適応障害 求人。 【転職経験談】適応障害は甘えではない。うつ病になる前に退職して本当に良かった話。

適応障害に向いている仕事とは!?働けないと悩んでいる人におすすめの方法!

適応障害 求人

あなたは「 適応障害」という心の病をご存知でしょうか?適応障害とは、 ストレスが原因で障害が生じる心の病です。 精神面はもちろん、体や行動など様々な症状が現れます。 特に社会人1年目の新卒は、生活環境がガラッと変わることで 気づかないうちにストレスを抱えがち。 「自分は強いから大丈夫」 こんなふうに思っていても、ストレスの負担が増えれば 誰しも適応障害になってしまうリスクがあるのです。 本記事では、適応障害を疑う新卒者のために• 適応障害の症状と原因• 最適な治療法• 適応障害になった時の選択肢 などを解説します。 精神的に不安定になると間違った行動をしてしまいがちです。 右も左も分からない新卒こそ1人で悩んではいけません。 ぜひ、本記事をじっくり読んで「 あなたにとって最適な道」を見つけてくださいね。 心: 不安・抑うつ感• 体: 頭痛・肩こり・睡眠障害・動機・めまい• 行動: 無断欠勤・暴飲暴食・暴力的な態度 心:不安・抑うつ感 新卒の適応障害では、心(精神面)が不安定になってしまうことが少なくありません。 仕事や将来に対する漠然とした不安• 抑うつ感が高まりネガティブ思考になる• 慢性的にイライラしている• 深く考えられず判断力が鈍る• 簡単な仕事も覚えられない 漠然とした不安や抑うつ感は適応障害によく見られる症状です。 また、 記憶力や判断力が鈍くなり、簡単な仕事を覚えられなくなることも。 自分に自信を持てず ネガティブ思考に陥りやすいのも適応障害ならではの症状と言えます。 体:頭痛・肩こり・睡眠障害・動悸・めまい 適応障害は体に異変が起こることも珍しくありません。 慢性的な頭痛• 肩こり・腰痛• 睡眠障害• 食欲不振• めまい・動悸 頭痛や肩こり、腰痛、関節痛など 体に痛みが生じるのは適応障害によく見られる症状の1つ。 不安や焦りから 睡眠障害に発展する新卒も少なくありません。 食欲がなくなりめまいや動悸を引き起こすこともあります。 覚えることの多い新卒にも関わらず体調を崩してしまうと、 精神的にもさらにストレスがかかってしまう原因になるのです。 行動:無断欠勤・暴飲暴食・暴力的な態度 適応障害では行動面にも症状が現れます。 無断欠勤や遅刻• ストレスによる暴飲暴食• 他者に対して暴力的な態度• 簡単な仕事で何度も同じミスをする• 人を避けてしまう 「出勤時間になると動けなくなってしまう」といった経験はないでしょうか。 会社に連絡すべきなのは分かっているものの、 人と接するのが怖くて無断欠勤してしまうことも。 仕事のプレッシャーやストレスで、 暴飲暴食に走るのも適応障害によくある症状です。 溜まりすぎたストレスで、 怒りやすくなったり暴言を吐いてしまう人も少なくありません。 適応障害になると心身ともに疲弊し、行動にまで支障を来してしまいます。 このような症状がある方は 「新卒だから…」と無理をせず、医師による診断を受けましょう。 社会人1年目の新卒は、 生活環境がガラッと変わり大きなストレスを受けるもの。 職場の人間関係・雰囲気• 過酷な労働環境• 新生活による孤独感• パワハラ• 希望していた部署と違った 人によって仕事に耐えられるレベルや感受性は異なります。 上司からすれば当たり前のことが、新卒のあなたにとっても当たり前とは限りません。 ストレスが過剰にかかってしまえば精神を病んでしまうものです。 また、就職を期に引っ越しを経験した新卒も少なくないでしょう。 はじめての1人暮らし• 仕事のプレッシャー プライベートと仕事の両方で環境が変われば、精神的に負担を感じても無理はありません。 「新卒だし精神的に消耗するのは当たり前」 このように考える方もいると思いますが、 自分のストレスレベルを冷静に分析するのは難しいものです。 適応障害になると、ストレスの原因となる 環境を変えない限り消耗してしまいます。 症状が出ているにも関わらず放置すると、 うつ病などに発展するリスクもあるのです。 適応障害の原因は人によって違います。 大事なのは自分を認めて原因を追求し環境を変えることですね。 次の章では、新卒で適応障害になった時の治療法を見ていきましょう。 ストレスの原因を究明するには、 まず医師による診断を受けましょう。 なぜなら、適応障害になると判断力が鈍り1人で原因を究明するのは難しいからです。 ストレスの元をカウンセリングで明確化• 体調不良の症状を分析• 症状に応じて最適な治療法を提案 専門医のカウンセリングを受けることで、適応障害を改善する第一歩が踏み出せます。 「自分は適応障害かもしれない」と感じる方は、 精神科や心療内科などでカウンセリングを受けてみてくださいね。 相性が合う医師を見つけましょう 適応障害では、医師によるカウンセリングが治療の第一歩になるとお伝えしました。 ここでとても重要になるのが、医師とあなたの相性です。 カウンセリング中に心苦しくなるようであれば、他の医師や病院で診察してもらうことをおすすめします。 上から目線で話してくる• 適当なマニュアルでカウンセリングされた• 理解を示そうとしてくれない 新卒で適応障害になった人の中には、 医師によるカウンセリングでさらにストレスを感じた方もいるようです。 誰にも相談できないから診察を受けたのに「誰かに相談してください」と適当な返答を受けた新卒もいます。 残念なことですが、 粗悪な診察をする医師も少なからずいることを覚えておいてくださいね。 あなたの話を親身に聞いてくれる医師を探すことは、適応障害を改善するためにとても重要な要素と言えるでしょう。 適応障害の場合は診断書をもらうこと 医師によるカウンセリングで適応障害と判断されたら、 必ず診断書をもらってください。 診断書は休職する際の必須書類です。 忙しい新卒であっても、適応障害を治すには 「環境を変える」ことや「休む」ことが大切です。 ちなみに診断書は無料ではありません。 医療機関によって値段は異なりますが、 2,000〜1万円ほどが相場になっています。 また、診断書の発行代は保険適用外です。 詳しい料金を知りたい場合は、近くの医療機関へ直接問い合わせてくださいね。 適応障害と判断された新卒の場合、 まずは休職することをおすすめします。 人によっては、ゆっくり休養することで会社に復職できることもあるからです。 通常、新卒が適応障害になった時は 転職や退職するのが一般的。 しかし、新卒からすると以下のような不安があるはずです。 次の会社でも同じような状況になるのでは?• 今の会社が自分に合ってないと断言できない• 転職を成功させられるか心配 社会人1年目の新卒にとって、転職や退職のハードルは想像以上に高いものですね。 環境を変えることは適応障害を改善するために重要なことですが、転職や退職によって ストレスが増えてしまえば元も子もありません。 そのため、 まずはしっかり休んで様子を見ることも選択肢の1つとして考慮すべきなのです。 あなたに理解を示す職場もある 会社によっては、適応障害になってしまった新卒をサポートしてくれることも。 新卒:休養してストレスが減る• 会社:社員に対する接し方を改善 社員数の少ない中小企業などでは、 職場自体の働き方を見直してくれることもあるのです。 休職して適応障害の症状が改善された場合、復職して様子を見ることもできますよね。 あなた自身に問題が見られなければ、 同じ会社で働き続けることも可能なのです。 完全なブラック企業• 日常的に上司のパワハラがある• 仕事自体に全く興味が見出だせない 上記のような理由があるなら 転職することをおすすめします。 会社側に明らかな問題がある場合、新卒がいくらもがいても改善することはありません。 嫌な環境に戻って体調不良が悪化するよりも、 新しい会社へ移った方が良いこともあるのです。 「今の会社にいるなんて考えられない」と感じるなら、休職しつつ 無理のない範囲で転職活動に踏み出しましょう。 なぜなら、今の職場で適応障害になってしまったのは、 あなたの強みと仕事内容がマッチしていなかった可能性が高いからです。 転職先でも同じ失敗を繰り返さないためにも、まずは 自分の強みを知り、強みに合った仕事を探すようにしてください。 そこでおすすめなのが、リクナビNEXTのです。 簡単な質問に答えるだけで、あなたの「 5つの強み」を15分程度で診断できます。 業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の 精度も信頼性も抜群。 利用するには転職サイトのリクナビNEXTへの登録が必要ですが、誰でも無料で簡単に登録できます。 本当にあなたに向いている仕事はどんな仕事なのか?をまずは診断してみてください。 心身ともに不安定な新卒は、転職エージェントを活用するべきです。 中でもおすすめなのが、第二新卒に特化した転職エージェント。 第二新卒向けの求人を紹介• カウンセリングで理想の会社を明確化• 非公開求人の紹介• 書類や面接の作法をレクチャー• 年収交渉 第二新卒向けの転職エージェントなら、上記のようなメリットが得られます。 転職エージェントによっては、 書類選考なしで直接面接に進めることも。 すぐにでも新しい会社に転職したい新卒には最適と言えるでしょう。 適応障害の新卒を転職成功に導いた実績のある転職エージェントも沢山あります。 ストレスは減ったがもう職場に戻りたくない• 転職失敗によるストレスを最小限にしたい このような気持ちが強い方は、第二新卒向けの転職エージェントとタッグを組んで転職活動へ進んでみてくださいね。 おすすめの転職エージェントについては以下の記事を参考にしてください。 適応障害になった原因が会社にあり「今すぐにでも逃げたい」と思うなら、 まず退職することも考えてみてください。 仕事をすること自体に疲弊してしまったのなら、後先考えずに休むことも考慮するべきですね。 ただし、退職してしまうと社会人キャリアにブランクができてしまいますが、何よりも大事なのは新卒である あなたの健康です。 心身ともに健康であれば、何度でもやり直せることを忘れないでください。 診断書を持参して会社に退職の相談• 必要な手続きを済ませる• 十分に休んでから転職活動をスタート どうしても退職を切り出すのが難しい方には 退職代行サービスがおすすめです。 退職希望の従業員に代わり、会社との 退職のやり取りをすべて代行してくれるのが退職代行サービス「」です。 「今すぐ辞めたい」「気まずいから会社の人と顔を合わせたくない」「もう2度と会社に行きたくない」など、適用障害で追い詰められている人の要望にすべて応えてくれます。 退職代行EXITのメリット• 相談から 即日対応ですぐに退職できる• 深夜や休日でも対応可能• 会社との やり取りは一切不要• 退職届の提出・貸与品の返却も 郵送でOK• 「自分に限って適応障害なんてあり得ない」 こんなふうに思う人ほど、 自ら負のスパイラルに陥ってしまうものなのです。 あなた自身から発せられるSOSを無視していると、適応障害からうつ病などに発展してしまう危険もあります。 心:不安・抑うつ感• 体:頭痛・肩こり・睡眠障害・動機・めまい• 行動:無断欠勤・暴飲暴食・暴力的な態度 新卒のあなたは、上記のような症状が出ていませんか?体調不良や不安感に襲われているなら、すぐにでも医師の診察を受けてください。 適応障害は心の病であり、1人で解決できるほど簡単ではありません。 ストレスの要因を明確化• 環境を変える or 十分な休養を取る• 復職・転職などの対策を考える 新卒で適応障害になってしまった人に大切なのは、何よりも健康になることです。 これ以上無理をするのではなく、 医師や転職エージェントのサポートを得ながら新しい道を模索していきましょう。 転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。 複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。 リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No. 1のと、専門分野に精通するです。 自分の市場価値がわかるや自分の仕事の適性がわかるも利用すれば転職成功率はさらに上がります。 登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了! 転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。 転職成功実績No. 1!非公開求人多数!! 圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。 特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。 充実の面接対策も人気!.

次の

【転職経験談】適応障害は甘えではない。うつ病になる前に退職して本当に良かった話。

適応障害 求人

あなたは「 適応障害」という心の病をご存知でしょうか?適応障害とは、 ストレスが原因で障害が生じる心の病です。 精神面はもちろん、体や行動など様々な症状が現れます。 特に社会人1年目の新卒は、生活環境がガラッと変わることで 気づかないうちにストレスを抱えがち。 「自分は強いから大丈夫」 こんなふうに思っていても、ストレスの負担が増えれば 誰しも適応障害になってしまうリスクがあるのです。 本記事では、適応障害を疑う新卒者のために• 適応障害の症状と原因• 最適な治療法• 適応障害になった時の選択肢 などを解説します。 精神的に不安定になると間違った行動をしてしまいがちです。 右も左も分からない新卒こそ1人で悩んではいけません。 ぜひ、本記事をじっくり読んで「 あなたにとって最適な道」を見つけてくださいね。 心: 不安・抑うつ感• 体: 頭痛・肩こり・睡眠障害・動機・めまい• 行動: 無断欠勤・暴飲暴食・暴力的な態度 心:不安・抑うつ感 新卒の適応障害では、心(精神面)が不安定になってしまうことが少なくありません。 仕事や将来に対する漠然とした不安• 抑うつ感が高まりネガティブ思考になる• 慢性的にイライラしている• 深く考えられず判断力が鈍る• 簡単な仕事も覚えられない 漠然とした不安や抑うつ感は適応障害によく見られる症状です。 また、 記憶力や判断力が鈍くなり、簡単な仕事を覚えられなくなることも。 自分に自信を持てず ネガティブ思考に陥りやすいのも適応障害ならではの症状と言えます。 体:頭痛・肩こり・睡眠障害・動悸・めまい 適応障害は体に異変が起こることも珍しくありません。 慢性的な頭痛• 肩こり・腰痛• 睡眠障害• 食欲不振• めまい・動悸 頭痛や肩こり、腰痛、関節痛など 体に痛みが生じるのは適応障害によく見られる症状の1つ。 不安や焦りから 睡眠障害に発展する新卒も少なくありません。 食欲がなくなりめまいや動悸を引き起こすこともあります。 覚えることの多い新卒にも関わらず体調を崩してしまうと、 精神的にもさらにストレスがかかってしまう原因になるのです。 行動:無断欠勤・暴飲暴食・暴力的な態度 適応障害では行動面にも症状が現れます。 無断欠勤や遅刻• ストレスによる暴飲暴食• 他者に対して暴力的な態度• 簡単な仕事で何度も同じミスをする• 人を避けてしまう 「出勤時間になると動けなくなってしまう」といった経験はないでしょうか。 会社に連絡すべきなのは分かっているものの、 人と接するのが怖くて無断欠勤してしまうことも。 仕事のプレッシャーやストレスで、 暴飲暴食に走るのも適応障害によくある症状です。 溜まりすぎたストレスで、 怒りやすくなったり暴言を吐いてしまう人も少なくありません。 適応障害になると心身ともに疲弊し、行動にまで支障を来してしまいます。 このような症状がある方は 「新卒だから…」と無理をせず、医師による診断を受けましょう。 社会人1年目の新卒は、 生活環境がガラッと変わり大きなストレスを受けるもの。 職場の人間関係・雰囲気• 過酷な労働環境• 新生活による孤独感• パワハラ• 希望していた部署と違った 人によって仕事に耐えられるレベルや感受性は異なります。 上司からすれば当たり前のことが、新卒のあなたにとっても当たり前とは限りません。 ストレスが過剰にかかってしまえば精神を病んでしまうものです。 また、就職を期に引っ越しを経験した新卒も少なくないでしょう。 はじめての1人暮らし• 仕事のプレッシャー プライベートと仕事の両方で環境が変われば、精神的に負担を感じても無理はありません。 「新卒だし精神的に消耗するのは当たり前」 このように考える方もいると思いますが、 自分のストレスレベルを冷静に分析するのは難しいものです。 適応障害になると、ストレスの原因となる 環境を変えない限り消耗してしまいます。 症状が出ているにも関わらず放置すると、 うつ病などに発展するリスクもあるのです。 適応障害の原因は人によって違います。 大事なのは自分を認めて原因を追求し環境を変えることですね。 次の章では、新卒で適応障害になった時の治療法を見ていきましょう。 ストレスの原因を究明するには、 まず医師による診断を受けましょう。 なぜなら、適応障害になると判断力が鈍り1人で原因を究明するのは難しいからです。 ストレスの元をカウンセリングで明確化• 体調不良の症状を分析• 症状に応じて最適な治療法を提案 専門医のカウンセリングを受けることで、適応障害を改善する第一歩が踏み出せます。 「自分は適応障害かもしれない」と感じる方は、 精神科や心療内科などでカウンセリングを受けてみてくださいね。 相性が合う医師を見つけましょう 適応障害では、医師によるカウンセリングが治療の第一歩になるとお伝えしました。 ここでとても重要になるのが、医師とあなたの相性です。 カウンセリング中に心苦しくなるようであれば、他の医師や病院で診察してもらうことをおすすめします。 上から目線で話してくる• 適当なマニュアルでカウンセリングされた• 理解を示そうとしてくれない 新卒で適応障害になった人の中には、 医師によるカウンセリングでさらにストレスを感じた方もいるようです。 誰にも相談できないから診察を受けたのに「誰かに相談してください」と適当な返答を受けた新卒もいます。 残念なことですが、 粗悪な診察をする医師も少なからずいることを覚えておいてくださいね。 あなたの話を親身に聞いてくれる医師を探すことは、適応障害を改善するためにとても重要な要素と言えるでしょう。 適応障害の場合は診断書をもらうこと 医師によるカウンセリングで適応障害と判断されたら、 必ず診断書をもらってください。 診断書は休職する際の必須書類です。 忙しい新卒であっても、適応障害を治すには 「環境を変える」ことや「休む」ことが大切です。 ちなみに診断書は無料ではありません。 医療機関によって値段は異なりますが、 2,000〜1万円ほどが相場になっています。 また、診断書の発行代は保険適用外です。 詳しい料金を知りたい場合は、近くの医療機関へ直接問い合わせてくださいね。 適応障害と判断された新卒の場合、 まずは休職することをおすすめします。 人によっては、ゆっくり休養することで会社に復職できることもあるからです。 通常、新卒が適応障害になった時は 転職や退職するのが一般的。 しかし、新卒からすると以下のような不安があるはずです。 次の会社でも同じような状況になるのでは?• 今の会社が自分に合ってないと断言できない• 転職を成功させられるか心配 社会人1年目の新卒にとって、転職や退職のハードルは想像以上に高いものですね。 環境を変えることは適応障害を改善するために重要なことですが、転職や退職によって ストレスが増えてしまえば元も子もありません。 そのため、 まずはしっかり休んで様子を見ることも選択肢の1つとして考慮すべきなのです。 あなたに理解を示す職場もある 会社によっては、適応障害になってしまった新卒をサポートしてくれることも。 新卒:休養してストレスが減る• 会社:社員に対する接し方を改善 社員数の少ない中小企業などでは、 職場自体の働き方を見直してくれることもあるのです。 休職して適応障害の症状が改善された場合、復職して様子を見ることもできますよね。 あなた自身に問題が見られなければ、 同じ会社で働き続けることも可能なのです。 完全なブラック企業• 日常的に上司のパワハラがある• 仕事自体に全く興味が見出だせない 上記のような理由があるなら 転職することをおすすめします。 会社側に明らかな問題がある場合、新卒がいくらもがいても改善することはありません。 嫌な環境に戻って体調不良が悪化するよりも、 新しい会社へ移った方が良いこともあるのです。 「今の会社にいるなんて考えられない」と感じるなら、休職しつつ 無理のない範囲で転職活動に踏み出しましょう。 なぜなら、今の職場で適応障害になってしまったのは、 あなたの強みと仕事内容がマッチしていなかった可能性が高いからです。 転職先でも同じ失敗を繰り返さないためにも、まずは 自分の強みを知り、強みに合った仕事を探すようにしてください。 そこでおすすめなのが、リクナビNEXTのです。 簡単な質問に答えるだけで、あなたの「 5つの強み」を15分程度で診断できます。 業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の 精度も信頼性も抜群。 利用するには転職サイトのリクナビNEXTへの登録が必要ですが、誰でも無料で簡単に登録できます。 本当にあなたに向いている仕事はどんな仕事なのか?をまずは診断してみてください。 心身ともに不安定な新卒は、転職エージェントを活用するべきです。 中でもおすすめなのが、第二新卒に特化した転職エージェント。 第二新卒向けの求人を紹介• カウンセリングで理想の会社を明確化• 非公開求人の紹介• 書類や面接の作法をレクチャー• 年収交渉 第二新卒向けの転職エージェントなら、上記のようなメリットが得られます。 転職エージェントによっては、 書類選考なしで直接面接に進めることも。 すぐにでも新しい会社に転職したい新卒には最適と言えるでしょう。 適応障害の新卒を転職成功に導いた実績のある転職エージェントも沢山あります。 ストレスは減ったがもう職場に戻りたくない• 転職失敗によるストレスを最小限にしたい このような気持ちが強い方は、第二新卒向けの転職エージェントとタッグを組んで転職活動へ進んでみてくださいね。 おすすめの転職エージェントについては以下の記事を参考にしてください。 適応障害になった原因が会社にあり「今すぐにでも逃げたい」と思うなら、 まず退職することも考えてみてください。 仕事をすること自体に疲弊してしまったのなら、後先考えずに休むことも考慮するべきですね。 ただし、退職してしまうと社会人キャリアにブランクができてしまいますが、何よりも大事なのは新卒である あなたの健康です。 心身ともに健康であれば、何度でもやり直せることを忘れないでください。 診断書を持参して会社に退職の相談• 必要な手続きを済ませる• 十分に休んでから転職活動をスタート どうしても退職を切り出すのが難しい方には 退職代行サービスがおすすめです。 退職希望の従業員に代わり、会社との 退職のやり取りをすべて代行してくれるのが退職代行サービス「」です。 「今すぐ辞めたい」「気まずいから会社の人と顔を合わせたくない」「もう2度と会社に行きたくない」など、適用障害で追い詰められている人の要望にすべて応えてくれます。 退職代行EXITのメリット• 相談から 即日対応ですぐに退職できる• 深夜や休日でも対応可能• 会社との やり取りは一切不要• 退職届の提出・貸与品の返却も 郵送でOK• 「自分に限って適応障害なんてあり得ない」 こんなふうに思う人ほど、 自ら負のスパイラルに陥ってしまうものなのです。 あなた自身から発せられるSOSを無視していると、適応障害からうつ病などに発展してしまう危険もあります。 心:不安・抑うつ感• 体:頭痛・肩こり・睡眠障害・動機・めまい• 行動:無断欠勤・暴飲暴食・暴力的な態度 新卒のあなたは、上記のような症状が出ていませんか?体調不良や不安感に襲われているなら、すぐにでも医師の診察を受けてください。 適応障害は心の病であり、1人で解決できるほど簡単ではありません。 ストレスの要因を明確化• 環境を変える or 十分な休養を取る• 復職・転職などの対策を考える 新卒で適応障害になってしまった人に大切なのは、何よりも健康になることです。 これ以上無理をするのではなく、 医師や転職エージェントのサポートを得ながら新しい道を模索していきましょう。 転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。 複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。 リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No. 1のと、専門分野に精通するです。 自分の市場価値がわかるや自分の仕事の適性がわかるも利用すれば転職成功率はさらに上がります。 登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了! 転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。 転職成功実績No. 1!非公開求人多数!! 圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。 特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。 充実の面接対策も人気!.

次の

悩まないで!適応障害になった場合の仕事や転職について詳しく解説│DIエージェント

適応障害 求人

転職する• 休職後、復職する• 休職後、転職する 次の項目で詳しくご説明します。 適応障害と診断!転職せずに休職するケースとは? ここでは、適応障害の診断を受けた後、転職せずに休職するケースをご紹介します。 休職後、復職する場合 休職とは、一定期間仕事を休んで療養することを指します。 期間の上限は会社ごとに異なり、就業規則で定められています。 休職制度を設けていない会社や、制度を利用する際に勤続年数等の条件を定めている会社もあるので、自分の会社の就業規則を確認しましょう。 労災を除いて、休職期間中は賃金が支払われない場合がほとんどですが、健康保険に加入していれば傷病手当金が支給されます。 次の項目で、休職することのメリット・デメリットをご説明します。 メリット 休職して体調が回復した後に復職する場合のメリットをご説明します。 ・仕事から離れることができ、気持ちや体調を整えることができる 休職期間中は業務が免除されていますので、仕事のことを考える必要がなくなり、気持ちを整理したり、体調を整えたりすることに専念できます。 ・休職期間内であれば、会社に復職できる 「せっかく入った会社なので、なるべくなら現職を続けたい」 「転職するにしても、転職先の環境が合うかどうか不安」 「療養と転職活動を両立することが難しそう」 といった場合、転職に踏み切れないかもしれません。 そういった人は、まず休職して体調を回復させてから、復職を検討していくというのがお勧めです。 ・リワークプログラムを使って復職への準備ができる リワークプログラムとは精神疾患を原因として休職している労働者に対し、職場復帰に向けたリハビリテーションを行う制度です。 休職期間中の方は、このような支援サービスを利用し、復職に向けた準備を進めることができ、場合によっては支援者が就業先の企業と連携し、職場の環境改善のための支援まで行ってくれる場合もあります。 リワークプログラムは、医療機関や障害者就業センターなどが実施しており、内容がそれぞれ異なります。 「」の項目で詳細をご説明します。 デメリット ・症状の再発の可能性がある 休職してから復職を目指すことのデメリットとしては、仮に復職後も職場の環境改善がなされていない場合、症状の再発の可能性があることが挙げられます。 復職を検討する際には、発症の要因となった職場環境が改善されているかどうかをよく確認する必要があります。 適応障害での転職!メリット・デメリット ここでは、休職をした後に転職をする場合のメリット・デメリットについてご説明します。 メリット ・新しい環境で心機一転取り組める 職場での環境改善が見込めない場合、「以前のように体調を崩してしまったどうしよう」という不安を抱えながら就業することになってしまうため、そのような場合には転職することも有効な選択肢です。 転職のメリットとしては、職場を変えることにより、人間関係や業務内容が変わり、より自分にあった働き方ができる可能性があります。 デメリット ・新しい環境に馴染むための負荷がかかる 休職期間を経ての転職では、仕事をしていないブランクの期間により体力が落ち、仕事のパフォーマンスが発揮しづらくなることに加え、新しい環境に適応するためのストレスもかかるため、注意が必要です。 休職も転職もしないという選択肢!適応障害での退職 休職制度が利用できない場合や、転職活動を始められる程度に体調が回復していない場合、退職することも選択肢の一つです。 しばらく休んでから再就職する場合 ここでは、休職も転職もせず、退職する場合をご説明します。 メリット ・仕事から解放され、療養に集中できる 一次的な休職も療養のためには有効な手段ですが、いずれは復職しなければいけないことや、同じ会社に戻ることが頭の片隅にある限りは、どうしても現職のことを考えてしまう方もいるかもしれません。 また、休職制度の利用が難しく、就業を続けることも困難という場合には、退職することも有効な選択です。 デメリット ・経済的な負担 収入がストップすることになりますので、経済的な負担はかかってしまいます。 ・職務経歴書にブランクが生まれる 次の仕事を決めずに退職することで、職務経歴書に空白の期間が生まれることになります。 一概に、空白期間があることが不利になるとは限りませんが、転職の面接等で「この期間はどう過ごしていたのか」などの質問をされたり、応募企業に健康面を懸念されたりする可能性は否定できません。 適応障害をお持ちの方の転職に役立つ制度や支援は? 就労移行支援 一般企業への就労を目指す、障害や難病をお持ちの方が利用できる福祉サービスです。 就労移行支援事業所という施設に通所し、体調管理方法やコミュニケーションスキルを学んだり、応募書類作成や面接対策など、転職活動に向けてのアドバイスをもらったりすることができます。 就労移行支援事業所は、地方自治体から指定を受けてサービスを提供しており、全国には約3400ヵ所以上 2017年時点 の事業所があります。 また、就職後の職場への定着もサポートしてくれます。 参考: 就労継続支援 一般企業に就労することが困難な障害のある方に、働く場と一般企業等での就労に向けての訓練を提供する福祉サービスです。 就労継続支援A型事業所と、就労継続支援B型事業所の2種類があります。 リワーク 先ほど紹介したリワークプログラムについて、ここでは、実施主体ごとの特徴を紹介します。 ・精神科・心療内科などの医療機関 復職支援に特化しており、復職後も長期的に働けるための病状の回復と安定を目指した治療です。 ・地域障害者職業センター 各都道府県に設置され、障害者に対する専門的な職業リハビリテーションサービスや、事業主に対する障害者の雇用管理に関する相談・援助、地域の関係機関に対する助言・援助を行う機関です。 休職者・就業先の企業・主治医等と連携と連携しながら、復職の支援を行います。 下記のサイトで、地域ごとの障害者職業センターを調べることができます。 参考: ・就労移行支援事業所 前述した就労移行支援事業所の中にも、休職者を対象としたリワークプログラムを設けている施設があります。 通所を検討している方は、お住まいの地域の就労移行支援事業所に問い合わせてみましょう。 ジョブコーチ ジョブコーチ制度とは、障害者の就労・定着の専門家が、一定期間、障害者の就業先の企業等に在籍もしくは出向し、障害者およびその家族や企業に対し、職場定着のための支援を行う制度です。 障害者本人に対しては、健康管理や職場でのコミュニケーションなどの職場への適応に向けてのアドバイスを、就業先の企業に対しては、本人の体調や障害特性に配慮した雇用に向けてのアドバイスを行います。 利用するためには、従業員と企業双方の合意が必要となりますので、利用を検討されている方は、まず職場の方に相談してみましょう。 参考: まとめ 適応障害の診断を受けたり、それに近しい症状が見られたりするなど、不安を抱えていらっしゃる方がいると思いますが、今の状態を改善する選択肢も多くあります。 まずは一人で悩まずに、職場や主治医、地域の支援機関などに相談してみてはいかがでしょうか。 また、DIエージェントでは、「障害者手帳を取得したが、現職に復帰するか障害者雇用枠で転職するべきか迷っている」「障害者雇用枠で転職を考えているが、どんな職場が自分に合うかわからない」という方のご相談も承っています。 そのような方は、下記のURLから是非お申込みください。

次の