新型 ウイルス 予言。 【コロナウイルス 】予言者ノストラダムスの百詩篇で予言【訳あり】

新型コロナウイルスはいつまで続く?スピリチュアル超能力者やビルゲイツの予言も

新型 ウイルス 予言

やはり裏にロスチャイルド家と米長官の意味深発言! 世界中の政治家からビジネスパーソンまで、その確かな分析能力に厚い信頼を寄せているイギリスのロスチャイルド系政治経済紙『エコノミスト(The Economist)』。 マイクロソフト社創設者のビル・ゲイツ氏は『The Economistしか読まない』と公言しているほどだ。 『The Economist』の驚異の分析力と予言力がいかんなく発揮されるのが毎年年末に発刊される『世界はこうなる』シリーズである。 その意味深長な表紙デザインに未来の世界情勢が暗示されているとして陰謀論界隈では有名であり、これまで仮想通貨の出現、ノートルダム大聖堂の火災などことごとく的中させ、その実績は折り紙付きだ。 そして、いま世界で猛威をふるっている新型コロナウイルスの出現さえも完璧に予言していたことが明らかになったのだ。 オルタナティブニュースサイト「Before It's News」(2月18日付)が報じている。 問題となるのは『世界はこうなる』2019年版の表紙である。 レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年を記念して、「ウィトルウィウス的人体図」をモチーフにしている。 新型ウイルスの出現に関係しているのは、中央付近に描かれた目つきの悪いパンダである。 パンダは中国の象徴、目つきの悪さは習近平国家主席を象徴している。 不機嫌な顔でセンザンコウを見つめる習近平パンダ......。 これで、やっと意味が明らかになった。 新型ウイルスはコウモリからヒトに感染した説が濃厚であるが、今月7日に、コウモリからセンザンコウを介してヒトに感染した可能性が指摘されているからだ。 南アジアから中国・台湾、アフリカにかけて生息するセンザンコウは特に中国で食材・薬剤の原料として取引されているが、新型ウイルスの発生場所と見られている武漢華南海鮮卸売市場でも、コウモリに加え、センザンコウが売買されていたと見られている。 つまり、『世界はこうなる』2019年版の表紙は、1年以上も前からセンザンコウ由来の新型ウイルスが中国で流行することを暗示していたのである。 ここまで来ると、もはや予想していたというより、闇の勢力が意図的に引き起こすことをロスチャイルド家は事前に知っていたと見た方が良いかもしれない......。 いや、そうだとしか考えられない。 1月末にウィルバー・ロス米商務長官が、新型ウイルス流行により米国経済が潤うと発言していたからだ。 「まずはSARS(重症急性呼吸器症候群)、そしてアフリカ豚コレラもあった。 今回は新型コロナウイルスで、これは人々が考慮せざるをえない新たなリスク要因だ。 結果として、北米への雇用回帰は加速すると思う。 アメリカだけでなく、メキシコにも雇用は戻るだろう」(「ニューズウィーク日本語版」1月31日付) ロス商務長官は長年ロスチャイルド系銀行に勤めてきたロスチャイルド家の飼い犬である。 彼の発言にはロスチャイルド家の意向が反映されていると見るべきだ。 恐ろしいことに『世界はこうなる』2019年版表紙には日本に直接関係しているものも描かれている。 不機嫌パンダの上に描かれた「富士山」だ。 こうなると富士山の噴火をロスチャイルド家が狙っている可能性がある。 在韓米軍関係者が感染! 第7艦隊・横須賀基地全兵員を検査! 米国が中国の記者を追放へ 在韓米軍の軍人1人が感染したため、横須賀の在日米軍 第七艦隊の軍人全員及び家族を検査することになった。 数日後に検査結果が発表される。 このウイルスの潜伏期間が非常に長くなった。 最長3か月間。 米政府は、在米の中国共産党新聞記者を全員中国に強制送還(追放する)させる。 なぜなら彼らは中国共産党の命令下で嘘ばかりを報道するため。 2月29日?に米政府は、中国を新型コロナウイルス疫病国に指定すると発表する可能性がある。 そうなると米国は中国との貿易・交流を全て禁止するだろう。 既にヨーロッパにも感染が広がっており、ヨーロッパから世界に感染が広がる。 米政府は米国内で最も危険な都市はサンフランシスコ(中国人が多い)とみており、サンフランシスコを封鎖及び自己隔離の処置をとる可能性がある。 サンフランシスコから全米に感染が爆発的に広がる恐れがある。 日本でも感染者が増えている。 3次感染、4次感染となっており、潜伏期間も長くなっている。 最長3か月間。 このウイルスは変異していくため、既に今では5~6種類の変異ウイルスが確認されている。 上海市は半分閉鎖。 上海の日本人街は封鎖されていない。 そのため日本人や日系企業の社員は自由に遊びに行き自由に外食している。 しかし春休みになって彼らが日本に帰国すれば14日間隔離されることになるが、少なくとも42日間隔離しないと危険である。 多くの専門家が、春休みに上海から日本に帰国する日本人によって日本での感染を爆発的に増やすと警告している。 非常に厳しく検査しないと危険。 政府は感染拡大はこの1~2週間が山場などとと、寝ぼけたことを言っている。 日本中があと1~2週間我慢すれば感染は収束してゆくのだろうとの甘い見方の根拠は? 政府の危機感がほぼゼロのため、日本人の多くがこのウイルス(生物兵器)を楽観視してしまっているのが現状。 しかも政府(特に厚労省)があまりにも不甲斐ないため、神奈川県が独自に新たな検査方法(短時間でできる)を開発したと発表している。 春休み或いはGWになれば中国から多くの日本人が一時帰国するうえ、日本には検査を受けていない感染者が非常に多く存在する。 潜伏期間が長くなり、その間にネズミ講のように感染が拡大している。 武漢から帰国した日本人の殆どが2週間隔離されたが、潜伏期間も長くなり、今では2週間では不十分で42日間隔離しないと他の人に感染させてしまうことがわかっている。 こんな状態で政府はまだオリンピックの開催を考えているのだろうか? それにしても、大阪、奈良、京都、兵庫など大量の中国人観光客が訪れる地方自治体での感染者が少なすぎる。 きっとこれらの地方自治体或いは病院では感染者が確認されてもその事実を隠蔽しているか意図的に検査しないで一般病棟に入院させて院内感染させているのではないだろうか?.

次の

予言者|未来人・シンプソンズの予言まとめ!新型コロナウイルス・東京オリンピック中止!?

新型 ウイルス 予言

イルミナティカードが予言? そもそも『 イルミナティカード』とは、 『スティーブン・ジャクソン』という ゲーム会社が1982年に発売したカードゲームのことなのです。 タロット占いに使う『タロットカード』みたなものかと思っていましたが、もともとカードゲームだったとは、意外でした。 イルミナティカードはどんなゲーム? イルミナティカードには、正直言って不気味なカードが大半ですよね。 いったい何に影響されてこのようなカードゲームが出来たのかも気になりませんか。 イルミナティカードゲームの目的 450枚以上(300枚以上が公式)のカードがあると言われるイルミナティカードですが、カードゲームの目的は 『世界征服』です。 プレーヤーは2人~6人、サイコロが2つ、億単位のマネーチップとカードで行います。 【イルミナティカード】と言われるものは11枚ほどで、プレーヤーはそのカードを引きそこに示された収入を銀行から集めて、今度は【組織カード】を4枚引いてゲームが始まるというもの。 サイコロを振って大きな目のプレーヤーが先行してゲームを進行していき、一人が目標達成するまで順にアクションを起こしていきます。 イルミナティカード 【イルミナティカード】は、《UFO》《暗殺の教団》《クトゥルフの家来》《ザ・ネットワーク》《チューリッヒの小鬼》《ディスコルディア組織》《バミューダ・トライアングル》《バヴェリア・イルミナティ》《アトランティス》《ヘルメスの達人》《シャングリラ》があり、この11枚のカードには、「攻撃力」「防御力」「収入」が数字で記載されていて、カードの四辺に「支配できる矢印」が描かれています。 組織カード 10項目の思想に分かれた【組織カード】は《政府》《共産主義》《リベラル》《保守》《平和》《過激》《ストレート》《過激》《犯罪》《狂信》このカードには、「攻撃力」「防御力」「収入」が数字で記載されていて『支配される矢印』と『支配する矢印』が描かれています。 スペシャルカード 【スペシャルカード】は、《アクション》《特別攻撃》《マジック》に分類され最も頻繁に交換されゲームを動かすカードで色は、《赤》《青》《黒》《紫》があり、この《赤》のカードに著名人のカードがあります。 複雑そうなカードゲームでもありますが、そんなカード一枚一枚に意味があり、未来を予言していたとなると話題になるのは当然ですよね。 今後も、イルミナティカードが予言していたということが起きていくのでしょうか。 イルミナティカードが予言?といわれる所以 そもそもどうしてこの単なるカードゲームが【予言】などと言われるようになったのかを遡っていきたいと思います。 イルミナティカードには、著名人を示唆するようなカードがあります。 トランプ大統領?カード 陰謀論でお馴染み。 イルミナティカード。 もう十分だ、という意味になる。 ここに来てホワイトハウスのスタッフにもコロナの感染者が出ている。 ダイヤのマークといえばトランプ。 トランプ大統領を指している、思われる。 またコロナウイルスを連想させる模様も描かれている。 — BLUEMOON 投資の部屋 BLUEMOO60984549 カードには 『いい加減にしろ!』『いつでもどこでも我々のスナイパーはお前を撃ち殺せる!』と言っているという説もあるらしいのですが、 誰に向かって言っているのでしょうか。 ビルゲイツ?風の男カード 『良い未来のための悪の天才たち』と記載されたカードにはビルゲイツに似た男が描かれています。 を示唆しているとも。 「ビル・ゲイツ」が2015年に出演した とパンデミックを予言していたとも言われています。 9・11を思わせるカード ハイジャックされた旅客機がワールドトレードセンター(9・11)とペンタゴンへ突っ込んだテロを予言したと言われるカードですね。 製作されたのは1975年ですよね?まさに予言!か偶然か。 3・11を思わせるカード 3・11の津波と原発事故を思わせるカードです。 本当に偶然なのでしょうか。 今、話題のイルミナティカード調べたけど、めちゃめちゃ怖い。 1995年に発売やけど、ダイアナのパパラッチ、911、311、トランプ誕生とか当たってるっぽいし。 2020のオリンピックとか、横浜の核とか未来の日本が 怖い — いわん トレーダー 己との戦い iwa3trader 世界気象機関? 『 ケムトレイルをまき、竜巻を発生させる飛行機だ!』と書いているようですが、近年の大型台風や竜巻をも示唆するようで、あれが人工なら恐ろしい限りですよね。 そしてこの『 ケムトレイル』ですが、近頃もSNSで 『飛行機雲』がトレンドに上がっていて、日本全国で『飛行機雲』のような写真を見ましたが、もしかしてそれも? イルミナティカードの予言はコロナウイルスまで 世界的に感染拡大を見せる『新型コロナウイルス』ですが、終息までの目処は未だにたっていません。 イルミナティカードによると、実はこの『新型コロナウイルス』は、武漢研究所から漏れたのではないかというのです。 イルミナティカードの予言でコロナウイルスと武漢研究所 なるなるほどほど。 — 伝承撰志カクダーコスモ shadowmoon003 まさにコレやん…怖。 — MAKOTO SEKAI MAKOTOSEKAI1 中国武漢の海鮮市場から発生したと言われている『新型コロナウイルス』ですが、 実際には海鮮市場ではコウモリは売られていません。 市場に飛んで来ることもないと言われています。 では、どのような事が考えられるのでしょうか。 2月6日に発表された 「2019-nCoVコロナウイルスの可能な起源」という 科学者向けのグローバル情報共有プラットフォーム 「リサーチゲート」に掲載されてる下記のレポートが注目されています。 中国武漢の「中国科学院武漢病毒研究所」 海鮮市場から約12キロメートルのところにあり、 中国の馬蹄コウモリが、重度のSARS(重症急性呼吸器症候群)の大流行を2002年から03年に引き起こしたと報告。 中国武漢の「武漢市疾病予防管理センター」 海鮮市場から280メートル以内にある研究所で、日ごろから動物を研究目的のために確保して病原体収集と識別を専門にしていたらしく、 過去2年以内にコウモリを湖北省から155匹、浙江省から450匹調達している。 武漢市疾病予防管理センターは、医者らのグループが新型コロナウイルスに最初に感染した 協和病院に隣接しているというのです。 新型コロナウイルスは、 この研究所から漏れたという見方があり、実験に使ったコウモリを焼却処分せず転売したのではないかという恐ろしい説までありました。 《 》 奇妙な事に、先ほどの レポートを発表した科学者は行方不明になっていて 「リサーチゲート」の掲載も今では削除されているそうです。 イルミナティカードが東京五輪の複合災害も? 2020年開幕予定だった東京五輪(オリンピック)は新型コロナウイルスの影響で、翌年2021年に延期となりました。 イルミナティカードに描かれた五輪の5色の服を来た人々の『複合災害』と言われるカードは、いったいなのを物語っているのでしょうか。 イルミナティカードが東京五輪の複合災害を示す? 東京五輪が延期になるまでは、五輪の際に何か良からぬ災害があるのではないか、またはテロがあるのでは、と噂されていた『複合災害』のイルミナティカード。 有名なカードですが、この意味は複合災害。 メインの災害に他の災害を追加出来、二つの災害を組み合わせ対象地域に同時に使用出来る。 時計塔は銀座和光ビル。 ゴジラで有名。 そして厚労省がゴジラの咳発言… コロナがメインなら他は? 東京オリンピック…マジでヤバいかも😱 — Dinner Viglyacfb9iQ6wg イルミナティカードの複合災害とは 東京五輪が延期となり、注目されたのは『5. 11』。 都市伝説。 イルミナティカード。 複合災害とある。 服の色はオリンピックの五輪の色。 つまり2020年の出来事。 倒壊する時計台は銀座和光堂とされる。 銀座和光堂の住所は銀座4.5.11。 ここでも511。 5月11日は要注意でしょう。 — BLUEMOON 投資の部屋 BLUEMOO60984549 これまでにも、9. 11(米国の同時多発テロ)、3. 11(東日本大震災)など決まって『11』の数字が絡んでいます。 偶然といえばそれまでですが、『複合災害』のカードにも『5. 11』を匂わす? このイルミナティカード、複合災害 服の色はオリンピックを示す 後ろの時計台は、銀座和光と推察 そして 2015年発売のエコノミスト 5. 11 3. 11 アリスの裏話で鏡で反転 どこかの島国の海を弓矢が刺さる 3. 11は東日本大震災 5. 11は? ちなみに銀座和光の時計台の住所は5-11 都市伝説にすぎないが — 鬼面仏心の如く[ゲーム実況、都市伝説考察] kimenbushin イルミナティカードにある複合災害とは、地震・核爆発・伝染病など想像をはるかに超える予言をしているのでしょうか。 すでに、新型コロナウイルスでオリンピックが延期になり、スムーズな開催は見込めません。 最近では地震が頻繁に起きていますし、これからのシーズンは大型台風や豪雨などの自然災害にも警戒が必要になります。 これまでに起きた事件や災害をも予言しているように、偶然やこじつけなどと言えないレベルになっていますよね。 様々な説があり恐ろしいですが、皆さんはどう思いますか。 この他にも、過去の漫画でや『』の予言も気になりますね。

次の

イルミナティカードの予言はコロナウイルスや東京五輪の複合災害も?

新型 ウイルス 予言

Contents• 2020年に流行するコロン:2062年から来た未来人はコロンに対し何か言及しているのか? 事故や自然災害など、過去に度々現れては未来についての情報を小出しにしていく未来人。 その人物は何人かいる様で、それぞれが同一人物であるかなど、 詳細は一切分かっておりません。 この記事では、数ある未来人の中でも特に有名である 2062年から来た未来人の証言を、まとめていきたいと思います。 そして早速結論になりますが、 2062年から来た未来人は、2020年現在に流行しているコロンについての言及は、今の所ございません。 2020年以降の世界について、何にも言及していないということはないのですが、ネット上のあらゆる情報を漁ったところ、コロンに対する未来人の言及は何もありませんでした。 これが意味する所としては、 コロンが未来から見たら取るに足らない小規模の災害であったのか、もしくは 未来人自体がやはり架空のキャラクターであるのか・・・ とは言え、コロン以外には色々な未来のお告げをしていますので、そちらについてもまとめてみたいと思います。 WW3について ・WW3は2030年以前 ・日本は、核は使用していない ・WW3はアジア全域、アメリカ、ロシア、一部ヨーロッパ、中東で行われる ・化学兵器が使われる 中国について ・かなり前に崩壊している(2062年から見て) ・世界各国から非難され孤立し、各国から軍事制裁され崩壊 これ以外にも世界情勢、科学技術、日本の内政などなど、色々なお告げをしていますが、かなり近い世界の未来として、上記抜粋して取り上げています。 上記内容を取り上げた理由としては、 2020年現在、アメリカと中国の軋轢はかなり大きくなっており、多くの法人メディアにおいても、 WW3の可能性について取り上げている事実があるためです。 一部のメディアでも「 核」戦争という内容が見られ、それは2062年から来た未来人のお告げとかぶるものがございます。 また、他の未来人のお告げによると、 2020年にWW3が起こるとも・・・ その内容については、ミステリー雑誌である『ムー』編集長の、 三上丈晴氏が以下の様に語っています。 核の使用は限定的ですが、戦争は3年間におよび全世界で数百万人の犠牲者が出ると言われています。 核戦争の影響はフィリップスのいる時代にも及び、放射能で荒れ果てた荒野が世界各地に広がるそうです」引用: 以上の様な背景から、2020年という現代において、核戦争が勃発する可能性がゼロではないかもしれないということが分かるかと思います。 そして未来人が言及しているもう一つのトピック、 中国について。 こちらについては、中国が近い将来に 「自滅」の道を辿るのではないかという不穏な未来を予言しています。 一つの可能性が、上記に挙げられるアメリカとの核戦争。 開戦の引き金が何かは分かりませんが、この戦闘が国家崩壊に繋がる可能性が挙げられます。 そしてもう一つ考えられる未来が、 2020年蔓延しているコロンの存在。 こちらの存在に関して、2062年からの未来人は触れていませんが、過去に色々な未来を暗示してきた イルミナティカードでは、その未来をしっかりと予知しているんです。 詳細は下記の別記事にて解説していますので割愛しますが、そのカードのイラストには、 研究所が爆発し、コロンが蔓延する未来を想起させるものがあり、それは 今回のコロンが発生した中国武漢の研究所を連想させます。 具体的なイラストやカードは次章の関連記事で紹介していますので、合わせてご確認ください。 このコロンが中国を崩壊の道へと導くのか、もしくはWW3のトリガーとなるのか、肝心の詳細について未来人は伏せていますが、近い将来に何かが起こる・・・可能性はあるかもしれません。 カードの画像も貼ってますので、その内容を合わせてご覧ください。 そんなバカな・・・と思う反面、数々の奇妙な一致が・・・と言う内容になっています。 下記記事では、そのような内容をまとめて紹介しています。 それらの詳細を、下記の記事ではまとめています。 2020年現在、もっとも関心の高まっているコロンに関しての言及は一切ありませんでした。 なので、コロンが未来に影響を及ぼさない程度のことであるのか、あるいは未来人の存在自体がフェイクなのか。 その真相は現時点では分かりません。 しかし、未来からの情報ではなく、過去に世に出されたイルミナティカードには、 コロンを想起させる様なイラストが存在します。 なので、それが 未来人の訴える中国崩壊、もしくはWW3に繋がる原因の一つではないのかとも考えられます。 ということで、未来人からの具体的な言及はありませんが、 コロンが未来を変えるトリガーになる可能性は考えられるのではないか・・・ という結論で、この記事を締めさせていただいます。 文中に出てきたイルミナティカードや、それが予知する東京五輪開催中止の未来など、下記関連記事も合わせてご確認くださいませ。

次の