神奈川県 梅雨。 「相模原北公園」はあじさいの名所!神奈川県が誇る梅雨の絶景を堪能しよう

神奈川県平塚市 屋根塗装 トタン屋根 事前調査 梅雨の工事について

神奈川県 梅雨

スポンサーリンク こんにちは! 吉岡友希です。 梅雨らしくなってきましたね。 今日は、神奈川県の 小田原・箱根からお届けいたします。 小田原漁港の中にある『市場食堂』で新鮮な海鮮を愉しみましょう。 雨空のなか、最初に向かったのは、 小田原漁港内にある『市場食堂』です。 『市場食堂』は、市場で働く人の為の食堂を一般にも提供している食堂です。 店内は、市場同様活気あふれる雰囲気です。 こちらは、近年 メディアで紹介されることも多く、 大人気で常にお客様で混み合っているお店です。 もちろん、食堂形式なので、相席は当たり前です。 お箸やお醬油などの調味料も同じテーブルでシェアしながら使います。 見知らぬお客様と 「どうぞ。 」、「ありがとうございます。 」と気持ちよくやり取りしましょうね。 こちらの 『市場食堂』は、ご覧の通り漁港内にありますので、この上ない 新鮮な海鮮物が自慢です。 地魚は新鮮そのものです。 「お刺身定食」をはじめ、 「アジのたたき」、 「金目鯛の煮付け」が人気なんだそうです。 お刺身も新鮮なので、くさみが一切ありません。 煮付けや揚げ物も充実しており、メニューが品出しするカウンターの上に所狭しと張り出されています。 迷ったら、 本日のおすすめがいいでしょう。 間違いなしですね。 駐車場:小田原漁港内の無料駐車場を利用させてもらいます。 (小田原漁港で働く方も使っていますので、マナーを守ってご利用くださいね。 ) 住所:神奈川県小田原市早川1-10-1(小田原漁港内、魚市場の2階にあります。 ) TEL:0465-23-3818 営業時間:10:00~15:00 (営業終了時間が早いので、早めの計画を) 定休日:水曜日 箱根登山鉄道『あじさい電車』に乗ろう。 小田原漁港で新鮮な海鮮を愉しんだあとは、 箱根湯本駅から箱根登山鉄道『あじさい電車』に乗りましょう。 箱根湯本近辺には、いくつかの コインパーキングがありますので、そちらを利用します。 駐車場から駅までの お土産物店をぶらぶらしながら歩きます。 珈琲ソフトクリーム350円 名物の 『籠屋清次郎』さんの 揚げたての蒲鉾をその場で食べられます。 6種類の味が楽しめます。 『籠屋清次郎』 営業時間:平日9:00~18:00 土日9:00~19:00 定休日:水曜日 TEL:0460-83-8411 まずは、 箱根湯本駅のインフォメーションセンターに アジサイの見頃の情報を聞いてから切符を買いましょう。 「アジサイを見に来たのですけれど、どこまで買ったらいいですか?」と聞きましょう。 僕が行ったのが、 2018年の6月23日で、 「宮ノ下駅まで買えばいいと思います」と言われました。 箱根湯本駅~宮ノ下駅まで片道270円です。 意外と下の方なんですよね。 やはり、箱根の山は、気温が上がらないんですね。 箱根登山鉄道といえば、 スイッチバック走法です。 スイッチバック走法というのは、急勾配の山を登るために、折り返し地点で車両の進行を転換してギザギザに山を登って行く走法です。 折り返し地点でいったん電車が停車して運転手さんと車掌さんが降りて先頭車両と後方車両の交代を行っている合間に、線路を切り替えるのだそうです。 この日、僕が乗った 箱根湯本駅から宮ノ下駅の間で3回のスイッチバックを行いましたよ。 普通の電車では味わえない急勾配をゆっくりと登って行く力強さは圧巻ですね。 箱根の勾配は、世界で2番目の急勾配なんだそうです。 ですので、もちろん日本一です。 箱根登山鉄道で運が良ければ、 落合車掌の車内アナウンスを楽しむことができます。 落合車掌は、 メディアでも紹介されたこともあるほど有名な車掌さんです。 落合車掌の車内アナウンスに出会えたらラッキーと言えるでしょう。 僕は出会えませんでした。 残念 ...。 箱根登山鉄道沿線のアジサイは、 6月中旬頃から開花の時期を迎えます。 このアジサイの咲く時期の 箱根登山電車は、 『あじさい電車』の愛称で親しまれています。 箱根登山電車は、その名の通り箱根の山を登りますが、各地点での標高とともに アジサイの見頃も7月中旬にかけて少しずつ上がって行きます。 車窓にぶつかるほど咲き誇っている沿線のアジサイをゆっくり 箱根登山電車で楽しみましょう。 ホームページ: 『箱根湯寮』は首都圏最大級の貸切個室露天風呂が19室 綺麗な癒しの空間です。 『箱根湯寮』の貸切個室露天風呂は、首都圏最大級を誇る 19室もあります。 誰にも気兼ねなく、ゆったりと温泉を愉しむことができます。 ご夫婦でご利用になれば、自然と笑顔がこぼれ 夫婦円満になること間違いなしです。 僕、吉岡友希も、妻と素敵な時間を満喫できて大満足でしたよ。 お部屋は、 古民家風の趣で、どこか懐かしさを感じる里山を思わせるお部屋で、ゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。 露天風呂は、自然豊かな箱根の山をご覧になりながら、しっとりと温泉を愉しめます。 ご利用人数、お部屋の広さに応じて 3タイプの個室があります。 また、 ご利用日の1ヶ月前からお電話にて事前予約を取ることが出来ます。 安心ですよね。 もちろん、大浴場だけのご利用も可能です。 『箱根湯寮』では、 お食事処や、甘味処なども充実しており、里山の本格的な 囲炉裏料理を愉しむこともできます。 リラクゼーション施設も2種類ありますので、ご自分に合った至福の時を過ごせます。 料金:大浴場 大人1400円 子供700円(小学生以上) 貸切個室露天風呂:19室 1時間3900円~5900円 住所:神奈川県足柄下郡箱根町塔之澤4 (途中少し急な坂あり) 営業時間:平日10:00~21:00 土日10:00~22:00 駐車場:無料(92台) いかがでしたか? 憂鬱な梅雨時期も箱根なら愉しむことが出来ますよ。 リフレッシュするには、もってこいの箱根。 素敵なデートコースです。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

神奈川県の小田原・箱根で梅雨を楽しみましょう。

神奈川県 梅雨

日本の梅雨を鮮やかに彩る、あじさい。 神奈川で「あじさいの名所」と言えば、明月院や長谷寺など鎌倉の寺社が有名です。 しかし、県内にはその他にも、魅力的なあじさいスポットがいくつもあります。 中でも「相模原北公園」は、約200種類10000株のあじさいが壮大なスケールで咲き誇る絶景が圧巻です。 今回は、鎌倉に負けない神奈川県屈指のあじさいの名所「相模原北公園」の見どころをご紹介します。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。 また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp)• 写真:渡部 洋一 相模原北公園のアジサイ園には散策路が張り巡らされており、あじさいの中を歩くことができます。 一面を色とりどりのあじさいに囲まれた、最高に贅沢な散歩道。 そこを歩く時間は、忘れられない梅雨の思い出となることでしょう。 もちろん、色鮮やかなあじさいに包まれる記念写真の撮影にもおすすめです。 神奈川県屈指のあじさいの名所!「相模原北公園」に行こう! 相模原市の「市の花」、アジサイに彩られる梅雨の「相模原北公園」をご紹介しました。 知名度では鎌倉の寺社に敵わないけれど、約200種類10000株が織りなす美しすぎる風景は、まさに「あじさいの名所」と呼ぶに相応しいものです。 相模原北公園のあじさいの見頃は、例年6月から7月にかけて(品種によって異なります)。 そこには、アジサイを「市の花」に制定した相模原市の人々の強い想いが生み出した魅惑の大絶景が、あなたを待っています。 相模原北公園へのアクセス等の情報は、記事下部にある「MEMO」をご覧ください。

次の

メドレーと神奈川県、横須賀共済病院でオンライン面会の実証事業

神奈川県 梅雨

日本の梅雨を鮮やかに彩る、あじさい。 神奈川で「あじさいの名所」と言えば、明月院や長谷寺など鎌倉の寺社が有名です。 しかし、県内にはその他にも、魅力的なあじさいスポットがいくつもあります。 中でも「相模原北公園」は、約200種類10000株のあじさいが壮大なスケールで咲き誇る絶景が圧巻です。 今回は、鎌倉に負けない神奈川県屈指のあじさいの名所「相模原北公園」の見どころをご紹介します。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。 また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp)• 写真:渡部 洋一 相模原北公園のアジサイ園には散策路が張り巡らされており、あじさいの中を歩くことができます。 一面を色とりどりのあじさいに囲まれた、最高に贅沢な散歩道。 そこを歩く時間は、忘れられない梅雨の思い出となることでしょう。 もちろん、色鮮やかなあじさいに包まれる記念写真の撮影にもおすすめです。 神奈川県屈指のあじさいの名所!「相模原北公園」に行こう! 相模原市の「市の花」、アジサイに彩られる梅雨の「相模原北公園」をご紹介しました。 知名度では鎌倉の寺社に敵わないけれど、約200種類10000株が織りなす美しすぎる風景は、まさに「あじさいの名所」と呼ぶに相応しいものです。 相模原北公園のあじさいの見頃は、例年6月から7月にかけて(品種によって異なります)。 そこには、アジサイを「市の花」に制定した相模原市の人々の強い想いが生み出した魅惑の大絶景が、あなたを待っています。 相模原北公園へのアクセス等の情報は、記事下部にある「MEMO」をご覧ください。

次の