方位 磁石 見方。 方位記号とは[偏角について]

方位記号とは[偏角について]

方位 磁石 見方

方位と方災 関連項目 九星の基本(相生・相剋) 祐気取り 時刻の九星(時間の調べ方) 方災 方災とは、凶方位を犯すことで被る災禍を言います。 旅行などは、季節や週末や祭日を利用して出かける。 転居は、暮らしてみたい環境などを重視か、転勤はほぼ強制的、ほか何らかの事情があって引っ越す。 どちらも吉方へ出掛けたり・転居を行っていれば、運勢の波風はあろうと基本的には物事が順調に運ぶはずです。 逆に、凶方位へ出掛けたり・転居など行っていれば、順調に思えても自ら災いを招いたり、突然の災難・災禍に見舞われやすい。 特に、五黄殺方位は、五黄土星の象意として自ら壊す、つまり癌など罹患しやすいので要注意です。 方位とは、自分の住んでいる場所から、東・西・南・北などの12方位をさします。 例えば、 東京から、北海道は北・東北にまたがり、関西は西方位、四国・九州の南部は南西になり、 自宅を中心にしてより詳しく方角の確認を必要とします。 地図と方位の基本的な見方 北海道(札幌軸) 関 東(東京軸) 関 西(大阪軸) 九 州(博多軸) 方位は、自分の住んでいる場所により、東北・東・東南・南・南西・西・西北・北の各方位に該当する範囲が異なります。 ・東・西・南・北の範囲は、中心線から左右15度(計30度)、 ・東北・東南・南西・西北の範囲は、中心線より左右30度(計60度)になります。 ・十二支の12方位の範囲は、30度になります。 例えば、 北は、子の方位で30度。 地図上に九星盤を重ねて方位をみますが、地図と九星盤の方位の向きに注意。 毎年変わる九星により各方角に回座する九星も異なり、毎年の吉・凶方位も変化します。 九星盤の見方は、地図に当てはめる時は上下を逆さにしてみます。 九星盤は、通常 上:南 ・ 下:南 地図上では、 上:北 ・ 下:南 真北と磁北の違い 真北と磁北と偏角 地図に表す「北」の向きには、「真北」、「方眼北」、「磁北」の3種類があります。 真北は、地軸上の北を「真北」。 地理学などで使う北の向きで、2万5千分1地形図など経緯度で区切られた地図は「真北」を上にしている。 磁北は、方位磁石が示す北の向きで、場所により異なる。 偏角は、地域により「偏角」の差は違ってきます。 方位を確認する上で「方位線か正方位線」を引きますが、実際にに用いる北は「磁北」になります。 各都道府県の凡その西偏角の一覧 気と方災 気が付くまでの日数 気 ・気そのものには、吉凶の別なく、相生・相剋や吉神・凶神の象意が現れる。 ・気は、良くも悪しくも「45日」で付くと云われています。 ・吉方位へ転居等を行った時は、最初の45日間は必ず23時迄に帰宅します。 ・吉方位へ転居した時は、最初の45日間は外泊や旅行なども避けます。 ・転居の場合は、約半年間は、23時迄の帰宅と外泊は慎んだほう良い。 ・良い気を得るには、相生の方位を活用します。 45日 方災が及ぶされる期間(年限) 方 災 方災とは、凶方位を用いたことから起こる災禍をいいます。 ・年や月の五黄殺・暗剣殺・破れ(歳破・月破)を用いたあとに必ずでる災いです。 ・相剋の方位を用いても出てきます。 ・定位対中の方位も出てきます。 但し、用いる・用いないの見解があります。 具体的には ・転居や海外旅行が、気の影響を受けやすい。 ・災禍は、仕事・事故・病気・様々なトラブルなど多種多様です。 ・五黄殺方位を用いると、五黄土星の象意から癌になるケースが多いようです。 ・暗剣殺方位を用いると、他動的な事故や事件に巻き込まれるケースが多い。 方位 : 期間 年の凶方 : 50 年 月の凶方 : 5 年 日の凶方 : 50 日.

次の

方位磁石の見方と使い方、これで山登りの楽しみが倍増!

方位 磁石 見方

風水を取り入れた部屋にするためには方角の見方を知ることが重要 「自分の運気をアップさせたい!」と思ったときに手っ取り早いのが、風水を取り入れることです。 特にインテリアで運気を上げたいと考える場合、インテリア風水を取り入れると、よりよい運気を呼び寄せる部屋作りに役立ちます。 風水インテリアを部屋に取り入れる際には、方角に注意しなければなりません。 風水は方角を重視したものでありますが、その方角は一般的な方角とは異なります。 例えば風水で「北側の部屋」というような場合には、「北の方に部屋があるからこの部屋は北の部屋」と思いがちですね。 風水的には明確にどの部屋が北側の部屋なのかが決まっているのです。 方角の見方を知らないと、誤った診断をしてしまっている場合があります。 なぜなら、その家の中心からみて方角を決めるからです。 家の中心はなるべく曖昧に決めないほうがいいでしょう。 持ち家であれば家を建てた時の間取り図、賃貸なら部屋を借りた時のを使って家の中心を調べます。 間取り図は方角を決めるときにも使うので、ぜひ用意しましょう。 どうしても間取り図が用意できない場合、部屋の畳数がわかればざっくり手書きしてもいいですね。 まず、間取り図でほぼ長方形になっている家の角の対角線を結んでいきます。 対角線が重なった場所こそ、家の中心です。 家の中心が分かったら、方位磁石をもってその中心に立ちます。 家の中心に立つと、方位磁石は真東・真西・真南・真北を示しているはずなので、それを間取り図に記入します。 東西南北が分かれば、間取り図上で方角を決定していきます。 風水的に方角というのは、八方位に分けられます。 東西南北と合わせて、北東・北西・南東・南西です。 一般的な方角であれば、この八方位は同じ角度ずつに分けられるところですが、風水では違います。 実は風水では、真東・真西・真南・真北が30度で、それ以外は60度ずつと決まっています。 なので、間取り図にその線を引き、どの部屋がどの方角なのかを決めるのです。 方角によってそれぞれ意味が異なるので、見方と意味を知っていれば、参考書などを参考にしなくても、風水に基づいた部屋作りをしやすくなります。 各方位の意味を簡単に解説します。 方位の意味:北 まず、北方向の部屋は基本的に、仕事運や恋愛運がアップするのに最適とされています。 仕事運があがると、金運アップにもつながるので、金運を高めたい方は北側を大切にするべし、ともされているほどです。 北側は太陽の日差しが当たりにくいので、暗いイメージをもたれがちではありますが、財産を保管するのに最適ともされています。 金庫や通帳、印鑑など財産を管理するものを北側の部屋で行うと良いです。 方位の意味:北東 北東はいわゆる「鬼門」と呼ばれる方位です。 鬼門というと良くないイメージがありますが、清浄を保つように心がければ問題ありません。 家の中心からみて北東の方角が汚いと、家に問題が起こる可能性が高くなります。 水回りがある場合は常に清潔に。 三角コーナーや排水溝のゴミは毎日キレイにした方がいいです。 ゴミなどを置いている場合は場所を変えましょう。 方位の意味:東 次に、東方向の部屋はパワーの源になる部屋であると言われています。 これは、太陽が昇るのを一心に受ける部屋だからです。 家族の元気や子供の成長を願っているときこそ、大切にしたい方角であるともいわれています。 また、情報をたくさん取り込んでくれる部屋でもあると言われています。 東側の部屋にはテレビや電話、パソコンなどの電子機器を置くのも良いですね。 方位の意味:南東 南東は「縁」や「人間関係」に関係が深い方位。 玄関が南東にあれば大吉の家で、栄えることほぼ間違いなしと言ってもいいくらいです。 また、お嫁に行く前の女性の部屋が南東にあるとラッキーですね。 幸せな結婚ができる可能性大です。 方位の意味:南 南方向の部屋は、人間関係をとにかく高めてくれる元気な部屋であるといわれています。 南向きの部屋は太陽が通る部屋なので、一日を通しても明るいですね。 そのおかげで、パワーを一番集めやすい部屋であるといわれています。 南方向の部屋を大切にすると、良縁に恵まれます。 また、自分のことを社会的に認めて欲しい場合や、綺麗になりたい場合なども、南側を大切にすると良いです。 さらに、南側は悪縁を断ち切ってくれるともいわれています。 これまで人間関係に悩んできた方こそ、南側の部屋を大切にした方が良いです。 ただし、南側の部屋は生活が派手になるリスクも抱えています。 常に明るくすることも大切ですが、落ち着いた色合いにするのも必要です。 方位の意味:南西 鬼門である北東の反対の方位が南西の方位です。 いわゆる「裏鬼門」と呼ばれますが、北東同様おどろおどろしいイメージとは裏腹に、家庭を表す方位です。 母なる大地を表すとされ、土を使ったアイテム(例えば陶器)などを品よくあしらうと、家庭の結束が深まります。 方位の意味:西 西側の部屋は金運に大きな影響を与える部屋です。 西側の部屋が大切にされていないと、金運に逃げられるようになってしまいます。 お金が入ってきてもすぐに出て行ってしまい、中々お金に好かれない人生になってしまいます。 金運・財運をアップさせるためにも、西側の部屋は綺麗にするのを心がけ、金運のアップするような色を取り入れるのがおすすめです。 特に高級感のあるような部屋作りにすると、金運をよりアップさせられます。 ただし、西側は西日を浴びる部屋でもあります。 沈む太陽の西日はあまり良くないので、西日が入らないように西側の部屋の西側には窓をつけないことや、カーテンをつけるなどして、工夫をするのがおすすめです。 方位の意味:北西 北西の方位は「品位」「ハイグレード」を表します。 高価なジュエリーや時計は北西に保管すると、方位から得られる運気も高まります。 逆に水回りがある場合はあまり良くないので、常にきれいにしておくことが大事です。 正確に方位を測って部屋を整える 風水の方角の見方によって、部屋の整え方も異なります。 方位に合わせたインテリアや対策も大事ですが、基本的に部屋をキレイにすることが運気をアップすることにつながります。 また、方角の見方が間違っていると、中々運気をあげることができないかもしれません。 間取り図を使ってより正確な方位を見ることをオススメします。 楽しみながら家の方位を見てみましょう。

次の

方位と方災

方位 磁石 見方

風水を取り入れた部屋にするためには方角の見方を知ることが重要 「自分の運気をアップさせたい!」と思ったときに手っ取り早いのが、風水を取り入れることです。 特にインテリアで運気を上げたいと考える場合、インテリア風水を取り入れると、よりよい運気を呼び寄せる部屋作りに役立ちます。 風水インテリアを部屋に取り入れる際には、方角に注意しなければなりません。 風水は方角を重視したものでありますが、その方角は一般的な方角とは異なります。 例えば風水で「北側の部屋」というような場合には、「北の方に部屋があるからこの部屋は北の部屋」と思いがちですね。 風水的には明確にどの部屋が北側の部屋なのかが決まっているのです。 方角の見方を知らないと、誤った診断をしてしまっている場合があります。 なぜなら、その家の中心からみて方角を決めるからです。 家の中心はなるべく曖昧に決めないほうがいいでしょう。 持ち家であれば家を建てた時の間取り図、賃貸なら部屋を借りた時のを使って家の中心を調べます。 間取り図は方角を決めるときにも使うので、ぜひ用意しましょう。 どうしても間取り図が用意できない場合、部屋の畳数がわかればざっくり手書きしてもいいですね。 まず、間取り図でほぼ長方形になっている家の角の対角線を結んでいきます。 対角線が重なった場所こそ、家の中心です。 家の中心が分かったら、方位磁石をもってその中心に立ちます。 家の中心に立つと、方位磁石は真東・真西・真南・真北を示しているはずなので、それを間取り図に記入します。 東西南北が分かれば、間取り図上で方角を決定していきます。 風水的に方角というのは、八方位に分けられます。 東西南北と合わせて、北東・北西・南東・南西です。 一般的な方角であれば、この八方位は同じ角度ずつに分けられるところですが、風水では違います。 実は風水では、真東・真西・真南・真北が30度で、それ以外は60度ずつと決まっています。 なので、間取り図にその線を引き、どの部屋がどの方角なのかを決めるのです。 方角によってそれぞれ意味が異なるので、見方と意味を知っていれば、参考書などを参考にしなくても、風水に基づいた部屋作りをしやすくなります。 各方位の意味を簡単に解説します。 方位の意味:北 まず、北方向の部屋は基本的に、仕事運や恋愛運がアップするのに最適とされています。 仕事運があがると、金運アップにもつながるので、金運を高めたい方は北側を大切にするべし、ともされているほどです。 北側は太陽の日差しが当たりにくいので、暗いイメージをもたれがちではありますが、財産を保管するのに最適ともされています。 金庫や通帳、印鑑など財産を管理するものを北側の部屋で行うと良いです。 方位の意味:北東 北東はいわゆる「鬼門」と呼ばれる方位です。 鬼門というと良くないイメージがありますが、清浄を保つように心がければ問題ありません。 家の中心からみて北東の方角が汚いと、家に問題が起こる可能性が高くなります。 水回りがある場合は常に清潔に。 三角コーナーや排水溝のゴミは毎日キレイにした方がいいです。 ゴミなどを置いている場合は場所を変えましょう。 方位の意味:東 次に、東方向の部屋はパワーの源になる部屋であると言われています。 これは、太陽が昇るのを一心に受ける部屋だからです。 家族の元気や子供の成長を願っているときこそ、大切にしたい方角であるともいわれています。 また、情報をたくさん取り込んでくれる部屋でもあると言われています。 東側の部屋にはテレビや電話、パソコンなどの電子機器を置くのも良いですね。 方位の意味:南東 南東は「縁」や「人間関係」に関係が深い方位。 玄関が南東にあれば大吉の家で、栄えることほぼ間違いなしと言ってもいいくらいです。 また、お嫁に行く前の女性の部屋が南東にあるとラッキーですね。 幸せな結婚ができる可能性大です。 方位の意味:南 南方向の部屋は、人間関係をとにかく高めてくれる元気な部屋であるといわれています。 南向きの部屋は太陽が通る部屋なので、一日を通しても明るいですね。 そのおかげで、パワーを一番集めやすい部屋であるといわれています。 南方向の部屋を大切にすると、良縁に恵まれます。 また、自分のことを社会的に認めて欲しい場合や、綺麗になりたい場合なども、南側を大切にすると良いです。 さらに、南側は悪縁を断ち切ってくれるともいわれています。 これまで人間関係に悩んできた方こそ、南側の部屋を大切にした方が良いです。 ただし、南側の部屋は生活が派手になるリスクも抱えています。 常に明るくすることも大切ですが、落ち着いた色合いにするのも必要です。 方位の意味:南西 鬼門である北東の反対の方位が南西の方位です。 いわゆる「裏鬼門」と呼ばれますが、北東同様おどろおどろしいイメージとは裏腹に、家庭を表す方位です。 母なる大地を表すとされ、土を使ったアイテム(例えば陶器)などを品よくあしらうと、家庭の結束が深まります。 方位の意味:西 西側の部屋は金運に大きな影響を与える部屋です。 西側の部屋が大切にされていないと、金運に逃げられるようになってしまいます。 お金が入ってきてもすぐに出て行ってしまい、中々お金に好かれない人生になってしまいます。 金運・財運をアップさせるためにも、西側の部屋は綺麗にするのを心がけ、金運のアップするような色を取り入れるのがおすすめです。 特に高級感のあるような部屋作りにすると、金運をよりアップさせられます。 ただし、西側は西日を浴びる部屋でもあります。 沈む太陽の西日はあまり良くないので、西日が入らないように西側の部屋の西側には窓をつけないことや、カーテンをつけるなどして、工夫をするのがおすすめです。 方位の意味:北西 北西の方位は「品位」「ハイグレード」を表します。 高価なジュエリーや時計は北西に保管すると、方位から得られる運気も高まります。 逆に水回りがある場合はあまり良くないので、常にきれいにしておくことが大事です。 正確に方位を測って部屋を整える 風水の方角の見方によって、部屋の整え方も異なります。 方位に合わせたインテリアや対策も大事ですが、基本的に部屋をキレイにすることが運気をアップすることにつながります。 また、方角の見方が間違っていると、中々運気をあげることができないかもしれません。 間取り図を使ってより正確な方位を見ることをオススメします。 楽しみながら家の方位を見てみましょう。

次の