野良猫 と 仲良く なる 方法。 もと野良猫さんと仲良くなる方法を教えてください。保護してもうすぐ2週間に...

[猫の日記念]エサに頼らずに野良猫と仲良くなる5つの方法

野良猫 と 仲良く なる 方法

猫ブームの影響もあり、地域猫や観光スポットになっている猫の聖地など、今野良猫の存在が大きくクローズアップされています。 野良猫の中にも人に抵抗なくなつく猫もいれば、その逆でまったくなつかない猫もいます。 そこで、野良猫が人になつくようになるための方法があるのか調べてみました。 『野良猫をなつかせる』目的を考えよう 近所で猫が「にゃぁにゃぁ」鳴いていたら、猫好きな人だったらまず何か食べ物を与えようとするのではないでしょうか? かわいそうだからという安易な理由で食べ物を与えてしまうと、次から次へと違う猫までもがやってくるので、ご近所トラブルなどの問題となることもあります。 猫は食べ物だけもらうわけではありません、糞もしますし、猫同士ケンカもします。 特に春先など盛りのついた猫はすごい声で鳴き続けます。 そういったことを踏まえ、野良猫をなつかせたら、どうしたいのか考えましょう。 もし、その野良猫をなつかせ自分の家で飼おうと思っているのであれば、ぜひそうしてあげてください。 しかし、ほんのひと時猫と触れ合いたいという安易な理由だけで、野良猫に食べ物を与えることはあまりにも無責任です。 今は、猫と触れ合えるところとして「猫カフェ」が数多く展開しています。 猫と触れ合いたいと思っている人はぜひそういった施設の利用も考えてみてください。 猫になつかれようと思ったら、色々な事に注意が必要です。 まず根本的な事を言ってしまえば、猫は男性より女性の方になつく傾向にあるようです。 猫が苦手だと思うところは、人間の体の大きさと、威圧的な声が苦手なのだそう。 なので女性の柔らかい、小さな体の方が猫も安心するようです。 しかし、小さいからと言って子供は苦手な猫、多いです。 子供の間合いの取らない距離感や、甲高い声が苦手なようです。 猫になつかれようと思ったら、まずむやみに動かないことが大切です。 人間の場合はじっと見つめることで好印象ですよというアピールになりますが、猫の場合は真逆。 そのため、わざと目をそらすことで、「私は攻撃する意思はありませんよ」と確認をしているのです。 猫がもしあなたに興味を持って見つめてきても、興味のないふりをしましょう。 目をつぶったり、ゆっくりまばたきする事も有効です。 猫には撫でられてうれしい部分と嫌な部分があります。 それは、飼い猫も野良猫も一緒です。 基本顎周りは喜びます。 猫はあごやかゆくなりやすいので、そのあたりをなでてあげるとうれしいようです。 また、首回り、額、背中も喜びます。 猫は体が柔らかいとはいえ、自分で舐めたり、掻くことが難しい部分をなでてあげると気持ち良いのだと思います。 しかし、猫は警戒心が強いので、急に上から触ろうと手を出すと逃げてしまったり、猫パンチされたりすることがあるので注意しましょう。 その他にも髪の毛につける整髪剤や、香りのきつい柔軟剤もNGです。 特に柑橘系の香りは猫のしつけ用スプレーにも使われているくらい猫には苦手な香りなのです。 猫に好かれる為にはかなりたくさんのハードルを越えなければいけないようですが、この気難しいところも猫好きさんにはたまらないところなのではないでしょうか。 まとめ いかがでしたか? 家の近所に自分になつく猫がいたら、毎日楽しいかもしれません。 しかし、野良猫という存在が迷惑だと思っている人もいる事も事実ですし、野良猫が人に懐くということが悲劇を生んでしまう可能性もあります。 もし、野良猫に食べ物を与えようと思ったら、その猫をぜひ家族として迎え入れられる環境を作ってからなつかせてあげることをおすすめします。 — おすすめ記事 —.

次の

野良猫に懐かれる仲良くなる方法。手なずけ方

野良猫 と 仲良く なる 方法

猫を飼い始めて、しばらくすると「1匹だけじゃ寂しいんじゃないか」、「友達や兄弟がいたら猫同士で遊ぶかな」とか考えて、2匹目を飼いたいと思うようになる人も多いかと思います。 その一方で、最初の子が新入りさんに嫉妬しないかとか、相性が悪かったらどうしようとかいった不安もあるでしょう。 そんな時、以前お話しした猫の持つ学習能力を応用すれば、先住猫さんが比較的スムーズに新しい家族を迎え入れることができるのです。 ポイントは、少しずつ距離を縮めること。 新しい家族を迎えた場合、先住猫さんの前にいきなり新入りさんを連れて行くのではなく、最初はちょっと離れたところで見せて、双方におやつをあげながらなでたりして、「あの子は怖いやつじゃないよ」と思わせることが重要です。 そうやって徐々に距離を縮めていけば、一緒に暮らせるようになります。 猫の学習能力を活用して、相手の猫がいても大丈夫、いやむしろおやつさえもらえる、と覚えてもらうことで、関係がスムーズに構築できるのです。 弟分のでんすけを猫っかわいがりするお姉ちゃん肌の一味ちゃん。 大の仲良しになる猫たちもいれば、顔を合わせればうーうーシャーシャーうなりあって大喧嘩。 仲良し猫同士がするアログルーミングなんて夢のまた夢、とてもじゃないけど一緒には暮らせないという関係になることもあります。 でもたいていは、お互いの存在に慣れれば、同じ家の中にいてもさして気にしない程度の仲になれるかもしれません。 相性と猫同士のコミュニケーション能力は猫次第なので、人間は猫に様子を見ながらゆっくり導入してあげる、相手の存在を恐怖と不安で満たさない、ということを心がけるくらいでしょう。 他の猫を迎えることで猫同士が嫉妬し合って、関係が陰湿なものになる、と心配な面もあるかもしれません。 嫉妬という言葉は、何か大切なものを失うことを恐れたり不安に思う気持ちを意味しますが、人間の場合、往々にして嫉妬+恨み、嫉妬+嫌悪感など、複合的な感情となることがあります。 猫はというと、恐れや不安はありますが、それに連動して新しいやつを連れてきた人に対する怒りだとか嫌悪感といった感情は起こりません。 単純に見知らぬ猫が自分の安心できる場所(コアエリア)に入ってきた不安と恐怖、相手とのコミュニケーションがうまくいくかどうか、の問題になるようです。 わかりやすく表現してみましょう。 飼い主さんが新しい猫を連れてきたとします。 子猫ならなおさら、いろいろなお世話もあるでしょうし、大人の猫であっても新しい環境に馴れてもらうために飼い主さんなりに気を配ります。 そんな時、先住猫は「ボク、遊んで欲しいな」「ちょっと寂しいな」と思うかもしれません。 でも、「あいつが来たせいでボクは遊んでもらえなくなった、だからあいつが憎い」という風にはなりません。

次の

もと野良猫さんと仲良くなる方法を教えてください。保護してもうすぐ2週間に...

野良猫 と 仲良く なる 方法

猫の距離感を理解して、むやみに近づくのはやめましょう 匂いに気をつけよう 猫は、犬ほどではありませんが、とても鼻がいい動物です。 人間は主に顔を見て名前をおぼえますが、猫は匂いで覚えます。 そのため猫にとって匂いはとても大事です。 私たちにとってはいい匂いでも、香水などはつけない方がいいでしょう。 特にシトラスやレモンなどの柑橘系は猫からすると心地よいものではなさそうです。 猫のボディランゲージを知ろう どんなにこちらが仲良くしたくても、相手が警戒していると難しいでしょう。 できるだけフレンドリーで機嫌がいい猫を探しましょう。 猫のボディランゲージでは、しっぽをピンッと立てているのは、挨拶の意味があります。 また目を細めて瞬きするのはリラックスしているサインです。 こういったサインを出している猫にアプローチすると仲良くなりやすいでしょう。 猫のように振る舞おう また、大きな足音はそれだけで猫を緊張させてしまいます、猫のように静かに歩くことを日頃から心がけましょう。 動物写真家は、猫に近寄るときに匍匐前進のような動きで近づいています。 これは猫目線のアングルで写真を撮るだけでなく、猫を怖がらせないためでもあります。 地面に座り込むまではしなくても、腰を低くすると猫側も安心するでしょう。 猫流の挨拶を学ぼう 猫社会にも挨拶があります。 私たちは握手をしますが、猫はお互いの匂いを交換するのが挨拶になります。 猫に接近することができたら、人差し指を猫の鼻先にかざして匂いを嗅がせましょう。 これを「キャットスキャン」といいます。 キャットスキャンが終わり、猫が安心しているようであればそのまま耳の後ろや顎の下を撫でてあげるといいでしょう。 まとめ 今回紹介したテクニックを使えば、きっと野良猫とも友達になれるはずです。 野良猫が多い地域の方が、野良猫たちも人に慣れているので仲良くなりやすいでしょう。 最後にですが、野良猫は感染症を持っていることもあります、触れた後は必ず手を洗ってくださいね。

次の