横浜 駅 アマビエ。 コロナ封じ願い「アマビエ」投稿次々 和菓子に注文殺到 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

横浜駅のアマビエ/横浜 マンダリンホテルのブログ

横浜 駅 アマビエ

, , , , 新型コロナウイルスの蔓延で、突如注目を集めているのが妖怪「アマビエ」をご存じでしょうか。 「疫病が流行った時には、アマビエの絵を描いて見せれば疫病が収まる」との言い伝えがあることから、SNSを中心に見かけることが増えてきました。 きっとどこかで見かけた方は多いのではないでしょうか。 そんな中、JR横浜駅の構内に貼られた「アマビエ」のイラストが話題になっています。 駅構内だと思われる通路や階段の壁に、個性あふれるアマビエのイラストがズラーっと並んでいます。 コロナに打ち勝とう〜横浜「アマビエ」発信プロジェクト〜 なんとこの妖怪アマビエのイラストの数々は、横浜駅係員一人一人が描いたものだそうです。 横浜駅の方は絵心がある方ばかりなんですね! 実はJR東日本横浜支社がおこなう、「横浜元気発信プロジェクト」の一環なのだとか。 疫病退散の御利益があるとされる妖怪アマビエ。 『新型コロナウイルス感染症の流行が終息したらやりたいこと!』を現したアマビエをたくさん描いて、皆が色々なアマビエを眺めながら少しでも楽しい気持ちになって頂ければという気持ちで始まった取り組みだそうです。 街がいつものにぎわいを少しでも早く取り戻せるように。 横浜駅から元気を発信していくそうです。 4月22日から貼り出されているこのプロジェクトは、アマビエとともにそれぞれ共感できるやりたいことが書かれていて、Twitterには「みんなの絵可愛い」「横浜駅最高!」「横浜駅の強い願いが感じられますね」という投稿もあり好評だ。 「私も頑張ろ」「元気でた」と勇気づけられている人も多くいるようです。 新型コロナウイルス感染症の流行が終息したらやりたいことがテーマ JR東日本横浜支社の担当者さんは、横浜駅から明るい話題と元気を発信できるよう、3月下旬から「横浜駅元気発信プロジェクト」を立ち上げたと語っています。 このプロジェクトの取組みとして、「新型コロナウイルス感染症の流行が終息したらやりたいこと」をテーマに、疫病退散の願いを込めて、社員がポスターを作成しました。 横浜駅でも、先が見えないこの状況の中、今回の取り組みを通して職場内の空気が明るくなったといいます。 社員の思いがより伝わると考えたため、手書きにこだわっているそうです。 このアマビエのイラストは約50人の横浜駅の社員が作成しているそうだ。 この取り組みによって、JR横浜駅の利用者は元気を貰っていることはたしかでしょう。 #横浜駅アマビエ SNSに多くの反響 ポスターにはハッシュタグ「#横浜駅アマビエ」が書かれおり、Twitterでタグを検索するとたくさんの投稿があります。 そのイラストを見ると、マスクをしたアマビエに「由布院に行きたい」や乾杯しているアマビエに「屋形船で横浜港を仲間と遊覧したい!!」など、新型コロナが終息したらやりたいことが思い思いに描かれている。 「ご覧いただいた方に、少しでも明るく前向きな気持ちになっていただければ幸いです。 お客さまより「ポスターを見てうるっときました」などのお声を改札口にいただいております。 」と、駅員さん。 このプロジェクトは5月下旬までを予定している。 JR横浜駅では、今後利用客に元気を発信できるような取り組みを引き続き検討していくそうです。 大好き横浜 — いっしー isshyisshy たまたま出会った😭 アマビエさんたち。 — CDB C4Dbeginner 横浜駅アマビエのまーちゃんネタ ヲタ活したい の隣はアイドルの現場に行きたい駅員さん。 ホントは4枚掲示されていたが、うち一枚はあまりに禍々しい感じだったので割愛。

次の

コロナ封じ願い「アマビエ」投稿次々 和菓子に注文殺到 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

横浜 駅 アマビエ

JR横浜駅の中央南改札に4月22日、駅係員が描いた妖怪「アマビエ」の絵が貼り出された。 疫病退散を願って、駅係員が1人1枚ずつ、「アマビエ」のポスターを手描きした。 (ヨコハマ経済新聞) 【写真】「青森の母ちゃんに会いたい」、ホロリとさせる願い事 アマビエは江戸時代、1846年に肥後(現在の熊本)に現れたとされる妖怪で、「病流行、早々私写し人々に見せくれ(私の姿を描いた絵を人々に見せて)」と話し海の中へと帰ったと伝わっており、アマビエの絵は疫病を鎮めるとされる。 「横浜駅元気発信プロジェクト」と題された解説ポスターには、同駅の係員一人一人が「新型コロナウイルス感染症の流行が終息したらやりたいこと!」を現したアマビエをたくさん描いたことや、街がいつものにぎわいを少しでも早く取り戻せるように、横浜駅から元気を発信していくという説明と共に、「皆さまも色々なアマビエを眺めながら少しでも楽しい気持ちになっていただければ幸いです」とメッセージを添える。 「温泉に入りたい」「成人式がしたい」「ハワイに行きたい」「ハマスタで野球観戦したい」などの願いが並ぶ中、東北新幹線の始発駅東京駅へと向かう東海道線の上りホーム階段には「青森の母ちゃんに会いたい」と涙を誘う願い事も。 各ポスターにはハッシュタグ「 横浜駅アマビエ」が書かれ、ツイッターでこのタ…… 鳥栖市の国史跡勝尾(かつのお)城筑紫氏(ちくしし)遺跡にある若山砦(わかやまとりで)は標高258メートルの尾根上に築かれた城跡で、曲輪(くるわ)や堀切、石積みなどの遺構が残っています。 この若山砦を守ったのが金屋氏でした。 金屋氏は筑前国太宰府を本拠地として中世の九州北部に勢力を誇った名門少弐(しょうに)氏の一門で、少弐教頼の三男資治が金屋姓を名乗ったのが始まりとされます。 少弐氏が太宰府を追われ、肥前国で活動するようになると、少弐氏を支える一門として活動しており、金屋左近大夫・金屋千法師・金屋尚経といった名前が文書に残されています。 その後、少弐氏が滅亡すると、基肄(きい)郡・養父(やぶ)郡を中心に勢力を誇った筑紫氏に仕えました。 筑紫氏の治めた城を列挙した江戸時代の史料「城数之覚」には「谷山之城 金屋左衛門大夫」とあり、天正14(1586)年に行われた島津氏との合戦では敵の攻撃をよく防いだと伝えられています。 その後、筑紫氏は上妻(こうづま)郡(現福岡県八女市一帯)へ転封し、関ヶ原の合戦後に改易されますが、肥後国の加藤清正に客将として迎えられます。 清正に提出された名簿には「金屋清右衛門 少貮一門」とあり、金屋氏は少弐氏が滅亡した後も自分の出自に誇りを持って活動していたことがうかがえます。 (地域レポーター・田中健一=鳥栖市儀徳町) 日本の歴史の中でも、比較的平和で長く続いたとされる江戸時代。 時代劇などでも馴染み深いですが、その頃の人々は、実際どのような生活をしていたのでしょうか。 IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)に、江戸時代に関する多くの著書を持つ、法政大学総長の田中優子さんが登場。 庶民が自由闊達に躍動していた時代から学ぶ、「生きやすさ」について語られていました。 身分を超えて学んだ集団。 知的好奇心が「明治維新」で時代を変えるインタビューの中で田中さんが指摘していたのが、江戸時代の「サロン」ともいうべき「連」の存在。 これは、絵画、俳諧、狂歌、蘭学などを学ぶための勉強会で、庶民や武士など身分を超えて集まる組織だったそう。 明確な身分制度があった江戸時代に、このような賑わいがあったとは意外な気もしますよね。 田中さんいわく、こうした活動は「寺子屋」とも関係が深く、庶民が教養を持つことが明治維新にもつながったといい、時流について以下のように解説されています。 明治維新は知的な藩士たちによる革命でした。 それまで藩士はいくら学問を積んでも、政権を担うことはできないし、まして幕府に物申すことなどできません。 知性のある藩士ほど幕藩体制の矛盾に気づき、不満がたまっていました。 庶民も維新の意味を理解していました。 (中略)憲法や国会を設けて…… おうちステイの日々で、とにかくPCやスマホと向き合っている時間がどんどん長くなっている今日この頃。 それとともに眼精疲労がハンパなく、気がつけば目が血走っていることも! そんな中、仲良しの美容ライターM子が送ってくれた目薬が神がかっているのでご紹介。 抗菌や抗炎症効果があるといわれているオウバクという生薬配合(ゆえにおそらく黄色い)。 当時は軟膏状の練り薬が貝に入っていて、それを水に溶かして点眼していたそうな……。 それが時を越え、透き通る黄色の目薬となって復活。 ちょうどいいスースー感で、本当に目の前のモヤっとした雲が切れて晴れ渡るような感覚! あっという間に目の充血も収まり、白目に透明感が宿ります。 余談ですが、私は男性も「白目が白い」と好きになってしまうことが多いです。 白目がキレイなだけで少年っぽく思えて、うっかり恋に落ちてしまいがち。 レトロなパッケージも可愛い! ネット通販で購入可能。 すっきりしたスタンドカラーの襟で、外見も軽やかだ。 入浴を済まし、就寝までの時間はよい睡眠を取るために欠かせない寛ぎのひととき。 そんなとき、ガーゼパジャマの優しい肌触りと温もりに包まれると、なんともいえず心安らぐ感覚を覚える。 「包み込まれる心地よさ」写真=グレー 綿100%2重ガーゼの優しい肌触りと柔らかな着心地で、床に就くまでの時間をゆったりと過ごし、日々の快眠に努めたい。 ここに紹介するパジャマは、多重ガーゼの産地として古くから知られる、愛知県三河地方で織られた良質の生地をたっぷり使った当店独自の品だ。 両袖にロールアップ用の固定ベルトが付く。 水仕事や洗顔時、季節による温度調節など、様々な生活の場面で便利に使える。 三河地方は、古くから綿花の栽培が行なわれ、江戸時代より農家の副業として木綿の機織りが盛んになった。 現在、ガーゼを含む綿生地は「三河木綿」の名で品質の信頼を得て、当地の特産品となっている。 グレーとブルー系の2色をご用意。 一見単色に見えるが縦糸は木綿の生成り、緯糸(横糸)は色糸で織られており味わい深い色合い。 ガーゼは通気性と吸湿性に優れた素材で、快眠を促すパジャマには…… 日本とタトゥー文化には複雑な関係がある。 伝統的な日本のタトゥーは入れ墨と呼ばれ、紀元前、縄文時代にまでさかのぼる歴史を持つと考えられている。 現代の日本において、入れ墨はヤクザを連想させるためネガティブなイメージで見られているが、日本のキャラクターや漢字を入れたいと願う自由な精神を持った外国人にとって、そのことは妨げになっていないようだ。 日本が誇るキャラクターや日本の言葉には愛すべき要素がたくさんあり、それらを一生身につけていたいと望む気持ちは理解できる。 その上で日本語やキャラクターを肌に刻みたいと決心した際には気に留めておくべきことを伝えよう。 特に日本語は複雑な言語のため、言葉を選ぶ際にはいくつか注意が必要だ。 Just re-sharing the best tattoo cover up ever pic. twitter. 費用を渋って、ピカチュウのような代表的なキャラクターのタトゥーが不器用な落書きの仕上がりになってしまったら、大抵の人々にはその違いがまるわか…….

次の

JR横浜駅に妖怪「アマビエ」が大集合…駅員が描いたイラストに元気をもらえる

横浜 駅 アマビエ

本の発売日に朝一で買いに行ってみました。 練り切りのアマビエは本とアマビエの小田原提灯と一緒にディスプレイされていました。 1個350円(税込み)店頭では1人3個まで購入できます。 通販で購入可能です。 アマビエの江戸時代の瓦版の写しも載っている説明書きもいただきました。 直接店舗に買いに行かれる時は、駐車場がないので注意してください。 他にもこんなお菓子がありました!連続テレビ小説「半分、青い」の鈴愛ちゃんがいただいたのならと一緒に購入。 黒糖饅頭も皮は薄めで中のこし餡もとっても美味しかったです。 横浜市港北区 こちらのお店のアマビエは、人魚のようでとってもかわいいです。 1個300円(税込)ちょっと大きめです。 こちらのお店は練り切りの種類が多くいつも6種類以上あります。 夕方に電話で問い合わせたら「店頭のは売り切れたのですが、来られるなら工場から持ってきますよ」と言われました。 親切で嬉しかったです。 こちらも全国発送できます。 注文はお店に直接電話かFAX、お店のHPのフォームからできます。 承直接買いに行かれる時は、大倉山駅から徒歩1分なので交通機関が便利です。 横浜市旭区 こちらのお店は、旭区に2軒、緑区に1軒、瀬谷区に1軒あり、緑区の中山店へ行ってきました。 こちらのアマビエは丸い練り切りで、お目目がクリっとしてます。 1個300円(税込)ケースも金縁でしたのでそのまま撮影しました。 ビール編 横浜の地ビール会社サンクトガーレンは、アマビエのビール「アマビエIPA」を発売しています。 アマビエラベルは、『もやしもん』などで知られる漫画家の石川雅之先生によるもの。 通販の他に、全国の提携しているお店でも販売しているようです。 1本330㎖ 460円(税込) 横浜市内にも販売店はたくさんあるようです。 筆者は神奈川区の西菅田団地内にある「」さんで購入しました。 電話で問い合わせたところ、とても親切に道順と駐車場を教えてくださって迷うことなく到着。 お店に入ると、レジの横にアマビエビールがありました。 その隣に「アマビコワイン」なるなるものがありました。 やや辛口だそうです。 1本720㎖1550円(税込) 旭屋さんのご主人と奥様はとても感じがよく「お酒はよく飲まれますか?」と、実は飲めない筆者にも分かるようにいろいろ説明して下さり、山梨県のワイナリーのご案内もいただきました。 店舗でアマビエビールを購入しようと思われましたら、こちらのお店おススメです! 横浜でアマビエの御朱印がいただける神社 横浜市栄区 こちらの神社では、5月まで御朱印の印写りを避ける為の挟み紙にアマビエを入れてくださるそうです。 約4台ほど駐車可能だそうですが、限定御朱印期間中は混雑すると予想されますので、 近隣の駐車場または公共交通機関を利用した方が良いと思います。 アマビエ インスタ映えスポット JR横浜駅構内 横浜駅構内には、駅員の皆さんが描かれたアマビエがあります。 これはJR東日本横浜支社の「横浜元気発信プロジェクト」の一環で、『新型コロナウイルス感染症の流行が終息したらやりたいこと!』を表現したアマビエだそうです。 筆者も見に行ってきました。 1枚1枚メッセージが添えられていて、読んでいるうちにだんだん楽しい気分になってきました。 休館中の横浜美術館ですが、海に近いこともあって、知らぬ間にお客さんが一人 一匹? しのびこんだようです。 美術館を護ってくれているようなので、皆さまにも蔵屋館長のイラストでおすそ分けです。 外出自粛が解除されましたので、6月には見に行けると良いですね。 番外編:江ノ電のアマビエ スマホ壁紙 横浜市近郊ですが、鎌倉市ののHPには、江ノ電に乗ったアマビエのスマホ壁紙が配信されて誰でもダウンロードできます。 かわいいイラストはお子様にも喜ばれそうですね。 まとめ いよいよ全国的に緊急事態宣言解除となり、6月からは新しい生活様式が提言されています。 このアマビエが拡散されたことで、疫病の退散が早まったのかなと、筆者は記事をまとめながら考えました。 新型コロナウイルスはまだワクチンも治療法も確立していないので楽観視はできませんが、手洗いうがいと3密に気を付けながらアマビエグッズを楽しめたらと思います。

次の