平原 綾香 レ ミゼラブル。 水樹奈々、平原綾香とキャロル・キングの名曲熱唱 初ミュージカル『ビューティフル』でWキャスト

レ・ミゼラブル 熱唱動画が激ヤバ..コチラです!36人の民衆の歌が!

平原 綾香 レ ミゼラブル

」(民衆の歌)をリモート&リレー形式で継なぐエネルギッシュな映像となっており、それぞれの自宅から歌い、演奏しているとは思えないほどの一体感を出している。 いまでは1,500,000回再生を超え、いまもなお再生回数が伸び続けている。 上山竜治は、Show at Homeプロジェクトについて「自宅での自粛の日々が続き、自分にできることは何だろうと悶々と考えているなか、やっぱり僕らには歌がある。 そう思いました。 最前線で戦う医療関係者の方々、外で思いっきり遊ぶこともなかなかできない子供たち。 慣れない自宅待機で苦労されているご家族のみなさん。 先の見えない不安はみんな同じだと思います。 こんな時だからこそ、歌の力を信じている僕たちができることがあると思い、純粋に歌を届けたい。 1人でも多くの方がこの歌で元気になってくれたら嬉しいです」とコメントしている。 数週間前にはイギリス(連合王国)ロンドンのウエストエンドで活躍するミュージカル俳優70人と奏者がそれぞれの自宅から「Do You Hear The People Sing? 」(民衆の歌)をリモート&リレー形式で継なぎ、演劇関係者や医療従事者を支援する寄付を募ったほか、日本国でもミュージカル『Annie』(邦題『アニー』)の子役キャストや歴代Annie(アニー)役がそれぞれの自宅から「Tomorrow」(トゥモロー)をリモート&リレー形式で継なぐ映像を公開するなど、国内外の演劇界でも医療従事者や新型コロナウイルスによる感染症(急性呼吸器疾患)の被害及び影響を受けて困難な生活を強いられている人々への支援の輪が広がっている。

次の

これが日本ミュージカル界の本気の歌声だ。『民衆の歌』が紡ぐ明日への希望に「涙が止まらない」

平原 綾香 レ ミゼラブル

レ・ミゼラブル 熱唱動画の詳細 山崎育三郎さん、城田優さんたち総勢36人がオンラインで集まった、おうちでレ・ミゼラブルの楽曲「民衆の歌」を熱唱した動画をYouTubeチャンネルでアップされました。 まずは「 レ・ミゼラブル 熱唱動画」について報道された記事を見てみましょう。 公演の中止で待機が続いているミュージカル俳優達がオンラインで集結し、ミュージカル「レ・ミゼラブル」のナンバー「民衆の歌」を歌った動画が2020年4月26日にYouTubeに投稿され、演劇ファンの話題を呼んだ。 日本ミュージカル界のスターが集結した 「レ・ミゼラブル」は1980年初演、世界各国で上演が繰り返されてきた。 「民衆の歌」も作中屈指の人気曲である。 この動画に参加したのは城田優さん・山崎育三郎さん・濱田めぐみさん・平原綾香さん・加藤和樹さん・愛希れいかさんら合計36人名。 劇中で、政府軍に立ち向かうパリ市民の歌として歌われるエネルギッシュな楽曲は、投稿されると多くの演劇ファンにより拡散、日本のツイッターでは26日夜には「民衆の歌」がトレンド入りし、公演中止が続く演劇界だが、俳優とファンの一体感をも高めているようだ。 「#ShowsatHome」のタグとともに拡散されたが、家の中でも演劇を楽しめるコンテンツを提供したいという俳優たちの心意気がうかがえる。 「民衆の歌」を歌うムーブメントは海外でも既に起こっていた。 イギリスでは全ての劇場が閉鎖されているロンドン・ウエストエンドで活躍する俳優ら70人が自宅などでこの曲を歌う動画が4月7日に制作され、YouTubeで公開中である。 これは「Hear the WestEndSing」のタグとともにネットで拡散され、同時に演劇関係者を支援する「Acting for Others」運動と、医療関係者を支援する「In aid of the NHS Charities COVID-19 Appeal」への寄付を呼びかけている。 ~Shows at Homeプロジェクト~ 1 レ・ミゼラブルより「民衆の歌」 山崎育三郎も参加させていただいております。 皆様に少しでもコロナと戦う勇気と元気をお届け出来れば嬉しいです。

次の

平原綾香、外出自粛通じ「今までの生活がすべて奇跡に思える」

平原 綾香 レ ミゼラブル

明日を信じる希望を歌い上げる 動画は、というプロジェクトの一環。 新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、閉塞感や不安を感じている人たちに向け、「歌」を通じて明日へ希望を持てるようになってほしいと企画された。 プロジェクト第一弾となった『民衆の歌』は、ミュージカル『レ・ミゼラブル』を代表するナンバーで、自由への闘いを前に、民衆が明日を信じる希望を歌い上げる。 「人々が後ろ向き気持ちになりつつある現在、この歌を通じて、勇気を届けていきたい」と選んだ一曲だという。 新型コロナの影響で、2月下旬から多くの舞台が公演中止を余儀なくされている。 海外でも、ミュージカル俳優らがリモートで歌い継いだり、医療従事者や生活困難者への寄付を訴えて歌やトークを披露する動きが広がっていた。 YouTube動画のコメント欄には、「涙が止まらない」「明日も頑張れる」などの声が寄せられている。 医療従事者と見られるファンからのコメントも少なくない。 オンラインならではの豪華共演が実現 「Shows at Home」プロジェクトは上山さんが企画し、賛同した俳優らが集結。 世界を舞台に活躍するミュージカル俳優のラミン・カリムルーさんも参加するなど、オンラインならではの豪華な共演が実現した。 「自宅での自粛の日々が続き、自分にできることは何だろうと悶々と考えているなか、やっぱり僕らには歌がある。 そう思いました」という上山さん。 プロジェクトについて、次のようにコメントしている。 「最前線で戦う医療関係者の方々、外で思いっきり遊ぶこともなかなかできない子供たち。 慣れない自宅待機で苦労されているご家族のみなさん。 先の見えない不安はみんな同じだと思います」 「こんな時だからこそ、歌の力を信じている僕たちができることがあると思い、純粋に歌を届けたい。 1人でも多くの方がこの歌で元気になってくれたら嬉しいです」 『民衆の歌』に参加した出演者は以下の通り。

次の