おおかみ 男 症候群。 アスペルガーの糞っぷりについて

「おおかみ男症候群」の娘に支援を、家族が訴え バングラデシュ 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

おおかみ 男 症候群

の何がクソなのかを、経験に照らして書いてみようと思います。 これ読んでるは猛省しろや。 1:気が利かない たとえば、食事しててソースが必要になって、「ソースはどこですか?」と聞いたとしよう。 アスペは「ここにありますよ」っていって、それでおしまいだ。 近くにソースがあったって、ソースをとって渡してくれたりはしない。 とにかく連中は気が利かない。 1を言ったら1しか理解できなくて、2とか3まで発展して考えたり推理したりってのはぜんぜん無理。 2:用件は直接的に切り込まないと分からない たとえば「この部屋、ちょっと暑くないですか?」っていっても、奴等は「そうですね」とか「いや、自分はちょうどいいですよ」とかしか言わない。 「こっちは暑いと思ってるんだけど、だからって冷房をつけてくれとか窓を開けてくれとかは言いづらい」 「それとなく匂わせて、相手にこっちの気持ちを理解してもらおう」 という論法は、連中にはまず通じない。 奴らに何か頼みたかったら直接的にいう、これしかない。 さっきの例なら「部屋が暑いと思うので冷房をつけてもいいですか?」とかね。 部屋が暑いくらいなら別にいいけど、相手に注意をする時とかあるでしょう。 たとえば隣の部屋が毎晩うるさいとか。 でもそれが言いづらいときもあるわけです。 「こっちは寝てるんだから、夜遅くは静かにしてくれ」というメッセージが伝わらない。 だから直接的に切り込むしかない。 でもそれって角が立つわけです。 そいで言い争いになったりするから手に負えない。 3:すぐキレる、怒る のにいたころ、殴り合いの喧嘩事件が起きました。 奴等は不快な一言を受け流したり、ぐっとこらえたりということが苦手。 すぐ怒ったり、手を出したりする。 他にも、ちょっと不愉快なことがあったからって怒鳴ったり、トイレにこもって壁を蹴っ飛ばしたり。 まるで幼稚園児。 そいでこっちが不愉快になったりしても、奴等はそれがわからないでどんどん言ってくる。 そいで喧嘩になるんだな。 5:規則にうるさい とにかく規則にうるさい。 ルールを墨守する。 ただし、そいつがルールを守っているとは限らない。 よくの解説本に「はルールを破らない」などと書いてあるがあれはウソ。 僕の知る限り、は規則を守りつつ、そして他人に規則を守れと要求しつつ、自分は規則を破る。 もちろん、そういうことをしない奴もいるが、自分勝手に規則を破る奴の方が遥かに多い。 じゃあ他人に規則の遵守を求めんなや。 6:曖昧なことがわかってない 実際に合った話。 料理中、鍋で煮込んでたわけですよ。 そいで塩を少し入れることになったんですけど、が「塩少々って具体的に何グラムですか?」って聞いてね。 とにかく、「少々」とか「ちょっと」とか「適当に」とか、そういうことが分からない。 具体的に数字とかで示さないとだめ。 すげぇ扱いづらい。 7:比喩が理解できない奴が実に多い 「いや~昨日はバケツをひっくり返したみたいな大雨だったよ」 「? バケツと雨と何の関係があるんですか?」 奴等はとにかくわかんねぇんだよなぁ。 すげぇ迷惑。 意味を辞書的に解釈するから、ちょっと応用的に言ったりするともうパニックになって理解できなくなってる。 8:物語を理解したり、登場人物の心情を分かったりは壊滅的にできない 絵本レベルでやっと理解できて、それ以上は殆ど壊滅的。 表面的なキャラ萌えとかは理解できても、なテーマとかはまったく無理。 漫画レベルでも理解できてるかどうかすげぇ怪しい。 奴等はとにかくわかんないんだよね。 白い手のイゾルデは、なぜ黒い帆の船が見えたとトリスタンに嘘をついたか? たぶんこのレベルでもわかんねぇんだろうなぁ。 やなんてまず無理無理。 9:全体的に幼稚 これは具体的に言いづらいけど、なんていうか幼稚な奴が多い。 ある人が「は年齢に3分の2をかけたくらいが精神年齢」って言ってたけど、まさにその通り。 10:おそろしく世間知らずで常識知らず、あと漢字が読めない 新聞に載ってるような常識レベルの時事問題でも知らない奴は結構いる。 あと、漢字はとにかく苦手。 中学レベルの漢字でもつっかえつっかえで読む奴が実に多い。 11:身だしなみのだらしない奴が多い ヒゲをそらなかったり、風呂に入るを嫌がったり、靴が泥だらけだったり。 年齢相応の常識がないんだよね。 アニメのTシャツ着て街中歩いたり。 12:人の目をみて話せない 論 外。 13:会話が死ぬほど下手糞 自分のことばかりえんえん1時間も喋ったり。 かと思うと、別の奴はどもりみたいな喋り方じゃないと話せない。 ひとつのこと(例:今日のの感想)を話すのに 1分くらいかかる奴もいた。 すげぇ迷惑。 とっとと喋れや! 14:時間の感覚が身についてない奴もいる いつまでたっても遅刻したりね。 しかも、悪びれずに遅刻を繰り返す奴もいて、これは本当にムカツク。 15:同時処理や平行して作業をするのは無理 話を聞きながらメモをとったり、そういう2つのことを同時に処理ってのは無理。 基本的に、1つのことを1つ片付けるだけ。 だから能率悪いんだよね。 食べ物をレンジで温めながら電話をかけるとか、そういうのも無理。 奴らのペースにつきあっていると日が暮れてしまう。 16:暗記しかできない 奴等は数字なり風景なりを暗記するのは異常なまでに得意(な奴が多い)けど、そういう知識を組み合わせて何かを考えたり発見したり、それはできない。 一言でいえば、洞察力や推理力が足りないんだよね。 1をきいて10を知ることができないタイプ。 まぁそれは常人でもできないけど、普通は1を聞いて3つくらいは理解できるものです。 奴等は常に1つ。 よほど訓練をつんだか、素質に恵まれた奴で2つを理解するのがやっと。 だから理解が遅い。 もっとズバッといいますよ。 てめぇらは暗記ができるだけの知恵遅れだ。 17:手先が不器用で、運動が下手糞。 というか異常な動きをする 細かい作業はほとんど無理。 たまーに器用な奴がいるけど、それは例外。 基本的には靴紐を結ぶのも苦労するような連中。 あと、運動が下手糞。 ラジオ体操なんかやらせるだけで、の映画みたいな珍妙な動きをする。 見せられるだけですげぇ不愉快。 18:基本的に自分のことしか考えない 真の意味で他人に優しくしたり、思いやったりということは不可能に近い。 常に自分中心の思考をする。 あと、協力するとか自分を抑えるということも苦手。 だからチームでする作業とかはまず望めないですね。 基本、俺がするあたしが片付けるっていうタイプで、他人に仕事を任せたり、自分にとって多すぎる作業を誰かに手伝ってもらったり、そういうことは死ぬほど苦手。 人材の管理とかはできないタイプ。 ルーチンワーク的なことしかできないんだよ奴らは。 19:感覚がズレてる 夏に長袖の服を着てたりする。 暑いとか痛いとか、そいうことを異常に鋭く感じすぎるか、逆に死ぬほど鈍感であるかの両極端。 もちろんそうでない奴もいるが、基本的にはズレた感覚の持ち主。 20:しつこい 同じ人間をつけまわしたり、何度も何度も話しかけたり。 相手から拒絶されても横の席に座ろうとしたりね。 ストーカーじみてる。 気持ち悪いよアンタ。 いっぱい書いてちかれた…(小声) これ読んで共感された方はコメントください。 うっぷん晴らしになったら幸いです。 でこれを読んだ奴へ。 もう二度と俺に関わるな!帰れ! rock5reggae.

次の

【国際】「おおかみ男症候群」の娘に支援を、家族が訴え バングラデシュ

おおかみ 男 症候群

「狼人間」となった(16世紀の画) ウェアウルフ(: werewolf)、 ワーウルフ(同)、 ヴァラヴォルフ(: Werwolf)、 ライカンスロープ(lycanthrope)、 リカントロープ(同)、 ルー・ガルー(: loup-garou)、 ウルフマン(wolfman、現代の創作作品に限定されて用いられる)などとも呼ばれる。 これらは語源的には男性を意味する語だが、男女を問わず使うことが多い。 その起源はとされる。 にもと呼ばれる狼に由来したがおり、(バーサーカー)と同種と言われ、狼男の伝説にも影響を与えている。 語源 [ ] ウェアウルフ(werewolf)のウェア()は人間の男性を意味する wer に由来し、: (ウィル、男)と同源の語である。 ドイツ語Werwolfも同様(ただし、このwerの語源をの(犯罪者、追放者)とする説もある )。 現代では were が獣人の意味で使われることがあるが、それはwerewolfからwereを取り出したにもとづく。 ウルフ(wolf)は狼なので、ウェアウルフは直訳すれば「男狼」である。 なお、wereに対応する女性を意味する語はワイフ(wife)だが、ワイフウルフ(wifewolf)という語はなく、ウェアウルフが男女の区別なく用いられる。 つまり、直訳すれば「狼人」である。 ルー・ガルーにはloup-garou、loogaroo、rugaru、rougarou など多くの綴りがあるが、: loup-garou が本来の綴りである。 ルー(loup)は狼、ガルー(garou)は古くは garulf で、これはの warwolf に由来し(古フランク語のwはフランス語に借用されるとgに変わったり消滅したりする)、これ自体が werewolf と同起源の言葉である。 つまり、本来はガルーだけで狼男を意味する。 これら狼と人の結合が意味した単語は、元々は人喰いを好むを指す言葉であった。 それが伝承の影響によってオオカミに変身する人間の意味に変化したと考えられている。 歴史 [ ] 古代ゲルマン、トルスルンダの「狼となった」 宗教学的には、古代東ヨーロッパ地方のバルト・スラヴ系民族における「若者の戦士集団が狼に儀礼的に変身する」という風習(熊皮を着た狂戦士=ベルセルク)が、時代が下るにつれて民間伝承化されたものであると考えられている。 バルト地方における獣人化伝承に取材した初期の小説として、による「狼男」ならぬ「熊男」(Lokis)がある。 クマもギリシア神話における女神及びその侍女とへの変身が結び付けられるなど、変身譚と結びつきの強い動物である。 また、には「クマの毛皮には魔力があり、クマは家の中で毛皮を脱ぐと人間と同じ姿となる。 反対に人間が家の外でクマの毛皮を身に付けると、たちまちのうちにクマに変身してしまう」という伝承を伝える部族がある。 末期のドイツで組織されたゲリラ隊「人狼団」の旗 更に民衆の間では狼男は森や畑を荒らしたりそこに立ち入る人間を襲撃する悪しき存在として捉えられる例がある一方で、やでは収穫の稔りを狙う悪魔やと戦って豊穣を取り戻す狼男・狼女の伝説(前者の地域では「ベナンダンテ」(Benandanti)と呼ばれた)が伝わっている。 これは古来のの伝承という側面と同時にの担い手であるエリート層に対する民衆の文化的抵抗と見ることも可能である。 東アジアや南北アメリカにおいては獣人化現象は自身の神聖な血筋と関連付けられることが多く、ヨーロッパのような恐怖や禁忌の対象ではない。 モンゴル人の狼祖伝説、トルコ人の狼祖伝説()、の犬祖伝説() など、いずれも「狼の血筋」を持つことは彼らの民族的な誇りの源となっている。 アラスカからカナダ、合衆国にかけ、民族には狼の(クラン)を持つ部族も多く、トンカワ族を始め、部族名そのものが「狼」を意味するものもある。 日本では、狼祖伝説そのものは極めて希少であるが、オオカミの日本語による名称そのものが「大神」を意味し、モンゴルにおけるそれと同様に神性と知性の象徴として畏敬され、など少なくない神社において祭神とされている。 ヨーロッパでは世俗のあいだで古くからが信じられていたが、中世の初期までのキリスト教では、神が関与しなくても変身が起こることを信じる者は不信心の徒である、として、などで変身という概念そのものを公式に否定している。 しかし、後期にが問題になるにつれ、異端者と人狼が関連付けられて考えられるようになった。 たちは、化現象をの仕業であるとして強く恐れた。 特にオオカミは中世の神学においては、その容姿から悪魔の化身であると解釈された。 のフランスにて動物誌の著作を書いた(Pierre de Beauvais)は、「オオカミの前半身ががっしりとしているのに後半身がひ弱そうなのは、天国で天使であった悪魔が追放されて悪しき存在となった象徴」であり、更に「オオカミは頸を曲げることが出来ないために全身を回さないと後ろを見ることが出来ないが、これは悪魔がいかなる善行に対しても振り返ることが出来ないことを意味している」と解説している。 「狼人間」。 の木版画(1512年、ドイツ) 中世のキリスト教圏では、その権威に逆らったとして、「狼人間」の立場に追い込まれた人々がいた。 その傾向はが盛んになったからにかけて拍車がかかった。 こういった者たちも、狼人間の原型と考えられる。 墓荒らしや大逆罪・魔術使用は教会によって重罪とされ、その容疑などで有罪とされた者は、社会及び共同体から排除され、追放刑を受けた。 この際、受刑者は「狼」と呼ばれた。 当時のから3回目の勧告に従わない者は「狼」と認定され、罰として7年から9年間、月明かりの夜に、狼のような耳をつけて毛皮をまとい、狼のように叫びつつ野原でさまよわなければならない掟があった(当時のフランスでは彼らを見て「 狼人間が走る」と表現した)。 人間社会から森の中に追いやられた彼らは、たびたび人里に現れ略奪などを働いた。 時代が下るとこれが風習化して、夜になると狼の毛皮をまとい、家々を訪れては小銭(2スー )をせびって回るような輩が現れた。 1520年代から1630年代にかけてフランスだけで3万件の狼男関係とされた事件が報告され、ドイツやイギリスでも同様の事件の発生が記録されている。 また、魔女にはオオカミに変身できる能力があると信じられるようになった。 18世紀の画 実際の伝承では、などで知られた狼と人間の中間的な形態をもつ人型の狼男というものは少なく、人語を話すオオカミ、もしくは人間と同じ大きさの狼という形で語られているのが普通である。 また、月や丸いものを見ると変身するという伝承も一般的なものではなく、その部分は映画や小説における創作に属する。 しかし、に伝わる神話に登場する ルイソンに同様の伝承があるため、言い切れるものではない。 また、民間伝承では満月とは限らず、とかからにかけての期間とか満月以外の日に変身するとされるものもある。 13世紀のイングランドの神学者()の著書『皇帝の閑暇』第120章には月の満ち欠けに応じて狼に変身する人間の存在を記し、代表例として南フランスのリュック城近くに新月のたびごとに狼に変身する男性の話を述べている。 ドイツでの「狼人間」の絞首刑(1685年) 先天的に狼への変身能力を持つ人間(もしくは、人間への変身能力を持つ狼)の種族としての狼男の場合もあるが、大抵はやなどによって後天的に狼男となる場合が多いとされる。 その場合、 狼憑き(おおかみつき)とも呼ばれる。 農作物や食料の保存方法が悪かった時代、パンに繁殖した(を含有し、四肢の麻痺、思考力の低下、幻覚・興奮等の作用がある)を摂取してしまい、その結果人格が豹変したり、凶暴な行動をとってしまった人や、同じような症状が発症後に起こるに罹患した人が狼男扱いされてしまったという説もある。 現在は、動物に変身するという妄想、または自分が動物であるという妄想の起こる上の症候群を、「狼化妄想症」(、, または特に狼と特定しない という呼び方もある)という。 文学、映画上の狼男 [ ] ジョルジュ・サンドによるリトグラフ(1858年、フランス) 文学的には中世ヨーロッパの宮廷文学において題材にしばしば取り上げられた。 時代にも狼男を扱った映画は存在していたが、人間が消えると代わって本物の狼が画面に出現するなど、質の高いものとは言えなかった。 半人半狼の狼男や満月の夜に変身という物語は以前にも存在したが、『倫敦の人狼』・『狼男の殺人』以前においては数多くある狼男の話では少数に属し、銀で殺せるというのは『狼男の殺人』のオリジナルとされている。 この作品により、現代における「狼男」伝説の基本要素を完成させ、「狼男映画の決定版」とまで評価された。 このため、この両作品の設定が狼男の一般的な特徴であるという誤った認識のもとで、多くの作品が創作されることになった。 このため、この両作品の公開を狼男の歴史に関するひとつの画期として捉え、この作品以後に登場する狼男を『狼男の殺人』の原題より「ウルフマン」と称し、それ以前の伝説や民間伝承における「ワーウルフ」と区別する考えも存在する。 ルー・ガルー [ ] フランスのドールで捕まった「狼人間」ジル・ガルニエは、火炙りとなった(1574年の公文書) ルー・ガルーは、現代では人狼全般を指す一般的な言葉である。 しかし、歴史的には、あるいは地域によっては、さまざまな意味あいがある。 loup-garou以外の綴りのときに派生的な意味あいであることが多いが、はっきりした区別ではない。 およびその影響を受けたアメリカ南部のでは、狼(または)の頭と人間の体をもつ獣人とされることが多い。 中米では、など起源の伝承の影響で、狼に変身するある種の(女性)を指すようになった。 変身の際にはみずからのをはいで畳んでおくという。 人間が狼に変身する通常の人狼と違い、狼が、人間による呪術または狼自身の意思によって人間と化したものを指すこともある。 姿はただ狼が二足歩行で歩いているだけのものから、すっかり人間と化している者まであり、まちまちである。 脚注 [ ]• , pp. 107-109. 106• 110-113. 『狼と西洋文明』p. 109-p. 115• フランス革命以降・新フラン以前の貨幣単位。 5サンチームに相当(100サンチーム=1フラン)• 『狼と西洋文明』p. 109-p. 115• 参考文献 [ ]• 池上俊一「狼男」・「狼(西欧の)」(『歴史学事典 3 かたちとしるし』 弘文堂、1995年 )• 池上俊一「狼男」(『歴史学事典 4 民衆と変革』 弘文堂、1996年 )• ジャン・ド・ニノー『狼憑きと魔女』 池上俊一監修・富樫瓔子訳、工作舎、1994年• 石田一「モンスター レガシー コレクション ラインナップ」(ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンによる同名DVDシリーズ各巻に封入された共通の解説書)• 『人狼伝説 変身と人食いの迷信について』清水千香子・共訳 (人文書院、2009年)• 溝井裕一、(編)、2015、「人狼伝説から人狼裁判へ」、『欧米社会の集団妄想とカルト症候群』、明石書店 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 狼男狩り() - 魔女狩りと同時期に、魔女狩りと同義語のように行われた。

次の

アスペルガーの糞っぷりについて

おおかみ 男 症候群

水谷豊か。 net 【AFP=時事】スペインの厚生・消費・社会福祉省は29日、医薬品の取り違えが原因で、乳児を含む子ども少なくとも17人に、いわゆる「おおかみ男症候群」(多毛症)の症状が確認されたと発表した。 親がわが子に飲ませた胃薬の中身が、脱毛治療薬だったという。 【写真】頭上の悪魔に気を付けて赤ちゃん! スペイン伝統行事 多毛症は、体毛が過剰に成長する身体症状。 今年6月、保護者らが子どもたちの全身に体毛が生え始めたことに気付いた。 症状の出た子どもたちには、保護者が胃酸の逆流を抑える医薬品オメプラゾールを飲ませていた。 ところが、当局の調査で、実は子どもたちが飲んでいたのは脱毛症の治療薬ミノキシジルだったことが明らかになった。 マリア・ルイサ・カルセド(Maria Luisa Carcedo)厚生相は記者団に、製薬会社の施設でミノキシジルがオメプラゾールと記載されたケースに誤って梱包され、そのまま薬局に届けられたことが分かったと説明した。 梱包ミスを起こしたのは南部マラガ(Malaga)にある活性成分や医薬品の製造会社「ファルマキミカスル(FarmaQuimica Sur)」だが、ミスが起きた経緯は現在のところ不明。 厚生・消費・社会福祉省によると、子どもたちは既に問題の薬の服用を中止しており、症状は今後回復するとみられている。 取り違えの起きたオメプラゾールは回収された。 44 ID:wZ8CCENm0. 85 ID:lUlMEvzy0. 61 ID:cM8SYEWI0. 63 ID:6ZpcLXu00. 31 ID:G3cjifNA0. 62 ID:DOb3Wkuf0. 52 ID:sJsPsAEl0. 51 ID:SPAHGXWr0. 30 ID:5sw2PSWo0. 03 ID:6ie3w6jt0. 11 ID:emRMQUnl0. 57 ID:Y9omsAwS0. 96 ID:SqI4kUYJ0. 95 ID:DdBMgFUY0. 47 ID:ORiv07qn0. 07 ID:P77VPEmu0. 54 ID:fD4dGT2j0. 36 ID:q7HJBnC60. 51 ID:5RAfspS60. 57 ID:dMYLNAom0. 65 ID:jiF6hJi80. 59 ID:1IFpWVwU0. 80 ID:LC1bk2fE0. 86 ID:tAHYgzDM0. 19 ID:8OWk54Gl0. 44 ID:oxBi9OeJ0. 53 ID:PyjRY9HF0. 01 ID:Jl1ARMdT0. 46 ID:MBJmt3jbO. 31 ID:kuq8MbKm0. 97 ID:pqRUSTm50. 87 ID:pqRUSTm50. 35 ID:pqRUSTm50. 48 ID:UquJrCtU0. 59 ID:IEiR59mR0. 65 ID:LF9URwuc0. net 残念ながら頭には出ませんw。 83 ID:kwwenOhG0. 10 ID:4ZptNefj0. 06 ID:Iu2InKk80. 77 ID:jBqqCOFL0. 24 ID:tfB4CJ400. 60 ID:Gi1LUajH0. 85 ID:uphskzmb0. 87 ID:kpmWlG9x0. 54 ID:Tzjb1UvO0. 35 ID:ofOFSLAR0. 55 ID:2pW1gqjU0.

次の