ダンピング 症候群 と は。 ダンピング症候群〔だんぴんぐしょうこうぐん〕|家庭の医学|時事メディカル

日本臨床外科学会

ダンピング 症候群 と は

胃切除術後の血糖値 胃を切除した患者は、あまり食事を摂取することができなくなり、血糖値は下がる。 そう思っていました。 胃を切除した患者は、摂取した糖が小腸に急速に流入、吸収されて高血糖をきたします。 それに反応してインスリンの過分泌が引き起こされます。 そのため、短期的にみると、術後の血糖値は大きく変動します。 しかし、胃切除術後、体重は減少するためにインスリン感受性は改善し、食事の摂食量自体も減少するため、長期的にみると血糖は改善していきます。 肥満外科手術という、胃の容量を小さくしたり、栄養素を吸収する小腸をバイパスさせることによって減量を得る手術があります。 高度肥満症患者の確実な減量方法として、世界中で年間約34万件以上も行われています。 日本でも2014年にスリーブ状胃切除術が保険収載され、徐々に施行数が増加しています。 肥満外科手術は、減量効果だけでなく、合併する糖尿病を劇的に改善させることが注目されています。 耐糖能が改善する機序については様々な仮説が唱えられていますが、その中の有力な説として。 インクレチン(glucagon-like peptide-1:GLP-1)の関与があります。 バイパス術後は、食物は下部小腸に流れ込みます。 下部小腸にはGLP-1分泌細胞が豊富に存在しており、GLP-1分泌が刺激され、そのためにインスリン分泌が刺激され、耐糖能が改善するというものです。 実際に、肥満外科手術後にGLP-1分泌が上昇することが多数報告されています。 同様に、胃癌術後にもGLP-1が上昇することが報告されています。 Roux-en-Y法再建術では、食物は上部小腸をバイパスし、下部小腸に流れ込み、GLP-1分泌が刺激されます。 このような機序も胃切除術後の血糖コントロール改善に寄与している可能性があると考えられます。 このような胃切除術後の患者において、食後に急峻な血糖上昇とそれに続いて急激に血糖降下する血糖変動のことをoxyhyperglycemiaと呼びます。 ダンピング症候群に含まれる。 ダンピング症候群 ダンピング症候群とは、胃の切除手術を受けた患者に現れる、食後のさまざまな全身症状と腹部症状のことです。 全身症状としては冷感、動悸、めまいなど、腹部症状としては腹鳴、腹痛、下痢などが発現します。 切除によって胃が小さくなり、食物が急速に小腸に排出されるようになることが原因で起こります。 症状が食後30分以内に現れるものを早期ダンピング、食事の2~3時間後に起こるものを後期ダンピングと呼びます。 早期ダンピングでは、胃から腸管に急激に食物が排出されることで、セロトニンやヒスタミンの過剰分泌が起こります。 患者の早期ダンピングの主な症状が、冷感・動悸・めまいといった全身症状の場合には、セロトニンやヒスタミンが原因であることが多いので、これらの遊離を少なくしたり、作用させないようにすることで改善が期待できます。 そこで抗ヒスタミン、抗セロトニン作用を持つシプロヘプタジン(ペリアクチン)などが投与されます。 ダンピング症候群2つのタイプ ダンピング症候群は、症状が表れるタイミングによって大きく2つに分かれる。 一つは、食事中から食後30分にかけて症状が表れる「早期ダンピング症候群」である。 これは、未消化で濃度の高い食物が十二指腸や小腸に急速に流入することが原因で起きる。 高濃度の食物が浸透圧で体液を奪い、神経性・体液性の過敏反応を引き起こすほか、循環血液量の減少や腸管運動の冗進、血管作動性の体液因子(セロトニン、ヒスタミン、ブラジキニン、カテコールアミンなど の過剰産生といった適応不全を生じ、前述のような症状が表れる。 胃切除患者の20~45%に見られる。 もう一つは、食後2~3時間後に症状が表れるもので、「後期ダンピング症候群」と呼ばれる。 これは大量の糖分が急速に上部小腸に流れることに対して、インスリンが過剰に分泌される結果引き起こされる低血糖症状である。 発汗や脱力感、めまいなどが生じる。 ダンピング症候群の予防 ダンピング症候群の症状を改善するには、食事指導が重要である。 食事の量を小分けにして回数を増やし、時間を掛けて取ることが望ましい。 また、味の濃い物や炭水化物の量を減らし、高蛋白質・高脂質のメニューにする。 食物繊維には、急激な血糖上昇を防いだり、食物の移動時間を遅延させるなどの働きがある。 また、十二指腸以降への食物の急激な流入を避けるため、食事中の水分摂取は控え、胃部に滞留しやすい固形食を取るのが望ましい。 食後30分程度は上体を起こさず、横になるのも有効である。 食事指導でコントロールが難しい場合には、薬物療法が追加される。 早期ダンピング症候群には、抗ヒスタミン・抗ブラジキニン作用を持つホモクロルシクリジン塩酸塩(商品名ホモクロミン他 や抗ヒスタミン・抗セロトニン作用を持つシプロヘプタジン塩酸塩(ペリアクチン他)など、体液因子を遮断する薬剤が用いられる。 いずれも保険適用外である。 687• 185• 257• 190• 251• 104• 284• 249• 128• 113• 240• 127• 177• 189• 116•

次の

ダンピング症候群の看護方法【予防にはこの食事指導が大事】

ダンピング 症候群 と は

ですが、下痢の原因がはっきりしないまま、下痢が続く人が年々増加しています。 下痢の原因の一つは胃腸が弱っている事が原因で下痢を起こす人が増えています。 下痢の原因-胃を切除した後のダンピング症候群 胃腸は日ごろの生活習慣を反映して、症状が現われやすい臓器です。 暴飲暴食、刺激の強い飲食物の摂取、栄養バランスの悪い食事、喫煙、冷えなどは、胃粘膜にダメージを与えたり、胃腸の消化吸収機能を低下させたりして、胃腸のトラブルの原因となり 下痢が続く原因に発展していきます。 胃がんの手術後の下痢 胃がんで胃を切除し、幸い胃がんへの恐れは解消されたものの、依然として 下痢が続く場合があります。 胃切除手術を受けた人の15~30%にみられる胃切除後症候群(ダンピング症候群)は、炭水化物が急速に 小腸に流入するために起こるものです。 食事中や食後の直後に症状が現れる早期ダンピング症候群と、食後2~3時間たってから 現れる後期ダンピング症候群に分けられます。 [早期ダンピング症候群] 胃を切除してしまうと、胃液の分泌量が低下し、貯留機能が失われるために、浸透圧の高い食べ物が 胃の中に入ると、胃の排出調節機構が破綻しているので、その一部はそのままあふれるように腸内に急速に排出されてしまいます。 主症状は、冷や汗、動悸、めまい、顔面紅潮、全身倦怠感、全身脱力感、全身熱感などです。 腹痛、 下痢、悪心、嘔吐などの腹部症状を訴える場合もあります。 横になると、 たいていは症状が治まります。 胃の内容物の急速な排出によって腸管からの炭水化物の吸収が増大すると、高血糖になります。 そこでインスリンが過剰分泌され、逆に低血糖になってしまうことで起こるものです。 食後2~3時間たって頭痛や倦怠感、発汗、めまい、呼吸の乱れなどが現れるもので、 多くは早期ダンピング症候群に引き続いて起こります。 低血糖が大きな原因で起こることから、 後発性低血糖症候群ともよばれています。 胃切除後症候群の治療は、食事療法を主体として、必要に応じて薬を用います。 まれにですが、再手術を行うケースもあります。 早期ダンピング症候群の場合 低糖質、高たんぱく、適度な脂肪の食事で、 なるべく水分を少なくします。 食事のとり方は、1日5~6回に分ける少量頻回食が理想とされます。 冷たい物は避けて、食後は20~30分ほど横になることも必要です。 後期ダンピング症候群の場合 1回の食事量を少なくし、ゆっくりと時間をかけてとるようにします。 症状が現れたときには、飴など少量の糖分を摂取すると治まることが多く、薬はほとんど使いません。 ただし、食事のたびに高血糖を起こしていると、糖尿病と同じように腎臓や網膜、神経などに 悪影響を与えることになるので、十分なコントロールが必要になります。 疲労感を防止するためには、糖分を含むお菓子や果物を少量、間食としてとるのもよいでしょう。 予防・日常生活の注意点・・自分のからだの状態を把握する ダンピング症候群は精神的な要素も大きく、自律神経とのかかわりも深いために、 精神面でのコントロールがとても重要になります。 胃切除後症候群では、各自に合った 対処法を工夫することが症状を軽減させるための大きなポイントです。 胃の切除手術を受けた以上、胃切除後症候群を回避するのは難しいことです。 何らかの症状は必ず現れるものだと自覚して、1日も早く、自分なりの対処法をみつけるように しましょう。 腸内環境改善が下痢改善の近道 腸内環境をしっかり整えることも体調を整えるのに大きな役割をします。 腸内環境が整うと、消化力、免疫力も上がるなど 下痢の症状を始め、ダンピング症候群を早く回復させるお手伝いをします。 がありますので、上手に利用しましょう。 「下痢の原因」の記事一覧•

次の

日本臨床外科学会

ダンピング 症候群 と は

胃の切除により胃酸分泌が減少するため、鉄の吸収が悪くなって、鉄欠乏性貧血を起こすことがあります。 鉄分を多く含む食品を食べるようにしましょう。 ビタミンCには、鉄分の吸収を助ける働きがあります。 積極的にとるようにしましょう。 鉄分は、レバー、肉類、鶏卵、魚類、大豆製品などのタンパク源、緑黄色野菜などに多く含まれています。 ビタミンCは、緑黄色野菜、その他の野菜、果物類に多く含まれています。 また、胃を全部取った方ではビタミンB 12の吸収障害により、手術後6年くらいしてから貧血が起こります。 胃が少しでも残っている方には、ほとんど起こりません。 これは食事療法では治りません。 ビタミンB 12の注射による補給が必要となりますので、医師の指示を受けてください。 4)食品について (1)お勧めの食べ物、控えたほうがよい食べ物 1. お勧めの食べ物 卵 半熟卵、温泉卵、炒り卵、スクランブルエッグ、卵豆腐、茶わん蒸し、ふわふわ卵、卵とじ煮、オムレツ、かきたま汁、プリンなど 肉 シチュー、つくね煮、蒸し鶏、肉団子スープ煮、肉団子うま煮、そぼろ煮、ロールキャベツなど 魚 煮魚、おろし煮、みそ煮、あんかけ、塩焼き、照り焼き、つけ焼き、刺身(貝類、筋のあるものは避ける)など 乳 グラタン、クリーム煮、シチュー、ババロア、牛乳ゼリーなど 豆 湯豆腐、煮奴、冷や奴、豆腐あんかけ、みそ煮、炒り豆腐、白和え、納豆、生揚げ含め煮などの豆腐料理 いも 一口大に切って料理する。 含め煮、そぼろ煮、クリーム煮、マッシュポテト、ポテトグラタン、ととろいも、さといも含め煮、スープ煮、みそ煮、みそあんかけなど 野菜 繊維を切るように下処理する。 クリーム煮、やわらか煮、あんかけ、煮浸し、みそ汁、みそ煮、おろし煮、温野菜など 果物 缶詰、りんご、コンポート、熟したバナナ、ジュース、フルーツゼリーなど 主食 全粥、おじや、軟飯、煮込みうどん、煮そうめん、ソフトパン、マカロニグラタンなど (3)間食として、とりやすい食品 朝食 10時 昼食 3時 夕食 軟飯 みそ汁 きざみ納豆 しらす干し おろし おひたし ビスケット ヨーグルト 卵サンド ポタージュ 果物 カステラ 牛乳 軟飯 あじ塩焼き レモン 含め煮 酢の物 すまし汁 トースト バター・ジャム チーズ 野菜マヨネーズ添え コンソメスープ 卵ボーロ ジュース 煮込みうどん 野菜・卵入り さといも煮 ヨーグルト マドレーヌ 牛乳 軟飯 照り焼き おろし かぶそぼろ煮 きゅうりもみ漬け みそ汁 卵おじや みそ汁 おひたし クッキー フルーツヨーグルト マカロニグラタン 温野菜 ドレッシング ジュース ハチミツサンド 牛乳 軟飯 刺身 含め煮 胡麻(ごま)よごし とろろ汁 2.大腸の手術のあと 1)食事の基本 大腸・直腸の手術により、下記の症状が生じます。 大腸からの水分の吸収が減少することにより、軟便や下痢になりやすくなります。 大腸の蠕動運動(ぜんどううんどう:消化物を排泄(はいせつ)するように送り出す運動)が障害されることで、便秘になることもあります。 直腸の手術の場合は、便の貯留機能が減少あるいは失われるため、頻便(ひんべん)傾向となります。 小腸や大腸の癒着(ゆちゃく)により、内容物の通過不良が生じ、腹部の膨満を感じたり、あるいはひどくなると腸閉塞(ちょうへいそく)となる場合があります。 人工肛門の場合は、便のにおい、色、かたさなどに過敏になりやすいなどの症状が生じる可能性があります。

次の