浦田 直也 あゆ。 浦田直也・浜崎あゆみペアリングはティファニー 酔って誤爆「ダンゴムシになる」「ayu今すぐ抱きしめたい愛してる」画像ツイートまとめ|ENTAME walker

浦田直也 ダンゴムシ,あゆとの画像!?女性に暴行,現場コンビニどこ?あゆの反応

浦田 直也 あゆ

浦田直也とあゆ(浜崎あゆみ)の出会い まず2人の出会いについて興味深いエピソードがあります。 はじめて出会ったのは 2001年。 AAAの結成が 2005年なのでまだ浦田さんがAAAではない頃のことです。 お笑いコンビ・ナイティナインがMCをしていた人気番組ASAYANで、浜崎あゆみさんの「DOMETOUR2001」のオープニングダンサーオーディションが開催されました。 これに浦田さんは参加、見事 6人のダンサーのリーダーに選ばれました。 この話で、当時から浦田さんはダンサーとしてのスキルが高かったということが分かります。 この時、 浦田さんは浜崎あゆみさんに「 俺は、何故売れてるか分からないあなたが嫌いです」と話し、そのことに逆に 感心した 浜崎あゆみさんが浦田さんを合格させたという伝説もあります。 真偽ははっきりしませんが本当だとしたらスゴイ話です。 いずれにしろ、浦田さんと浜崎あゆみさんのもともとの出会いは 「メインアーティストとバックダンサー」からのスタートであり、そこから徐々に仲良くなっていったようです。 浦田直也とあゆは姉・弟の関係? ここから2人のSNSの情報を中心に、浦田直也さんと浜崎あゆみさんの関係性を追っていこうと思います。 まず比較的古い部類のものでは、浜崎あゆみさんと浦田直也さんは姉と弟のような関係だったことをうかがわせるようなインスタ画像があります。 日付は 2016年7月24日のものです。 ayumi hamasakiさん a. you がシェアした投稿 — 2018年 2月月17日午後4時55分PST 「昨日の夜は大切な人との時間があったから心が温かい」という思わせぶりな言葉も添えられています。 ちなみにペアリングの指輪のブランドは 「ティファニー」だそうです。 浦田直也が酔ってSNSに誤爆? 浜崎あゆみさんと浦田直也さんについて、もっとも大きな騒動になったのは、 浦田直也さんのTwitterアカウントから 2018年3月10日の朝に投下されたツイートです。 この浦田さんのツイートはネット界隈を騒然とさせます。 誤爆ツイート1 一つは浜崎あゆみさんを意味すると思われる女性への愛のメッセージです。 「逃げないでょー。 ずるいよー!」といった言葉から、この時期、あまり浜崎あゆみさんが会ってくれず悶々としていた様子が伺えます。 また写真のポーズではお揃いのペアリングもしっかり見せていますが、 これが投下された3月10日といえば、2人がペアリングの指輪をSNSにアップした2月17日からほとんど間もない時期です。 誤爆ツイート2 もう一つは、浜崎あゆみさんを誹謗していると思しき人たちに対する怒りのメッセージです。 「ayu姉」という言葉が見えるので、明らかに浜崎あゆみさんについて書いたものだと分かります。 出典: こちらは特に 「どんなかひがびっても」「やることやりなわ」「着なよー」といった支離滅裂な日本語から、明らかに酩酊していると分かります。 もちろん2つのツイートはすぐに削除されました。 投下の時間は2018年3月10日の朝ということで、今回のコンビニでの女性暴行事件は午前5時、これは同じく 「飲み明かしたであろう朝」という共通点があります。 浦田さんはお酒そのものを控えるか、そうでなければ徹夜の深酒をした上で翌朝にSNSをしたり出かけたりするのはやめた方がいいようです。 仲良さげな2019年、新年のインスタ画像 2人の関係を伺えるもっとも新しいインスタの画像では、 今年2019年の新年にアップされたものがあります。 浜崎あゆみのインスタ画像 こちらは浜崎あゆみさんがアップしているインスタ画像。 この画像からSNS誤爆のようなトラブルにも関わらず、 仲の良さは現在まで続いていたのではないかということが推測できます。 あるいは、この時に 誤爆の件で冷えた関係を修復したという解釈も可能かもしれません。 2人の関係は兄弟的なもの?恋人で付き合ってた? 以上のことを追いかけていくと、 2人の関係は最初は姉・弟のようなところから始まるも、徐々に浦田直也さんが熱くなって思いを募らせ、恋人に近い関係になったのではないか、と推測できそうです。 しかし浦田直也さんの誤爆ツイートなどからも伺えるように、常に浜崎あゆみさんの浦田さんへの思いより、浦田さんの浜崎さんへの思いの方が熱量としては多く、時にそれに困惑した浜崎さんが少し引いていた部分もあるのかもしれません。 今回のコンビニでの女性への暴行事件も、 ツイートを誤爆した時期のように浜崎さんがあまり会ってくれなくなり、自暴自棄になった浦田さんがアルコールの暴飲に走って勢いでナンパ、酒癖の悪さも相まって今回のような非常に悪い結果を招いた、という可能性もあります。 最後に 浦田さんについては今までのSNSへの誤爆といった程度の失敗なら、むしろ人間臭く、アイドル歌手らしからぬ失敗で好感が持てるような気がします。 しかしAAAの浦田直也さんについて最新の報道では、 コンビニでナンパしようとしたところ失敗して被害女性に平手打ち、その後マンションのエレベーターに逃げ込んだが追いかけて蹴りを入れたということで、さすがに酒の上での失敗とはいえタチが悪すぎるようです。 いずれにしろ今まで浜崎さんは、浦田さんの「ayu姉」への思いほどではなくとも、「弟」のような浦田さんには愛情をもって接していたように見えますので、この事件でかなり心を痛めているのではないでしょうか。

次の

元AAA浦田直也、SNS再開に困惑も 「止まない雨はない」に「先に謝罪じゃ...」: J

浦田 直也 あゆ

浜崎は、自身のInstagramにて「新年明けましておめでとうございます」と、新年の挨拶に続けて「本当に素敵な平成最後の大晦日を過ごさせていただきました!あの景色、一生忘れないだろうなぁ。。 」と、この前日に東京国際フォーラム ホールAにて開催した「ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2018-2019 A -TROUBLE-」を振り返った。 この写真は、浦田も「2019!! マジで最高の年明けになりましたー」とコメントを添え、InstagramやTwitterに投稿。 ファンからは「え?最高なんだけど」「めっちゃいい写真だね」「理想の姉弟感出過ぎ!」「お似合いですね」「あゆとお似合いすぎて」「久しぶりのあゆ姉とツーショット」「2人が好きすぎる〜」「美男美女!!!」「このツーショほんまにやばい!!」「二人ともスーパーかわいい〜!!!」と絶賛のコメントが寄せられていた。 また、浜崎は、3日にもInstagramを更新。 泣いた。 今鼻詰まってます。 」と鼻が詰まってしまうほど泣いたことを明かすコメントを添え、黒のニーハイで美脚を披露する写真などを公開していた。 浜崎は、10月より『ayumi hamasaki LIVE TOUR ーTROUBLEー 2018ー2019 A(ロゴ)』を実施中で、来年2月の沖縄県・沖縄コンベンションセンター劇場までを駆け抜ける予定だ。 画像出典:浜崎あゆみオフィシャルInstagramより.

次の

浦田直也あゆ(浜崎あゆみ)との関係は?姉と弟?恋人で付き合ってた?

浦田 直也 あゆ

さん a. you がシェアした投稿 — 2016年 7月月23日午後9時26分PDT 仲が良すぎて、カップルのようにも見えてしまいますね。 あゆ自身は、弟のように思っていても、浦田直也は本気で好きだったのかなとも思えます。 酔ったときって、気持ちがオープンになるからか、意外と溜めてることをサラッと言ってしまうことはありますね。 でも、見ず知らずの人に暴力はダメです。 浦田直也のダンゴムシ事件とは? ダンゴムシ事件とは、浦田直也があゆにTwitterで意味深ツイートをしたときのことのようです。 浦田直也さんのツイート事故りすぎぃ〜wwwwwwwwwww ダンゴムシに勝手になっててくれよwwwwwwwwwwwww — ぶ ら さ ん blam0m0 引用元:Twitter このようなツイートをしていたんですね! 浦田直也のツイートを見ると、かなりあゆのことが好きなことが分かります。 姉・弟の域は超えてるように見受けられますね! あゆが可愛いのは納得ですけど。 何にせよ、このようなお酒での失敗が最近もあったのに反省できなかったのか…という残念な気持ちになりました。 AAAファンの反応は?ネットの声は? Twitterなどを見てみると、• 5人のメンバーの笑顔を 守って欲しかった。 やりやがったな…ちょっとショック…• aaa 解散とかなったら、生きていけない• 酒に酔っていて覚えてないとか…ドン引き。 お酒くらい自分でセーブしてよ。 36にもなって何してんの? などの声が上がっていますね。 ファンの人達の落胆は計り知れないですね。 まとめ 今回は、AAAリーダーの浦田直也の酒癖の悪さと、以前の浜崎あゆみさんへの意味深ツイートについてまとめてみました。 この意味深ツイートの出来事のことを「ダンゴムシ事件」というようですね。 浦田直也は、酒癖の悪いことは有名だったようで、ファンの間でもいずれ何かしら問題を起こすのでは?と危惧されていました。 ツアーが決まっていたり、他のメンバーのソロツアーがあったり今人気のグループなだけに残念でしかたないです。 釈放後の会見や事務所側からの正式な発表をファンの方は待たれていますね。 今後の動向が気になります。

次の