マックスレイド ソロ。 【ポケモン剣盾】レイドバトルの捕獲率などについて【ソロ推奨?】

ポケモン剣盾 ソロでマックスレイドのススメ(対モスノウ編)【ポケットモンスター ソード・シールド】

マックスレイド ソロ

海外のマックスレイドバトルのの捕獲率の考察動画が話題になっているので、あらためてこちらで紹介します。 ここはこうじゃないかなどのご指摘がコメントください。 捕獲率一覧 さきに動画の内容をまとめると、プレイヤーのレイドバトルのやり方と、レイドバトルのの種類によって、捕獲率のパターンが決まっているようです。 ソロプレイ オフライン• オンライン のホスト側 他の参加者を募集する• オンライン のゲスト側 他の人のレイドバトルに参加する• 通常の• プロモーションによるレイドバトル• キョックスの• プロモーションによるレイドバトル、かつキョックス 通常のの捕獲率• オフラインで他の参加者を募集しないソロプレイでは、 通常の プロモーションまたはキョックス以外 の捕獲率は100%• オンラインプレイで他の参加者を募集する「ホスト側」の捕獲率も100%• オンラインプレイで他の人のレイドバトルに参加する「ゲスト側」の捕獲率は、の種族ごとに設定してある捕獲率との性能に依存 プロモーションによるレイドバトル ここでいうプロモーションによるレイドバトルは、シーズンによって出現率の上がる、ふしぎなおくりものやプラスの連動キャンペーンなどを指すようです。 例えばキョックスカジリガメ、アーマーガアの出現率が高くなっている状態では、キョックス個体、通常個体、進化前個体の3つがプロモーション扱いになります。 ・プロモーションによるレイドバトルはソロプレイ、のホスト側、ゲスト側のすべてが、の捕獲率とボールの性能に依存します キョックスの この項は通常のキョックス プロモーションによって出現率が上がっているものでない を指します。 ソロプレイでは、キョックスのの捕獲率は100%• オンラインプレイの「ホスト側」の捕獲率は低確率 ゲスト側よりやや高い• オンラインプレイの「ゲスト側」の捕獲率は低確率 ホスト側よりやや低い プロモーションによるレイドバトルのキョックスの 動画内 シーズン1 のプロモーションによるキョックスは「、アーマーガア、カジリガメ、マルヤクデ、サダイジャ」です。 これらのはソロプレイでも捕獲率は低くなります。 ソロプレイの捕獲率は低確率 ゲスト側よりやや高い• オンラインプレイの「ホスト側」の捕獲率は低確率 ゲスト側よりやや高い• オンラインプレイの「ゲスト側」の捕獲率は低確率 ホスト側よりやや低い まとめ まとめると、 プロモーションによるキョックス「以外」のキョックスはソロプレイでの捕獲推奨です。 他のプレイヤーの参加を募集するとホスト側であっても捕獲率が著しく低下するのでご注意ください。 また他のプレイヤーのレイドバトルに参加する側 ゲスト側 であれば、捕獲率はボールの性能に依存するので、 基本的にダークボール推奨です。 マックスレイドバトルは洞窟判定があるため、ダークボールが有効とのことです。 また水タイプや虫タイプならなど、他に有効なボールがあればそちらでも大丈夫です。 動画翻訳文 私はの捕獲率に影響する4つの要因があると考えています。 CPUプレイ ソロプレイ• の種類• プロモーション キャンペーン によるレイドバトル• キョックス there are four things and impact a pokemon's catch rate playing with computer players the pokeball type promoted raids giganta max pokemon まずはCPUプレイ ソロプレイ です。 私はオフラインでCPUと100回以上のレイドバトルをしました。 バッジの数によってレイドバトルの星の数が異なるのですが、さまざまな数のバッジで試しました。 それらのはまったく問題ありません。 first of all computer players I did over 100 raids ofline wiht all computer players at various amounts of badges that are stars different points in the game I had 100 precent catch rate all the time no probrem call those pokemon 私はでバトルプロッフェサーのアリスと話をしましたが、彼らはオフラインで3人のCPUとレイドバトルをする別のテストをしていました。 そして彼らは全てのを捕まえることができました。 ウルトラボールについてよく知らない人のために説明すると、ウルトラボールはの10分の1の捕獲率のボールです。 ここには誤差の範囲が含まれるため、より多くのダメージを与えたプレイヤーの方が捕獲率が高く、少ない人は捕獲率が低いというランクシステムがあるという説の否定につながります。 私はゲスト側の3人全員が平等に扱われていると考えています。 well be the first person to see that doing only 10 tests is not a large enough of a sample size to come up with exact numbers here it's within the margin of error that may lead to debunking the theory that there's a rank system that person who did the damege has the chance to catch it the person who did the least damage has the least chance to catch it that all three guest are treated equal 私は使用するボールを変えて、同じテストをのレイドバトルで20回行いました。 ホスト側はを10回投げて、10回すべて捕獲に成功しました。 またウルトラボールでも10回すべて成功しました。 もう1台のスイッチでリセットを繰り返して同じウルトラボールを使いまわすと、ウルトラボールを使用した場合は、20回中1度も捕まえられることはできませんでした。 これはウルトラボールでを捕獲することが非常に難しいことを意味します。 そしてそれは有効でした。 そして私はレイドバトルはの種族に関係なく、ある捕獲率が設定されていると考えました。 ホスト側はウルトラボールで10回中10回捕まえることができました。 繰り返しますが。 ホスト側は捕獲率100%です。 そしてゲスト側でを使うと全て捕まえることができました。 これはレイドバトルのと野生でのHP1のの捕獲率は一致することを意味します。 もし信じられなければ、ここにウルトラボールで捕獲したがいます。 これを考慮すると全てのマックスレイドバトルでダークボールを使用するべきです。 そのが水や虫タイプであれば、を使うべきです。 the raids guests will have the pokemons actual catch rate at 1 HP with the pokeball types taken into consideration for every max battle you should be using a dusk ball unless the pokemon is a water or bug type then you should be using a net ball プロモーションによるレイドバトルとキョックスの2つは例外です。 プロモーション キャンペーン によるレイドバトルとは、インターネットに接続するか、不思議なおくりもので「ワイルドエリアニュース 」を受け取ることで適用されるものや、+による引き換えでオンラインで行われるものを指します。 プロモーションによるレイドバトルを手に入れると、レイドバトルの内容が毎月または隔月で変更される可能性があります。 またソードバージョンでは、同じようにヤクデとマルヤクデのかわりにカムカメとカジリガメが出現します。 ヤクデとマルヤクデのかわりにカムカメとカジリガメ regular and gigantamax butterfreee at 1234and 5 star rookidee at 1 star raids corvisquire at 2-star raids regular and gigantamax corviknight at 3-5-star raids shield sizzlipede at 1 star raids regular and Gmax centiscorch at 2-5 star raids sword has the same expect replace sizzlipede and centiscorch for chwtle and drednaw プロモーションによるレイドバトルは、実際の捕獲率から考えると、ホスト側もゲスト側と同様に扱われているようです。 the promoted raids will treat the host the same way it treats guests with the pokemon actual catch rate taken into consideration さて、これからキョックスの場合について話ましょう。 キョックスのレイドバトルを大規模に行いましたが、その捕獲率はプロモーションによるキョックスのレイドバトルとはまったく異なるように感じます。 、カジリガメ、サダイジャ、マルヤクデ。 now let's about giganta max pokemon done large gmax pokemon raids but I feel like the catch rate work very very differently from anything you were expecting non promoted gmax rate the ones that you find in dens right now that aren't batterfree drednaw sandaconda or sizzlipede これらの の出現率? は1%で、私は9時間かけましたが捕まえることができませんでした。 しかし次の日は5分で捕まえることができました。 3人のCPUでオンラインの参加者がいない状態であれば、どんなボールでも捕獲率は100%です。 私の話が信じられなければ、ここに私がウルトラボールで捕まえたキョックス・カイリキーがあります。 プロモーションによるキョックス 、カジリガメ、サダイジャ、マルヤクデ のレイドバトルと、あなたがホスト側となる1%のオンラインレイドバトルの仕組みはまったく同じです。 既存のの捕獲率とは異なり、キョックスの捕獲率はまったく新しいものです。 私はキョックスの捕獲率は3種類あるように感じました。 これは最も低確率で、ミューツーを捕獲するのと同じことです。 たとえばHP1のはダイブボールで捕まえる場合の捕獲率85%ですが、キョックス・をダイブボールで捕まえる場合の捕獲率は9%で、の捕獲率と同じです。 これは15回レイドバトルを行った場合、ホスト側は3回捕獲でき、ゲスト側は1回捕獲することができることを意味します。 それぞれのスイッチで私はのレイドバトルを15回行いました。 そしてそれはまさにこれらの数字と一致しました。 長い話を短くまとめるとキョックスのレイドバトルの情報は以下の図になります。 おそらくプロモーションによるレイドバトルはホスト側でもゲスト側と同じように扱われるのだと思います。 現時点でこのゲームの悪い部分は、ゲームの現在の搾取と、1%のキョックス・を見つけるのがどれほど簡単かということです。 4人のランダムなプレイヤーが同じの巣をスパムして、ソロプレイでを捕まえる方がはるかに早いです。 1人が3人のプレイヤーとレイドバトルをシェアするよりも。 これがソード・シールドのを捕獲するメタ的な情報です。 there's no point in sharing it it's actually significantly faster for four random people to the same one den and catch the pokemon solo then one person spamming it and then sharing it with three people so that's that's where we are right now as far as the meta of pokemon sword and shield and catching pokemon pokejournal.

次の

マックスレイドバトル

マックスレイド ソロ

どもども、ポケモンソードシールド発売されて3日でチャンピオンになった「 ゎぃし」です。 ザっと説明すると 今作のポケモンは特定の場所・エリア等で キョダイマックスという文字通りポケモンが大きくなって戦うことが出来るのですが、その 特定のエリア( ワイルドエリア)にて自分含め 最大4人までトレーナーを集めて マックスレイドバトルに挑戦し、その ダイマックスポケモンを倒すことが出来れば参加者全員にゲットチャンスや討伐報酬があるというものです。 レイドバトルと聞くとやはり 複数人で挑戦するもの と捉える方は多いと思います。 実際「レイド」と単語で調べてみると レイド(ゲーム)- 多人数参加型ゲームなどにおいて複数のプレイヤーが共通の敵と戦うクエスト より引用 他サイトでも大体はこのような説明です。 しかし オンライン怖い!!無理ィ!! こんな方がいらっしゃるかと思います。 僕自身も上記のようなことを思うチキンです笑 一応何度か複数人でマックスレイドバトルやってはいますが 上手くマッチングできないと感じる方が多いと思います。 てのも基本的に レア度や希少度が高いレイドバトルに人が集中してしまうので、特に低難易度のマックスレイドバトルはソロで攻略せざるを得ない場面が多いです。 仮に低難易度でも協力してくれるフレンドさんがいらっしゃる場合は、 ニンテンドー本体側でフレンドになるとそのフレンドさんの マックスレイドバトルが発見しやすくなるので参加しやすいですが、 確実に表示される訳では無いと個人的には感じています。 (体感的な話ですみません… そうなるとやはり「 ソロでマックスレイドバトル」が一番手っ取り早いですよね。 そこで沢山マックスレイドバトルやってたら報酬である「 けいけんアメ」がカンスト(999個)するくらいソロで周回しまくった 僕が感じた マックスレイドバトルをソロでやること のメリット・デメリットや 僕自身が気を付けていることをまとめてみようと思います。 少しでもソロ攻略のお役に立てれば嬉しいです。 前置きが長くなってしまいましたがご興味のある方は是非ご覧下さい。 ソロでするメリット W(ワット)が稼げる 基本的にソロで攻略するので 自力でマックスレイドバトルを発生させる必要があります。 その際レア度等に関わらず 「 2,000W」を貰うことが出来ます。 W(ワット)の使い道ですが、 ワイルドエリア内の特定の場所に立っている「 リーグスタッフ姿のNPC」に話しかけると 「 Wショップ」で買い物ができます。 ラインナップは 特殊なボール1種+技レコード数種類が日替わりで販売されています。 まず 「特殊なボール」に関しては俗に言う ガンテツボールではないのですが、ポケモンを捕まえる為に使うのは勿論、 Wからゲーム内通貨(お金)に変換できる手段でもあります。 そして 「技レコード」はマックスレイドバトルの勝利報酬でも貰えますが、強力な技が多いため万が一 Wショップで欲しい技レコードがあったとき買い溜めができるので稼ぐに越したことはないです。 先程のボール売るのと同じく 技レコードを売ってお金稼ぎもできます。 他にも ワイルドエリア内の何処かしらにランダムでいるNPCにWを渡すことでアイテムと交換できたりします。 他の人が発生させたマックスレイドバトルでは「W」は貰えないので「W稼ぎもしたい!」と言う方にはオススメです。 時間短縮が可能 単純に戦闘が長引いた場合は除きますが、下記の2点から「みんなで挑戦」よりも大幅に時間短縮が出来、次のマックスレイドバトルを探しやすいです。 他の参加者を待つ必要が無いので、すぐ始められる 「みんなで挑戦」する場合、 最大で3分ほど参加者を募集することが出来ます。 そして参加者が集まりレイドバトルが始まり、行動選択時に 1人でも行動が確定しないとターンが進みません。 その待ち時間の間はゲーム内では特に何も出来ません。 レイド参加者募集時は 「準備完了」するまでは「参加するポケモンの変更」が可能でボックス内のポケモンを確認することはできますが、 ボックス整理ができる訳でもないのでギリギリまで待つ場合はSwitchから目を離して時間を潰す必要があるかと思います。 そういった 待ち時間無くマックスレイドバトルを行えるのはソロのメリットだと思います。 戦闘アニメをカットできる こちらは設定している方に限りますが、「 戦闘アニメーションをカットする」の設定をしていると戦闘時の演出をカットすることが出来ます。 逆に 「みんなで挑戦」で1人でも参加者がいると、設定に関わらず戦闘アニメーションがカットされないのでここでも時間的な差が生まれますね。 ゲットチャンスは「モンスターボール」で大半が捕まえられる 僕自身「シンプル・イズ・ベスト」な思考なのと、お金節約の為 基本的にモンスターボールしか使用していません。 勿論マックスレイドバトルでも例外なく「モンスターボール」しか投げていませんが、 大半のポケモンはゲットに成功出来ています! それでも失敗するときも… 上記に「大半~」とあるようにやはりソロでも捕獲に失敗することはあります。 他の人に迷惑がかからない・精神衛生上楽 冒頭でも触れていますが、迷惑かけたくないな~とゲーム内でも気を遣ってしまうお優しい皆々様は特にソロでプレイすると気が楽だと思います。 ソロのデメリット マックスレイドバトルを探す手間 当然ですがマックスレイドバトルをソロでプレイするワケですので、 自分でマックスレイドバトルが発生している巣穴のところへ行く必要があります。 メリットにも書いてますが「W稼ぎ」も兼ねている方ならまだしも、Wも不要と思われている方は巣穴までの移動がただただ面倒ですよね… 味方のNPCがめちゃくちゃ残念 ソロでマックスレイドバトルをすると、避けては通れない残り3枠に入ってくる「味方NPC」ガチャ。 こちらのNPCが一部本当に残念です… マックスレイドバトルは相手のHPを一定のラインまで減らすと「シールド」なるものが発動し、このシールドを破壊しないと攻撃がほとんど通らなくなってしまいます。 シールドを最速で破壊するためには攻撃してナンボですけど、いわゆる「ハズレNPC」を引いてしまうと攻撃してくれず補助技ばかりするのでテンポが悪くなるんですよね… 終了条件を満たしてしまう 挑戦するマックスレイドバトルのポケモンや味方NPCが使用するポケモンのタイプ相性によっては、終了条件である「 4回ひんしになる」を満たしてしまって巣穴から追い出されることがあります。 味方NPCも含めて4回ひんしになるとダメなので、追い出されても(日付をまたいでいなければ)同じ巣穴から再挑戦出来ますので、根気よく挑戦し味方NPCガチャをしましょう。 再挑戦する場合、「W(ワット)」は再度もらうことが出来ない点は注意してください。 自分が気を付けていること 一通りメリット・デメリットを紹介しましたが、そこを踏まえて少しでもマックスレイドバトルを成功させるために僕自身が気を付けていることも紹介しておこうと思います。 これは「ひとりで挑戦」では勿論、「みんなで挑戦」するときでも心がけておくと快適にレイドバトルが進行すると思いますので、是非参考にしてください。 おまけに相手は常時ダイマックス状態でHPがかなり高いので、可能な限りレベルはMax100にしておきましょう。 特に今作で初登場した伝説ポケモン 「ザシアン・ザマゼンタ・ムゲンダイナ」はダイマックスポケモンに対して高威力になる技を覚えるので、ゲットできたら出来るだけレベルを上げておきましょう。 他にも流行っているポケモンはいるのですが、複数人でのマックスレイドバトルが前提だったりもするのでまた別記事でまとめてリンクを貼っておきます。 知識があれば「性格や努力値振り」厳選・持ち物で火力アップしておくと楽 こちらは理解のある方に限りますが、性格や努力値で同じポケモンでも能力が変わるのを利用して少しでもマックスレイドバトルを有利に進めれるようポケモンの種族値に合わせて 火力に補正をかけたり、持ち物を持たせて火力アップを狙うとよりテンポよくバトルが進行すると思います。 タイプ相性を確認 マックスレイドバトルでは相手ポケモンはシルエットで表示されるので分かりにくいですが、タイプは必ず表示されています。 面倒でAボタン連打する気持ちも分かりますが、 タイプに有利なポケモンや技を駆使することで成功率がグンとアップするので、出来るだけしっかり確認して挑戦するようにしましょう。 バトル開始前は出来るだけセーブしておく 上記のポケモン育成やタイプ相性を意識してレイドポケモンを倒せても、 ゲットチャンスで捕まえられない場合が必ずあると思います。 特に捕まえたい・狙っていたポケモンに逃げられるとかなり萎えると思います… そこで レイドバトルが発生している巣穴の手前でレポートを書いておきましょう。 そうすると仮にポケモンに逃げられてもリセットして同じポケモンと再戦することが出来ます。 再戦なので味方NPCが変わりまた戦う必要があるので、面倒と思う方はスルーで良いと思います。 また自分の思うところ・感じたことがあれば加筆修正いたします。 スクリーンショットも随時追加していきます。

次の

【ポケモン 剣盾】マックスレイドバトル ソロ攻略のコツ

マックスレイド ソロ

海外のマックスレイドバトルのの捕獲率の考察動画が話題になっているので、あらためてこちらで紹介します。 ここはこうじゃないかなどのご指摘がコメントください。 捕獲率一覧 さきに動画の内容をまとめると、プレイヤーのレイドバトルのやり方と、レイドバトルのの種類によって、捕獲率のパターンが決まっているようです。 ソロプレイ オフライン• オンライン のホスト側 他の参加者を募集する• オンライン のゲスト側 他の人のレイドバトルに参加する• 通常の• プロモーションによるレイドバトル• キョックスの• プロモーションによるレイドバトル、かつキョックス 通常のの捕獲率• オフラインで他の参加者を募集しないソロプレイでは、 通常の プロモーションまたはキョックス以外 の捕獲率は100%• オンラインプレイで他の参加者を募集する「ホスト側」の捕獲率も100%• オンラインプレイで他の人のレイドバトルに参加する「ゲスト側」の捕獲率は、の種族ごとに設定してある捕獲率との性能に依存 プロモーションによるレイドバトル ここでいうプロモーションによるレイドバトルは、シーズンによって出現率の上がる、ふしぎなおくりものやプラスの連動キャンペーンなどを指すようです。 例えばキョックスカジリガメ、アーマーガアの出現率が高くなっている状態では、キョックス個体、通常個体、進化前個体の3つがプロモーション扱いになります。 ・プロモーションによるレイドバトルはソロプレイ、のホスト側、ゲスト側のすべてが、の捕獲率とボールの性能に依存します キョックスの この項は通常のキョックス プロモーションによって出現率が上がっているものでない を指します。 ソロプレイでは、キョックスのの捕獲率は100%• オンラインプレイの「ホスト側」の捕獲率は低確率 ゲスト側よりやや高い• オンラインプレイの「ゲスト側」の捕獲率は低確率 ホスト側よりやや低い プロモーションによるレイドバトルのキョックスの 動画内 シーズン1 のプロモーションによるキョックスは「、アーマーガア、カジリガメ、マルヤクデ、サダイジャ」です。 これらのはソロプレイでも捕獲率は低くなります。 ソロプレイの捕獲率は低確率 ゲスト側よりやや高い• オンラインプレイの「ホスト側」の捕獲率は低確率 ゲスト側よりやや高い• オンラインプレイの「ゲスト側」の捕獲率は低確率 ホスト側よりやや低い まとめ まとめると、 プロモーションによるキョックス「以外」のキョックスはソロプレイでの捕獲推奨です。 他のプレイヤーの参加を募集するとホスト側であっても捕獲率が著しく低下するのでご注意ください。 また他のプレイヤーのレイドバトルに参加する側 ゲスト側 であれば、捕獲率はボールの性能に依存するので、 基本的にダークボール推奨です。 マックスレイドバトルは洞窟判定があるため、ダークボールが有効とのことです。 また水タイプや虫タイプならなど、他に有効なボールがあればそちらでも大丈夫です。 動画翻訳文 私はの捕獲率に影響する4つの要因があると考えています。 CPUプレイ ソロプレイ• の種類• プロモーション キャンペーン によるレイドバトル• キョックス there are four things and impact a pokemon's catch rate playing with computer players the pokeball type promoted raids giganta max pokemon まずはCPUプレイ ソロプレイ です。 私はオフラインでCPUと100回以上のレイドバトルをしました。 バッジの数によってレイドバトルの星の数が異なるのですが、さまざまな数のバッジで試しました。 それらのはまったく問題ありません。 first of all computer players I did over 100 raids ofline wiht all computer players at various amounts of badges that are stars different points in the game I had 100 precent catch rate all the time no probrem call those pokemon 私はでバトルプロッフェサーのアリスと話をしましたが、彼らはオフラインで3人のCPUとレイドバトルをする別のテストをしていました。 そして彼らは全てのを捕まえることができました。 ウルトラボールについてよく知らない人のために説明すると、ウルトラボールはの10分の1の捕獲率のボールです。 ここには誤差の範囲が含まれるため、より多くのダメージを与えたプレイヤーの方が捕獲率が高く、少ない人は捕獲率が低いというランクシステムがあるという説の否定につながります。 私はゲスト側の3人全員が平等に扱われていると考えています。 well be the first person to see that doing only 10 tests is not a large enough of a sample size to come up with exact numbers here it's within the margin of error that may lead to debunking the theory that there's a rank system that person who did the damege has the chance to catch it the person who did the least damage has the least chance to catch it that all three guest are treated equal 私は使用するボールを変えて、同じテストをのレイドバトルで20回行いました。 ホスト側はを10回投げて、10回すべて捕獲に成功しました。 またウルトラボールでも10回すべて成功しました。 もう1台のスイッチでリセットを繰り返して同じウルトラボールを使いまわすと、ウルトラボールを使用した場合は、20回中1度も捕まえられることはできませんでした。 これはウルトラボールでを捕獲することが非常に難しいことを意味します。 そしてそれは有効でした。 そして私はレイドバトルはの種族に関係なく、ある捕獲率が設定されていると考えました。 ホスト側はウルトラボールで10回中10回捕まえることができました。 繰り返しますが。 ホスト側は捕獲率100%です。 そしてゲスト側でを使うと全て捕まえることができました。 これはレイドバトルのと野生でのHP1のの捕獲率は一致することを意味します。 もし信じられなければ、ここにウルトラボールで捕獲したがいます。 これを考慮すると全てのマックスレイドバトルでダークボールを使用するべきです。 そのが水や虫タイプであれば、を使うべきです。 the raids guests will have the pokemons actual catch rate at 1 HP with the pokeball types taken into consideration for every max battle you should be using a dusk ball unless the pokemon is a water or bug type then you should be using a net ball プロモーションによるレイドバトルとキョックスの2つは例外です。 プロモーション キャンペーン によるレイドバトルとは、インターネットに接続するか、不思議なおくりもので「ワイルドエリアニュース 」を受け取ることで適用されるものや、+による引き換えでオンラインで行われるものを指します。 プロモーションによるレイドバトルを手に入れると、レイドバトルの内容が毎月または隔月で変更される可能性があります。 またソードバージョンでは、同じようにヤクデとマルヤクデのかわりにカムカメとカジリガメが出現します。 ヤクデとマルヤクデのかわりにカムカメとカジリガメ regular and gigantamax butterfreee at 1234and 5 star rookidee at 1 star raids corvisquire at 2-star raids regular and gigantamax corviknight at 3-5-star raids shield sizzlipede at 1 star raids regular and Gmax centiscorch at 2-5 star raids sword has the same expect replace sizzlipede and centiscorch for chwtle and drednaw プロモーションによるレイドバトルは、実際の捕獲率から考えると、ホスト側もゲスト側と同様に扱われているようです。 the promoted raids will treat the host the same way it treats guests with the pokemon actual catch rate taken into consideration さて、これからキョックスの場合について話ましょう。 キョックスのレイドバトルを大規模に行いましたが、その捕獲率はプロモーションによるキョックスのレイドバトルとはまったく異なるように感じます。 、カジリガメ、サダイジャ、マルヤクデ。 now let's about giganta max pokemon done large gmax pokemon raids but I feel like the catch rate work very very differently from anything you were expecting non promoted gmax rate the ones that you find in dens right now that aren't batterfree drednaw sandaconda or sizzlipede これらの の出現率? は1%で、私は9時間かけましたが捕まえることができませんでした。 しかし次の日は5分で捕まえることができました。 3人のCPUでオンラインの参加者がいない状態であれば、どんなボールでも捕獲率は100%です。 私の話が信じられなければ、ここに私がウルトラボールで捕まえたキョックス・カイリキーがあります。 プロモーションによるキョックス 、カジリガメ、サダイジャ、マルヤクデ のレイドバトルと、あなたがホスト側となる1%のオンラインレイドバトルの仕組みはまったく同じです。 既存のの捕獲率とは異なり、キョックスの捕獲率はまったく新しいものです。 私はキョックスの捕獲率は3種類あるように感じました。 これは最も低確率で、ミューツーを捕獲するのと同じことです。 たとえばHP1のはダイブボールで捕まえる場合の捕獲率85%ですが、キョックス・をダイブボールで捕まえる場合の捕獲率は9%で、の捕獲率と同じです。 これは15回レイドバトルを行った場合、ホスト側は3回捕獲でき、ゲスト側は1回捕獲することができることを意味します。 それぞれのスイッチで私はのレイドバトルを15回行いました。 そしてそれはまさにこれらの数字と一致しました。 長い話を短くまとめるとキョックスのレイドバトルの情報は以下の図になります。 おそらくプロモーションによるレイドバトルはホスト側でもゲスト側と同じように扱われるのだと思います。 現時点でこのゲームの悪い部分は、ゲームの現在の搾取と、1%のキョックス・を見つけるのがどれほど簡単かということです。 4人のランダムなプレイヤーが同じの巣をスパムして、ソロプレイでを捕まえる方がはるかに早いです。 1人が3人のプレイヤーとレイドバトルをシェアするよりも。 これがソード・シールドのを捕獲するメタ的な情報です。 there's no point in sharing it it's actually significantly faster for four random people to the same one den and catch the pokemon solo then one person spamming it and then sharing it with three people so that's that's where we are right now as far as the meta of pokemon sword and shield and catching pokemon pokejournal.

次の