レンジ で 焼き芋 の 作り方。 焼き芋はレンジで作れちゃう。10分でホクホク! 早く、簡単で、おいしい作り方

ねっとり甘い焼き芋の作り方

レンジ で 焼き芋 の 作り方

『ママ!芋掘りして来たから、焼き芋作って!』 寒くなると、食べたくなるのが、 焼き芋! 子供が、幼稚園や小学校に行くようになると、 学校の行事で、 さつまいもを持って帰ってきます。 子供が、一生懸命掘ったさつまいもを見ていると、 甘くてホックホクの焼き芋を、食べたくなりますね! しかし、焼き芋を作ると言っても、 落ち葉を集めて、焚き火をするわけにいきません。 オーブン、フライパン、魚焼きグリル、トースターに、 炊飯器でも、焼き芋は作れます。 しかし、 『1秒でも早く焼き芋さんを、口に入れたい!』が、 今回のメインテーマの為に、 レンジを選びました。 我が家でも以前は、 トースターや魚焼きグリルで、 焼き芋を作ってました。 簡単に トースターでの作り方を、紹介すると、• 濡らした新聞紙で、さつまいもを包みます。 その上から アルミホイルで、包みます。 トースターで、 40分加熱すると出来上がり! この時、必ず新聞紙で包んでから、 アルミホイルで、包んでくださいね。 他のフライパンや、オーブンでも、 同じぐらい時間が、かかります。 しかし、子供は そんなに待ってくれません! 食べたいと思えば、 すぐに食べたいのが、 子供という生き物です。 さつまいも• 新聞紙• 作り方• さつまいもを、よく洗います。 濡れたままのさつまいもを、新聞紙で包みます。 レンジ強 600w で、 3分間加熱します。 加熱する事で、さつまいもに含まれている成分が、 デンプンを甘い麦芽糖に変えてくれます。 しかし、 約10分で甘さのピークになり、 それ以上は時間をかけても、甘さは変わりません。 『えっ!? 濡れたままのさつまいもを、 新聞紙で包みます。 レンジ強 600W で 約3~5分加熱します。 そのままの状態で、更に 解凍 150W~200W で 10分加熱します。 焼き芋の、甘い香りがしてきたら 出来上がり! 小さかったので、 約10分で完成しました。 大きいさつまいもで、芯が残って固い時は、 レンジ強で、 更に1~3分加熱してくださいね。 しかし、電子レンジで作ることで、 大幅に時短できたので、最近はよく作ります。

次の

焼き芋 オーブン使わず 電子レンジ で簡単早く美味しい作り方・ レシピ

レンジ で 焼き芋 の 作り方

焼き芋が食べたくなる、秋頃になると 毎年この記事のアクセス数が増加してくるんです(笑) 美味しく、でも早く食べたい人にとっては 電子レンジの活用が必須!! こちらの記事を参考に、ぜひお試しあれ。 スーパーにも最近は、焼き芋の機械がおいてあって そこで売ってますよね、美味しい焼き芋。 あれ、オススメです。 甘いイモを1本200円ぐらいで売ってますし。 あれを軽トラックとかで売りに来てる焼き芋屋で買うと たぶん500円以上しますよ!要注意です(笑) 焼き芋にしたら美味しいサツマイモの紹介は この記事の下で行ってます! すぐみたい場合は、! ためしてガッテンや目がテンで紹介10分程で出来上がる方法 さつまいものカロリーは?おまけにオーブンで焼く方法も さつまいもを一番甘くおいしく食べる方法を知っていますか?? スマステ(スマステーション)でも取り上げられたのかな? それは、焼き芋だそうです。 その辺の詳しい話は後からするとして、とにかく 安く、早く、おいしく 焼き芋を作りたいですよね!? 「焼く」から考えると、オーブンを使いたくなってしまいますが・・・ちょっと考えてみてください。 トースターもそんなもの! ので、ここで登場! 電子レンジ! 厳密には「焼く」ではなくなってしまいますが、焼き芋にした場合と同じような甘さと食感が得られれば何の文句もないでしょう。 もしどうしても焦げ目が欲しければ、それだけあとでガスコンロで炙ればいいわけですから。 電子レンジで焼き芋を簡単に作る方法です。 電子レンジの使い方を誤ると、失敗します! 電子レンジをうまく使うことで、「焼き芋」と同じ状態にさつまいもを持っていく・・・ということです。 ちょっとあやしいので、その原理も先に知ってから電子レンジで作ることにしたい! って方は、まずこの記事を一番下まで読んでみてください。 下の方に、その原理を記載しています。 (ぼくも見聞きしたことですが) ちなみに、電子レンジでのやり方を書く前に言っておくと・・・一番失敗しない方法は パンを焼くトースターを使う 方法です。 アルミホイルに巻いて、小さいもので20分ぐらい、拳よりちょっと小さいぐらいのもので30分ぐらい焼けばOK。 焼けたと思ったら一度アルミホイルを開けてハシをさしてみる。 ひっかかりがなく下までスッと入ったら焼けています。 手触りで全体的にやわらかくなってればだいたいOKですけど。 もしまだ焼けてないときはまたアルミホイルに包んで5〜10分焼いて・・・また同じことを繰り返せばよし。 焼き芋がおいしい「安納芋(あんのういも)」なら・・・たぶん焼けた時には「蜜(みつ)」が出ています!! 焼き芋にするさつまいもでオススメは、安納芋が最強です!! トースターを使った場合はほぼ間違いなく「焼き芋」になります。 味も見た目も!味も! だから、失敗しない方法を選びたい人にはトースターを使うことをおすすめします。 ただ、ここでは「早くやりたい」人のため、電子レンジの方法をご紹介。 電子レンジをオーブンやトースター機能で間違えて使ってしまうと新聞紙が燃えるなどの危険性が考えられます。 十分ご注意ください。 また、あくまで自己責任でお願いします。 安全性の保証はできませんし、検証もしていません。 10分ちょっとで出来上がります!! テレビ番組「ためしてガッテン」や「目がテン」で紹介されていた方法からアレンジされたというネット上の各種情報を集めて実行いたしました。 すきあらば皮も食べる派なので(笑)あ、皮も食べた方が胸焼けしないっていう話も聞いたことありますけど。 お芋さんの体重測定です。 このあとの手順の目安にしてください。 普通にやると、たぶん電子レンジは「強」になっていると思います。 「弱」や「解凍」ではなく「強」これでOK。 短時間に強火で表面を加熱・・・するイメージですね。 「解凍」で10分間です。 箸や細いもので刺してみて、芯がなければ大丈夫だと思います。 よし大丈夫!ちなみにこの時に「固い」と思った場合は・・・ 今度はレンジで普通に2〜3分間加熱しましょう。 今度は「解凍」でなくていいです。 普通に「強」で。 さきほどの 「魔法」のあとなら、その後はもうどれだけ加熱しても甘さは変わらないらしいので(これも下で詳しく)。 やりすぎは注意ですけどね。 割ってみました!みてください、この黄金色の輝き(笑)これぞ焼き芋!!じゃないですか!? 安納いも等の「おいしい芋」を体験すると、もうこれ以外の芋での焼き芋はご遠慮させていただきたく・・・なります(笑)それが怖い人は、安納いも、食べないでください(笑) 焼き芋そのもの!味は・・・ あたりまえにおいしいんです! by 川平慈英風 これにマーガリンやバターをのせたりすると・・・あぁぁああぁ やめてー!カロリー上がるからやめてー!・・・はい、自粛してくださいねみなさま(笑) どうにもおいしいらしく、インコまでもが目の色を変えてやってきます。 それ食べていいのか??う〜ん。。 まあイモだから悪くはないのかな。。 あ、マーガリン付いてるとこは絶対ダメだと思いますので避けてますけど。 あとはその時点で一度出してみてイモにハシを刺して、ひっかかり無く一番下まで通れば焼けてる、ひっかかりがあるならまだ中が固いのでもう一度焼く・・・そこからは5分とか10分とか焼いてみてまた様子をみましょう。 安く・早く・しかも、オーブンでやったときとおいしさがそんなに変わらないなら、電子レンジも・・・良いですよね!?(笑) オーブン使わなくてもこんなにおいしくできるんです! こんなに簡単でおいしいレシピ・作り方・・・もっと早くから知っていれば・・・もっと食べたのに(笑) では、なぜ上の電子レンジを使った作り方でおいしい焼き芋ができるのか、下に書きます。 なお、電子レンジはちょっと・・ という人には、こちらがオススメです。 それは、蒸したり、単純に電子レンジでチンてするときよりも、 焼き芋の場合が「甘くなるために最適な温度」である時間が長いから、だそうです。 何が甘くなっているかというと、サツマイモの主成分であるデンプン。 デンプンは甘くはありませんが、 加熱されるとサツマイモに含まれる酵素が働き始め、デンプンを細かく分解し甘い麦芽糖に変えてくれるそうです。 なるほど。 もし電子レンジの「強」でサツマイモに火を通すと、6分間ぐらいで芯まで熱が通ります。 石焼芋屋さんのサツマイモの調理方法なら、45分間。 その場合は、実は10分以上はあんまり関係ないとの結果が出たそうです。 それが上で紹介した「焼き芋オーブン使わず電子レンジで簡単美味しい作り方・レシピ」になるわけですね。 焼き芋100gあたり 可食部(食べられるところ、皮をのぞいた実の部分)約90g 約150kcal だいたいの目安にしてくださいね。 ぼくは安納芋が好きですけどね!! 紅はるか.

次の

超簡単!電子レンジでの焼き芋の作り方

レンジ で 焼き芋 の 作り方

スポンサードリンク サツマイモのでんぷんが糖化する温度は約70度。 だから、70度でじっくり時間をかけて加熱するのが、おいしい焼き芋の作り方です。 電子レンジの「強」で1分半加熱すると、さつまいもの温度は70度になります。 その後、「弱」で70度を保ちながらゆっくり加熱することで、おいしい焼き芋ができるんです。 焼き芋を失敗しない、おいしく作る方法 さつまいもの選び方 焼き芋を買うんだったら、太いさつまいものほうがおいしそうですよね。 でも、自分で作る場合には、細めのサツマイモを選びましょう。 太いものは加熱に時間がかかり、加熱ムラができやすいです。 キッチンペーパーを水で濡らしてまく インターネットで紹介されているレシピには、新聞でまくだけのものもありますが、濡らしたキッチンペーパーを巻いたほうが断然おいしくなります(経験済)。 新聞紙がない時はどうすればいい? キッチンペーパーの外を包む紙は新聞紙じゃなくても大丈夫です。 私は広告を使って作ったこともありますが、同じようにできました。 新聞や広告を使うのが気になる方は、コピー用紙でもOK。 厚過ぎない紙ならだいたい何でも大丈夫です。 加熱時間を守る 焼き芋をおいしく作るには、上で説明したように加熱時間が重要になります。 だから、必ず電子レンジの加熱時間をまもりましょう。 加熱時間は強で1分半。 弱は、さつまいもの太さに応じて8-15分。 さわってみてまだ固そうだったら、さらに数分電子レンジの弱で加熱します。

次の