川越 ホテル 事件。 広田堅固顔画像有!デリ嬢?藤井正美さんにEDを侮辱されたからか? | 今!読みましょう

ホテルでの集団自殺

川越 ホテル 事件

19日、埼玉県川越市内のホテルで34歳の女性が死亡しているのが見つかった事件で、警察は52歳の男を殺人の疑いで逮捕しました。 殺人の疑いで逮捕されたのは、 埼玉県坂戸市の職業不詳・廣田堅固容疑者(52)です。 警察によりますと、廣田容疑者は19日、 川越市のホテルの一室で市内に住む藤井正美さん(34)を殺害した疑いが持たれています。 藤井さんはホテルのベッドの上で全裸で倒れて死亡していて、 死因はひものような物で首を絞められたことによる窒息死でした。 事件当日、廣田容疑者と藤井さんは一緒にホテルに入り、その後、廣田容疑者が1人でホテルを出ていたということです。 廣田容疑者は容疑を認め、 「態度が気に入らなかった」などと話していて、警察はさらに動機や経緯を詳しく調べる方針です。 驚くことに広田堅固容疑者と藤井正美さんは 当日知り合ったばかりの初対面だったそうです。 広田堅固が藤井正美さんを殺害に及んだ犯行動機は? 警察の取り調べに対し、広田堅固容疑者は 「女性の態度が許せなかったので殺した」と供述していますが、殺害するほどの態度の悪さとはどのようなものだったのでしょうか? 100歩譲って、ものすごく態度が悪かったとしても殺害するといのうは異常ですね。 広田堅固容疑者の異常性が伺えます。 広田堅固と藤井正美さんの関係は? 広田堅固容疑者と藤井正美さんは当日知り合ったばかりということでした。 初対面でホテルに行く関係で考えられることの一つとしては、出会い系が考えられます。 また、繁華街が近いのでデリバリーヘルスといったそのようなサービスで出会ったとも考えられます。 テレクラで出会ったという情報もツイッターであがっていました。

次の

広田堅固容疑者の顔画像を特定か?藤井正美さんに本番行為の強要を拒否され殺害か

川越 ホテル 事件

川越市のラブホテルでの殺人事件で逮捕された広田堅固容疑者の顔画像、家族の調査を行いました。 また、藤井正美さんとの関係や、殺害されたホテル名なども調査しています。 スポンサーリンク 事件の概要 埼玉県川越市のラブホテルで女性の遺体が見つかった事件で広田堅固容疑者が逮捕されました。 逮捕容疑は、19日正午~午後2時ごろ、川越市脇田本町のラブホテル室内で、藤井さんの首を絞めて殺した疑い。 県警によると、広田容疑者は19日正午ごろ、藤井さんと共に入室。 午後2時すぎ、1人で退室する際、「女が休んでいる」と従業員に話して立ち去ったという。 藤井さんが退室しないのを不審に思った従業員が午後6時20分ごろ、部屋に入り、倒れているのを見つけた。 首に絞めた痕があり、死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息死と判明。 2人は事件当日知り合ったとみられる。 防犯カメラの映像などから広田容疑者が浮上。 20日午後4時ごろ、東武東上線北坂戸駅(坂戸市)付近で、捜査員が発見し、任意で事情を聴いていた。 引用; では、この容疑者の顔画像が公開されましたのでお伝えします。 容疑者の顔画像 出典; 警察署から移送されるところですが、堂々としていてふてぶてしい印象ですね。 スポンサーリンク 容疑者のプロフィール、家族は 名前: 広田堅固(ひろた けんご) 年齢:52歳 住所:埼玉県坂戸市溝端町 職業:不詳 フェイスブック、インスタなど調査しましたが、本人の特定には至りませんでした。 また、家族の調査もしましたが、既婚者か未婚なのかも特定には至っていません。 既婚者であれば、子どももいる可能性も高く、年齢的に20歳前後と予測され、さん、子どもにとっては なんとも恥ずかしい父親になり、気の毒ですね。 新たな情報が入り次第、追記していく予定です。 犯行現場はセイント2 犯行現場は川越市のラブホテルです。 グーグルマップのストリートビューでは 部屋の様子は、ホームページから。 出典;カップルズ 現在は画像などは見ることができません。 藤井正美さんはデリヘル嬢か? 事件当時から噂されていたことが、真実であったようです。 出典;FNN 初対面だった。 遺体が発見されたときは 全裸であったことから、2人の関係は ・出会い系サイトで知り合った ・派遣型デリヘル嬢とお客 のいずれかと思われます。 初めて会ったとあるので、交際していた訳ではなく、 お金と身体の関係であったことが明らかに。 亡くなった藤井さんには気の毒ですが、このような危険な目に遭うことも考え、安易に体でお金を稼いできたことで自己責任が問われそうですね。 もちろん、殺害する広田容疑者が最も悪いのですが。 スポンサーリンク 藤井さんに何を言われたのか? 広田容疑者は「 女性の態度が許せなかったので殺した」と供述しています。 殺意を覚えるほどの女性の態度とはどのようなものでしょうか? 広田容疑者は52歳、 藤井正美さんは34歳です。 広田容疑者は客で、藤井さんはお金をもらい、性的サービスをする。 考察すると (1)本番行為の要求し、拒絶 (2)お金のことでトラブル(延長、本番の有無) (3)広田容疑者が勃起不全で侮辱された いろいろ考えられますが、広田容疑者の顔画像をもう一度ご覧ください。 堂々としているこの容疑者。 おそらく、遊び慣れていて、(1)や(2)の理由で殺害などするでしょうか? 年齢から考え、老化のため、モノが使いものにならず、若い女性に馬鹿にされ、かっとなって殺害した可能性が高いように思えます。 勃起不全(ED と呼ばれるもので、 EDに悩む人は、加齢に伴い増加傾向にある。 藤井容疑者は52歳なので36%のゾーンにいます。 「私とセックスしたいと呼んでおいて、役にたたないのなんて、話にならないわよ。 本番できなかったのはそっちのせいでしょ!(大笑い)」 断定はできませんが、 男性が殺害を覚えるほどの動機としては十分ではないでしょうか? ネットの反応 埼玉県坂戸市溝端町 職業不詳 広田堅固容疑者 52 コトが終わってから無職だからお金が払えないってもめたのかな? それとも「デブ」「ブサイク」って被害者に罵られたのかな? ラブホテルで女性殺害容疑、事件当日知り合った男を逮捕 — セムヤザ END殺処分JAPAN them67 逮捕された男性は「広田堅固」硬い感じの名前だけど うっかり 「あら、思ったよりも やわらかいのね」とか・・・。 — かるボーン 8m94MyM3dJD25CN 別の記事 加害者の人権が、被害者の人権より守られない世の中になってほしいとつくづく思います🙏 亡くなられた方のご冥福をお祈りします。 — awanokana awanokana 埼玉県川越市の で さん 34 がベッドの上で死亡しているのが見つかった事件で職業不詳、 容疑者 52 =埼玉県坂戸市溝端町=を殺人の疑いで逮捕。 容疑を認めている。 残念ながら、このような性サービスがなくならない限り、防ぎようなない犯罪のような気がします。 派遣型ではなく、店舗型でないと誰も助けてはくれません。 店舗型でも助けにくいですが、男性の方にも店のスタッフがいるので下手なことはやりにくいですよね。 亡くなった藤井さんのご冥福をお祈り申し上げます。 スポンサーリンク.

次の

藤井正美さんの顔画像やフェイスブック!風俗嬢?広田堅固セイント2殺害事件

川越 ホテル 事件

事件の概要 [ ] バラバラ殺人 [ ] 1954年、(現在のの一部)で、19歳の女性が殺害された。 19歳女性は手拭いで絞め殺された後、加害者から身体を切断され、肉片や手足を一夜のうちに畑や肥溜めなど殺害現場周辺のさまざまな場所にばら撒かれるという常軌を逸した行為を受けた。 同年のにはとしてF(当時29歳)を殺人及び、死体損壊・遺棄容疑で逮捕した。 Fの供述によれば被害者とは面識は無く、自分が探していた女性と誤認して殺害したというものであった。 供述によればバラバラにしたのは平素のうっ憤が爆発したためであると主張しており、まず女としての価値を無くすために、持っていたボンナイフで下腹部と乳房を切り取ったうえ、歩けないようにするために足を切断したという。 そして逃走の最中に肉片をばら撒いたというものであった。 事件の背景 [ ] その女性(以下A子、出会った当時は19歳)とは頃、Fの地元の(現在の)のダンスホールで出会った。 A子の優しさゆえの親交をFは自分に対して好意を持っていると勘違いした。 そのためA子の両親に結婚を前提にした交際を申し入れた。 しかしFは地元では職業を転々として定職につかず窃盗の前科がありにいたことが知れ渡っていた。 そのためA子の両親は「定職がなければ認める訳にはいかない」と婉曲的に断っていた。 しかしFは定職に就けば交際を許してもらえると都合よく解釈し上京した。 しかし生来の性分のためか仕事は長続きせず職を転々とし、1年後のに再びA子の両親の前に現れたが、そのような状況ではFの申し出を許すはずも無かった。 そのためA子の両親は結婚は無理だと断り、A子を埼玉県に住む姉のもとに避難させた。 またA子もFに対してうんざりしていた。 しかしFはA子が自分に対して好意を持っているはずだと自惚れており、今日で言われると化し埼玉県に行った。 A子の姉の元を尋ねたがA子の居場所を教えられるはずもなかった。 しかし代わりに映画館での職を斡旋されたため、Fは映画館に住み込みで真面目に働いていたが、暇を見つけてはA子を探しに埼玉県内を歩く日々を続けた。 一方のA子は、Fから逃げるように埼玉県からまで職や住居を転々としていた。 こうして1年が過ぎた時にFは「A子探しの旅に出る」といって映画館を飛び出した。 それはバラバラ殺人事件を起こす4日前のことだった。 そして、暗がりの路上で村の青年団の行事から帰宅途中の白いに黒いを着用した無関係の女性をA子と誤認して凶行に及んだ。 法廷内の傷害事件 [ ] Fはで人違いで殺人を犯したことに気付いたが、それでもなおA子に会いたいと思っていたという。 結局A子と対面したのは彼女が証人として呼ばれた一審のであった。 彼女はFとの関係を全面的に否定した。 一審の浦和地方裁判所(現在の)は、Fに対しを言い渡した。 をしていた側は刑が軽すぎるとしたが、Fも愛しているための事件であるのに無期でも重いなどと主張し控訴した。 控訴審の最終尋問がに開かれたがFは法廷でさらなる事件を引き起こした。 再び検察側証人として出廷したA子は「Fは勝手に私のことをと思っているだけで、私には関係ない」と断言した。 この証言を聞いていたFは激怒し、証言台から引き下がろうとしていたA子の胸を、被告人席から隠し持っていた竹べら(前もって房内にあったハエたたきの柄を折って作っていた)で刺した。 A子は全治2週間の傷を負った。 法曹関係者は「法廷内における証人の保護」について協議する事態となった。 死刑執行まで [ ] このFが引き起こした法廷内の傷害事件がその後の判決に影響したかについては明らかでないが、最終弁論の10日後に開かれたの控訴審判決では一審判決が破棄され、逆転死刑の判決が言い渡された。 もにをし死刑が確定した。 結局Fは(当時に死刑施設がなかったための措置)に送致されに死刑が執行された。 34歳であった。 Fは、中も同囚の者やに人違いで殺害した女性の遺体をバラバラにした際の残虐行為を「A子を愛するが故にしたことだ」などと周囲の者が辟易するのもお構いなく自慢げに繰り返し話していた。 また自分がの立場に追いやられ憎いはずのA子について、いかに素晴らしい女性であったかを語っていたという。 参考文献 [ ]• 村野薫「増補・改訂版 戦後死刑囚列伝」.

次の