ソフトバンク 強制解約。 ソフトバンク光で強制解約されてしまう原因と対処法を紹介

ホントは怖い携帯料金滞納。ソフトバンクを例に解説。信用情報に傷が付くことも

ソフトバンク 強制解約

たかが携帯料金の滞納と思っていると、痛い目を見ることになるかもしれません。 通話やネットができなくなるだけなんて、思っていませんか? いえ、そんなに甘いものではなく、しばらくどの携帯電話にも申し込めなくなりますし、最悪の場合 携帯電話会社に訴えられる可能性もあります。 最近は機種代金を割賦で支払うことが多いですよね。 割賦支払いは、ローンを組んでいるのと同じことなので、滞納すると信用情報に傷がつきます。 つまり、その後のローンやクレジットカードの審査に悪影響を及ぼすのです。 でも安心してください。 少し支払いが遅れただけで、そういった恐ろしいことになるわけではありません。 では、携帯料金を滞納すると「いつ」「なにが」起こるのでしょうか? タイミングが気になりますよね。 今回は、ソフトバンクの携帯料金を滞納したら「いつ、なにが起こるのか」を徹底的に調べ、まとめてみました(ソフトバンクのコールセンターやソフトバンクショップに問い合わせています)。 最悪の事態を防ぐため、ソフトバンクユーザーはぜひ目を通してみてください。 ちなみに、、、に関しての料金滞納に関してはそれぞれの記事をご覧ください。 いつ携帯が止められる?回線停止までの流れ 今回は、「締め日が毎月10日・引き落としは翌月6日」例にして解説していきます(他にも、20日締め、末締めのパターンがあります)。 たとえば、1月11日~2月10日までの利用料金は、3月6日に引き落とされます。 3月6日に残高不足で引き落としできず、その後も料金を支払わずにいると、およそ1週間前後で振込用紙が送られてきます。 振込用紙には 支払期限日が記載されていて、 引き落とし日から2週間後に設定されています。 そして、支払期限日までに支払えないと、翌日以降 携帯電話を止められます。 その後も滞納を続けると、 最初の引き落とし日から2~3ヶ月後に強制解約となります(過去の滞納歴などから決まるため、強制解約のタイミングは利用者によって異なるようです)。 強制解約になる前に 「強制解約通知」が送られてくるので必ず確認しましょう。 さて、ここまでの話を時系列で整理してみますね。 3月6日 引き落とし日 3月13日前後 振込用紙到着 3月20日前後 支払期限日 3月下旬頃 回線停止 5月初旬~6月初旬 (利用者によって異なる) 強制解約 だいたいこのような流れになります。 意外に使える!回線停止後でも利用できる機能 前章で説明したとおり、約2週間以上滞納すると回線を止められてしまいますが、回線停止になったからといって すべての機能が使えなくなるわけではありません。 ソフトバンクの場合、 回線停止後も着信可能。 つまり電話を受けることができます。 ちなみに、NTT ドコモやauは着信不可です。 ただし、SMSでも、70文字を超えたり、件名をつけたり、画像を添付したり、宛先を複数選択すると、自動的にS! メール MMS に変わってしまう(回線停止中は受信できなくなる)ので、注意です。 また、 Wi-Fiにつなげばメールやインターネット、その他もろもろのアプリが利用できます。 ブロードバンド回線に接続されているWi-Fiルーター(無線LANルーター)の環境下か、「ソフトバンクWi-Fiスポット」などの公衆無線LANサービスを利用できる環境にいれば、Wi-Fiにつなげます。 回線停止後に「使える機能」と「使えない機能」まとめ ここで回線停止後に「使える機能」と「使えない機能」をまとめてみました。 メールの送受信可 しかし、回線停止後でも使えるからといって、滞納を放置してはいけません。 強制解約になると大変なことになりますよ(詳しくは後述)! 回線を復活させるには? 料金を支払えば回線は再開されますが、いくつか注意点があります。 いつまでに支払えばいいの? なんとしても 強制解約までに支払わなければなりません。 強制解約後ではアウトです。 復活させられません。 いくら支払えばいいの? 滞納分全額です。 2~3ヶ月分の未払い料金が溜まっている場合は、もっとも古い1ヶ月分のみを支払っても再開されないことがあります。 支払方法 下記3つのうちいずれかの方法で支払いましょう。 ソフトバンクショップ• コンビニ• クレジットカード クレジットカードとは、ソフトバンク利用者専用サイト「My Softbank」にログインし、クレジットカード情報を入力して支払う方法です。 支払うことができるのは過去2ヶ月分までで、1回300円の利用料金がかかります。 クレジットカードで支払う手順は下記のとおりです。 1「My Softbank」にログインする• 2「お支払方法の選択」を選択する• 3「クレジットカード払い」を選択する• 4「お支払いいただく範囲」を選択する• 5「クレジットカード番号」、「カード有効期限」、「セキュリティコード」を入力し、「次へ」を選択する• 6「上記の利用規約に同意します」にチェックし、「支払う」を選択する 【支払手段別】受付時間・回線再開までの時間 ここで支払い手段別に受付時間や回線再開までの時間を調べてみました。 これから支払い予定の場合はぜひ参考にしてください。 なお、コンビニで支払う場合は 振込用紙が必要になるのでご注意ください。 滞納すると余分に支払わなくてはならない利息・手数料 ソフトバンクでは、滞納するとその期間に応じた延滞利息が発生します。 そのほか、請求書発行手数料、払込処理手数料など余分な手数料をとられることになります。 延滞利息 引き落とし日の翌日から15日以上滞納すると、延滞利息が発生します。 延滞利息は、電話料金に対して年14. 5%、割賦の機種代金に対して年6. 0%で加算されていきます。 延滞利息が発生する期間は、引き落とし日の翌日から支払日の前日までです(日割りで発生)。 【例】 滞納料金2万円 (電話料金 1万円、割賦の機種代金1万円)を60日間滞納した場合、おおよそ337円の延滞利息がかかります。 払込処理手数料 振込用紙を使用して支払う場合、払込処理手数料として200円(税抜)の手数料がかかります。 滞納すると余分に支払わなくてはならない利息・手数料 利息・手数料を支払手段別にまとめてみました。 ソフトバンクショップ コンビニエンスストア クレジットカード 延滞利息 引き落とし日の翌日から15日以上滞納すると発生 電話料金に対し年14. 5%、割賦の機種代金に対し年6. 強制解約とは、文字通り、契約を強制的に解約されること。 そして、ソフトバンクとの契約が解約されるだけで済まないのが強制解約の怖いところです。 強制解約の記録が今後のあなたの人生にいくつかの悪影響を与えるかもしれません。 具体的にどのような影響があるのか、詳しくみていきましょう。 携帯電話の新規契約ができなくなる ソフトバンクはもちろん、ソフトバンク以外の携帯電話会社とも契約できなくなります。 というのも、滞納者の個人情報が「電気通信事業協会(TCA)」を通して、携帯電話会社間で交換されているからです。 では、どうすれば新規で契約できるようになるのでしょうか? 条件は2つ。 滞納料金を全額支払うか、強制解約後5年経過すればOKです。 この2つの条件のうちいずれかを満たせば、新たに契約できる可能性がでてきます。 ただし、審査は各社に委ねられるので、実際に契約できるという保証はありません。 クレジットカードやローンの審査に悪影響を与える 冒頭でも述べましたが、割賦支払いはローンを組んでいるのと同じです。 そして、その信用情報をクレジットカード会社や銀行、消費者金融などから収集し、管理、提供している機関のことを信用情報機関といいます。 日本には3つの信用情報機関がありますが、CICはそのうちの1つです。 なお、もありますので、あわせて確認してみてください。 一般的に、 2~3ヶ月以上滞納するとあなたの信用情報に「滞納」の記録が載るといわれています。 しかもこの情報は 滞納解消後、5年間は消えません。 したがって、その後すぐ滞納分を支払ったとしても、 最低5年間はクレジットカードやローンの審査に悪影響を与えることになるのです。 その間 機種を割賦で購入することも難しいでしょう。 訴訟 強制解約後、ソフトバンクから督促状が送られてきますが、それらを無視し続けた場合、ソフトバンクは裁判所に訴えます。 そして、裁判所からあなたに 支払督促の訴状が届くのです。 訴状には、答弁書が同封されているので、「分割払いを希望するか」「話し合いによる和解を希望するか」など所定の項目を記入したうえで、指定期日までに裁判所に送り返してください。 その後、指定期日に裁判所へ出廷し、ソフトバンク側と滞納料金の支払いについて取り決めることになります。 なお、支払督促の訴状を無視すると、裁判所は「ソフトバンク側の主張が全面的に正しい」と認めてしまいます。 そうすると、裁判所は強制執行の手続きをとり、最終的にあなたの 財産(預金や給与等)を差し押さえます。 料金を支払わないまま放置すれば、ソフトバンクはこのような法的措置に出ることがあります。 踏み倒すことはできないので、肝に銘じておきましょう。 はこちらです。 いかがでしたか。 携帯料金を滞納すると、携帯を止められるだけでなく、信用情報に傷が付いたり、裁判沙汰になったりするのですね。 もし事情があって料金を支払えないのなら、 できるだけはやくソフトバンクに相談しましょう。 分割払いなど、何らかの対応をとってくれる可能性があります(実際にソフトバンクが分割払いに応じてくれたという事例もあります)。 カードローン申込数ランキング 森永要さん 2014年8月 1日 14:41 今度、契約するときには滞納したらどうなるのかも、チェックした方がいいかもしれないですね。 自分だって、いつ一文無しになるかわからないですから… ゆかさん 2015年12月 4日 09:35 携帯電話が止まりました。 ポケットwi-fiがあるので多少の機能は使えます。 あと一週間後に料金を支払予定なんです。 ソヨンさん 2015年12月14日 14:35 ありがとうございます。 私も口座引落しの設定ですが、今月分の引落しが心配で…。 もし引き落とされなかったら、どうしようと心はどん底でした。 でも、これを読んだとき、少し安心しました。 分かりやすい説明で感謝してます。 Rさん 2017年6月23日 17:58 そもそもソフトバンク、ドコモ、auは悪どい。 今の時代MVNO・MNPが一番安く済む。 フリーSIMの端末一括で買っちゃえば、あとは月々のプランを選ぶだけ。 私は月々の料金2,200円です 5GBで通話はLINEのみなので、かなりおすすめですよ。 ギガを使いきれなかったら、次の月に繰越。 とりあえずソフバンには契約しないほうがいい。 こっちゃんさん 2019年5月11日 21:21 1ヶ月遅れたぐらいは、大丈夫ですか? ゆんさん 2020年5月21日 23:24 毎月督促のハガキで支払いするとまずいですか? 同じテーマのログ(記事)ランキング.

次の

携帯料金の未払いで利用停止になる滞納期間は?強制解約もありえるか | クレジットカード取材班

ソフトバンク 強制解約

ソフトバンクの携帯電話には、携帯電話料金と合算して決済をおこなうことができるキャリア決済サービス、 「ソフトバンクまとめて支払い」が存在します。 継続課金コンテンツもソフトバンクまとめて支払いを使って登録することができますが、継続課金は名前の通り 継続して課金される仕組みのため、不要な継続課金コンテンツであっても解約しない限り料金は発生してしまいます。 解約するのを忘れているユーザーが多いので気をつけなければいけません。 不要な継続課金を解約することで、月々の料金を今より安く抑えることができるんですよ。 そこで今回は、ソフトバンクまとめて支払いの仕組みや不要な継続課金コンテンツの解約方法について紹介していきます。 ソフトバンクまとめて支払いとは? ソフトバンクまとめて支払いは、 ソフトバンクの携帯電話を契約している方が利用することのできるキャリア決済サービスです。 ソフトバンクが提供しているオプションサービスや、継続課金の支払い、ネットショップなどで使用することができます。 同じようなサービスで「ドコモ払い」、「auかんたん決済」がありますね。 携帯電話料金と合算して決済することができるので、手元にお金がない状態であっても欲しいものを購入することが可能です。 またゲームアプリの課金で使用することもできます。 ソフトバンクまとめて支払いを利用できるコンテンツ ソフトバンクまとめて支払いを含む大手携帯会社のキャリア決済サービスは、これまでオプションサービスや継続課金コンテンツへの支払いが主流でした。 ですが今現在、多くの場面でソフトバンクまとめて支払いを利用することができるんです。 ネットショッピングもその一つ。 キャリア決済に対応している代表的なネットショップとして挙げられるのは、 「Yahoo! ショッピング」、「Creema」、「dmm. com」。 これらのネットショップ以外にも、数多くのファッションや美容系のネットショップでソフトバンクまとめて支払いを利用することが可能です。 またゲームアプリに限らず、パソコンなどでプレイすることができる一部のオンラインゲームの課金に利用することもできます。 またジャンルは異なりますが、ふるさと納税や音楽配信サービスへの支払い、チケットの購入、出前の支払いなど、ソフトバンクまとめて支払いは様々な場面で便利に利用することができます。 ソフトバンクまとめて支払いの登録状況を確認する方法 不要な継続課金を解約する前に、まず 自分がどのコンテンツに登録しているのか確認する必要があります。 また現在登録している継続課金の中でも、 ソフトバンクが提供するオプションサービスと他社の継続課金とでは確認方法が異なります。 それぞれの継続課金の確認方法について見ていきましょう。 オプションサービスの確認方法 ソフトバンクが提供するオプションサービスの確認は、ソフトバンクユーザーがアクセス可能な 「My SoftBank」からおこなうことができます。 「My SoftBank」にログインし、 「契約確認」と表示されているボタンをタップしてください。 次の画面にあるオプションサービス欄に現在登録しているオプションサービスが表示されます。 他社の継続課金の確認方法 他社の継続課金コンテンツについても、 「My SoftBank」から確認することができます。 「My SoftBank」の料金案内画面に遷移し、 「月額課金情報照会」の 「登録中サービス」をタップしてください。 そうすることで他社の継続課金を確認することができます。 ただし他社の継続課金は、オプションサービス欄には表示されないので注意しましょう。 ソフトバンクまとめて支払いの継続課金の解約方法 様々な場面で便利に利用することができるソフトバンクまとめて支払いですが、使い勝手に優れているため管理をしっかりおこなわなければ、 不要なコンテンツを解約しないまま無駄に課金が続いてしまう可能性も十分考えられます。 またソフトバンクまとめて支払いの継続課金は、 ソフトバンクが提供するオプションサービスと他社が提供する継続課金コンテンツとでは解約方法が異なるため注意が必要です。 例えばオプションサービスを解約し、不要な継続課金をすべて解約したつもりでも、他社の継続課金コンテンツの解約を忘れていると継続して課金が発生してしまいます。 そんなトラブルを事前に防止するためにも、オプションサービスの解約方法と他社の継続課金コンテンツの解約方法をしっかり覚えておきましょう。 オプションサービスの解約方法 オプションサービスを解約するには、先ほど紹介した 「オプションサービスの確認方法」を参考に、オプションサービスを確認できる画面までアクセスしてください。 画面内に表示されている 「変更」ボタンをタップすることで解約することが可能です。 同様の手順で新たなオプションサービスに登録することもできます。 他社の継続課金の解約方法 他社の継続課金を解約する際、本来であれば実際に登録したサイトの解約手順に従って手続きする必要があるのですが、ソフトバンクの場合は 「My SoftBank」から簡単に解約することができます。 先ほど紹介した 「他社の継続課金の確認方法」を参考に、継続課金を確認することができる画面にアクセスしましょう。 そうするとすぐ横に 「解除する」というボタンが表示されています。 その解除ボタンをタップするだけで簡単に他社の継続課金を解約することができます。 また月額課金情報照会より、解除が完了したコンテンツを確認することも可能です。 継続課金が解約できないケース ソフトバンクまとめて支払いは、 「My SoftBank」内ですべての継続課金コンテンツを解約することができるため、悪質な継続課金コンテンツに登録してしまい、退会や解約ができなくなってしまう現象は基本的に発生しません。 しかしながら、何かしらの悪質な手口によって継続課金コンテンツを解約できなくなってしまう可能性もゼロではありません。 もしそのような場面に遭遇してしまった場合、 ソフトバンクカスタマーサポートへ連絡し解約手続きをおこなってもらいましょう。 ソフトバンクカスタマーサポートへ連絡すれば間違いなく解約手続きをおこなえます。 まとめ 今回はソフトバンクまとめて支払いの仕組み、また不要な継続課金コンテンツの解約方法について紹介してきました。 登録したまま放置していた不要な継続課金コンテンツを解約することで、毎月の携帯電話料金を安く抑えることができるようになります。 そもそも不要な継続課金に登録したまま対処しなければ、無駄にお金を払い続けてしまうことになるんですよ。 これを機に不要な継続課金を整理してみてはいかがですか?.

次の

ソフトバンク光で強制解約されてしまう原因と対処法を紹介

ソフトバンク 強制解約

ソフトバンクが利用停止になるまで ソフトバンクの携帯が契約解除になるままでのプロセスですが、まず1ヶ月分の支払いを滞ってしまった場合、2ヶ月目の請求が来るまで1ヶ月分の請求を支払わなかったとしても、利用停止をされることはありません。 つまり1ヶ月分滞納してもずっと使い続けることができるのです。 2ヶ月分の請求が来た途端、その2日後ぐらいには利用が停止されます。 しかしここで注目すべきなのがソフトバンクの場合はSSMS やMMS となどのメールや電話の受信については全て可能だということです。 ソフトバンクユーザーでよく延滞している人は当たり前の情報だと思いがちですが、実はドコモやau ではこれは行っておらず、利用停止になってしまえば、メールの受信や電話を受けることができなくなってしまうのです。 そのため、ソフトバンクは利用停止になったということを自分がメールを送ったり電話をかける時まで気づかない人は多いです。 ソフトバンクが強制解約になるまで ソフトバンクはメールの受信や電話を受けることはできるので余計に延滞料金を重ねてしまいがちです。 延滞料金を重ね続けていると、次は強制解約が待っています。 強制解約になるまでは3か月分滞納した後に4ヶ月分の支払請求書が確定したときに強制解約になります。 つまり3ヶ月分滞納した後に4ヶ月目の請求が来るまでは解約されないのです。 これを回避するための方法は3ヶ月分溜まった状態で1ヶ月分だけ支払えば延命することができます。 つまり強制解約にはならないのです。 よく勘違いされがちなのが複数月滞納すると、その一括分の請求が送られてくるため、それら全てを支払うまでは利用停止および契約解除から逃れることはできないということ。 ですが、とりあえず1ヶ月分だけ払うことが出来れば生き残ることができるのです。 ただし利用停止は治ることがないので注意が必要です。 この1ヶ月分だけの支払いはクレジットカード払いやコンビニ支払いではすることはできません。 ソフトバンクの窓口に行かなければならないのです。 ソフトバンクの窓口に行って1ヵ月分だけ支払うという旨を伝えましょう。 そうすると担当の人が必要な手続きをしてくれます。 この支払いの手続きはソフトバンクのオフィシャルショップでなければこれはできません。 イオンなどの大型モールにあるソフトバンクの販売コーナーでは行っていないので注意が必要です。 ソフトバンクは強制解約になった後は 実際に3ヶ月以上滞納してしまい、4ヶ月目が来た時、強制解約になるのですが、強制解約になった後はどうなるのでしょうか?まずは契約を強制的に解除されメール受信も電話を受けることすらもできなくなってしまいます。 自分が今まで使っていた電話番号をなくなりメールアドレスも消えてしまうのです。 これは予告なしに唐突に行われます。 そして支払は分割ではなく一括で請求があります。 この支払いは、ソフトバンク側に相談を持ちかけると、分割で支払うことができますが、基本的には一括払いにしてくれと強く言われるため、なるべくならば分割でできる利用停止中に支払いたいものです。 この支払いをずっと払わずにさらに4ヶ月から5ヶ月分ほど延滞すると、ついに訴訟問題なります。 ソフトバンク側から訴状が届き、一括分の支払いを払ってくれという訴えを受けることになるのです。 こうなるともう泥沼状態になります。 裁判に負けてしまえば、支払金以上に裁判費用なども請求されてしまうため、余計な出費が増えてしまいます。 面倒なことに巻き込まれたくないと思ってる人はなるべくならば利用停止中に少しずつ払っていくような手続きをすればいいでしょう。 利用停止になったときの代わりの電話は以下の記事を参考にしてゲットしてみてください。 まとめ ソフトバンクの利用停止から契約解除までの道のりをご紹介していきました。 ソフトバンクは他の会社に比べて利用停止者に良心的です。 利用停止中もメールの受信や電話を受けたりすることができます。 そのせいか、延滞を続けてしまい契約解除ギリギリまで追い込まれるパターンが多いです。 利用停止になり、もうそろそろ契約解除だということになったらソフトバンクのオフィシャルショップに行って1ヶ月分だけ支払うようにしましょう。 オフィシャルショップはどこもかなりの時間を待たされるため、待ち時間はイライラすること間違いなしですがその1ヶ月分だけ払っておけば契約解除になることはありません。 どうしても番号変えたくない、メールアドレスを変えたくない、契約解除はイヤという人は、とりあえず1ヶ月分だけオフィシャルショップに払い行くようにしましょう。

次の