兼業 主婦 借り れる カード ローン。 パート主婦でも借りれるカードローン|お金を借りるセレクト

カードローンの即日審査。主婦でもその日に借りられるの?

兼業 主婦 借り れる カード ローン

特に頭を悩まされる問題が、やはりお金の事ですかね。。。 3人も子供がいるので生活費も結構な額に。 まだ子供が小さいので私は働きに出る事が出来ず専業主婦なので、生活は旦那の給料だけでやりくりしている状況です。 旦那を責めるわけではないんですが、お世辞にも給料が多いとは言えないので、毎月ギリギリの生活を送っています。 そこで、借り入れに関しては専門家と言えるほどかなり詳しくなっていますので、私と同じように専業主婦の方が借入する際の賢い利用方法を紹介しておきますので参考にして下さい。 パートなどをしている兼業主婦の方はパート収入があるわけなのて、定期的な収入があるということで審査の上、消費者金融や銀行といった金融機関から問題なくお金を借りることができます。 ただ、専業主婦の方の場合ですと働いていないのでキャッシングでお金を借りるのは難しいのでは?と思っている方が多くいるみたいなんですが、実際のところは借りる事が出来ます。 ただし、お金を借りられるところは一部の金融機関に限られてしまいます。 まずは総量規制対象外である銀行カードローンならば借入することが出来ます。 ただ、すべての銀行というわけではなく一部の銀行に限られます。 あと、総量規制の対象である消費者金融でも、「配偶者貸付」という方法を使って貸付している業者もありますので、こちらなら専業主婦の方ご自身の名義で利用することが出来ます。 パート勤めをしている兼業主婦の方に関しては、基本的にどこでも借りることが出来ますので、消費者金融で借りることをおすすめします。 消費者金融は即日融資が可能であったり、一定期間無利息だったりと、借りる側のメリットが多いですからね。 次に専業主婦の方ですが、専業主婦の方は借りれる所が総量規制対象外の一部の銀行カードローンか、配偶者貸付を行っている消費者金融やクレジット会社になります。 正直、この一部の銀行カードローンと配偶者貸付を行っている消費者金融には大きなデメリットが存在します。 そのデメリットというのが、どちらも申し込みしてから実際に融資を受けるまでに時間がかかるということです。 お金が必要な時って、基本的にある程度急ぎの時が多いですので、融資を受けるまでに時間がかかるというのは厳しいですよね。 まず銀行カードローンは申し込みしてからローンカードが届くまでに、だいたい2週間程度かかるのが一般的です。 例えばイオン銀行カードローンは専業主婦でも利用できるのですが、クレジットカードのイオンカードを持っていない場合は、利用するまでにだいたい1か月以上かかります・・・。 あと、配偶者貸付を行っている消費者金融やクレジット会社でも、配偶者に同意書などに書類送付などに時間がかかるので、2週間程度は見ておいたほうが良いでしょう。 書類不備などがあれば、余裕で1か月以上かかる可能性もあります。 ですので出来ることならばですが、旦那さんに状況を話しして、旦那さん自身に消費者金融に申し込みしてもらって、そのカードローンを利用するというのがベストになるでしょう。 どうしても、旦那さんに話することが出来ないという場合は銀行カードローンで、旦那さんに話は出来るけど自分の名義で借りたい方は配偶者貸付を行っている金融機関ということになります。 以下で、それぞれの状況に応じたおすすめの金融機関を紹介しておきますね。 兼業主婦の方や旦那さん名義で借りる場合 兼業主婦の方はパート勤めやアルバイトなどをしているわけなので、毎月給料がもらえており定期的な収入があります。 ですので、基本的に個人向けの借入ならばどこでも審査の上利用することが出来ます。 ただ、総量規制がありますので、年収の3分の1までしか借りることは出来ません。 パート勤めでの給料が毎月5万円ならば年収60万円なので、その3分の1の20万円が限度ということになります。 ですので、パート勤めの方であまり高額な給料をもらっていないという方は、高額な融資は難しいでしょう。 あと、専業主婦の方でも旦那さんに話して旦那さん名義で借りるのはありです。 もちろん、旦那さんに申し込みしてもらわないといけません。 旦那さんの場合、正社員と働いているのならばお給料もそれなりの金額になります。 総量規制を考えても結構な金額が借りれる可能性が高いのです。 しかも、融資限度額が大きくなれば、適応金利も低く設定されるので、低い金利でお金を借りることが出来てお得です。 お金のことなので、出来ることならば旦那さんに内緒というよりも話しておいたほうが良いですからね。 家計的に厳しいということならば、旦那さんも分かってくれるでしょうから、ちょっとでもお得に借り入れするためにも旦那さんに申し込みしてもらってお金を借りたほうが良いでしょう。 パート勤めをしている方も、ある程度高額な融資を得たいという場合は、旦那さんに申し込みしてもらったほうが良いです。 このように、兼業主婦の方や旦那さん名義で申し込みできるのならば、以下の消費者金融を利用するといいでしょう。 最短即日融資も可能となっていますし、無利息サービスなどもあってお得にお金を借りることが出来ますよ。 借入までの時間はかかっても旦那に内緒で借りたい方 旦那さんに絶対に内緒で借りたいという方は銀行カードローンしかないでしょう。 銀行カードローンならば、旦那さんに内緒でお金を借りることが出来ますからね。 ただ、審査の際に配偶者への在籍確認がある銀行もあるので、そういったところは避けなければいけません。 あと、基本的にローンカードが送られてくるので、そういった書類などで旦那さんにバレないように注意が必要ですね。 専業主婦の方の場合基本的に日中家にいるわけなので、ご自身が郵送物を最初に受け取る可能性は高いので大丈夫だとは思いますが。 あと、申し込みしてから利用するまでに2週間程度かかるというデメリットも頭に入れておいてください。 すぐにお金を手に入れることは出来ませんからね。 あと、専業主婦の方自信には収入がありませんので、あまり高額な融資は受けることが出来ません。 ある程度高額な融資を受けたい場合は、やはり旦那さんに話する必要は出てきます。 あとで紹介する配偶者貸付ならば配偶者の方と合わせた年収の3分の1以下の借入が可能となります。 とりあえず、以下で専業主婦の方が旦那さんに内緒で借りれる銀行カードローンを紹介しておきますね。 銀行名 金利・借入額 配偶者の在籍確認 公式サイト イオン銀行 11. 他のサイトでも専業主婦の方にジャパンネット銀行を押しているところがあったので注意が必要です! いくらまで借りることが出来るのか?ということですが、上記でも書いていますが各カードローンの専業主婦が利用した際の最大借入額を紹介します。 イオン銀行 楽天銀行 50万円 50万円 専業主婦の融資額に関して各銀行に電話をして確認してみました。 問い合わせで答えられた金額が上記の金額になります。 「イオン銀行」「楽天銀行」に関しては、最大50万円といった明確な額をお答えしてもらえたんですが、ソニー銀行・ジャパンネット銀行など他の銀行に関しては、審査通過後に決定するとの事でした。 ただ、専業主婦の場合は収入が無いので、あまり多くの額を借りるのは難しいだろうな・・・って感じがします。 明確には決められていないけど、予想として30〜50万円が上限になるのかなって感じですね。 審査によっては10万円、20万円という枠になる可能性もあると思うので過度の期待はしない方がいいと思います。 専業主婦の方名義で高額融資なら配偶者貸付 旦那さんに事業を話すことはできるけど、あくまで専業主婦の方ご自身の名義で借りたいという人もいるでしょう。 その場合、銀行カードローンで借り入れするといいのですが、あくまで銀行カードローンは専業主婦の方を対象に審査されますので高額な融資は不可能です。 上記でも書きましたが最高融資額で50万円とかとなっていても、審査によってもっと下がる可能性も十分に考えられます。 そういった場合は、「配偶者貸付」を利用するといいでしょう。 配偶者貸付というのは、配偶者の方と合わせた年収の3分の1以下の借入が認められるものになります。 ですので、専業主婦の方は自分には収入はないので、配偶者の方の年収の3分の1ということになりますね。 これならば配偶者自身の名義で、旦那さんの収入から審査された金額を借りることが出来るので、ある程度高額な借入も可能となる可能性があります。 融資枠が大きくなれば、適用される金利も低くなるというメリットもあります。 ただ、配偶者貸付は用意する書類がいくつかあります。 ・本人確認書類 ・婚姻関係を証明できる書類 住民票など ・配偶者の同意書 ・配偶者の収入証明書 等が必要になってきます。 これらの書類を送ったりしないといけないので、やはり早くても利用するまでに2週間程度はかかるでしょうね。 この配偶者貸付を行っている金融機関はかなり少なく、「セディナ」「レディースフタバ」「ベルーナノーティス」ぐらいになります。 ただ、レディースフタバとベルーナノーティスはあまり配偶者貸付に積極的ではありません。 審査に通らない可能性が最近では高くなってきています。 ですので、配偶者貸付を利用したい場合はセディナのJiyu! に申し込みするといいでしょう。 セディナカード「Jiyu! 」はクレジットカードですが、このクレジットカードにキャッシング機能を付けてクレジットカードキャッシングができるようになります。 上記で、いろいろと状況に合わせたベストな借入先を紹介しました。 借り入れするという事となると、なんとなく自動契約機や店舗窓口に行って契約書などを書いたりしないといけないというイメージがあると思いますが、今はネットで申込みができるのですごく便利になっています。 自動契約機や店頭窓口に行くとなると、行っているのを人に見られたりしてしまうと嫌ですもんね。 一人に見られてしまうと、その噂はいろいろと広まっていくに違いありません。 ですので、ネットですべて終わってしまう今は有難過ぎます。 例えば支店や店舗などが近くに無いといった方もいるでしょう。 このような場合でも、ネット申込ならわざわざ来店する必要もなく利用する事が出来るので、近くに支店がないといった場合でも問題ありません。 もちろんスマホからでも申込することが出来ますよ。 上記を参考kにして借入先を決めてください。 毎月の返済金額が残高にあわせてスライドしていく仕組みの事を言います。 毎月の返済額を少なく出来るため、月々の負担が少なく利用できるといった点が大きなポイントとなっています。 ただ、一つ気を付けなければいけない事があります。 それは返済期間が決まっていないということから、返済期間が長くなってしまい、その分利息の支払いが増えてしまうといったデメリットです。 残高スライドリボルビング方式のまま返済を続けていたら、完済するまでにかなりの日数が必要となります。 借入額が多ければ、その分返済期間も長くなり、利息も同じように増え続けていきます。 なので、ローン返済を早く終わらしたいのであれば、残高スライドリボルビング方式のまま返済していくのではなく、同時に繰上げ返済していく事が重要です。 今月は余裕がある、といった時は、繰上げ返済で多めに返済して元金(借りた金額)を減らしていくようにしましょう。 残高スライドリボルビング返済の場合、月々の負担額が少ないのでつい甘えてしまうんですが、トータル返済金額で見たら、高額な利息を支払ってしまうようになります。 返済に余裕がない時は仕方ないんですが、余裕がある時は繰上げ返済をして、利息の支払いを少なくするようにした方がお得です。 返済出来ないとどうなる!?怖い人が取り立てに?? 万が一返済が遅れてしまったらどうなるのか?もしかしてテレビなんかでよく見るように、怖い人が取り立てに来るんでは!?って考えちゃいますよね。 でも安心して大丈夫です。 大手の金融機関を利用しているのであれば、怖い人が取り立てに来るなんて事は絶対ありません。 だからといって、返済が遅れても良いという訳では無いですが。。。 今は、貸金業法で「取立行為の規制」といった項目があります。 これは、私生活や仕事の妨げになるような取り立ては禁じられているといった内容となっています。 例えば、 ・午後9時〜午前8時の間に訪問したり、電話やFAXで連絡する ・大声を上げ、乱暴な言葉を使ったり、暴力的な態度を取る ・貼紙をするなどして、借入の事実を第三者に明らかにする ・多人数での訪問 ・勤務先への訪問 など、このような事は禁止されています。 もしこういった取り立てをされた場合は、違法となるので警察を呼ぶといいでしょう。 大手の金融機関を利用していれば、まずこういった事は起きないと思うので、もしこのような怖い思いをしてしまう時は、闇金などの違法業者から借入してしまったという事になりますね。 闇金業者は今でも、このような取り立てをしている場所が多いので、絶対に借りないように注意しなければいけません! では、大手金融機関を利用している場合で、返済に遅れてしまった時はどうなるのか?なんですが、まず返済日を過ぎると、金融機関から電話がかかってきます。 「お支払いがまだされていないんですが?」といった感じにかかってきます。 この時に、いつまでに支払出来るか分かるのであればその旨伝えるといいでしょう。 というか、さすがに返せませんとは言えないと思うので、いつまでに返済すると伝えるようになると思います。 もし返済が出来ないまま3か月以上続くと、事故情報として信用情報機関に登録されてしまいます。 いわゆるブラックリストに載ってしまうというやつですね。 ブラックリストに載ると、お金を借りる事は当然できないですし、クレジットカードを発行する事も出来ません。 他にも、住宅ローンや自動車ローンなど他のローンも利用出来なくなります。 そして、簡易裁判所から支払督促状が届くきます。 支払いを延滞していたら、その分延滞金も支払わなければならないようになるので、通常の金利+延滞金がかかってきます。 怖い人は取り立てに来ませんが、返済しなくていいなんて事はありません。 利用する時は、返済に遅れないようにしっかりと計画性を持って借りるようにしましょう。 既に他の銀行カードローンでお金を借りていた場合はどうなるのか? 複数の銀行から借入することが出来るのか、銀行に電話して確認してみました。 もしこれで借りることが出来るのであれば、借りれる額が増えるので嬉しいですよね! で、出た答えが… 「申込してみて審査をしてみないと分かりません。 」 といった返答でした。 やはり、審査を受けてみない事には分からないみたいです。 でも、分からないという事は借りれる可能性もある、という事なので、どうしてもお金が必要な時は、複数のカードローンに申込してみてもいいのかな、って思います。 ただ、注意しないといけないのが、同時に複数のカードローンに申込しないようにする事です。 カードローンの申し込みは、違う会社に申込したとしても審査時に個人信用情報機関を調べることで、どこでいくら借りているのか?などといった情報がすべて分かります。 もちろん、同時に申込したことも分かってしまうので、審査担当からしたら怪しまれる可能性があります。 結果的に、両方の審査に通らない…って事も考えられるので、1社ずつ申し込みして、結果が出てからもう一つのカードローンに申し込みするようにしましょう。 総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みの事を言います。 専業主婦の方は年収0円なので、借入額も0円となり、総量規制内のカードローンなどであればお金を借りる事が出来ません。 なぜこのような規制が出来たのかといえば、多重債務に陥ってしまう人が多くいたからなんです。 総量規制が出来る前までは、専業主婦の方も消費者金融業などでお金を借りる事が可能となっていました。 この時は、誰でも比較的簡単に借りれていたみたいですね。 その分金利が高かったみたいですが。。。 でも、借りたのはいいけど、収入が無いので返済に行き詰ってしまいますよね。 結果、新たに違う金融機関からお金を借りるといった事になり、気付けば凄い金額の借金に…。 といった方が多くいたんです。 お金を借りた方が、経済的に破たんしてしまうというようなことが続発して社会問題になったという事もあり、総量規制といった規制が出来るようになったんです。 規制を作ることにより、多重債務をする方も減少しますし、収入以上のお金を借りるなんて事も防げます。 お金を多く借りたい方からしたら不便な規制かもしれないですが、後々の事を考えるとこのような規制がある方がいいと思います。 キャッシングでお金を借りる場合、どこで借りるのがいいのか悩みますよね。 今は、色々なキャッシング業者があって、何がどう違うのか分かりづらいと思います。 特に初めて利用する方は不安ですよね。 お金の問題なので、適当に決めるわけにもいかないと思いますし、どこでもいいという訳でもないと思います。 やっぱり、安全で安心して借りれるキャッシング業者を利用するのが一番間違いないと思います。 でもどこがいいのか?そこで、安心・安全に利用できるキャッシング業者について紹介します。 先ほども言ったように、現在キャッシング業者は数えきれないぐらいたくさんの業者が存在します。 大手企業から、中小企業、なかには金融機関に届け出を出していない業者も多くあります。 いわゆる闇金というところです。 多くの業者の中から一つ選ぶようになるわけですが、当然ながら大手企業を選ぶのが一番お勧めです。 やはり大手は知名度もあり安心感があります。 そして、違法な金利を請求されたりするような事もまずありません。 一番選んではいけないのは、金融機関に届け出を出していない闇金業者です。 金融機関に届け出を出していない時点で違法です。 更に、法外な金利を請求されたり、違法な取り立てをしたりと怖い思いをする可能性大です。 「無金利・無職でもOK・今すぐ貸せる」などといった言葉に騙されて、つい利用してしまう方がいるんですが、絶対に利用しないようにしましょう。 当サイトでも紹介しているような、誰もが知っている大手キャッシング業者を利用するのが安全でいいですよ。

次の

専業主婦でも借りられる?オススメカードローン3選

兼業 主婦 借り れる カード ローン

セディナカード「Jiyu! 」 専業主婦でも申込み可能! セディナカード「Jiyu! 」SMBCグループから出ているキャッシング付きのクレジットカードです。 新規入会の場合、利用日から起算して 7日間は無利息で利用する事ができます。 申込み条件も18歳以上(高校生を除く)・電話連絡可能な方だけで専業主婦でも 最大50万までの融資を受けられます。 0% 1万〜200万円 1〜2週間程度 たくさん借りたいor金利を安く借りたい場合 すぐ借りる予定でないのであれば、おすすめのカードローン一覧もございます。 アコム アコムはアルバイトやパートで毎月安定した収入のある主婦にお勧めのカードローンです。 CMでもお馴染みで、三菱UFJフィナンシャルグループというメガバンクグループなので安心感が違います。 初めてのキャッシングにお勧めの1枚です。 アコムの魅力は審査時間が最短30分で、22時までに手続きが完了するとその日に融資が受けられます。 急にお金が必要になった場合など、とても助かりますね。 金利 限度額 審査回答期間 3. 子供の教育費のためとか自分の趣味のため、交際費、生活費のためなど、お金を借りたい理由はさまざまですが、 安定した収入がない専業主婦は総量規制という法律により消費者金融では借入れを受ける事ができません。 なので専業主婦でお金を借りれる会社を探すのであれば、夫に相談をしたうえで申込みをする必要があります。 このページでも説明させていただきましたが、銀行カードローンが専業主婦が借りるのにぴったりのカードローンなんです。 もう1度メリットをおさらいしておきましょう! 無職の専業主婦でも低金利で借りれる ご存知のように消費者金融のカードローンの金利は4.6%〜18.0%のように最高金利が高くなっています。 金利は借入金額によって決まるので借入金額が低ければそれだけ金利は高くなってしまいます。 ご自身に収入がない専業主婦は、限度額がどうしても低く設定されます。 専業主婦がカードローン審査に申込みをした場合、審査に通過する際の融資額は30万〜50万ほどで、それ以上の場合はほとんど落とされてしまいます。 そうすると、消費者金融のカードローンで借りた場合は金利が年率18.0%になります。 中には20.0%としている消費者金融もあります。 それに対して銀行カードローンの金利は年率4.6%〜14.6%のように最高金利は14.0%台というところが多いです。 銀行によっては13.0%台というところもあります。 このことから、 無職の専業主婦が借りるのであれば、断然銀行カードローンが有利です。 主婦が借りれる銀行カードローンには他にもメリットがあります。 銀行カードローンなら夫に内緒で借りれる 主婦、とくに専業主婦の方は夫に内緒でお金を借りたいという方が多いです。 消費者金融のカードローンだと、配偶者の同意書の提出が必要になるので夫に内緒では借りれません。 また、借りる金額によっては夫の年収を証明できる書類の提出も必要になります。 それに対して 銀行カードローンなら主婦でも本人確認書類だけで申込みができるので、夫に内緒で借りることも可能です。 多くの銀行カードローンは、主婦が申し込んでも配偶者の勤務先に在籍確認の電話を入れることはありません。 (ただし、一部の銀行では在籍確認がある場合があります。 ) また、専業主婦が申込みすると在籍確認はありませんが、本人確認の電話が自宅にかかってきます。 自宅に電話がかかってくるのは都合が悪いという場合は、連絡先を自分の携帯番号にしておきましょう。 銀行カードローンには毎月の返済額が2000円とか3000円で済むというメリットもあります。 家計をやりくりすれば無理なく返済できる金額ですね。 主婦が申し込むことができる銀行カードローンは、当サイトでも人気No1の新生銀行カードローンをはじめ、じぶん銀行、みずほ銀行などが取扱っています。 関心のある方は各銀行のホームページで貸し付け条件など詳しいことを確認してください。 専業主婦カードローンのかしこい選び方 専業主婦がお金を借りるというのは、少額でも精神的な負担を感じるものですが、必要なお金が無くて借りるしかないという時もありますね。 今はカードローンという便利なものがあって、 その他のローンよりも審査が緩いですし、申込みも簡単で、必要書類も少なくて済ます。 また、限度額の範囲内であれば何回でも借りられるという便利さもあります。 ところで、カードローンには銀行のカードローンもあれば、消費者金融のカードローンもあります。 賢く選択するにはそれぞれのプラス面もマイナス面もよく検討する必要があります。 都市銀行なら全国どこにでもありますので、利用しやすいですね。 地方銀行も地域に密着していますし、すでに口座を開設したりして取引があれば、申し込みもしやすいでしょう。 また、銀行カードローンの中には専業主婦も申し込めるカードローンがあります。 また、無利息期間付きの商品をキャンペーンで販売することもあります。 銀行のカードローンに比べると審査が緩いのも魅力ですね。 また、利用は全国のコンビニATMでもできますので、とても便利です。 ただし、この場合は手数料がかかりますので、なるべく消費者金融のATMを利用するかネットバンキングを利用したほうがいいですね。 それから、大手消費者金融の場合は、 主婦でも安定した収入があれば申込みができます。 専業主婦の場合は、お一人で申し込みができませんが、中堅以下のレディースローンなら申し込みが可能な場合があります。 専業主婦でどうしても夫に内緒でカードローン利用をしたという人は相談するのがいいと思います。 当ページでは専業主婦では消費者金融で借りる事はできないとご案内していますが、専業主婦でもお金に困っている時は仕方がありません。 「自分には収入がないから…」なんて考えても、親やどんなに仲がいい友達でもお金の相談はしにくいものですからね。 収入がないと言われている専業主婦ですが、 その労働量を年収に換算するとどのぐらいになるか知っていますか?専業主婦の働きは年収にすると 384万円〜433万円に相当するというアンケート結果もあるんです! 収入がないから配偶者に負い目を感じる専業主婦の方は多いですが、大事な時間を家族のために使っているんですから、 困った時は、ちゃんと相談をしてカードローンに申込みをしてみましょう。 実際に専業主婦で夫の同意を得て利用する人も増えています。 会社によっては審査申込み前にシミュレーションできるところもありますので、専業主婦の方はご主人と一緒に返済計画を立ててみましょう! どうしても自分一人で何とかしたいという専業主婦の方は、消費者金融ではなく銀行カードローンで審査申込みするようにしましょう。 審査が甘く、通りやすいカードローンについては下記のページに詳しく記載されていました。 審査に通らなかったときの理由や、実際にカードローンの審査に通った人の体験談も紹介されていましたので参考にしてみてください。 総量規制は年収の3分1までの金額しか借りれないという法律なので、収入がない専業主婦が個人でカードローンを利用する事ができなくなった事が理由です。 ちなみに専業主婦を含めて自己破産の申し立てをした人は2016年の裁判所の司法統計によると 約6万5千人にものぼり、2017年度には、さらに増加する可能性があるとみられています。 こうした金融業界の変化があった事で、いまでは専業主婦だけでも借りれるカードローンは一部の中小消費者金融のみになっています。 専業主婦のカードローンで借りたお金の使いみち 主婦で安定した収入がある人、専業主婦がカードローンを利用するときの申込み理由は大体が「生活費」という使い道が多いです。 食費や家賃の支払いにあてるもので、自分の娯楽のために利用する人はほとんどいませんでした。 あなたもそうかも知れないですが、専業主婦で生活費や家族のため以外の理由で借りる人は少数派です、先にもご紹介したように専業主婦の方は、自信をもってご主人に相談して申込みを検討しましょう。 ここまでで、主婦・専業主婦がどのようにカードローンを利用すればいいかお分かりいただけたかと思います。 しっかり基礎知識を整えておけば、あとはルールにそって申込みすればいいだけなので、困った時の助け舟としてカードローンを正しく活用していきましょう! 再度になりますが、専業主婦の方はご主人と相談をしたうえで申込みをしましょうね!.

次の

レディースローン

兼業 主婦 借り れる カード ローン

カードローンの審査基準 カードローンの審査基準はどの会社も公表していません。 しかしながら消費者金融の場合• 20歳(または18歳)以上であること• 安定した収入と返済能力があること と、申込基準は明らかにしています。 専業主婦の場合、2番目の「安定した収入」という条件を満たさなくなります。 原則収入がなければ借入できない つまり、申込基準に照らすと、専業主婦の場合、消費者金融では自分自身に安定した収入がないので借入できない、ということになります。 銀行は総量規制の対象外 金融会社 規制の法律 総量規制 消費者金融 貸金業法 規制を受ける 信販会社 貸金業法 規制を受ける 銀行 銀行業法 規制を受けない 総量規制は消費者金融・信販会社の融資に適用される法律で、銀行は対象外です。 専門的な話になりますが、総量規制は貸金業法の規制です。 貸金業とは消費者金融・信販会社のことです。 銀行は貸金業法ではなく銀行法での規制を受けるので、総量規制の対象外になるのです。 銀行なら専業主婦でも借りられる つまり専業主婦が借入をしたい場合は、銀行系カードローンを申し込めばよいということになります。 パートをしていて自分に収入がある兼業主婦の場合は、自分の収入内で借入が出来るので、消費者金融系カードローンに申し込むこともできます。 もちろん、収入が少なくて、希望借入額に届かない場合は、銀行系カードローンに申し込む方が、より希望借入額に近づきます。 自分より夫の方が収入が多いからです。 即日借入をしたい場合 即日借入をしたい場合は、審査がしやすいように書類を揃えておくことが大切です。 免許証だけで借りられると宣伝している会社は多いですが、無担保で融資するのですから、自分自身をできるだけ明らかにすることが大切です。 また、消費者金融の方が銀行より審査が甘いので、即日借入できる可能性が高いです。 即日借入の条件 申し込み方法は、インターネットからが一番審査が早いと各社宣伝しています。 さらに早くするためには、前もって電話審査を受けておき、そのあとインターネットで本審査を受けるとスピーディーに審査は進みます。 最短30分で審査完了、即日借入の流れになります。 ただし、30分はあくまでも最短なので、実際には1時間ほどの余裕を持って申込をした方が確実です。 また、審査可能時間帯は会社によって異なるので、前もって確認することが必要です。 審査可能時間帯の例• : 22時まで• :21時まで• :21時まで おおむね21時~22時が審査受付の最終時間です。 専業主婦の場合 必要な書類は• 顔写真の確認できる本人確認書類(運転免許証、パスポート等)• 住民票 顔写真の付いている本人確認書類がない場合(たとえば健康保険証)、あるいは現住所と本人確認書類に記載されている住所が異なる場合は• 公共料金の領収書• 納税証明書 の提出を求められることがあります。 住民票が必要な理由は、夫の収入の信用内で融資を受けるのですから、結婚していることを証明するためです。 また、夫の仕事の実態が分かりにくい場合は、夫の収入証明の提出を求められることもあります。 例えば自営業であったり、勤務先が小さい会社であったりするときです。 パートをしている兼業主婦の場合 即日融資のために必要な書類は、自分自身の収入の範囲内で融資を受ける場合、銀行系・消費者金融系どちらのカードローンでも• 顔写真の確認できる本人確認書類(運転免許証、パスポート等) です。 住民票は必須ではありません。 ただし、健康保険証など、顔写真が確認できない本人確認書類や、現住所と本人確認書類に記載されている住所が異なる場合は• 住民票• 公共料金の領収書• 納税証明書 いずれかの提出を求められます。 また、給料明細があれば収入の証明ができ、審査がよりスムーズに進みます。 パートで働いている主婦が、銀行系カードローンで夫の信用で融資を受ける場合は、前述した専業主婦と提出書類は同じです。 主婦が即日借入できる業者 専業主婦の場合は銀行系カードローンでしか借入ができません。 銀行系カードローン3選 カードローン名 金利 借入上限額 13. 消費者金融系カードローン3選 カードローン名 金利 借入上限額 4. 0%~18. 0% 800万円 レディースローンが安心 消費者金融では女性専用のローンが存在します。 ただし対象は収入がある兼業主婦のみです。 レディースローンの特徴 レディースローンではスタッフが全員女性ですので安心して申し込めます。 「夫に知られたくない」という主婦の気持ちもわかってもらえるので、増額を申し込みたいときや、返済に困ったときの相談もしやすくなっています。 審査基準も兼業主婦用にシステムが組まれているので、通常の申込よりスピーディーに審査が進みます。 レディースローン3選 カードローン名 金利 借入上限額 4. 8%~18. 0% 100万円 18. 0% 10万円 夫に知られずに借りられる? 専業主婦でカードローンを借りる場合、夫にバレる心配はないのでしょうか。 結論を言えば、申込の段階で夫にバレることはまずありません。 夫の会社に在籍確認の電話をすることはほとんどないからです。 夫の信用で借入をするのに、なぜ在籍確認の電話がない理由は、専業主婦で生活ができていること自体が収入証明と見なしているからです。 在籍確認の内容をチェック 専業主婦の在籍確認は、自分の携帯電話と自宅の固定電話に対して行われます。 携帯電話は自分しかとらないので安心ですが、自宅の固定電話の場合• 電話をかける時間帯• 個人名か会社名か(個人名だと名前、会社名だと会社名)• 男性か女性か これは打ち合わせが必要です。 万が一、夫が固定電話に出たときに慌てないようにするためです。 専業主婦が利用できるカードローンは銀行系です。 在籍確認で銀行名で名乗ってもらえば「セールスだから」と言ってごまかすことができます。 個人名だと、なぜ携帯電話にかけないのか疑われる可能性があります。 借入・返済の証拠を残さない カードを使って借入と返済をする場合、財布にカードを入れるのは危険です。 夫と一緒にいるときに、別のカードを取り出す際、カードローンのカードが見えたり、落としたりする可能性があるからです。 銀行口座振込を利用する場合は、他の生活口座や自分の小遣い口座に使っている通帳と別保管が原則です。 延滞をしない限り、銀行から夫へカードローンの事実を伝えることはありません。 夫に知られるケースはカードや通帳が見つかったときです。 夫に知られてもいい場合 カードローンを夫に知られてもよい場合は「配偶者貸付」という制度が利用できます。 同意書を書いてもらう 配偶者貸付に必要な書類が「配偶者の同意書」です。 これがあることによって、世帯として借入をすることとなり、専業主婦でも消費者金融からの借入が可能になります。 夫の収入が総量規制の対象になるからです。 住民票を用意する 配偶者貸付で消費者金融から借りる時は、銀行系カードローンと同じように必要書類に住民票が加わります。 結婚しているという証明書として審査で必要となるのです。 配偶者貸付のメリット 配偶者貸付のメリットは収入を夫婦合算して借りることができる点です。 専業主婦の場合は夫婦合算しても年収は変わりませんが、兼業主婦の場合は、自分の収入も審査対象に組み入れることができるので、より多くの融資を受けることができます。 配偶者貸付のデメリット 配偶者貸付は積極的には行われていません。 配偶者の同意書はあっても、配偶者は連帯保証人にならないからです。 連帯保証人とは、借金の支払い義務が借り手と同様にある保証人のことです。 妻が返済困難になっても夫に返済の義務はないので、貸付をするリスクが高いのです。 契約後に離婚した場合はさらに回収が困難になります。 そのため配偶者貸付は一般的ではなく、行なっているのは中小の消費者金融業者です。 他に借入がなく、夫が同意しているなら消費者金融より銀行系カードローンの方が金利が低いため、メリットが大きいと言えます。 配偶者貸付はあくまで銀行系カードローンの審査に落ちた場合の選択肢です。 まとめ 専業主婦は銀行系カードローンを利用して即日借入をすることができます。 兼業主婦なら銀行系・消費者金融系、どちらも利用することができます。 書類の不備がなく、審査可能時間内に申込みをすることが、即日融資の条件です。

次の