足の爪 臭い なぜ。 足の爪が臭いのは垢が原因!臭くならないためにやるべき2つの対策

足の爪の臭いがチーズくさっ!2つの理由を知れば快適になる

足の爪 臭い なぜ

爪垢は足を臭くする原因のひとつ 爪垢が臭う原因と仕組み 足の爪垢は、様々な汚れが混ざり合うことで作られます。 新陳代謝により剥がれ落ちた「古い角質」から、汗腺や皮脂腺から分泌される「汗や皮脂」、靴や靴下などから入り込んだ「繊維クズ」まで、様々な汚れが爪垢の成分となります。 また、素足を露出した状態で生活している場合では、屋外・屋内に関わらず「チリやホコリ」が自然と入り込みやすくなり、どんなに気をつけていても「多かれ少なかれ」爪垢の原因となる汚れが爪の間に溜まっていきます。 この知らぬ間に溜まった足爪の垢を「雑菌」が分解することにより、足の臭いを強くしてしまいます。 さらに、靴や靴下、ストッキングなどは、汗による「ムレ」を引き起こし、高温多湿な環境を作ってしまう為、爪垢を分解する雑菌が繁殖しやすくなります。 足の爪垢はどんな臭い? 足の爪垢は、強烈な臭いを発するウォッシュタイプのチーズと同様のニオイ成分が含まれていると言われています。 つまり、爪を切った時や靴下を脱いだ時などに足からチーズの臭いがする場合は、爪垢が原因として考えられます。 なぜ爪垢は溜まりやすい? 足の親指は爪が大きく湾曲している事もあり、爪の両端に垢が溜まることが多くなります。 また、巻き爪や爪が長すぎる人も垢を溜めやすくなります。 その他にも、爪垢が黒い場合は見た目で気づくことができますが、白い場合は溜まっている事に気づきにくい事もあり、そのまま放置してしまいいつの間にか垢を溜め込んでいることもあります。 足の爪のお手入れ 足の爪切りは入浴後に 爪切りは入浴後に行うのがベストです。 足をお湯に浸たす事で爪自体が柔らかくなり、深爪や爪のひび割れなどの防止に繋がります。 さらに、細かい部分のお手入れには「やすり」を使って、丁寧に形を整えることをお勧めします。 深爪はダメ 足の爪は短く切りすぎないように注意しましょう。 爪の長さは1~2 mm程度残すようにして、「四角形」に近い形にカットして下さい。 手の指のように「丸み」をつけて足爪をカットしてしまうと、伸びた時にサイド部分が巻き爪になり垢を溜めやすくなります。 足の爪に限っては角を軽く残すようにカットして、角が尖っている場合はヤスリで軽く丸みを作ってあげる程度にしましょう。 足の爪を清潔に保つ 毎日のバスタイムで、足の爪をしっかり洗い清潔に保つことも重要です。 その場合、洗い残しによる「石鹸の残りカス」なども垢を作る原因となるため、よく洗い流すようにしましょう。 さらに、足の臭いが強い時などは、除菌ウェットティッシュなどを用いて、足と爪の間の雑菌や汚れを拭き取ることも臭いを防ぐひとつの方法です。 除菌ウェットティッシュには、「清浄作用」のあるエタノールだけでなく、「殺菌効果」のある塩化ベンザルコニウムや、「保湿効果」のあるグリセリンなどを含んだ商品も市販されており、種類も豊富に販売されていますので、自分のお肌にあったものを探してみて下さい。 足の爪垢の除去 爪ブラシ 足爪に溜まってしまった垢を入浴時に除去するなら、「爪ブラシ」がおすすめです。 日頃のバスタイムに取り入れることで、爪垢の蓄積を防ぐことができます。 歯ブラシを代用する方法もありますが、効果を得るには毛が開いたような使い古した歯ブラシでは垢を取り除きにくい為、新品の歯ブラシを使う必要があります。 わざわざ新品の歯ブラシを使用するくらいなら、指の汚れ落としに特化した爪ブラシの使用をおすすめします。 足爪の垢とり 爪ブラシでも除去しにくい頑固な汚れには、先端が耳かきのようになっている「爪の垢とり」がおすすめです。 足爪の両サイドなどに溜まった爪垢も簡単に取ることができます。 つまようじを使用した垢掃除は、足の指を傷つけてしまい炎症を引き起こす恐れもありますので避けたほうがいいでしょう。 足爪の臭い対策 人気商品 爪垢が原因となる足の臭い対策には、ケアアイテムの併用がおすすめ。 ここでは、Amazonでよく一緒に購入されている商品をご紹介します。

次の

足の爪ケアちゃんとしてる? 綺麗な爪を維持するためのお手入れ方法教えます。

足の爪 臭い なぜ

足の爪の間に汚れが溜まり臭いを感じることがありますよね。 なぜ足の爪の間に汚れが溜まりやすくなるのか?なぜ足の爪は臭くなるのか?きちんと足を洗っているはずなのにと、不思議に思われますよね。 足を洗うとき、足の爪の間の垢、きちんとケアをされていますか?簡単に足だけを洗ったぐらいでは足の爪の垢が取りきれていません。 足全体を丁寧に洗った後、2つの対策を行えば、簡単に足の爪の垢を取り除き清潔な爪に保つことができ、臭わなくすることができます。 足の爪の垢が溜まる原因を知り、丁寧なケアを行えば足の爪の臭いから開放されます。 すぐに実践できる方法です。 ぜひ日々の習慣に取り入れ、臭いが気にならない清潔な足の爪を維持してください。 Contents• 足の爪が臭くなる原因 足の爪が臭くなるのは、爪が臭いのではなく、爪に垢が溜まっているからなのです。 それではまず、垢が溜まりやすい爪の状態を解説していきます。 ご自身の足の爪の状態を確認してみてください。 1-1. 足の爪に垢が溜まっていませんか? 足の爪の間に溜まる垢は、新陳代謝により剥がれ落ちた古い角質や、汗腺や皮脂腺から分泌される汗や皮脂、靴下や靴などから入り込んだ繊維クズ、様々な汚れが垢となり、爪の間に溜まっていきます。 足の爪の垢が黒い場合は見た目で気づくことができますが、白い場合は溜まっている事に気づきにくい事もあり、そのまま放置してしまいいつの間にか垢を溜め込んでいることもあります。 さらに、足の爪が長すぎることで垢を溜めやすくなります。 足の親指は爪が大きく湾曲していることもあり、足の指先から垢が入り込み爪の両端に垢が溜まりやすくなるのです。 親指の爪の間に垢が溜まった状態を放置していると、臭いの原因になるだけではなく、巻き爪を引き起こす原因にもなります。 巻き爪は、爪が丸まってしまい爪の両側が足の皮膚まで食い込んだ状態の爪のことで、巻き爪の症状が悪化すると、爪が皮膚の中に少しずつ食い込むようになり、歩くだけで痛みを伴い赤く腫れてしまいます。 巻き爪にならないためにも、爪のケアは丁寧に行うよう心がけてください。 痛みを伴う巻き爪になった場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。 また、素足を露出している場合は、屋外、屋内に関わらず、チリやホコリが自然と入り込みやすくなり、どんなに気をつけていても爪の垢の原因となる汚れが爪の間に溜まってしまいます。 爪の間に溜まった垢があることにより、菌のエサとなり菌が繁殖していき足の臭いを強くすることになりますので、日々のケアが大切になります。 足の爪にマニキュアをつけている場合、足の爪の間の垢や汚れが見えにくく溜まりやすくなり、爪に溜まった垢や汚れを放置してしまいがちになります。 せっかく足の爪をキレイに飾っていても、足の爪の垢や汚れが原因で臭いが発生しては、せっかくのおしゃれも台無しになります。 おしゃれを楽しみながら足の爪のケアも習慣にして、清潔な足の爪を保つよう心がけてください。 1-2. 水虫に感染していませんか? 水虫に感染する仕組みは、白癬菌が皮膚に進入して増殖し寄生することにより発症します。 足の臭い原因になるのは、人の皮膚にすんでいる菌が、汗を栄養にして菌が繁殖していき、繁殖した際に老廃物として臭いを出しているのです。 白癬菌と皮膚にすむ菌はどちらも高温多湿の環境を好むことから、足が臭いことと、水虫を併発することが多くなるのも事実です。 白癬菌が臭うわけではなく、足の裏の高温多湿の環境が菌の繁殖を増徴させて臭いを強くしているのです。 1-1でもお話しましたが、足の爪の間に垢が溜まったまま放置すると、さらに臭いの発生を強くする結果となります。 足の臭いだけであれば常に足を清潔に保たれていれば臭いを抑えられることは可能ですが、水虫になってしまったら早期の治療が必要となります。 爪水虫は、白癬菌が皮膚から爪の中へ進入して起こります。 ほとんどの爪水虫は、爪単体で水虫を起こすことはなく、足にもともと水虫を持っている人に併発することが多いといわれています。 ただ、爪水虫の症状として、水虫特有のかゆみがないために自覚しづらい病気です。 自覚できる症状としては、爪のまわりの皮膚が分厚くなりガサガサしていたり、爪がボロボロと崩れ落ちたり、爪の一部が白や黄色っぽく濁っているなどの症状がみられます。 症状に思い当たるところがあれば、早めに対処することが大切です。 まずは皮膚科を受診することをおすすめします。 足の爪が臭くならないためにやるべき2つの対策 足の爪が臭くならないためには2つのポイントを抑えれば、足の爪の垢を取り除き、清潔に保つことができます。 ぜひ実践してみてください。 2-1. 歯ブラシ1本で足の爪の垢を除去 足の爪の垢を取り除くには、歯ブラシでブラッシングすることがおすすめです。 入浴時、足全体と足の指の間も丁寧に洗い、その後、足の爪の間の垢をかき出すようにブラッシングをします。 入浴時に取り入れ毎日こまめに続けることにより、爪の垢の蓄積を防ぐことができ、足の爪を清潔に保つことで、臭いを発生させない環境に整えます。 歯ブラシでは取りづらい、爪の間に溜まった頑固な垢には、端が耳かきのようになっている「足の爪の垢とり」がおすすめです。 足爪の両サイドなどに溜まった爪垢も簡単に取ることができます。 ただ爪の奥の汚れを取ろうと、奥まで器具を突っ込み過ぎてしまうと皮膚を傷めてしまうのでやさしく使用してください。 2-2. 爪の形を整える 爪の切り方や形によって垢が溜まりやすかったり、溜まりにくかったりします。 爪が長いままにしておくと、爪の垢は溜まりやすくなるので、こまめに爪を切ることが大切になります。 ただ、短いほうがいいのだろうと短く切りすぎて深爪になってしまうと、確かに爪の垢は溜まりにくくはなりますが、歩くときに足の指に肉が食い込み指を痛めることになったり、巻き爪や爪周囲の皮膚にくい込んだ状態の陥入爪(かんにゅうそう)などを起こしてしまう可能性もあります。 爪の形を正しく整えることで、足の指に負担をかけず、爪の垢を溜めにくくすることができます。 それでは次に、正しい爪の切り方をご紹介します。 爪を切るタイミングは、入浴後がもっとも適しているタイミングです。 入浴後は、足がお湯に浸かったことで爪自体が柔らかくなり、爪を切りやすくもなりますし、深爪やひび割れを防ぐことにもつながります。 足の爪の切り方としては、爪の長さは1~2 mm程度残すようにして、四角形に近い形に切ってください。 丸みをつけて足の爪を切ってしまうと、爪が伸びたときに、サイドの部分が巻き爪になり垢を溜めやすくなります。 また、足の爪を切るとき、角を軽く残すように切り、角が尖っている場合は靴下やストッキング履いたときに繊維にひっかかることもあるので、ヤスリで少し丸みをつけてください。 まとめ 足の爪の間に溜まる垢は誰にでもあります。 丁寧にお手入れを行っているか、行っていないかだけの違いですので、臭いについて深刻になるほど心配する必要はありません。 きちんとお手入れができていれば、臭いを放つ原因にもならないので、日ごろから、足の爪の間を清潔に保つように心掛けて臭わない足で快適な日常をお過ごしください。 カテゴリー• いつも気になる 足の臭い。 だから怖いのが、お座敷での飲み会やお宅訪問など急遽、靴を脱ぐ場合。 他人に自分のニオイが伝わったらどうしよう、そんな不安を抱えていませんか? でも、もう悩む必要はありません。 足の臭いが「クサい!」と感じられてしまうのは、靴下がクサくなっているからです。 一日はいても本当に臭わない靴下であれば足のニオイが他人には伝わらないのです。 これを実現したのが「急速分解消臭デオルソックス」です。 このソックスを履けば確実に「足の臭いがなくなった」と実感頂けます。 ・履くだけで足のニオイも97. 9%除去できる! ・手放せない、もっと早く知りたかったなど購入者からの口コミで広がり累計86,912足を突破 ・テレビ取材放映をはじめメディア取材実績多数! 万が一、消臭効果に満足出来なければ、商品代金を全額返金してもらえる安心の保証付きです。 足の臭いの心配は必ず解決します。 いつでも安心して靴が脱げる足元を手に入れてみませんか?.

次の

足の爪が反る原因5つと対処法4選

足の爪 臭い なぜ

足の爪が臭う…その原因とは さてその臭いの原因ですが、ほぼ爪水虫とは関係ありません。 逆に言うと、爪水虫になったからといって爪の臭いがきつくなる、といったことはありません。 つまり、臭いで爪水虫か否かを見極めることはできないということです。 ただし、足の爪が臭いのなんて普通です。 正直、ほとんどみんな臭いですよ。 人間の基本設定だと思って下さい。 ではこのにおいの元はなにか? 臭いの原因は、垢(あか)です。 正確には、 「イソ吉草酸(いそきっそうさん)」という脂肪酸がにおいの原因です。 足の爪の中には、靴下のくずや、ホコリや、古くなった角質などいろんな物が挟まっています。 さらに爪に限らず足の裏は汗をかきやすく、靴下や靴によって湿気がこもりやすいため、このジメジメした湿気が大好きな細菌が繁殖しやすい環境なんですね。 世の中の認識では「汗=くさい」、「おじさんの汗=超くさい」というのが常識となっていますが、 実は汗自身はその99%が水分であるため、ほとんど無臭なんです。 にも関わらず汗がくさいと感じるのは、実は腐敗性の細菌が汗をかいた場所にうじゃうじゃと集まってきているからです。 新品のTシャツだと汗をかいてもそんなに臭わないのに、使い古した肌着だと汗が臭う、なんてことは経験ありませんか? これは洗濯で取りきれなかった、服の繊維に残った細菌が関係しているのです。 足の爪が臭うのはこのように湿気が大好きな細菌が活性化して、古くなった角質や垢を分解し「イソ吉草酸」を発生させることが原因です。 ここで圧倒的に余談ですが、実はイソ吉草酸をエステル化すると、リンゴの匂いになるって知ってましたか? エステル化とは、簡単にいうと脂肪族と芳香族のパイプ役のようなものです。 イソ吉草酸とアルコールを濃硫酸を触媒にして反応させると、イソ吉草酸エチルという物質に変化します。 イソ吉草酸エチルはリンゴのような芳香を持ち、イチゴやパイナップルなどの果実にも含まれます。 信じられない話ですが、足の臭さとリンゴの香りは紙一重なんですね。 もう一度言いますがエステル化には濃硫酸が必要です。 足の爪の臭いを消したいからといってこの反応を足の爪に用いるのは危険ですので絶対にやめて下さい。 足の爪のにおいをなんとかしたい 復習になりますが、足の爪がにおうその原因はイソ吉草酸です。 ですので、足の爪のにおいを抑えたい場合は、 ・足の垢をためないようにする ・足を乾燥させる この2点を意識すれば改善できます。 足の垢をためないようにする まず足の垢をためないようにするには、お風呂で足を洗うときに爪ブラシを使って爪の中までしっかりと洗うことを実践してみてください。 これだけでもだいぶ効果が出るはずです。 ちなみに、爪ブラシは100円ショップでも簡単に手に入ります。 加えて、足の爪を伸ばさないようにこまめに切るなどすれば、より垢がたまりにくくなるでしょう。 あとはやっぱり普段からとにかく足を清潔に保つことですね。 足を乾燥させる これはシンプルなやり方しかありません。 靴はブーツのような気密性の高いものはできるだけ避けるとか、休憩時間は靴を脱ぐとか、原始的な方法ですがそれが一番効果があります。 靴下もできるだけ通気性の良い素材のものを選んだり、家の中では裸足で過ごすなど、普段のライフスタイルにちょっとひと工夫入れるだけで、足の蒸れ具合は改善できます。 臭くなりやすい水虫 足の爪に限らず、足のにおいに悩む方も多いでしょう。 そして、足のにおいは先ほど説明したイソ吉草酸だけではなく水虫によってもたらされる悪臭である場合もあります。 水虫の人の中には、たまらなく嫌なにおいにウンザリしている人もいるでしょう。 水虫の原因は白癬菌ですが、実は 白癬菌そのものには悪臭をもたらす作用はありません。 白癬菌は角質層にあるケラチンという成分が大好物です。 そのため白癬菌に感染すると、ふだんは皮膚を厚く覆っている足の裏の角質層が破られてしまいます。 すると、それに抵抗しようとする免疫機能によって、皮膚の内部からリンパ液がでてきます。 この時、リンパ液と汗は、角質を湿らせて柔らかくし、その結果ブドウ球菌などの細菌類の侵入を許してしまいます。 健康な皮膚であればみっしりとした角質層がバリアとなって、このような腐敗性の細菌からガードできていたわけです。 そうして侵入してしまった細菌類は皮膚に簡単に寄生し、増殖を繰り返す。 その結果、いやな匂いが発生するのです。 特に趾間びらん型足白癬の人は臭くなりやすい傾向があります。 指と指の股がくっついた状態のため乾燥が進まず、細菌類がこぞって付着するためです。 他にも角質が厚くなりふやける『掌蹠角化症』の人や、元々足に汗をかきやすい人も強烈な悪臭に悩まされることが多いでしょう。 足の皮膚の深いところにある汗腺で細菌類が繁殖して悪臭を発すると同時に、靴の中にいるとジメジメがピークに達しそのにおいが一層増すというわけです。 臭いを消すためには では水虫の人がにおいを消すためにはどうすれば良いのでしょうか? これには何よりも足を乾燥させることが大切です。 とはいえ、水虫を治さない限り内部からリンパ液が溢れ出るのを抑えられません。 そのため、においを抑える1番の有効策は水虫をちゃんと治療することです。 また基本的なことですが、患部をいつも清潔に保つことも重要です。 よく泡立てた石けんで患部をよく洗い、その後お湯でしっかりと洗い流します。 毎日のお風呂で足の指一本一本をていねいに洗うだけでも、細菌類の付着をずいぶんと阻むことができるでしょう。 また、赤みが強いときや汚れがひどいときには、亜鉛華軟膏をガーゼに厚く塗り、これを指と指の股に挟んでください。 ガーゼは毎日交換します。 こうすると必要以上に患部を刺激することなく、患部を保護することができるため、リンパ液の分泌を抑えることができます。 これを一週間も繰り返せばそれだけで、患部のにおいをずいぶんと和らげることができるでしょう。 また、水虫薬の中には白癬菌に直接作用するのに加えて、他の細菌類の活動を抑える作用が含まれているものもあります。 まとめ おさらいですが、足の爪がくさい原因は、爪の中に挟まった垢にあります。 垢がたまりやすく、蒸れやすい、足の爪はまさにこれらの条件が揃っておりくさくなりやすい環境にあるといえます。 そして細菌は垢をえさとして取り込み、分解するときに「イソ吉草酸」という脂肪酸を発生させるのですが、このイソ吉草酸が強烈にくさいというわけです。 爪がくさかったとしても、爪の見た目が正常であれば、ほぼ爪水虫であるとは考えられません。 爪水虫の症状は、においよりも見た目の変化で気付くケースが多いですから。 ただし、足の爪に限らず 「足が臭う状況」というのは、すなわち「水虫菌がよろこぶ状況」であることを忘れないようにしましょう。 足が臭うな~とお悩みの方の中には、先ほど説明したイソ吉草酸による悪臭に加えて、水虫が原因の悪臭も併発している可能性があることを忘れないようにしましょう。

次の