楽天 証券 いち に ち 定額 コース。 楽天証券、いちにち定額コースの手数料を値下げ。10万円まで取引が無料

現物取引手数料

楽天 証券 いち に ち 定額 コース

こんにちは、ピムリコです。 \/ 今日は、ピムリコがメインで使っている証券会社の楽天証券の取引手数料について書きたいと思います。 僕は、今まで、正直取引手数料はほとんど気にせずにトレードしてきました。 それはなぜかというと、 日ごとにどのくらいのトレードをするかというのがまちまちだったので、一回の約定ごとに手数料がかかるコースのままずっとトレードしていたからです。 しかも、ピムリコの場合20万円くらいの小額から始めていたので、信用口座もありませんし、差金決済にも引っかかるので、そこまで頻繁にいろんな銘柄を売り買いするというのをしなかったので手数料に関しては気にせずにいました。 しかし! 先日、ふと楽天証券のホームページで手数料を調べてみたら、 だいぶ無駄に手数料を払っているではありませんか! 自分の情弱さ、そして、お金の管理のずさんさに泣けてきたほどでした... 今回、そんな経験を踏まえて、どんなケースだとどのコースがお得なのかというのを詳しく見ていきたいと思います。 もくじ• ピムリコは、このうちの「ワンショットコース」でずっと取引していました。 そして、このワンショットコースは、調べたらなんの利点もないコースでした。 苦笑 株を始めたときには、このワンショットコースが無難だったはずなんですが、いつの間にか全くメリットのないコースに成り果てていました。 (おそらく超割コースといちにち定額コースの値下げの影響) ワンショットコース現物取引手数料 約定金額 手数料 10万円まで 139円 150円 20万円まで 185円 199円 50万円まで 341円 368円 100万円まで 609円 657円 150万円まで 728円 786円 3,000万円まで 1,152円 1,244円 3,000万円超 1,217円 1,314円 ()内は税込金額 いずれにせよ、 THE 情弱 だったというわけです。 超割コースへ変更してみた そんな感じで、今回手数料コースを「超割コース」へ変更してみました。 すでに自分の情弱さを思い知っているので、疑い深くなったわけですね。 笑 でも、いざ考えてみると、冒頭でも書いた通り、日によって取引する量が違いますし、現物取引だけ、かつ少額での取引のため複数の銘柄を保有するということはあまりないんです。 それを考慮して、ケース分けをしてどういう場合に、どちらのコースがお得かを調べてみます。 と、その前にいちにち定額コースの手数料と有利な特徴をみておきましょう。 プラス1,080円でさらに取引金額100万円アップ! 日計り取引(デイトレード)ならさらに手数料が安くなります。 (デイ割) 楽天証券ホームページより 1日の約定金額合計 手数料 10万円まで 0円 20万円まで 191円 206円 30万円まで 286円 308円 50万円まで 429円 463円 100万円まで 858円 926円 200万円まで 2,000円 2,160円 300万円まで 以降、100万円増えるごとに1,080円追加。 3,000円(3,240円) ()内は税込金額 この表をみるだけだと、超割コースと大差ないと思われるかもしれませんが、このいちにち定額コースの特徴は、 デイ割というお得な割引にあります。 デイ割とは、その日のデイトレードの片道分を約定代金に含まずに計算してくれるというもの。 例えば、2000円の銘柄を100株買って、その日のうちに2100円で売ったとすると、デイ割では、売り約定分は計算せずに買った分の約定代金だけが考慮されます。 なので、この場合表における20万円までの206円の手数料だけを払えばいいことになります。 ね?お得でしょ? では、これを知った上でケースを考えてみます。 ケース1. 一銘柄を売買する場合 一銘柄をデイトレードする場合とデイトレードせずにそのまま保有する場合のことを考えてみます。 やはり、 デイトレードするならいちにち定額がおすすめということですね。 ちなみに、これ以上の金額の約定代金銘柄だと、以下のようになっていきます。 まぁ、ピムリコは、そんな大型株は買えないので関係ないですが、任天堂株を買う人なんかは気をつけた方がいいです。 でも、そういう人は信用口座で取引してたりするので、また別の手数料体系だと思いますけどね。 一応、書きましたが、100万円以上の大型株は現実的に今は買わないので、今回はメインでは考えませんので上の方の比較だけ参考にしてください。 なので、 もう一度言っておくと、一銘柄を売買する場合、デイトレードを一回でもするならいちにち定額コースがお得です。 なぜなら、片道分を無料にしてくれるデイ割の効果が大きいから。 次は、一銘柄だけではなく複数の銘柄を売買する場合を考えてみます。 ケース2. 複数銘柄を売買する場合 次は、1日で複数の銘柄を売買する場合を考えてみます。 その中でも、デイトレードをする場合とデイトレードをしない場合(継続保有)に分けられると思いますが、 デイトレードをする場合は、上でみたようにいちにち定額コースが安くなります。 デイトレードをしない場合はどうかを考えます。 このブログでは、少額での取引を扱っているので30万円までで買える株で考えていこうと思います。 特に、約定代金が50万円を超えると超割コースとの差が開きます。 この価格帯ので考えると、 基本10万円と20万円以下の銘柄の組み合わせ、もしくは、 20万円と30万円以下の銘柄の組み合わせしか定額コースはお得ではないということになります。 別の言い方をすると、 それらの組み合わせ以外は、超割コースの方がお得になるということです。 これは、 銘柄数を増やして計算してみても同じ結果になりました。 なので、 継続保有を考えるなら、超割コースがお得ということになります。 ケース3. デイトレードと保有の複合パターン 結構、ピムリコがよくやるものを最後にみておきたいと思います。 2500円と3000円の銘柄をデイトレードし、その後2000円の銘柄を買い継続保有する場合を考えたいと思います。 表をもとにすると、これにかかる手数料は、926円ということになります。 やはり、デイトレードが入ると、デイ割がある分、いちにち定額コースがお得になりますね。 自分で計算してみて思ったのは、 結局、相場が始まってみないと取引量わからないよなってこと。 笑 上級者や大量にお金がある状態でやっている人は知りませんが、ピムリコみたいに 少額でやっている初心者の人は、結構そういう人も多いのではないかと思います。 コース変更自体はいつでもできるのですが、 変更が適用されるのが次の日なので(申し込み時間注意)、場中に「今日はデイトレ行けそうだな」なんて思っても急には変更ができません。 そういう意味でも、やはり相場次第、または、持っている銘柄次第になってしまいます。 でも、自分のトレードパターンが決まってきたり、トレード自体がうまくなっていけば自然に輪っかってくることかもしれません。 とりあえずピムリコは、「超割コース」でやっていこうと思っています。 少額での取引なので、言っても莫大な手数料を取られるわけではありませんしね。 最後に、手数料の表の見方の注意点を。 初心者向けの注意点としては、いちにち定額コースは、1日の約定代金合計で手数料が決まります。 例えば、1500円の株を100株買うと、150,000円動きますよね。 この金額が約定代金です。 いちにち定額コースでは、 その1日分の合計で手数料がきまりますというわけです。 対して、 超割コースは注文が約定した金額ごとに手数料が決まります。 1500円の株を100株と3000円の株を100株買うとしたら、150,000円と300,000円の 銘柄ごとに対して手数料がかかってきます。 ピムリコは最初の頃、これがよくわかってなかったので(笑)、「はて?」ってなっていました。 入門者の人は参考にしてみてください。

次の

楽天証券いちに定額コースの料金体系の変更で約定代金10万円までは無料になります【2017年9月1日から】

楽天 証券 いち に ち 定額 コース

楽天証券の手数料コースをもう一度チェック。 手数料コース選択のコツについて ・50万円以下なら、いちにち定額コースが有利(無料になる) ・取引金額が多くなったら、超割コースへ変更 ・デイトレーダーの方は、いちにち定額コースをそのまま続ける 株式投資を始めたばかりの初心者の場合、取引回数は少なめです。 しかし、売買に慣れるにつれ、回数が多くなります。 そのときに迷うのが「手数料コース」の選択です。 一般的に、売買回数が少ないほど「取引ごと手数料(楽天証券では 超割コースといいます)」が有利です。 逆に、売買回数が多いほど「定額手数料(楽天証券では いちにち定額コースといいます)」が有利です。 楽天証券の手数料コースの変更については、平日15時30分までに変更の手続きを行うと、翌営業日から変更後の手数料コースで取引できます(初期設定では「超割コース」)。 取引を行う投資家にとって、売買手数料はできるだけ安い方がうれしいです。 しかし、自分にとって、どれが最適かわからない。 どちらの手数料コースを選ぶのがトクになるのか? 楽天証券の超割コースといちにち定額コースを、いくつかのケースに分けて比較してみました。 デイトレード割引(デイ割・・日計り取引片道手数料無料)について デイ割とは、楽天証券で「いちにち定額コース」を選択した場合、1日で取引を手仕舞う(売買を終了させる)デイトレード(日計り取引)をした際、返済手数料(初心者はおそらく売り注文)が無料となる割引プランです。 上記の画像が一般的なサンプルです。 当日に購入したA銘柄を当日中に売却した場合、売却の際に必要となる手数料が無料となります。 超割コースと、いちにち定額コースを比較した結果は? サンプルがかなり多いので、結論から先に紹介します。 結論 基本は「いちにち定額コース」。 取引金額が多くなったら、超割コースが有利になるタイミングで手数料コースを切り替える。 となります。 いちにち定額コースを選択すると、取引金額50万円以下で 無料になります。 投資資金が少ないときは、このメリットを最大限活用します。 その後、取引で儲けて資金が増えたら、超割コースが有利になるタイミングで手数料コースを変更します。 なお、デイトレーダーのように、その日のうちに同じ銘柄の売買を行う方は、いちにち定額コースのままで「デイ割」を有効に活用したいです。 いちにち定額コースを続けると手数料が節約できます。 取引金額10万円の銘柄の場合、20万円の銘柄の場合、30万円の場合・・・とそれぞれの取引金額で、超割といちにち定額の手数料を比較しています。 このケースについては、 「50万円以下」は いちにち定額コースが有利、それ以外の価格帯は超割コースが有利になります。 こちらの表は、同じ値段の2銘柄を1日1回ずつ、計2回売買した場合の比較を行っています。 取引金額10万円なら、超割・いちにち定額ともに5万円の2銘柄を1回ずつ売買します。 取引金額20万円なら10万円の2銘柄を1回ずつ売買、取引金額30万円なら15万円の2銘柄を1回ずつ売買・・・と比較しました。 このケースについては、 「取引金額が安いと、いちにち定額コースが有利」になります。 1日の取引金額が50万円以下なら「いちにち定額コース」を、50万円を超えるなら「超割コース」を、それぞれ選択すると有利になります。 ケース3、同じ値段の3銘柄を1日に1回ずつ売買した場合 超割コースといちにち定額コースの手数料比較 取引金額 10万 3. 取引金額10万円なら、超割・いちにち定額ともに33,333円の3銘柄を1回ずつ売買します。 取引金額20万円なら66,666円の3銘柄を1回ずつ売買、取引金額30万円なら10万円の3銘柄を1回ずつ売買・・・と比較しました。 このケースについても、 「取引金額50万円以下で、いちにち定額コースが有利」になります。 ケース4、同じ値段の4銘柄を1日に1回ずつ売買した場合 超割コースといちにち定額コースの手数料比較 取引金額 10万 2. 取引金額10万円なら、超割・いちにち定額ともに25,000円の4銘柄を1回ずつ売買します。 取引金額20万円なら5万円の4銘柄を1回ずつ売買、取引金額30万円なら75,000円の4銘柄を1回ずつ売買・・・と比較しました。 このケースについては、 「取引金額100万円までなら、いちにち定額コースが有利」になります。 取引金額10万円なら、超割・いちにち定額ともに5万円の銘柄を1往復売買します。 取引金額20万円なら10万円の銘柄を1往復売買・・・と比較しました。 このケースについては、上記 「デイ割の効果が発揮され、取引金額200万円まで、いちにち定額コースが有利に」なりました。 楽天証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料).

次の

いちにち定額コース、50万円まで0円!「いちにち信用」の金利・貸株料を1.80%に引き下げ!

楽天 証券 いち に ち 定額 コース

楽天証券では今までは超割コースの選択が一択だったと思いますが、いちにち定額コースが50万円まで無料になったことでどちらを選択するかは非常に微妙かもしれません。 超割コースといちにち定額コースをそれぞれ振り返ってみます。 ちょっとした盲点もありますので、しっかりとご理解の上でコースを選択してください。 スポンサーリンク それぞれのコースの手数料 まず、それぞれのコースの手数料を振り返ってみます。 超割コースの手数料が以下のようになっております。 特徴としては、20万円を超える場合には現物買いをするよりも信用買い+現引きをする方が安くなる点です。 次にいちにち定額コースの手数料がこちらです。 こちらは50万円までが無料ということと、100万円までは多少割安ですが、200万円を超えると1100円ずつ増えていく点です。 金額が大きくなると痛い出費となりそうな手数料体系となっております。 どちらを選択するべきか? どちらを選択するのが得なのでしょうか?? 普通に考えると 50万円までの取引(クロスなら25万円以下)・・・いちにち定額コース それを超える取引・・・超割コース がお得と感じますが、それは当然ですね。 1日25万円までのクロスであれば、貸株料のみでのクロスが可能になります。 クロスで25万円を超える場合が考慮の対象になりそうですが・・・・。 ただ、これだけでは少し抜けている部分があって、少々盲点になる部分があります。 現物の手配はいちにち信用で手配をすることで、買い方金利のみで手配が可能になります。 そして、このいちにち信用に関しては、いちにち定額の約定代金に含まれません。 ・・・いちにち信用が約定代金に含まれない・・・これは少し盲点ではないでしょうか?? 楽天証券のHPにも以下のようになっており、真ん中あたりにしっかりとその旨が書いてあります。 よって、 25万円までのクロスではなく、50万円までのクロスに関してはいちにち定額コースが得になる。 と言っても良さそうです。 ただ 51万円以上となるとどちらを選ぶかは大いに検討材料となります。 この場合にケースバイケースになります。 51万円と100万円でも違いますし、銘柄数と約定代金によっても異なります。 基本的には銘柄が多くならなければ超割コースが得で、銘柄数が多くなればいちにち定額コースが得になる。 という認識でしょう。 金額が大きい場合にも超割コースが圧倒的に得と言えそうです。 50万円までに絶対に収めるならばいちにち定額コースですが・・・あとは狙う銘柄との兼ね合い次第かもしれません。 大口優遇の場合には? 大口優遇の場合には多少の金利を支払う覚悟で超割コースを選択しておく方が良いと思います。 いちにち定額にしてしまって、50万円を超えてしまったりするケースもあるでしょうし、現物手数料10万円までのものもいちにち定額に含まれて金額が上がるリスクを考えると・・・これは一択で超割コースではないかと。 絶対に50万円を超えないという前提であれば、いちにち定額コースも選択肢ですが、大口であれば50万円を超える可能性も高いと思いますので・・・。 スポンサーリンク 最後に いちにち定額コースが新しくなったことで多少悩みが出てくる部分ですね。 盲点としてはいちにち信用が約定代金に含まれないこと。 これを意識しているだけで選択肢は倍の額まで広がります。 例えば、楽天争奪戦初日に関しては予約が多くなりそうなので超割コース、最終日近くで予算がなくなったらいちにち定額コースに変更する。 というような使い方も可能になります。 最終日近くでいちにち定額に変更したら無期限で狙っていた銘柄がたくさん出るなんてリスクもありますので、くれぐれも自己責任でご判断ください。 私は大口でない場合でも無期限がどうなるかが不明なので超割コースを選択するかもしれません。 臨機応変に対応するのが良いのは間違いなさそうです。

次の