説明 会 お礼 メール。 会社説明会の連絡お礼メール例文【就活メール】

【例文つき】会社説明会のお礼メールの書き方とマナー

説明 会 お礼 メール

人事目線でいうと「面接以外のお礼メールはあまり必要ではない」 企業の人事目線でいうと、 正直どちらでもいいです! めんどくさがり屋の就活生の皆さま、おめでとう 笑 一応、全てのメールに目を通しますが、テンプレートのような内容だった場合は、ざっくりとしか見ません。 見られていないのであれば、送らなかったのと同じ・・・・。 選考までは、お礼メールはあまり関係ない お礼メールを送った方が選考に有利になるのか? 答えはノーです。 そもそも企業はお礼メールを挨拶くらいにしか考えていません。 ましてや、 お礼メールを送ってくれた学生を管理しているわけでもないので、お礼メール自体がプラスの評価になるなんてことはありません。 企業の選考基準に「お礼メールを送った学生に内定を出す」といったものはまずないでしょう。 ただ、 一人ひとりの気遣いや感謝の気持ちをしっかりと管理できるレベルまで選考が進んだ後であれば、もしかしたら評価されるかもしれません。 分かりやすく言えば、役員に対してです。 選考の最終決定権を持っている人であれば、携わる学生の数もかなり減ってきているので、人を覚える余裕が出てきます。 足きりが一般的である一次選考でお礼メールを送っても、あまり効果は期待できません。 お礼メールで印象が悪くなることはほとんどない 評価には直接関係ないものの、相手への印象が良くなる可能性はあります。 出したらいいのか悩んでいて、かつ時間的余裕があるのであれば、志望度が高い企業だけ出しておくことをオススメします。 ただし、 テンプレートのような内容だとあまり意味がありません。 志望度が高ければ自然と感謝の気持ちは高まるはず。 ネットのテンプレートをそのまま使うのではなく、 自分らしさが伝わるオリジナリティのお礼メールを送る必要があります。 緊張して送れないあなたへ お礼メールの内容がひどくて、不合格にするようなことはありませんのでご安心を。 評価がマイナスになることは通常考えられないので、あなたのお礼を伝えたい気持ちをそのまま文字にしましょう。 会社説明会や合説のお礼メールはあまりいらない 少しでも印象が良くなるのであれば、会社説明会でも送った方のいいかというと、そうではありません。 説明会にはたくさんの学生が参加しています。 メールを見たところで 「この子誰だっけ?」と思われてしまうだけ。 顔と名前が一致するからこそ、印象に残るものなのです。 顔を覚えてもらっている自信がある場合は送るのも吉。 ただ、実際に人事と対面する選考が始まってからお礼メールを送った方が印象に残ってもらいやすいでしょう。 インターンや面接だとお礼メールは多少の効果あり。 複数日開催のインターンシップであれば、 長い時間を共に過ごしているので、自然と感謝の念を抱くはず。 また、担当者もあなたのことを覚えていると思うので、お礼メールにより印象アップは効果があるかもしれません。 また、面接の場合も、一対一で対話をしていれば記憶に残っているはずです。 ある程度人となりを理解してもらっている場合だからこそ、お礼メールは効果を発揮します。 面接のお礼メールは必ず 「あなた自身の気持ち」も書きましょう。 よく、感謝だけで終わってしまうことが多いのですが、 「御社で働きたいんだ!」という気持ちをメールでも伝えると良いでしょう。 面接で語ったことを繰り返すも良し、しっかりと伝えられなかったことを補足説明するも良し。 このように、 お礼メールは面接の補強にも役立つわけです。 また、メールは読み返すものなので、読まれるのが一回とは限りませんし、文字として残すのは意外と強力かもしれません。 人事担当者が印象に残るお礼メールのコツ 他の人と差をつけ、自分らしさが伝わるメールとはどのようなメールなのでしょうか。 こちらも企業の人事目線から、過去もらったメールで印象に残ったものを参考にお伝えしていきたいと思います。 お礼メールの件名は「分かりやすさ」が全て 人事には毎日大量のメールが届きます。 学生からのメールもあれば、ダイレクトメールなどの採用に関係ないものも多いのです。 そのため、 件名だけを見て、必要なメールか必要のないメールかを判断しています。 お礼メールの内容は「具体的かどうかが」全て 出だしの挨拶や締めの文章のベースはテンプレートでもOK。 正しい形式でメールを送っているかどうかなんて見ていないのです。 人事がもらって嬉しいメールには必ずと言っていいほど共通点があります。 面接担当者の個人名が入っており、 面接への感謝気持ちと、 面接でどう感じたかという想いが書かれてあること。 お礼メールに関する、就活生の気になる疑問 メールを送るタイミングは当日?翌日? せっかくメールを送るのであれば、当日送るのがベスト。 人事がその日に会う学生は あなただけではありません。 1日に何人も、多い時では何十人もの学生と対面します。 その日対面した学生は覚えていても、数日前の学生は印象が薄くなってしまうのです。 せっかく送るのであれば、 相手が覚えてくれている当日中に送ることをオススメします。 LINEでお礼メッセージって大丈夫? 担当者とLINEをすることは稀ですが、友だち登録しあっている以上、ある程度の信頼関係を築けているのはず。 もしくは、コミュニケーションを重要視した採用スタイルなのでしょう。 友だちと話すかのようにフランクな関係を築き、本音を探っていくようなやり方です。 結論でいえば、 LINEのお礼は問題ありません。 ただし、かなり スピードを意識する必要があります。 LINEのメリットは「楽」「早い」「フランク」の3つであり、あなたの気持ちや熱意を受け取るにあたってスピードが重要になります。 遅くてもOKなのであれば、メールで問題ありませんよね。 長文にする必要はありません。 定型文である必要もありません。 あなたがその時思い付く丁寧な言葉使いで、できるだけ早くお礼を伝えましょう。 内定式もお礼メールって必要なの? 今までの選考とは違い「多くの人数の社員」が「多くの時間」を内定式に費やすわけですから、その負担は大きいので、何かしらの感謝の念を伝えたいところではありますね! ただ、内定式後は企業から 「入社書類関連」や「通信教育」などに関するメールが来ることが多いので、 その返信メールの中に含ませるだけでも良いと思いますよ。 座談会や内定者懇親会のような軽いイベントではお礼メールするべき? 選考の段階によります。 就活序盤の企業説明会に近い座談会の場合はお礼メールいりません。 ただ、 最終選考付近や内定者としての座談会の場合はお礼したほうが良いでしょう。 お礼は感謝とセットなわけなので、感謝の気持ちがあるなら積極的にお礼するべきでしょう。 座談会とは言え、社員さんの時間をいただいてるわけですからね。 内 定者懇親会も同様に、「将来の先輩」にはしっかりお礼メールを送るべきです。 後々助かります(笑) 手紙でお礼するのは効果ある? 一般的に多いのはメールを使ってのお礼であり、簡単に送れる、すぐに送れる、失敗しても修正できるという手軽さから、多くの人が利用しています。 手紙のお礼だと時間も手間も取られますからね・・・。 ただ、だからこそのあえての手紙という選択も考えられます。 圧倒的に少ないのが手紙・お礼状 時間も手間も取られず、当日中に送ることができるという点から、企業に届くのはメールが多いです。 手紙・お礼状でお礼を伝えてくれる学生もいますが、メールに比べたら圧倒的に少ないのが現状。 そのため、手紙を手に取ると「お?」と興味が湧き、必ず目を通します。 印象付けるという点だけで言うと、手紙を使ってお礼をする方がインパクトを与えることができます。 手書きだから伝わる温かさ 時間も手間もかかる手紙だからこそ、伝わるものもあります。 自分自身だったらどう思うか考えてみてください。 例えば、誕生日のお祝いメッセージ、LINEでもらうのと直接手書きの手紙をもらうのだと、どちらが嬉しいですか? もちろん、LINEでも十分嬉しいですが、手紙だとより一層相手の想いが伝わりずっと手元に残していたくなりますよね。 企業だって同じです。 「私たちのためにわざわざ時間を使ってくれた」ということが分かるので、想いが伝わるのです。 お礼メールの例文 お礼メールの例文を1つ紹介します。 参考にしてください。 本日はお忙しい中貴重なお時間を割いていただき、誠にありがとうございました。 面接では〇〇様に緊張を解していただいたので、初めてありのままの自分をお伝えすることができました。 また、こちらからの質問にも丁寧に答えていただき、感謝しております。 本日の面接を通して、より一層貴社で働きたいという気持ちが強まりました。 改めて面接のお礼を申し上げるとともに、貴社の益々のご発展を祈念しております。 ただし、「みんなやっているし、送らないと」という感覚で送るということだけでは避けてください。 その癖が就活中についてしまうと、社会人なってから直すのに結構苦労します 笑 義務感で送るのであれば、送らない方がマシです。 大事なのは自分の本当の気持ちを伝えること。 対応してくれた企業に心から感謝していれば、自然と伝えたいという気持ちが湧いてくるはずです。 ぜひ、参考にしてみてください。

次の

就活にお礼メールは必要?説明会や面接後に送る際のマナー

説明 会 お礼 メール

目次 []• そもそも必要?説明会参加後のお礼 就活のスタートとなる説明会への参加は緊張や気合いにより精神的に力を使うという人もいることでしょう。 そのため、説明会が終了するとホッとして気が緩んでしまうという人もいるかもしれません。 しかし、就職活動では他の就活生に後れを取らないためにも一つひとつの行動を丁寧に行い、必ずその後のケアをすることが大切です。 説明会へのお礼をすれば、必ずしも選考が通りやすくなるというわけではありません。 ただし、悪い印象を与えることを防いだり、場合によっては好印象を与えたりすることはできます。 説明会を実施する企業の採用担当者は入社志望者に自社のことを知ってもらうために忙しいなかで準備をしています。 実際に参加した人から説明会についての良い反応があればうれしいものです。 関心の強い企業であるならば、説明会参加後に必ずお礼はしておくようにしましょう。 お礼を送っておいて損になることはありません。 手紙?メール?お礼を送る方法とは 企業にお礼を送るとなった場合、手紙とメールの2つの方法があります。 しかし、いざお礼を送ろうと考えるとどちらの方法がよいのか迷ってしまうことでしょう。 お礼の方法に決まりはありません。 しかし、一般的に企業に良い印象を与えるのはメールです。 一般的にメールより手紙のほうが丁寧な印象を持つ人も多いことでしょう。 そのため、企業への感謝の強い感謝の気持ちを伝えるためには手紙のほうがよいのではと考える人もいるかもしれません。 しかし、就活シーズンは特に忙しい採用担当者の立場からすると手間なく見て管理できるメールのほうが喜ばれます。 手紙の場合、仕分けをして封を開け、読み終わった手紙を保管するという作業が必要になるからです。 企業に届く手紙は就活関係を含めて日々何通も届くものです。 そのため、思っている以上に手間をかけさせてしまうこともあります。 気遣いの気持ちもこめてメールで送っておくほうが安心です。 メールでお礼をするときのポイント お礼のメールを送る場合は、送るタイミングに注意することが必要です。 できれば説明会に参加した当日中に送るようにします。 当日にどうしても送ることができない場合は、最低でも翌日までには送るようにしましょう。 説明会で何らかの印象を与えることができていた場合には、特にすぐにお礼メールを送ることは有効的となります。 印象を強め、自己のアピールをすることが可能となるからです。 また、送る時間にも気をつけておくとよいでしょう。 せっかく当日中に送るならば当日中に読んでもらえるようにしたほうが効果的です。 そのためには企業の営業時間内に送信することが必要です。 できれば余裕を持って退社時間ギリギリとなる時間の送信は避けておくとよいでしょう。 お礼メール作成時の注意点 お礼のメールを送る際には、メールを受け取った担当者が一目で内容がわかるように簡潔でわかりやすい件名にすることが大切です。 件名の最後に送り主の大学名や名前などを書き添えておくこともポイントです。 さらに件名に【】(隅付き括弧)をしておくと目に付きやすくなります。 件名で大学名や名前を書いている場合でも、必ず本文中に再度大学名や学部・学科名、名前を書き示すことがマナーです。 本文の最後にも署名として大学名や名前などのほか、電話番号やメールアドレスなどの連絡先も書き添えておきましょう。 メールは送信ボタンをクリックすると通常すぐに相手に送られてしまいます。 作成途中に送信してしまわないように、宛先の記入は最後に行うと安心です。 送信する前には内容に誤りはないかしっかりとチェックしましょう。 感謝の気持ちを表して!説明会参加後には迅速にメールを 説明会の参加後に送るメールは、必ずしも選考にプラスになるわけではありません。 しかし、感謝の気持ちを込めて送るメールが相手に悪い印象を与えることはないのです。 また、これから始まる社会人生活を想定すると、お礼をするというマナーを身につけることは大切です。 メールを送る際にはできるだけ参加後、時間を空けずにマナーを守って送るようにしましょう。

次の

説明会後のお礼メールは必要?就活マナーを知ろう|ハタラクティブ

説明 会 お礼 メール

アンケート回答者のうち、 お礼メールを「送ったことがある」という先輩は47. 5%で、およそ半数にのぼりました。 一方、「送ったことはない」という先輩は42. 1%、「覚えていない」という先輩も10. 4%いました。 お礼メールを送った理由は「お礼を伝えたい」「印象アップしたい」 お礼メールを送ったことがあると答えた人には、その理由を尋ねてみました。 多く見られたのは、 会社説明会での対応へのお礼を伝えたいという理由でした。 丁寧に対応してくれたから(社会人/男性)• 説明会で時間を取って説明してくれたことへの礼儀として、必要なことだと思ったから(社会人/女性)• 説明の最後に店舗見学に連れていってくださったから(社会人/女性) このほか、お礼を伝えながら印象アップを図りたいという気持ちがあった人もいました。 志望度が高いことをアピールしたいから(社会人/女性)• 感謝の気持ちを伝えた方がより好印象だから(社会人/男性)• 名前を覚えてもらいたかったから(学生/男性) 中には「学校からの指導があったから」(社会人/女性)というケースもあり、お礼メールを送るようアドバイスを受けていた人もいたようです。 会社説明会に参加した学生からのお礼メールを受け取ったことがある人事は6割以上。 印象的だったメールは? 企業で新卒の採用選考を経験したことのある人事担当者181人に、会社説明会の参加者からお礼のメールを受け取ったことはありますか?と尋ねてみました。 「ない」という回答は28. 2%で、「覚えていない/わからない」は5. 0%でした。 会社説明会後、お礼メールを受け取ったことがあるという人が多数派を占めています。 続いて、お礼メールを受け取ったことがあるという人事担当者に、受け取って印象に残ったメールについて具体的に回答してもらいました。 説明会で伝えた内容についての質問メールが送られてきたことで、次年度の説明会では、学生目線のより良い内容に変えることができた(食品業界/40代女性)• 説明を聞いたことでますます入職したくなったと前向きな言葉をもらえた(教育業界/40代男性)• 説明がわかりやすく、入社したい気持ちが高まった、というメール(銀行業界/40代女性) 説明会の内容へのフィードバックや入社意欲の高まりが感じられるメールは、人事担当者の印象に残ったようです。 一方、「儀礼的なものが多い」「形式的なものがほとんど」「こういうメールを送りなさい…と誰かに言われたような文章だった」といった回答も。 せっかくお礼メールを送るなら、きちんと相手に気持ちが届くメールを送りたいもの。 次に、マナー講師の峯陽子先生に聞いた、メールを送る際のポイントと例文を紹介するので、参考にしてみてください。 お礼の気持ちが伝わるメールを送るための3つのポイント 会社説明会参加後のお礼メールは、必ず送らなければならないというものではありません。 もし「ぜひお礼を伝えたい」と感じ、お礼メールを送るのであれば、その気持ちがきちんと伝わるメールになるようにしたいものです。 ここでは、メールを送る際に気をつけたい3つのポイントを紹介します。 【ポイント1】お礼メールは参加後早めに送ろう 会社説明会からできるだけ時間を置かず、その日のうちか翌日をめどにメールを送りましょう。 誰かにお礼を伝える際は時間があくほどお礼の意味が薄くなってしまうため、会社説明会のケースに限らず、お礼メールは早めに送信するようにしましょう。 【ポイント2】「会社説明会に参加して参考になった点」や「会社説明会でよかったところ」を書こう メールを送る際は、会社説明会の具体的な感想を書き添えるとよいでしょう。 形式的なお礼の文言だけでは、「ぜひお礼を伝えたい」と感じた思いは伝わりにくいもの。 参加した学生からの感想は、企業の担当者が今後も会社説明会を開催していく上で参考にもなるでしょう。 【ポイント3】お礼メールの文面は簡潔にしよう 長文のメールは何を伝えたいのかわかりにくくなりがちなもの。 また、人事担当者はたくさんの学生からメールを受け取っている可能性が高いため、メール文が長いと読むのに時間がかかってしまい、相手の負担になってしまうことも考えられます。 伝えたい内容を絞り、短くまとめるよう心がけましょう。 このたびは貴社の会社説明会に参加させていただき、 ありがとうございました。 説明会では、貴社のものづくりについて詳しくお話しいただき、 仕事内容への理解を深めることができました。 また、社風についての質問にも 職場の様子をイメージできるようなお話を聞かせていただき、 貴社に入社したいという思いがより強くなりました。 丁寧にご対応いただいたことへのお礼を、ひと言お伝えしたいと思い メールを送らせていただきました。 引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

次の