パワーポイント 音声 入力。 パワーポイントにメディアを埋め込もう(前編)

Windowsで音声認識入力するなら、有線ヘッドセット+Googleドキュメント

パワーポイント 音声 入力

タグ updraft 川越市 富士通 デル 東京都 さいたま市 川島町 坂戸市 鶴ヶ島市 日高市 狭山市 所沢市 三芳町 ふじみ野市 富士見市 寄居町 志木市 ネットワーク Surface Go 電子メモパッド Windows7 電子メモ ZOOMミーティング ビジネス書 キーボード eset ウイルス フィッシング フィッシングメール Windows8 リテラシー Password Manager 吉見町 HHKB リアルフォース ヘッドセット Apple マイナンバーカード iPhone プリンター Galaxy Note8 東秩父村 滑川町 嵐山町 小川町 東松山市 和光市 鴻巣市 北本市 桶川市 上尾市 ときがわ町 鳩山町 越生町 毛呂山町 飯能市 入間市 戸田市 朝霞市 新座市 Galaxy Gear スマホ依存 I5 Plus scansnapix500 スピーチノート システミックノート Y! mobile Windows10 Wi2 300 vivotab note8 Venue 8 Pro 5855 ubuntu thinkpad8 TeamViewer Surface PRO3 SH-07D onenote outlook MR03LN Kindle google keep GENYMOTION EMULATOR Galaxy Tabs 8. 埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。 メールや企画書や報告書など、文章作成することが多い仕事では、いかに効率的に文章を作成するかが業務の効率化につながります。 「音声入力だけで文章が作成できたら・・・」と考えている方「音声入力は誤認識が多くて結局は使えない」と思っている方、ぜひ音声入力にチャレンジしてみてください。 最近の音声入力は、音声認識精度が向上した結果、マイクがあれば「誰でもかんたんに直ぐに音声入力する」ことができます。 でも、「どんな音声入力アプリがあるの?」「どの音声入力アプリが一番いいの?」と疑問に感じますよね。 今回は音声入力の代表的なアプリ『スピーチノート』・『Windows10音声入力』・『ドラゴンスピーチ』の3製品の比較評価を行い、オススメの音声入力アプリをご紹介していきます。 音声入力アプリの製品紹介 スピーチノート(google音声入力) スピーチノートは google 音声入力を利用した、無料のクラウド型Webアプリケーションです。 インターネット上にあるgoogle の音声認識機能を使用するため、パソコンはインターネットに接続されている必要があります。 しかも、 音声認識率が高く変換速度がとても速いので、文章を作成するときなどは、スピーチノートがオススメです。 また、スピーチノートはスマートフォンでも使用することができます。 ブラウザ版のスピーチノートは下記URL で利用することができます。 windows 10音声認識 Windows 10音声認識は、windows 10に標準インストールされている無料の音声入力機能です。 OSにインストールされているため、パソコンがインターネットに接続されていなくとも音声入力ができます。 Windows10の音声認識は、音声認識精度を向上させるため初期トレーニングが必要です。 トレーニング後は「テキストエディタ」や「ワード」など主にマイクロソフト製品で音声入力できますが、 マイクロソフト製品以外のアプリでは安定した音声入力ができません。 OS標準の機能であるためwindows 10のOSコントールも音声入力で行うことができます。 ドラゴンスピーチ ドラゴンスピーチは昔からある音声入力の有料アプリです。 現在のバージョンは「ドラゴンスピーチ11」です。 ドラゴンスピーチは、windowsパソコンにインストールして使用します。 windows 10音声認識と同様にインターネットに接続されていなくても音声入力ができます。 ドラゴンスピーチも音声認識率を向上させるために初期トレーニングが必要です。 トレーニング後は様々なアプリケーションで音声入力が使えるようになります。 また、ICレコーダーやスマートフォンを利用した音声入力など様々な機能がドラゴンスピーチには備わっています。 音声入力アプリの機能評価 4-1.音声認識率 3つの音声入力を使い宮澤賢治の『雨にも負けず』を音声入力しました。 入力結果は以下のとおりです。 google 音声認識は、誤って認識した文字も前後の文章から自動的に修正されているようで、かなり精度の高い文章が作成されます。 ドラゴンスピーチも認識率は普通に使えるレベルです。 ただ、私の発音の問題かもしれませんが、濁点や「きゃきゅきょの拗音(ようおん)・小さな「っ」の促音(そくおん)が含まれる文章の場合、認識率が悪いと感じます。 『雨にも負けず』の音声入力では「行って」の文章が全て「、」で認識されています。 Windows10の音声認識率が1番低かったです。 事前に音声登録トレーニングを行っていますが認識率は改善されませんでした。 音声認識速度 音声の認識速度もスピーチノートが一番高速でした。 話したと同時にすぐに文章化されていきます。 ドラゴンスピーチはアプリ自体の処理が重たいため音声入力した後の文字変換に若干のタイムラグが発生します。 しかし、ドラゴンスピーチは不要な機能を停止し、音声入力専用モード(ディクテーションモード)に切り替えることで、音声入力の速度は向上します。 Windows10の音声入力もドラゴンスピーチとほぼ同じです。 文章修正機能 音声入力では、必ず文字の誤認識が発生します。 修正機能とは音声入力時に誤認識した文字を、「xxを修正」と音声コマンドのみで文字修正する機能です。 クラウドタイプのスピーチノートには、文章修正機能はありません。 誤認識をした場合は、音声入力後手作業で修正を行う必要があります。 ただ、 スピーチノートは認識率が高いため、あまり修正する必要がありません。 windows 10音声入力とドラゴンスピーチに文章修正機能が備わっています。 ドラゴンスピーチの場合「xxxxを修正」と話すことで、 修正候補がリストアップされ音声操作だけで文章を修正することが可能です。 騒音対応 スピーカーで音楽を聴きながら音声入力できるかの評価を行ないました。 その結果スピーチノートが1番でした。 スピーチノートは周りに雑音があっても綺麗に音声だけを認識してくれます。 windows 10音声認識とドラゴンスピーチは、周りに雑音があると認識率がかなり低下します。 どちらの製品もマイクから入ってきた音を全て音声変換するからです。 ちなみに、ドラゴンスピーチとキーボードを併用して使用すると、キーボードの「カタカタ」音をドラゴンスピーチが拾い「カタカタ」と音声入力されることがあります。 拡張性 拡張性とは、様々なアプリケーションで音声入力が使えるかどうかの評価項目です。 拡張性ではドラゴンスピーチが一番になります。 スピーチノートはクラウドタイプの音声入力のため、基本ブラウザ上でのみ利用できます。 ブラウザ上で音声入力を行い、入力した文章をコピーして各アプリケーションに貼り付けする使い方になります。 Windows 10音声認識は、『ワードパッド』『ワード』や『エクセル』などのマイクロソフト製品で使用することができました。 また、ジャストシステム社の『一太郎』でも音声入力することができました。 しかし、それ以外のアプリでは安定した音声入力ができませんでした。 ドラゴンスピーチは、様々なアプリケーションで音声入力が可能です。 私が一番利用しているのが、マインドマップソフト「iMindmap」での音声入力です。 マインドマップを作成時に音声入力でキーワードをインプットできるので、かなりスピーディーにマインドマップを作成することが可能です。 辞書登録機能 音声入力で問題になるのが固有名詞の漢字です。 例えば、私の名前は関口剛史(せきぐち・たけし)ですが、「せきぐちたけし」と音声入力をしても、アプリは「関口剛史」か「関口健」それとも「関口武」なのかを判断することができません。 固有名詞を常に同じ漢字で変換させる為には辞書登録機能が必要になります。 スピーチノートには辞書登録機能がないため、固有名詞はその都度手動で修正する必用があります。 Windows 10音声認識とドラゴンスピーチには辞書機能があるため、固有名詞の音声と文字を辞書登録することで、正確な音声入力ができます。 OSコントロール機能 OSコントロールとは、Windowsの「 画面スクロール」操作や「アプリケーションの切り替え」などのWindows操作を音声コマンドで行う機能です。 当然、クラウドタイプのスピーチノートには、この機能はありません。 Windows10音声認識とドラゴンスピーチ共に音声コマンドでOSをコントロールすることが可能です。 ただし、この機能が有効だと音声認識速度が遅くなることがあります。 アプリに音声がインプットされたとき、それが文字変換する「音声入力」なのか、それともOSを操作する「音声コマンド」なのかを判断する時間が発生するからです。 私がドラゴンスピーチを使用する場合、この機能を無効にして音声入力専用モード(ディクテーションモード)にしています。 オススメの音声入力アプリは? 以上3つの音声入力アプリを比較評価してきましたが、 私の主観で順位をつけると下記のとおりになります。 1位 スピーチノート 2位 ドラゴンスピーチ 3位 windows 10音声認識 スピーチノートは、高い音声認識率、早い音声変換速度、周りの騒音対応など、他の2つのアプリよりも頭ひとつ抜け出た状態です。 しかし、クラウドタイプの音声入力のため、ネット環境が必須のうえブラウザ上でしか使えないのと辞書登録ができないのが弱点です。 スピーチノートの弱点を補うために、私はドラゴンスピーチを併用して使用しています。 私の音声入力アプリの利用方法としては、まず、ドラゴンスピーチとiMindmapの組み合わせで企画案を作成。 次に企画案を見ながらスピーチノートで下書き文章を音声入力で作成します。 最後にスピーチノートで作成した下書き文章を『一太郎』にコピーし、一太郎のアウトライン機能で文章を組み立て校正をしています。 キーボードで文章を作成するよりも、まず音声入力で下書き文章を作成し、下書き文章を組み立て・校正をしていく方が文章作成時間は短くなります。 まとめ 今回の音声入力の比較評価はいかがでしたでしょうか? 音声入力は、コンピュータが聞き取りやすい話し方をすることがポイントです。 聞き取りやすい話し方に慣れるまで少し時間がかかりますが、慣れてしまえばスムーズに音声入力ができるようになります。 特に今回ご紹介したスピーチノートは、マイクがあれば無料で使えますので、音声入力に興味がある方は、ぜひ一度試してみてください。 きっと、音声入力の認識率の高さに驚かれると思います。 最後に独り言ですが・・・ 一人一人にパソコンが導入された結果、私たちのコミュニケーションの多くはメールやSNSを利用して文章で交わされるようになりました。 そして、多くの文章を作成する必用があるため、今度はコンピューターに話しかけて(音声入力で)文章を作成するようになっていきます。 しかし、人と人とのコミュニケーションは会話がいちばんだと、私は思います。 音声入力で作成した文章を相手に送信するのもいいですが、たまには、人間どおし膝を突き合わせながら会話を交わすことも大事だと思います。 ここまで長文をお読みいただきありがとうございました。

次の

スライド ショーをナレーションとスライド切り替えのタイミングとともに記録する

パワーポイント 音声 入力

そのやり方との違いは、今回の記事は、スライドショーを流しながら、説明の音声も同時に録音するので、スライドショー以外の画面は録画できないということです。 それに対して、以前の記事のやり方では、スライドショーは再生できませんが、その代わり別なソフトの操作など、パソコンの画面をそのまま録画できます。 動画の使用目的に応じて、適切な方法を選んでください。 この場合、画像編集ソフトを使うと可能です。 なお、 PCのデスクトップの画面操作の様子を動画にしたいという場合は、この記事「【windows10のデスクトップ操作を動画にしたい】無料で使えるキャプチャ・ソフト選び」を参考にしてください。 もくじ• 使うのはパワポの自動再生機能 パワーポイントには、もともと、スライドショーを自動で再生する機能があります。 でも、今までは1スライド当たり5秒など、決められた間隔で再生することしかできませんでした。 また、ナレーションも入れることができませんでしたが、パワーポイント2013からは、次のスライドに移るタイミングを指定できたり、ナレーションを記録することもできるようになっています。 それをそのまま動画に出力することもできるので、この方法を使えばyoutube動画も簡単に作成できるわけですね。 では早速、やってみましょう。 再生のタイミングと音声の記録を開始する まずは、スライドショーができるパワーポイントを用意します。 そうしたら、次の2つの方法で録画を開始することができます。 どちらでも好きなやり方で大丈夫です。 これで、スライドショーの再生の際の、次画面へ移るタイミングやアニメーションの始まりのタイミングを記録することができます。 記録を始める前に、設定を確認 すると、以下のような画面になります。 記録を開始する前に設定を確認しておきましょう。 右上の「設定」では、• ナレーションの録音に指定するマイクの指定• プレゼンしている人を同時にスライドショーに表示するのに使えるWebカメラの指定 を行えます。 右上でマイクが指定されていても、ここのマイクが無効 OFF になっていると、録音されません。 特にマイクは、記録した後に「録音されていなかった!」ということが無いように確認しておきましょう。 パワポの録画機能で面白いのは、プレゼンしている人の様子も同時に記録できることです。 この機能を使うとセミナー動画も簡単に作成することができます。 確認が終わったら、左上に表示されている「記録」ボタンを押して、録画をはじめます。

次の

動画と音声の挿入|パワーポイント(PowerPoint)の使い方

パワーポイント 音声 入力

Q パワーポイントの音声が出なくて困っています。 パワーポイントで動画を挿入したのですが、音が聞こえなくなりました。 映像は流れていますが、音だけが聞こえない状態です。 動画自体に問題があるのかと思い、メディアプレイヤーで再生したところ音は普通に聞こえました。 一方、音楽ファイルをパワーポイントに挿入したところやはり再生しませんでした(初めてやってみたのでやり方が間違ってるのかもしれません。 パワーポイント操作中、例えば画面を閉じようとした時なんかは効果音はでるのですが、スライド中だけ音声がミュートになっている感じです。 直前にパソコン本体のスピーカーをミュートに設定しましたが、それは解除しました(実際、他の場面では音がします) vistaでパワーポイントは2007です。 長々とすいません。 よろしくお願いします。 Q パワーポイントに音声ファイルを埋め込めず困っています。 類似の質問を調べましたが解決できません。 つまり、音声ファイルを一緒に送らなくても、パワーポイントファイルだけを他人に送れば、その人がパワーポイントのスライドショーで音声を再生できるようにしたい。 類似の質問を調べましたが解決できません。 つまり、音声ファイルを一緒に送らなくても、パワーポイントファイルだけを他人に送れば、その人がパワーポイントのスライドショーで音声を再生できるようにしたい。 A ベストアンサー #1の回答者です。 >そのオブジェクトを右クリックで"サウンドオブジェクトの編集"を見ると、"ファイルは含まれています"と表示されており、明らかにリンクでなく、埋め込みができている模様なのです。 wav形式」にする必要があります。 2.リンクファイルの既定の設定を変更する ツールメニューのオプションをクリックします。 全般タブで、指定するファイルサイズより大きいサウンドとリンクするボックスの数字を、使用するサウンドファイルの最大サイズより大きい値に設定します。 指定できる最大サイズは50,000KB 50MB です。 使用したファイルは拡張子がwav形式の音声ファイルで、再生時間は1分くらいです。 作成した「PPTファイル」を保存してファイル容量を確認したところ、音声ファイルの分だけ容量が増えていました。 これが音声ファイルをリンクではなくプレゼンテーションファイルに埋め込まれていると言うことではないのでしょうか?。 違ったら済みません。 >そのオブジェクトを右クリックで"サウンドオブジェクトの編集"を見ると、"ファイルは含まれています"と表示されており、明らかにリンクでなく、埋め込みができている模様なのです。 wav形式」にする必要があります。 2.リンクファイルの既定の設定を変更する ツールメニューのオプションをクリックします。 全般タブで、指定するファイルサイズより大きいサウンドとリンク... A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。 xucker. jpn. html など見つかりましたので、使えないかチェックしてみてください。 多分PPT実行中だけFade-In,Fade-Outするのでなく、Fade-In,Fade-Outしたサウンドに加工し、PPTで演奏するのだと思いますが。 allexperts. htm の Answer Hi のところに Unfortunately Powerpoint can't manage fades. と書いている記事を見つけました。 ppt-VBAでもFadesのメソッドは無いのでしょう。

次の