航空艤装の近代化改修。 【艦これ】航空艤装の近代化改修 : シンシアさんのブログ

[無用] 2016年12月9日維修新實裝任務

航空艤装の近代化改修

上述任務困難點: 1 羅盤歪 2 需求素材沒湊齊 3 卡6-3陸航系列任務 2. 部分新任務會出現在任務欄最後一頁,提醒要接任務再開始動作。 獎品選擇請慎重,水戰可透過改修入手,PBY則是稀有兼大艇次要代替品。 遠征時間差務必注意,2個遠征任務最低限度一定需要96小時。 海月姬笑而受之,曰:「諾。 」 左右以君賤之也,掉以庫麻。 撈有頃,倚海彈其機,歌曰: 「陸航歸來乎!無朝風。 」 左右皆笑之,以告。 海月姬曰:「為之掉,比歐洲之提督。 」於是乘朝風,過其友,曰: 「沒朝風哭哭喔。 」後有頃,復彈其座機,歌曰: 「陸航歸來乎!無歐根。 」左右皆惡 之,以為貪而不知足。 遂使烏改大破艦船,使非提者不得其門而入。 於是非提油鋁盡耗, 水桶歸零,坐困愁城不復歌。 cc , 來自: 1. 173. 158.

次の

[無用] 2016年12月9日維修新實裝任務

航空艤装の近代化改修

任務情報• 任務受諾した状態で「瑞雲」4「彗星」4「流星」2を廃棄• 鋼材8500,ボーキ4000,開発資材60を所持した状態で達成 クリア報酬は選択報酬のみで• 試製甲板カタパルト1 or 新型航空兵装資材3 前提に• 「演習」で練度向上!(デイリー演習3回) 後続に• 試製甲板カタパルトの入手を強く推奨しておきます。 「瑞雲」「彗星」「流星」の準備 それぞれ開発で考えると空母を秘書艦にし• 必要なレシピを選択してください。 瑞雲は「伊勢改」「三隈改」「千代田改」等戦艦・航空巡洋艦・水母 等の初期改装で入手可能です。 開発資材・鋼材・ボーキの準備 開発資材はデイリー任務で普段から集めるのが基本。 急いで開発資材を入手したい場合、• 海峡警備行動(駆逐4他条件)• 長時間対潜警戒(軽巡1駆逐4他対潜等条件,要大成功) 辺りが効率いいです。 その他開発資材の遠征関連は以下記事を確認してください。

次の

【艦これ】航空艤装の近代化改修 : シンシアさんのブログ

航空艤装の近代化改修

全体の流れ 橘花改は「ネ式エンジン」「新型航空機設計図2」+クエスト達成が必要。 その為まずはネ式と設計図の確保。 見る限りはネ式エンジンが任務で二つ、設計図が二つ、 景雲が一つ入手できるため、焦らずとも「橘花改」「噴式景雲改」 共に入手が可能になっています。 書いてあるとおりですが ・零式水上偵察機2つ廃棄 ・「一式陸攻」と「彩雲2つ」を準備して任務達成 以上で試製景雲(艦偵型)の入手となります。 航空艤装の近代化改修 前提クエは以下記事参照。 こんな感じのを2回。 空母の改修は終わってたんでいつか育てるであろう2隻目の翔鶴さんにしました。 後は資源に余裕があるのを確認し、達成を押せばOK 潜水艦派遣作戦による航空機技術入手 遠征ID30の「潜水艦派遣作戦」、ID31「海外艦との接触」を各1回ずつ。 「潜水艦派遣作戦」2回では、クリアできなかったという報告が複数あります。 また、 遠征が帰ってくる際にクエストを受諾していないと クリアできないので注意が必要です。 此方をクリアすることでネ式エンジンの入手が可能。 残念ながら、今のところ単発任務っぽい。 各噴式航空機(ジェット機)入手方法 橘花改 前提に ・ 新機軸偵察機の開発 ・ 「演習」で他提督を圧倒せよ!(デイリー) が必要 書いて有ることそのままですが、「紫電改二」を3つ廃棄、 「新型航空機設計図」2つ「ネ式エンジン」1つを手元に準備。 この任務では「試製景雲(艦偵型)」を使用することはありません。 今後何らかの更新で使用する可能性ありですね。 気にしても仕方ないですが一応加筆 噴式景雲改 まず試製景雲(艦偵型)の入手が必要になります。 (記事上部に詳細) その後、改修工廠にて、試製景雲(艦偵型)を強化します。 不要なら少しでも安くすると良いでしょう。 どっちを先に作るべき? 噴式景雲改は「対空6」「爆装15」 橘花改は「対空12」「爆装11」 対空だけみたら橘花、爆装だけ見たら噴式景雲ですが 実際には運用方法が微妙に違ってくると考えられ、どちらを先にというものではありません。 現実的には、橘花改がクエスト達成のみで作れるのに対し噴式景雲改が ネジを要すため、橘花改を先に作ればスムーズじゃないかなと思います。 言いたいことは理解できます。 ただ、数%のものなんて100回や200回じゃでないなんて普通のことで 1提督の出るでないってのはブレにすぎないんですよね。 「これよりこれのほうがでやすい!」というように捉えれること(勘違いされやすいこと) を書かれたら自分の認識できる範囲では指摘しないといけないので。 もちろん、各提督でどう云うレシピを回すとかいうのは自由ですし、 その結果を信じる信じないも自由なんですが。 (自分も意味のあるない関係なしに似たようなことちょくちょくしてますしね。 無事入手することができました。 ありがとうございます。 まず2回目というか、潜水艦の独逸派遣ですけれど、クエ終了後に50%ついていたので、2時間遠征しましたけれど、やはり48時間遠征は必要のようです。 2時間遠征後についた達成度は80%でしたけれど・・・もう一度試してもよいのですが、この辺の最短記事はないので再度48時間遠征(景雲改用。 ネ式は1つあるんで) 一番苦労したところは、艦娘枠の問題でした。 多分このあたりは各提督さまで違うのでしょうけれど、既にサブの正規空母、特に二航戦牧場されてる方にとっては今更感マシマシw 意味もなく空母レシピ回してでたのが加賀さんだったので、加賀さんに5隻の近代化改修・・・加賀さんも破棄するんですけどねw で、本題の橘花ちゃんの性能なんですが、1-1での検証を報告します。 1-1-1で本来の先制爆撃の前の特殊効果で、レベル無印でも一撃で抹殺します。 ただ、沈んでる艦を相手にまた先制爆撃するという矛盾もあります。 (この辺は今後改善されるのかもしれません) 気になる鉄鋼消費ですが、試行は2回なので、多分多少のブレはあると思うので、参考として考えて頂ければと。 LV129翔鶴 第一スロ34機2戦で162 LV128瑞鶴 第一スロ34機2戦で176 両方とも 2戦ボスでしたので もしかして、5航戦の空母レベルによっても消費する鉄鋼の数が変わるかもしれませんね。 油、玉、ボーキとは違い、鉄鋼は東急で回復できるので、あまり気にするほどの数値だとは思いませんが、イベ時は注意が必要かもしれません。 基地での運用は足2ですし、防空用としての使い方はしないと思いませんけれど。 今後の注意事項として、演習時に5航戦のどちらかがいたら、ジェット2回攻撃を覚悟しなければいけませんね。 あくまで運用上の都合と解釈したいですが、橘花改と景雲のジェットがいたら、従来のカットインだけでは厳しくなるかもしれません。 この辺は各提督さまご留意を! 最後に愚痴をw 本当は二航戦牧場したかったのに正規空母で改装してないのが加賀さんだけだったので、ムリくり整理してクエこなしました。 母港枠拡大と一緒ならともかく、イベ終了後で満杯状態の時点でこんなクエを出すのか?最近の運営さんの動向には、少しいかがなものかと・・・思ってしまいます。 艦これのよかったところがどんどん封殺されていって、中間層が遊べなくなりつつあるのが危惧されます。 (ランカーネ式を持ってる時点で中間層とはいえないかもしれませんが) 鉄鋼消費に関してはあくまで目安だと考え下さい。 その点についてのコメントがなかったので、記載させて頂きました。 空母クエに関しては、ウィークリーでのカレクル、オリョクルがオススメ。 ガチなら5-4での龍ちゃん狙い。 急がないのであれば、2-2、1-5あたりが狙い目かもしれません。 次イベまでは、絶対必要という装備ではありませんけど、欲しいですよねw そのあたりは各提督さんの考え方でいいと思います。 先日ようやく橘花を回収しました。 潜水艦系の任務は早々にクリアしていたのに出なくて、wikiも上流が多すぎてイマイチ遡れずというところで苦しんでました。 景雲任務のための新編航空戦隊系がまだでそのための機種転換と航空艤装試作がまだでそのための艦戦隊の再編成がまだで小沢艦隊もまだでそのための水上反撃部隊がまだでというのが原因でした・・・ 面倒な霞旗艦2-5任務の水上反撃部隊任務に手を付けたことがなく、一方でてっきり小沢艦隊はおわったものと思い込んでいたためにこのようなことになっておりました。 小沢艦隊の面々は主力なのでまさかこいつらが要る任務をやってないことはないだろうと。 原因がわからなくて手あたり次第任務を消化していった結果日刊~単発まで合計最大8頁までたまってた任務表が今や2頁とすっきりしましたがため込むもんじゃないですね・・・ ちょうどTwitter上で話題に上がって報告を D20 潜水艦派遣作戦による航空機技術入手の達成条件は 「潜水艦派遣作戦」を5回、ただし、D5 第一次潜水艦派遣作戦、D6 第二次潜水艦派遣作戦、D7 潜水艦派遣作戦による技術入手の継続!、の分は重複する のようです。 open2ch. 定期任務・EOリンク• 【侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦】• 第一海域• 第二海域• 第三海域• 第四海域• 第五海域• 第六海域• 第七海域• 掘り1 E11 E12 E21• 掘り2 E42• 【最近の更新】• II 実装• 【各海域紹介リンク(二期)】 EO海域と鎮守府海域・5-2から先は個別記事のほうが充実しています。 【マンスリー任務リンク()】 【クォータリー任務リンク()】 【戦果任務】.

次の