慢性 骨髄 性 白血病 ブログ。 白血病ブログの闘病記11選

白血病ブログの闘病記11選

慢性 骨髄 性 白血病 ブログ

眼球の痛み、目の表面は乾燥なのかゴロゴロとまぶたの裏に当たる、時折シャンプーでも目に入ったように目がしみる感じ、何もしてないのに左だけ涙目になる。 普段は様子見ましょう!と言う先生が、 ステロイド使用による眼圧異常か、免疫力低下による感染症が気になるとの事で、すぐに眼科へ受診となった。 午後の予約ということと、コロナ騒動で定期検診的な患者さんが受診を控えているようで、ガラガラで予約時間通りに診察がはじまったのは嬉しい。 1年後の生存率は50%と言われているこの病気、一生の付き合いになります。 同じ病気で苦しんでいるワンちゃんの、体験記を一緒に作りませんか? その体験が、同じように苦しんでいるワンちゃんの参考になれば、 こんなに嬉しいことはないですよね。 もちろん、お互いに紹介するだけではなく、情報交換の場にしていただいて構いません。 相手を思いやる気持ちを忘れずに、交流をお願いします。 「胃粘膜下腫瘍」についてならどんな記事でもお気軽にTBして下さい。 この病名を告げられた人は、たいていは「1年に1回の胃カメラで経過観察で良い」と診断されますが、「細胞をとって生体検査をしても、粘膜の下までは組織が取れないから良性か悪性か診断がつかない」などと言われて、悪いかもしれないものを1年も放っておいていいのか…? といった疑問を抱いたりしていないでしょうか? 胃カメラで偶然見つかる事が多いようですが情報が少なく、大袈裟な病名に不安になる方も多いと思います。 このトラコミュは、同じ「胃粘膜下腫瘍」を持っている人同士で情報交換ができれば……という思いから作成しました。 「胃粘膜下腫瘍」とは…… 胃の粘膜層よりも深いところにある胃壁内の病変によって、粘膜が胃の内腔に突出した隆起のことをいいます。 (中略) 一般に、腫瘍が小さい場合はほとんど無症状で、多くは健診などで偶然発見されています。 時に心窩部痛 しんかぶつう や腹部不快感を伴う場合があります。 (『gooヘルスケア』より抜粋) キーワード:胃粘膜下腫瘍、胃カメラ、経過観察、GIST 病気になったり、体のトラブルで悩んだり、怪我をしたり・・・そういう時に医者へ行く、薬を処方してもらうというのももちろんですが、台所にある食材や身近にある植物を使って対処することも多いと思います。 風邪に玉子酒、便秘にヤーコン、下痢にはゲンノショウコ、ひび、あかぎれには柚子などなど。 辛い深刻な病気でも、医学に加えて、家庭の台所からのサポートが相乗効果をもたらすこともあるでしょう。 台所や身近にあるもので元気に暮らそう! というポリシーに基づいた知恵や経験談、トラックバックしてみませんか(台所にあるものとは、ふだんの料理のためにふつうに台所にあるものを対象としています。 そうでない健康食品、サプリメントなどの利用に関するものはご遠慮下さい)。 インフルエンザ(Influenza)はインフルエンザウイルスによる急性感染症の一種で、流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、略称・流感(りゅうかん)とも言う。 又、1795年1月9日、名横綱・谷風梶之助がインフルエンザで亡くなったことから、「谷風」と呼ぶ。 発病すると、高熱、筋肉痛などを伴う風邪の様な症状があらわれる(詳細は症状の節を参照)。 ごくまれに急性脳症や二次感染により死亡することもある。 インフルエンザとヒトとの関わりは古く、古代エジプトにはすでにインフルエンザと見られる病気の記録が残っている。 最も重大な転機は1918年から1919年にかけて発生したスペインかぜの世界的な大流行(パンデミック)である。 これは規模、死亡率の点で強力で、感染者数6億人、死亡者数 4000万 - 5000万人(さらに多いという説もある)にのぼり、第一次世界大戦終結の遠因ともいわれる。 このスペインかぜ以降、インフルエンザは毎年継続してパンデミックを起こしている状態にある。 また、さらに数年から数十年ごとに、新型のヒトインフルエンザの出現とその新型ウイルスのパンデミックが起こっており、毒性の強い場合は多数の死者がでる。 近年は新型ヒトインフルエンザのパンデミックが数十年起こっていないこと、死亡率の減少などから、「インフルエンザは風邪の一種、恐れる病気にあらず」と捉える人が多くなったが、これは誤解である。 インフルエンザの症状はいわゆる風邪と呼ばれる症状の中でも別格と言えるほど重く、区別して扱う事も多い。 またパンデミック化したインフルエンザは人類にとって危険なウイルスである。 日本などの温帯では、冬期に毎年のように流行する。 通常、11月下旬〜12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小ピーク。 学校が冬休みの間は小康状態で、翌年の1-3月頃にその数が増加しピークを迎えて、4-5月には流行は収まるパターンである。 「病気ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順•

次の

慢性骨髄性白血病 基礎知識:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

慢性 骨髄 性 白血病 ブログ

合併症 このページでは慢性骨髄性白血病(CML)の合併症や、それに対する症状・副作用の改善が期待できる物質「米ぬか多糖体」について紹介します。 慢性骨髄性白血病(CML)で起こる合併症について 比較的ゆっくりと症状が進むので、初診の時点では急性白血病のような貧血や出血、感染症といった合併症が現れることはほとんどありません。 慢性骨髄性白血病の場合は、化学療法や造血幹細胞の移植によって免疫力が低下したりドナーの造血幹細胞が拒絶反応を起こしたりすることで、合併症が引き起こされます。 慢性骨髄性白血病(CML)で起こる合併症の例 慢性骨髄性白血病では、病期が移行して造血幹細胞を移植したときの拒絶反応(GVHD)や白血病の減少、分子標的治療薬による副作用などで合併症が現れます。 GVHD(移植片対宿主病) 移植されたドナーの造血幹細胞からつくられた白血球が、白血病細胞とは関係のない肝臓や皮膚、腸管などを攻撃してしまうことがあります。 臓器移植でよく聞く拒絶反応とは違い、移植された造血幹細胞によって新たにつくりだされたリンパ球が他の正常な臓器を攻撃してしまうのです。 症状は皮膚の発疹や下痢、黄疸などがあり、治療がいらないほど軽い場合もあれば、命に関わるほど重い病態になることもあります。 白血球の減少 移植手術を行うと、数週間のうちは白血球の数が大幅に減少。 白血球の数が減ると免疫力が低下し、十分な耐性をもっているはずの細菌やカビなどの感染症にかかり、命に関わる状態になることもあります。 出血性腸炎 分子標的治療薬であるチロシンキナーゼ阻害薬「ダサチニブ」の重大な副作用の一つに、出血が挙げられています。 ダサチニブによる治療を受けている方のなかには、出血性腸炎を引き起こす方の例も報告されています。 合併症を引き起こす原因 慢性骨髄性白血病の場合、合併症が起こるのは、治療を続けることで免疫力が落ちてしまうからです。 診断を受けたら慢性期を維持するために治療を受けなければなりませんが、治療薬の副作用や移植後の免疫反応と戦わなくてはなりません。 ただでさえ免疫力が低下している体が負担に耐えられず、合併症を引き起こしてしまうのです。 少しでも合併症のリスクを軽減させるためには、白血球の減少によって著しく低下する免疫力を底上げする必要があります。 NK細胞を活性化する米ぬか多糖体とは? 免疫力の低下を抑える働きが認められている米ぬか多糖体(RBS)があります。 食品なので保険適用外ですが、寛解の維持をサポートしてくれる心強い味方となってくれるかもしれません。

次の

薬で病気をコントロールし長生きできる「慢性骨髄性白血病」の治療法

慢性 骨髄 性 白血病 ブログ

タグ 6か月 ACP AC療法 AYA世代 AZA B細胞 COVID-19 COVID-19,がんとコロナウイルス DA-EPOCH-R DLBCL EGFR遺伝子変異 EPOCH ESHAP FL FN FOLFIRINOX FOLFOX G-CSF GD-CBDCA療法 GDP療法 GFJ HBOC HFS ICE療法 IP MCL nabPTX PSA PTX R-CHOP R-ESHAP R-ICE療法 RB療法 RRM RRSO S-1 SOX療法 stage4 TS-1 XELOX いつやめる うがい お酒 お風呂 がん がん免疫療法 がん免疫療法クリニック がん患者 がん治療 がん治療中 がん遺伝子パネル検査 ざ瘡様皮疹 しゃっくり すい臓がん せん妄 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 アザシチジン アジュバント アズレン アドバンスケアプランニング アバスチン アファチニブ アブラキサン アベマシクリブ アルデヒドデヒドロゲナーゼ アンジェリーナジョリー アービタックス イリノテカン イレウス イレッサ インフルエンザ ウソ エスエーワン エタノール エルロチニブ オシメルチニブ オピオイド オプジーボ キイトルーダ キシロカイン キムリア キートルーダ グラン グレープフルーツジュース ケモブレイン ゲノム医療 ゲフィチニブ コロナウイルス ジェネリック ジェネリック医薬品 ジオトリフ ジーラスタ スケジュール ステロイド ステント セツキシマブ タグリッソ タモキシフェン タルセバ テーピング デキサメタゾン トイレ トレアキシン ナブパクリタキセル ニボルマブ ニューロパチー ノイアップ バイオシミラー バイオセイム バイオ後発 パクリタキセル パニツムマブ ビダーザ フィルグラスチム ブルーレター ブログ ヘルスリテラシー ベクティビックス ベバシズマブ ベンダムスチン ベージニオ ペムブロリズマブ ホルモン療法 マントル細胞リンパ腫 メタノール ラムシルマブ リアル リュープリン レンビマ ワルファリン ワーファリン 下剤 下痢 不眠 不眠症 乳がん 予後 予防 二日酔い 亜鉛 人生会議 代替療法 依存 便秘 保湿 倦怠感 光免疫療法 免疫 免疫チェックポイント阻害薬 入浴 六君子湯 再発リンパ腫 再発治療 制吐剤 刺激性下剤 前立腺がん 副作用 副作用、ブログ 半夏瀉心湯 半年 危険性 口内炎 口腔粘膜炎 口腔粘膜障害 吃逆 吐き気 吐き気止め 含嗽 味蕾細胞 味覚障害 嗅覚障害 嘔吐 塩類下剤 大建中湯 大腸がん 大腸ガン 家族 密造酒 寝酒 対策 小藪 左右差 思春期 息切れ 悪心 悪性リンパ腫 慢性骨髄性白血病 手足症候群 抗がん剤 抗がん剤による副作用 抗がん剤の副作用 抗がん剤の脱毛 抗がん剤後の毛染め 抗がん剤治療 抗がん剤治療中止 支持療法 曝露 最新 末梢神経障害 業務 残る 気だるさ 水様便 治療 治療効果 治療方法 洗濯 漢方 濾胞性リンパ腫 甲状腺がん 疲れ 疲労 病院薬剤師 痛み 痛み止め 痺れ 発熱性好中球減少症 白い便 白血球増加 白血球減少 皮下注射 皮膚障害 相互作用 眠剤の追加 睡眠薬 経口抗がん剤 緊急時 緩和ケア 緩和医療 肝がん 肺がん 胃がん 脱毛 若年成人 薬剤師 薬剤師の業務 薬剤師の1日 血中濃度 血小板減少 血球減少 術後化学療法 補中益気湯 認知症 貧血 費用対効果 輸血 間質性肺炎 食事 食事療法 飲み薬 飲水励行 飲酒 骨髄抑制 高齢者 目次• 慢性骨髄性白血病 慢性骨髄性白血病とは 造血幹細胞に異常が起こり、がん化した血液細胞が無制限に増殖することで発症します。 検査値の異常として最も目立つのは白血球の増加ですが、同時に貧血や血小板数の増加などを認めることもあります。 慢性骨髄性白血病は血液のがんの中でも比較的ゆっくり進行する種類の1つです。 その造血幹細胞に異常が、 遺伝子の組み合わせミス (9番染色体と22番染色体が組み間違える)によって生じます。 この9番と22番の合体遺伝子を フィラデルフィア染色体と表現します。 このフィラデルフィア染色体は爆発的に使いものにならない 白血球を猛烈に作り出すスイッチの役割を持っています。 じゃあこれ作らないようにすれば良くない?ということで薬になりました。 参考文献:がん情報サービス 慢性骨髄性白血病の治療目標 ではこのフィラデルフィア染色体の数が減っていれば、増殖のスイッチが押せなくなるため健康の状態を維持することができますよね。 こんなイメージです。 慢性骨髄性白血病治療はマラソン? 慢性骨髄性白血病は現在、一生飲み続けるということが前提でお話しされております。 中止しても大丈夫かもしれないけど、まだまだ大丈夫な人はこんな人・こんな条件というのが定まっておりません。 また原因がわかって薬が出ている以上、すぐに効果発揮するかと言われるとそうではありません。 1年かけて深い寛解に入れていきます。 …講演で使用した手作り作品で失礼します。 目標値:MR4. 日本の企業が開発した「Major BCR-ABL mRNA」という検査が日本国内で保険適応内で使用することができますが、世界基準でみてもめちゃくちゃ精度が高いものになっています。 その世界最高の検査キットを用いても検出限界以下=MR 4. 5と表現されます。 なので 目標はMR 4. 5未満 となっております。 5です。 慢性骨髄性白血病の衝撃的な報告 Long Term Adherence to Imatinib Therapy Is the Critical Factor for Achieving Molecular Responses in Chronic Myeloid Leukemia Patients. というタイトルで報告されている論文になります。 正確に記載しますと、「 イマチニブ療法への長期遵守(しっかりと飲む)は慢性骨髄性白血病患者におけるCR達成するための重要な因子である」と記載されています。 中身を見てみると詳細がありますが、下の図がとんでもないのです。 上に行くほどCR:寛解に成功した割合を示しています。 私はこの論文のデータをもって初めて使用する前には服薬指導をさせていただきます。 この結果をもって絶対に忘れてはいけない薬ですよ。 あなたの将来のためにと伝えています。 私の最も大好きで重要な論文です。 5つの治療薬 現在販売されている抗がん剤について紹介したいと思います。 イマチニブ:グリベック 慢性骨髄性白血病に対しては400㎎の服用、その他にも疾患によって複数の服用方法があります。 服用時はしっかりと水分を取りましょう。 少量の水分で摂取する場合、消化器症状が出現することがあります。 副作用のモニタリングが唯一血液濃度で確認することができる• 基本的には継続服用してもらう必要が現在の医療上必要になりますので、副作用でお困りの際には必ず薬剤師・医師へご相談ください。 ニロチニブ:タシグナ タシグナは1回400mgを 食事の1時間以上前又は食後2時間以降に1日2回、12時間毎を目安に経口投与する。 ただし、初発の慢性期の慢性骨髄性白血病の場合には、1回投与量は300mg服用する。 食事の影響が受けやすいとされる薬剤になっておりますので、服用時間に注意する必要があります。 現在、タシグナはグリベックに比べ治療成績が優れている• タシグナは糖尿病や耐糖能異常(糖尿病予備軍)の患者さんは避けることが多いです。 【全体的通して起こりやすいもの】貧血、疲労感や倦怠感、発熱 血糖コントロール不良は比較的長期間服用中に現れることがあり、気づいたら高血糖になってたこともあります。 他にも血栓のリスクもあり、片方だけの足のむくみや痛み、疼痛がある場合にはすぐに医師・薬剤師にご連絡ください。 タシグナだけでなく、CMLに対する情報提供を実施しております。 またアプリケーションの作成をしており、ご活用いただくのもいいかもしれません。 ダサチニブ:スプリセル スプリセルは慢性骨髄性白血病に対して、ダサチニブとして1日1回100mgを経口投与する。 また 一日一回なので、飲み忘れも少なくなりそうですね。 現在、タシグナはグリベックに比べ治療成績が優れている• 服用してから8週間以内に起こりやすいと言われております。 【全体的通して起こりやすいもの】貧血、疲労感や倦怠感、発熱 胸水は息苦しさとして実感します。 治療効果が得られるときに比較的胸水もたまりやすく、胸水をうまくマネジメントしていく必要があります。 他にも間質性肺炎や心不全などといった症状も息切れが出現します。 服用後、普段通りの活動において息切れがある場合にはすぐに医師・薬剤師にご連絡ください。 ボスチニブ:ボシュリフ ボシュリフは慢性骨髄性白血病に対して、1日1回500mgを食後経口投与する タシグナと比較して、 食事の記載がないように食事による影響がありません。 また 一日一回なので、飲み忘れも少なくなりそうですね。 グリベックよりも治療成績が優れている• この3つが代表的な副作用だと思います。 最初は少量から初めて徐々に増やすことで出現が抑えられることもあり、変則的な服用方法を医師が推奨する可能性があります。 適正使用ではないため、絶対ではありませんが、副作用出現時は一時的に量を減量し、徐々に増やす作戦で出現が抑えられます。 【全体的通して起こりやすいもの】貧血、疲労感や倦怠感、発熱 ポナチニブ:アイクルシグ アイクルシグとして45mgを1日1回経口投与する。 治療抵抗性が強い遺伝子変異(T315I)に対して有効性が高い• 非常に発症頻度が他の薬剤に比べて高く、一度アメリカでも販売を検討されているレベルです。 長期的に使用する際には細心の注意をもって治療していきますが、胸痛や下肢の痛み、呼吸苦がある場合にはすぐに医師・薬剤師にご連絡ください。 どれがいいのか? 答えがありません…。 いずれの薬剤もアドヒアランスが良好であれば、ある程度の期間は治療奏功が得られます。 薬剤の特徴と自身の既往歴・併存疾患と相談しながら最適な薬剤を選択する必要があります。 ただどの薬剤も重要なことは.

次の