーンの飾り糸があります。 グリップから20センチほど上にも、ゴールドとグリーンの飾り糸があります。 実売7,000円ほどとは思えない、高級感。 上がS80L、下がS90MLです。 S90MLとS80Lは同じグリップを流用しているのかと思いきや、まさかの専用品を使っているという。。 本当にエントリーモデルなのか!?と疑いたくなるこだわり。 グリップエンドです。 3センチほど上にもゴールドの飾り。 グリップ自体は普通のウレタン(?)素材となっており、 特別、持ち心地が良いというわけではないですが、普通に良いです。 リールシートにはFujiのロゴマークがあります。 格安ロッドなんですが、Fuji製グリップが使用されています。 続いては、ガイドです。 ガイドもFuji製が使われていますね。 もちろんPEラインにも対応しています。 ティップ部分はS80LとS90MLでそこまで見た目の変化はありませんね。 ということで、 ルアーマチックシリーズのディティールはかなりいいですね。 普通に格安ロッドだと知らなければ、数万円するロッドにも十分見えるほど作りは良いです。 シマノ ルアーマチック S90MLのインプレッション 最後は、シマノ ルアーマチック S90MLの使用感についてご紹介します。 もちろん、個人的な意見ですのであくまで参考程度にお願いします。 S90MLの良いところ まずはS90MLの良いところについてです。 そもそもルアーマチックはエントリーモデルの格安ロッドです。 その上で、信頼のあるシマノ製のロッドですので、 気兼ねなくガンガン使い倒せるところが良いですね。 また、MLとそこそこ柔軟性もあり、9フィートの長さがありますので、場合のよっては ちょい投げロッドや飲ませ釣り(泳がせ釣り)などの際にも大活躍します。 実際、私は日本海での釣行で、豆アジを使った飲ませで、 50センチちょいのヒラメをあげたこともあります。 このようにS90MLは海釣りなどでも汎用性が高いというところはとても良いです。 S90MLのイマイチなところ 続いて、S90MLのイマイチなところです。 実際使って見て感じたところですが、 ルアー釣りという観点で見たときに、やや汎用性は低いです。 例えば、サーフなどの広大なエリアで、少しでも飛距離を稼ぎたいという場合には 9フィートの長さは正直短いです。 更に、このような状況においてMLは少し柔らかいです。 となると中型河川くらいがメインフィールドになります。 では、中型河川で狙える釣りといえば、チヌやくらいしかありません。 では、チヌやシーバスにはどうかというと、 チヌには明らかに長いです。 しかも、長さがあるので、底を取るような繊細な釣りには微妙です。 とすると、中型河川のシーバス釣りしか使えないということになってしまいます。 w 私的には、 中型河川のシーバス釣りにはバッチリなセッティングになっていますので、シーバスロッドとして活用していますし、それで満足しています。 と良いところと、いまいちなところを含めると、 中型河川でのシーバス釣りと、 ちょい投げ、泳がせなどの釣りを検討している人におすすめのロッドといえます。

次の