リベンジ ポルノグラフィティ と は。 リベンジポルノ

リベンジポルノ相談、最多1479件 最年少被害は8歳:朝日新聞デジタル

リベンジ ポルノグラフィティ と は

元交際相手の裸や下着姿の写真・動画を無許可でインターネット上などに公開する「リベンジポルノ」について、昨年1年間に警察が受理した関係する相談は1479件だった。 警察庁が発表した。 相談内容(複数回答)は「画像を公表すると脅された」が584件。 「画像を所持されている、撮影された」494件、「画像を公表された」272件、「画像を送り付けられた」239件など。 写真や動画を脅迫材料に、復縁や性行為を求められるケースが目立ったという。 最年少は小学3年の児童(8)だった。 摘発した事件は前年比8件増の261件。 罪種別では、脅迫47件、児童買春・児童ポルノ禁止法違反44件、強要39件、リベンジポルノ被害防止法違反34件など。 同法違反で摘発した事件で画像が公開されるなどしたSNSやサイトは、ツイッター15件、インスタグラム2件、LINE(ライン)1件、動画投稿サイト「FC2」1件などだった。 警察庁は「親しい人であっても、裸や下着姿の画像を送ったり撮らせたりしないで」と呼びかけている。

次の

リベンジポルノの削除に実績、ヤフーら民間主導の通報窓口、海外サイトにも連絡をとって削除実現

リベンジ ポルノグラフィティ と は

「リベンジポルノを撒き散らすよ」に物議 「あんさんぶるスターズ!(あんスタ)」は、Happy Elements(東京都港区)が開発・運営する男性アイドル育成ゲームシリーズ。 2015年にリリースされたアプリゲーム「あんさんぶるスターズ!」が人気を博し、2020年3月15日に同作をアップデートした「あんさんぶるスターズ!! Basic」と、新作である「あんさんぶるスターズ!! Music」というリズムゲームをリリースした。 5月11日、新たなメインストーリー「第百三十八話Retaliate 夏」が追加された。 そのストーリー内で「天祥院英智(てんしょういんえいち)」というキャラクターが、 「悪評を流されたら、その報復としてリベンジポルノを撒き散らすよ」 という発言を行い、インターネット上で物議を醸したのだ。 「リベンジポルノ」は、警察庁の特設サイト「リベンジポルノ等の被害を防止するために」によれば、「性的な画像等をその撮影対象者の同意なく、インターネットの掲示板等に公表する行為」である。 トップページには「プライベートな性的画像を勝手に公表することは犯罪です!!」と表示されている。 リベンジポルノへの問題視は、世界的に強まっている。 最近では、2019年11月に自殺した韓国の女性アイドルグループ「KARA」の元メンバーのク・ハラさんが、リベンジポルノで脅されていたと生前に主張していたことが、メディアなどで話題となった。 J-CASTニュースも取材依頼を行ったが... この件について、ユーザーからは苦言の声が上がっている。 その中ではファンだとみられるユーザーから、 「英智の口からリベンジポルノなんて言葉が出るとは思わなかった」 「『リベンジポルノは犯罪』の認識がないわけ」 といった声が上がっている。 この発言を行ったキャラクター「天祥院英智」は、作中アイドルグループ「fine(フィーネ)」に所属するアイドルで、公式サイトによれば「冷静で思慮深い性格」とされている。 発言内容の是非とともに、「キャラクター像」に疑問を投げるユーザーも少なくはないようだ。 また、 「現に『リベンジポルノ』で自殺したアイドルがいるし、プレイヤーの層もあまり他人事ではない」 「去年ハラちゃんのことがあったばかりなのに」 と落胆するツイートもあった。 昨年の事件を想起したのか、韓国語の書き込みも少なくない。 「日本人じゃないんで意味がきちんと伝わってるか不安ですが」と、日本語で書き込みを行う韓国語ハンドルネームのユーザーもいた。 さらに、お問い合わせを行ったと報告するアカウントも。 しかし、どれも回答はなかったとしている。 J-CASTニュースも取材を25日に申し込んだが、28日までに回答はなかった。 「一部修正」も該当部分は変化なし Happy Elementsは5月21日、ストーリーの一部修正を発表。 しかし、修正されたのは「[モーターショウ]泥の道で/第三話」のセリフ調整だった。 28日現在、「第百三十八話Retaliate 夏」の修正は確認できていない。 ユーザーからは 「結局リベンジポルノは修正されないのね... 」 「あんスタまだリベンジポルノ修正してないの?謝罪もなし、、、?」 といった落胆する声が上がった。 これを受けて、インターネット上ではこの発言への対応を求める署名活動を始める動きなどもみられた。

次の

ポルノグラフィティ 地元因島で豪雨中止ライブ“リベンジ公演”、カープにエールも― スポニチ Sponichi Annex 芸能

リベンジ ポルノグラフィティ と は

瀬戸内海に浮かぶ2人の生まれ故郷・因島(広島県尾道市)で無観客ライブを行い、映像を全国100の映画館で生中継。 母校の高校生との合唱も成功させた。 20周年記念公演は、9月8、9日の2日間、尾道市・びんご運動公園陸上競技場で予定していた。 1日目は大雨の中で決行するも、2日目は豪雨で中止。 悔しい思いをしたファンが多く、1日目の映像と無観客ライブの模様を楽しむことができるイベントを企画した。 この日は因島市民会館から8曲を届けた。 晴天に恵まれ、ボーカル岡野昭仁(44)は海に浮かぶ島々を背に「どうこの景色?」と誇らしげ。 「雨が降らんのはええね!」と笑顔で、島にある「青影トンネル」を曲名に付けた「Aokage」などを披露した。 2日目公演の企画だった、2人の母校・因島高校の生徒200人との合唱も行った。 ヒット曲「愛が呼ぶほうへ」で見事なハーモニーを披露し、岡野は「最高!」と喜んだ。 涙を浮かべる生徒もおり、3年の川野芳郎さん(18)は「もっとポルノが好きになった」と感激していた。 全国の映画館に2万5000人が集まり、無事リベンジに成功。 その2人が期待するのは、広島カープの日本シリーズでのリベンジだ。 25年ぶりにシリーズ出場した2016年は、日本ハムに2勝4敗で敗退。 岡野は「日本一になれば34年ぶり。 2年前の悔しさを晴らしてほしい」とエールを送った。 シリーズのキーマンに九里亜蓮、中村祐太両投手を挙げ、「カープの活躍は広島県民の力そのもの。 今年は日本一になってほしい」と力を込めた。 この日の上映イベントも含めた収益全額を、復興のための支援金として寄付する。 出身地での力強い声は誇らしい。 早く復興に向けての一歩を踏み出せたら」と話した。

次の