香典 の お礼 メール。 香典のお礼メールの書き方 失礼のない表現とは?

香典返しのお礼とお礼状・メールの書き方と文例・電話仕方

香典 の お礼 メール

香典返しに対するお礼の手紙と文例 香典返しに対するお礼は必要ないといわれても、心がモヤモヤしてしまうのは、やはり送っていたいただいた相手との関係性だと思うんですよ。 仕事関係やお付き合いで香典を包んだ場合は、香典返しをいただいても何もする必要はありません。 でも、香典返しのお礼をしないことに対してモヤモヤしてしまうのは、日ごろから仲良くしている人や良くしていただいた方など、近しい存在の方だからですよね。 それなら 、届いたことを伝え、お見舞いの気持ちをを伝えていいと思います。 目上の方にでしたら、お手紙の方が丁寧ですし、実際、電話だと何を話していいかわからない場合や、遺族の気持ちを考えて突然の電話よりハガキの方がいい場合もありますよね。 手紙の内容は、香典返しを受け取った「お礼」ではなく、あくまで「受け取りました」というお知らせとして書くといいですね。 「お気遣いいただき恐れ入ります」というような表現で、お礼を示す「ありがとうございました」は使わないようにしましょう。 こういう手紙は、簡潔なものの方がいいですから、はがきや一筆箋でかまいません。 香典返しに対するお礼状の文例 拝啓 このたびはご丁重なお心遣いいただき恐縮しております 深いお悲しみが瘉えるまでには時間がかかるかと存じますが どうぞお心を強くもたれ 一日でも早く明るい笑顔を取り戻されることをお祈り申し上げます 季節の変わり目ですがどうぞご自愛下さい 敬具 香典返しを受け取ったお礼の電話はしちゃいけないの? 香典返しを受け取ったお礼の電話は、親しい間柄の場合はしていいと思います。 この場合もあくまで「お礼」ではなく「受け取りました」というお知らせです。 参列者が多い葬儀の場合、当然香典返しもたくさん送られているでしょうから、多くの電話がかかってくる可能性があります。 掛けるときは、手短に受け取ったことと近況などを聞く程度にしたほうがいいですね。 もっと話をしたいときは、少し時間を置いて改めて電話した方がいいと思います。 スポンサードリンク 香典返しに対するお礼はマナー的には不要 香典返しに対するお礼が不要というのは、香典のお礼としての香典返しに、さらにお礼をすると弔事が重なるのでよくないといわれるからです。 香典返しに対してお礼の品はしないとしても、届いたことを伝えたいという気持ちを「お礼」と言ってしまうので、ごちゃごちゃしてしまうんですよね。 この届いたことを伝えたいという気持ちは、あくまでコチラの気持ちであって、ご遺族の方がどう思うかということにかかってきます。 淋しい気持ちというのは、不意に襲ってくるものです。 そんな気持ちの時に、あまり付き合いのない方から香典返しが届いたという電話が掛かってきたら、ご遺族もうまく言葉が出てこないかもしれません。 ならば、そっとしておいてあげた方がいいのかな、と思ったりもします。 じゃぁ、連絡しないのが一番!ということになるのですが、私の例を出しますと、父の香典返しを送ったのですが届いたと連絡が来たのが、数件で母が「届いているのよね?」と何度も私に聞いてきました。 母は何かが送られてくると先方に必ず連絡することを怠りません。 そして、お付き合いはきっちりとする人です。 香典返しが届いていないなどという不義理は許されないのです。 ですから、届いたかどうかがものすごく気になるのですが、「じゃぁ、お店に聞いてみようか?」というと、「それはいい」と言います。 どっちなんだ!と思うわけですが、しばらくすると「届いているのよね?」とまた聞いてきます。 こういうタイプの人もいるんですよね。 今までのお付き合いで、コチラが何か送ったときに必ず連絡してくださる方には、連絡がないとずっと気にしている可能性が高いですから、何か送られてきたら連絡するのがいいかなと思います。 連絡してこない方は、マナー通りということですね。 一般的なマナーは大切ですが、これが絶対というより、 ケースバイケースで対応した方がいいと思います。 まとめ 香典返しに対するお礼の手紙は、「お礼」ではなく「受け取りました」というお知らせとお見舞いの気持ちをを伝えましょう。 電話も同様で、手短に伝えましょう。 親しい友人なら、メールでもいいですね。 一般的なマナーは大切ですが、ケースバイケースで対応していきましょう。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

香典を有志で包む場合に送るメールとは?文面や返信の例をご紹介!|終活ねっと

香典 の お礼 メール

index• 香典のお礼 メールでもOK? 香典を受け取った際のお礼は、メールで済ませてもよいのでしょうか。 【本来】香典のお礼の仕方 お通夜や葬儀でを受け取ったら、しっかりとお礼をするのがマナーです。 近年は葬儀の当日に香典返しを行うケースも見られますが、四十九日の法要が終わったタイミングでするのが一般的です。 受け取った香典の半分に相当する金額(半返し)の品物に、お礼状や挨拶状を添えて贈ります。 一人ひとり、実際に会ってお渡しするのが理想ですが、現実には難しいものです。 そこで宅配便を利用するのが一般的です。 場合によってはメールでも大丈夫 香典を受け取って、すぐにお礼をしたいという方もいるでしょう。 葬儀などで忙しいにせよ、メールで早く感謝を伝えたいという気持ちはもっともです。 メールは今や、ビジネスの世界でも使われる一般的な連絡手段です。 手紙よりも簡単に、大勢の人に送ることができて便利ですよね。 そんなとき、 メールで取り急ぎ感謝をお伝えする分には問題ありません。 香典をくださった方が、香典返しを辞退することがあります。 連名のため負担額が少なかったり、職場の規定であったりと理由はさまざまです。 香典返しは控えるにせよ、香典をいただいたことに対する感謝は伝える場合にも、メールでお礼をしても差し支えありません。 メールを送るタイミングは、可能な限り早めがよいでしょう。 香典のお礼メールのポイント メールで香典のお礼をするにしても、押さえておきたいポイントがあります。 メールはあくまでも略式 繰り返しますが、香典のお礼メールは取り急ぎ送るものであって、正式なお礼ではありません。 メールを受け取る人によっては「軽んじられた」と不快に感じる方もいるでしょう。 特に気を付けるべきは、目上の方や年配の方です。 決して失礼にならないよう、配慮が必要です。 香典のお礼メールは、普段メールを送り合っている友人や同僚など、親しい間柄にある人に対してのみ送るのが無難と言えます。 後日しっかりとあいさつに 親しい人に対してもメールを送っておしまいにはせず、後日正式にあいさつをしに行くことが大切です。 人の不幸はいつ起こるかわかりません。 突然休んで職場に迷惑をかけてしまった場合などには特に、直接上司や同僚におわびに伺いたいたいものです。 取り急ぎメールで連絡していたとしても、後日しっかりとあいさつに行きます。 あなたの評価に関わるかもしれません。 社長など地位が高い人であれば、たとえ会社名義や社長の個人名義で香典を出していても、自分自身で手配していないというケースがあり得ます。 突然あいさつに行っても、何のことかわかってもらえないかもしれません。 香典をいただいたことをはっきりと伝え、感謝を述べましょう。 香典のお礼メールの文例 香典のお礼メールは、親しい人にのみ送るのがよいとご紹介しましたが、「親しき中にも礼儀あり」です。 下記の文例・ポイントを参考に、あなたの感謝を伝えてください。 お礼メールの文例(上司の場合) 職場の上司に送るメールを想定してみましょう。 また過分なお心遣いをいただき、重ねてお礼申し上げます。 忌引き休暇中は職場の皆様にご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ございません。 おかげさまで無事、葬儀を終えることができました。 本来であれば、直接お礼を申し上げるべきところですが、取り急ぎお礼を伝えたくメールをさせていただきました。 出社時にきちんとご挨拶させていただきますので、今後ともご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。 【署名】 香典のお礼メールのポイント 送る相手が誰であっても、「取り急ぎメールで失礼します」という旨を書くのがポイントです。 繰り返しますが、メールはあくまでも略式の通信手段だからです。 また葬儀への参列・香典をいただいたことへの感謝、忌引きで職場に迷惑をかけたことへのおわびなどもしっかりと文中に盛り込みます。 香典返しのお礼 メールでもOK? 香典返しを受け取った際のお礼は、メールで済ませてもよいのでしょうか。 【本来】香典返しへの対応 香典返しを受け取った場合、本来であればお礼は 不要です。 そもそも香典返しは、香典を渡したことに対するお礼です。 遺族側の立場としても、四十九日を迎え、香典返しを贈って一区切りついた頃です。 そこへお礼が重なると、「不幸が繰り返される」「不幸が長引く」として、忌み嫌う人もいます。 お住まいの地域にもよりますが、基本的に香典返しのお礼は控えたほうが無難です。 メールでのお見舞いも可 とはいえ、郵便などで香典返しを受け取った場合、お礼の気持ちを伝えたいという方も多くいます。 他にも、香典返しを辞退したのに届いた場合、お渡しした香典の額以上の品物が届いた場合などには、何も言わないままというのは心苦しいですよね。 そんなときには、メールでお見舞いの言葉を伝えるとよいでしょう。 送った側も、品物が届いたことを確認できます。 ただし、目上や年配の方に送る際には注意が必要です。 不快に感じる方も多くいますので、気持ちは手紙でお伝えしましょう。 香典返しへのお礼メールも、親しい間柄にとどめておくのが無難です。 香典返しのお礼メールの文例 香典返しに対するお礼のメールも、配慮すべき点があります。 文例とポイントをきちんと押さえ、お見舞いの気持ちを伝えてください。 お礼メールの文例(友人の場合) 友人に送るメールを想定してみましょう。 お心遣いいただき、大変恐縮です。 悲しみお察ししますが、一日も早くご家族の皆様に笑顔が戻りますよう、お祈りしております。 体調を崩さぬよう、どうぞご自愛ください。 簡単ですが、ご報告まで。 【署名】 香典返しお礼メールのポイント メールの本文では、香典返しが届いたこと・お見舞いの言葉を簡潔に述べます。 ポイントは 「香典返し」と直接的な表現を避けること、「ありがとうございます」という喜びの表現を使わないことです。 香典返しは「お返しの品」「お心遣い」「ご供養のおしるし」といった言葉に置き換えます。 同様に、香典返しをいただいたことの喜びではなく、「お心遣い頂戴いたします」「ご丁寧に」「恐縮です」といった表現を使用します。 親しい関係であれば、もう少しくだけた表現でも構いません。 香典返しのお礼というよりも、ご遺族へのお見舞という意味合いで送るとよいでしょう。 まとめ メールで香典のお礼、香典返しのお礼をしても構いません。 メールならば、感謝・お見舞いの気持ちをいち早く伝えることができます。 いずれも略式ですので、後日、正式なあいさつに行きましょう。 ただし、メールを送るのは親しい間柄にとどめておきます。 メールでのお礼は非常識と考える人もいる、ということも忘れてはいけません。 メールは確かに便利なツールですが、送る相手は間違えないようにしたいですね。

次の

香典返しのお礼の言葉・言い方・メール・手紙の送り方・文例

香典 の お礼 メール

香典のお礼メールは駄目なの? 香典のお礼をメールでするのはマナー上好ましくないとされています。 これは、メールという通信手段は、 ・無自覚で相手に返信を求めてしまう ・比較的親しみやすい文章を使うことが多い というような特性があることから、お礼の目的で使う手段には不向きなのです。 お礼というのは、本来なら直接参上して伝えるべきところを、現実的には難しいので手紙にするものです。 メールは直ぐに相手に伝えられる点では手紙よりも遥かに優れていますが、正式な手段としては認められていません。 でも、実際問題、香典のお礼をメールで伝えたくなる場面もありますよね。 ご存知の方も多いでしょうけど、ここで香典返しについて確認しておきましょう。 香典返しとは? 香典をいただいた場合には香典返しを行うとされています。 通常「半返し」で、いただいた香典の額の3分の1から半額程度の品物を、忌明け(四十九日法要後)に贈るとされております。 そして、その際に、香典に対するお礼と、弔事を無事に終えたことを伝える挨拶文を同封(または別途郵送)します。 ただ、近年では、会葬御礼と一緒に2~3,000円程度の香典返しの品を持ち帰ってもらうことにして、1万円以上の香典だった場合に後日あらためて金額に応じた品物を香典返しするという即日返しの形が多くなっております。 このような香典返しなので、原則通りに考えればメールでお礼することにはなりません。 でも、次のような場合にメールを使いたくなるでしょう。 スポンサーリンク 香典のお礼メール 友人や会社ならOK? 1 とりあえず香典をいただいたお礼を伝えておきたい(実際に香典返しを贈るまでの日数があるため) 親しい友人から目上の人から香典をいただいた場合には、なるべく早くお礼を伝えておきたい、と考えますよね。 香典返しのタイミングは忌明けであり、葬儀後約1ヶ月半間があるため、その前に一言お礼を伝えておきたいと思うものです。 でも、この場合はメールでなく電話の方が適切です。 友人であっても目上の人であっても同じです。 何故かというと、もしメールで「香典ありがとうございました」と送信すると、受け取った相手が「返事を出すべきか?」「何て返事を出せば良いのだろう?」と悩むことになるからです。 こちらとしては感謝の気持ちを伝えたつもりであっても相手に負荷を掛ける行為であり、迷惑になってしまうのですよね。 (ちなみに、香典のお礼の手紙を受け取った場合には、返事を出さないのがマナーとなっています。 ) また、お礼というのは基本的にきちんとした言葉にすべきです。 だから、手紙を書く時のような堅い文章で書かなければなりません。 でも、メールでそんな堅い文章を受け取ったら、相手はどう思うでしょうか。 普段メールのやりとりをしている人であれば、いつもと違った文章でビックリするかもしれません。 でも、電話なんて苦手だし、話すことが思い浮かばないから不安だわ・・・ と考えるかもしれません。 でも、問題ありません。 「香典をいただき、ありがとうございました。 おかげさまで葬儀を終えることができました。 」 という言葉だけで充分なのです。 お礼を伝える電話では、肝心の用件だけ伝えて電話1分で終了しても良いのですよね。 苦手な世間話なんて不要なのです。 こう考えると、苦手なメール文章を考えるよりも、電話の方が楽だと思えますよね。 2 連名(少額の香典)で人数が多かったため香典返しをしていない 会社の同僚や部署等から連名で少額の香典をいただくケースも多くあります。 この場合は個別にいただいた額の半返しで、例えば一人1,000円だったら500円程度の品物を香典返しとする方法もありますが、会社の部署単位で香典返しをまとめられた場合であれば、その全体へ菓子折り等を持参する方法もあります。 ただ、金額が少額なため相手から香典返しを辞退されるケースもあります。 (また、連名で少額の場合には最初から香典返しは行わない、という慣習の地域もあるようです。 )このような場合だと、香典返しの品物で返せないため、いただいた人に対してお礼を伝えることが出来ない、というジレンマが生じてしまいます。 そこで、いただいた人にメール送信するという考えが浮かんでくるのですよね。 この場合は、お礼のマナーからは逸脱しているけれど、人数が多すぎてやむを得ない、と認められる風潮があるようです。 ただ、メールで済ませたい相手に年配者が多い場合はメールで問題ないか考える方が良いですし、事前に直属の上司に相談した方が良いでしょう。 3 親しい人に対して今後の付き合いのために個別にお礼しておきたい 香典をいただいて即日返しをした場合は、そこで香典のお礼というのは済んでいるのですが、あれは全体に対する喪主からの挨拶状であるし、会社の取引先など親しい関係の人が来てくれた場合だと、今後の付き合いを考えると個別にお礼をしておきたいというケースがありますよね。 また、親しい友人等の場合も同様で、個別にお礼をしておきたいと思うかもしれません。 (自分が喪主でない場合、改めて自分からもお礼の言葉を伝えたい、と思うこともあります。 ) この場合も、相手との関係性からメールによるお礼が許される風潮があります。 ただし、非常に親しい関係であることがポイントです。 そして、きちんとした、丁寧な言葉遣いにする必要があります。 ただ、親しい友人の場合には形式にこだわらず、自分の感謝の気持ちを素直に伝える方が、メールらしさが出て良いと思うのです。 ・・・こう考えると、文章を書くのが苦手だったらやっぱりメールよりも電話の方が気楽に出来そうですね。 スポンサーリンク 香典のお礼メール例文 手紙ではないので拝啓敬具などをつける必要はないけれど、節度を持った丁寧な文章にしましょう。 メールには、以下のような内容を盛り込みます。 ・葬儀参列や香典のお礼 ・(会社の場合は)休んだ間の迷惑を掛けたお詫び ・(メール末尾)「メールで失礼とは存じますが、取り急ぎお礼申し上げたくご連絡させていただきます」等の一文 では、次にメール例文をご紹介します。 おかげさまで、葬儀を滞りなく済ませることができました。 ここに謹んでお礼申し上げますとともに、今後とも変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。 大変失礼とは存じますが、取り急ぎお礼を申し上げたくメールさせていただきました。 葬儀当日は慌ただしくてお礼を伝えなかったのでメールさせていただきます。 闘病生活が続いていたのである程度は覚悟していたけど、やはり母が亡くなると 心の中がポッカリと穴があいたような寂しさがあります。 でも、家族全員で看取ることが出来たのがせめてもの慰めです。 落ち込んだままだと母が天国に行かずに心配されそうな気がするし、 来週には会社に復帰して気持ちを切り替えようと思います。 本来なら直接会ってお礼を言うべきところ、大変失礼とは存じますが 取り急ぎお礼を伝えたくてメールさせていただきました。 落ち着いたらまた食事に行って色々お話しさせてくださいね。 今後ともよろしくお願いします。 先日は、亡母の葬儀に際し、心温まるお悔やみとご厚情を賜り誠に有難うございました。 おかげさまで、葬儀を滞りなく済ませることができました。 忌引休暇の間には色々ご迷惑をお掛けしてしまい誠に申し訳ございませんでした。 本日より出社して、心新たに業務を行ってまいりますので、よろしくお願いいたします。 大変失礼とは存じますが、取り急ぎお礼を申し上げたくメールさせていただきました。 お忙しいところお読みいただき感謝しております。 さいごに メールは略式なので、基本的に香典のお礼をするのには不向きです。 相手によっては失礼だと思われてしまうので避けた方が無難です。 とはいえ、非常に親しい関係や、メールでお礼をする慣習のある会社であれば許されることもあります。 自分がメールしようとしている相手がどうなのかをよく考えて決めてくださいね。

次の