婚活ブログ rikako。 Rikakoさんのプロフィールページ

婚活歴15年のアラフォー婚活ブロガー『Rikako』さんへインタビュー

婚活ブログ rikako

1:婚活で結婚って本当にできるの? 周りが結婚ラッシュに入ると、自分としてはのんびり構えていたとしても、「婚活しなきゃいけないのかな……」っていう不安がよぎることってありますよね。 でも婚活って、本当に結婚できるのでしょうか? お金がかかる割に、良い出会いなんてないんじゃないの?とか思っちゃう人もいるでしょう。 そこで今回は、婚活でリアルに結婚できた人たちの体験談を紹介します。 2:婚活を始めてから結婚するまでの期間 まずは婚活を始めてから結婚するまでの期間についてです。 もちろん、個体差がかなりありますから、平均をとっても仕方がないので、3人の婚活成功者の男女に話を聞いてみて、それぞれの婚活期間を見ていきましょう。 (1)異業種交流会から1年 「30歳を目前にして、周りがどんどん結婚していくのに危機感を感じて、異業種交流会に参加しました。 そこで出会った同じ年の男性にひと目惚れして、私から猛アタックをかけました。 向こうもちょうど相手を探していたタイミングだったので、すぐに付き合いだして、1年後には結婚できてました」(Uさん・31歳女性) (2)3年以上 「私の場合、婚活をスタートさせてから最終的に結婚できるまで、3年以上かかりましたね。 ただ、その間ずっと積極的に婚活していたわけじゃなくて、疲れて休んだり、やる気になったときだけ頑張ったりっていう感じで、ゆる~く婚活を続けてました。 基本的には婚活アプリを使ってて、そこで会った男性は10人くらい。 今の夫は、最初から数えて8番目に会った人で、昨年結婚しました」(Gさん・33歳女性) (3)半年で結婚 「とにかく結婚したい! 早く結婚しなければ!って思い焦り、結婚相談所に入会。 気になる女性と積極的に会って、3人目でピンと来た女性とデートを重ね、3回目でプロポーズ。 OKをもらえて結婚できました。 婚活を思い立ったときから半年のスピード結婚で、周りからは驚かれてます。 でも、長く続けてたらきっと疲れていたと思うので、婚活は短期決戦がおすすめです」(Mさん・45歳男性) 3:婚活をしていて結婚を決めた決め手は? 婚活から結婚に至るとき、その決め手となるのはどんなことなのでしょうか? 上で語ってくれた3人に、それぞれの決め手を聞いてみました。 (1)インスピレーション 「私は出会った瞬間のインスピレーションですね。 基本的に物事を決めるとき、最後は直感に頼るタイプなので。 今の夫とは出会った瞬間から運命的なものを感じたからこそ、自分から積極的になれました」(Uさん・31歳女性) (2)落ち着くかどうか 「長く婚活していたんですけど、やっぱり初めて会うときって、何度経験しても緊張するし疲れるじゃないですか。 それが恋愛の魅力かもしれないけど、実際には一緒にいるときに緊張感が抜けない人とは長続きしないのかも。 夫に決めた理由は一緒にいて自然体でいられるからです。 無理しないで付き合えることって、結婚する相手には絶対必要な要素だと思います」(Gさん・33歳女性) (3)守りたいと思った 「僕の場合は、相手を本当に守りたいと思ったからこそ結婚しようって思えた気がしています。 別に相手がか弱そうとかって意味じゃなくて、庇護欲をそそるというか。 なんか、この女性を守るためなら頑張れそうだなって思ったのが、結婚の決め手だったんじゃないかなぁ」(Mさん・45歳男性) 4:婚活で結婚して後悔したエピソード 婚活で結婚しても後悔することがないのか不安という人もいます。 そこで、後悔してしまうことがあったかどうか、話を聞いてきました。 (1)年収が低かった 「異業種交流会で出会ったので、夫の仕事のことは知っていたんですけど、一目惚れだったので相手の年収とか気にしてなかったんですよね。 愛があれば大丈夫くらいに考えていましたけど、今思うと一応年収くらいは聞いておくべきだったなぁって。 夫の年収が思ったより低く、今はふたりで節約生活です」(Uさん・31歳女性) (2)他の男性と比べてしまう 「婚活の時期が長いと、いろんな男性を見れてしまうわけじゃないですか。 だから正直言うと、結婚してからもその男性たちと夫を比べてしまうことはありますね。 後悔っていうほどではなくて、婚活を長く続けた人あるあるかなって思います」(Gさん・33歳女性) 5:リアル婚活をブログで読みたい!アラサー&アラフォーのオススメブログ3つ 最後にリアル婚活について語ってくれているオススメのブログを紹介します。 (1)「ぐうたら女朝日が綴る婚活ブログ」 32歳の女性が、婚活を始めてからの素直な気持ちを綴っている、日記のようなブログです。 婚活を始める前に感じていたことや、婚活を始めてからの驚きなどは「そろそろ婚活してみようかな……」と悩んでいる人にピッタリ。 (2)「アラフォーRikakoの婚活日記」 2018年3月で婚活歴15年というRikakoさんのブログです。 なんといっても魅力は、その婚活の幅の広さ。 ネット婚活や結婚相談所、婚活パーティなど、およそこの世の婚活といわれる場所にはすべて行っているのではないかと思われるくらい、たくさんの体験談を語ってくださっています。 自分にどんな婚活が合っているのか気になる人は要チェックですよ。 (3)「貧乏オタクの婚活絵日記」 ゲームとアニメと絵を描くのが好きな女性の、のんびり婚活日記です。 婚活の現場って言葉だけでは伝わらないこともあります。 ですが、絵がついているので読みやすく、くすりと笑えることも多いブログです。 婚活にちょっと疲れちゃったなんてときにもオススメですよ。 6:ゆる婚活から始めてみては? 婚活って聞くと、なんだか頑張らなければいけない気がします。 ですが、軽い気持ちで始めても相手が見つかることもあるよう。 結婚したいと思ったら、まずは無料で登録できる婚活アプリなどに登録して、ゆる~く自分の好みの男性を探してみることから始めてみるのもアリではないでしょうか。 【参考】 この記事を書いたライター 大山奏 K. Ohyama スピリチュアルと運動が好きなアウトドア系ライター。 整体師、カラーセラピスト、アロマテラピーインストラクター。

次の

婚活で結婚できた人の話が聞きたい!期間や決め手、婚活ブログまで

婚活ブログ rikako

1 view 更新日: 2020-04-06 12:15:21 1:婚活に失敗する原因とは? 一度や二度の婚活の失敗であれば、たまたま出会う相手との相性が悪かっただけかもしれません。 しかし、婚活で失敗続き……という人は、何かしらの原因があるはず。 デートを数回しても長続きしない、そもそもデートにまでつながらないなど、失敗が重なるのであれば、失敗する原因が、自分自身に潜んでいる可能性が大きいです。 2:婚活に失敗する原因7つ 婚活に失敗する原因として考えられる7つのポイントをご紹介します。 今の自分の照らし合わせてチェックしてみて。 (1)失敗の原因は「誰か」にあると思っている 婚活の場において、自分の性格やふるまいが失敗の原因を作っている可能性もあります。 利用する結婚相談所や婚活イベントによっては、希望する相手に出会いにくいこともあります。 ただし、失敗の原因を「誰か」にあるとばかり考えていると、いつまでも婚活に失敗し続けてしまいます。 自分の行動に非がないか、今一度考え直してみませんか? (2)相手に求める条件にとらわれすぎている 婚活をするにあたり、相手に求める年収や年齢、性格にこだわる人も多いでしょう。 しかし相手に求める条件が多くて高いほど、すべてをクリアする異性に出会う確率は低くなるでしょう。 (3)自分をアピールすることに必死すぎる 婚活では、気に入った相手に対していかに自分をアピールして、次に繋げるかが重要。 ですが、アピールすることに必死すぎるあまり、相手の話を聞かずに自分の話ばかりしてしまうことがあります。 人の話が聞けない人は「コミュニケーションが取れない人」と見なされ、マイナス印象に。 (4)デートプランを相手にばかり考えさせる 婚活相手といざデート!というときに、デートプランを全部相手に押し付けているようではダメ。 婚活時のデートは、相手のことをより深く知るための場であり、互いの主体性があってこそ成り立つもの。 「この人自分で考えることしない人なんだ」と思われないためにも、自分からもアイデアを出しましょう。 (5)プライドが高い 婚活で出会った相手と仲良くなるためには、相手を知るために、そして自分を知ってもらうためにさまざまな努力と行動が必要となります。 「私が何でそんなに頑張らなきゃいけないの?」「ありのままの私を好きになってくれる人しかイヤ」などと、プライドの高さを見せてしまうと、相手は近づきにくいと感じてしまいます。 また、対等に見られたいからと相手と張り合うのもNGです。 (6)生活力がない 仕事をしていない、または家事ができない、家計管理が苦手など生活力がない人とは、具体的な結婚生活がイメージしづらいため、避けられてしまいます。 婚活の一環として、生活力を高めておくことも大切です。 (7)気分屋で発言や行動に一貫性がない 婚活だけでなく恋愛ごと全般にいえることですが、発言と行動に一貫性がないなど、気分屋な性格の持ち主は、自分でも気づかぬうちに相手を振り回してしまうことがあります。 気分屋な性格が悪いわけではありませんが、婚活を成功させたいなら、相手のことも考えて発言・行動するように心がけましょう。 3:失敗談から学べ!婚活ブログ村などで人気の婚活ブログ 婚活に失敗したくないと思うなら、リアルな失敗談を見て学ぶべし。 婚活の失敗談から成功談まで知ることができる人気の婚活ブログをご紹介します。 (1)アラフォーRikakoの婚活日記 「Rikako」さんのブログには、「結局は自分で決断するしかない。 そのための活動を記録しています」という力強いコメントとともに、リアルタイムな婚活状況がつづられています。 失敗談はもちろん、成功事例もたくさん紹介されており、失敗を避けるための具体的なポイントを知ることができるほか、婚活のための美容法も学べます。 (2)百合の婚活日記 「百合」さんのブログは、それぞれの記事がツイッターのように短い文章なのが特徴。 直近で出会った人とのデート話や取り合った連絡の内容などが詳しくつづられています。 婚活失敗時の状況や相手の特徴もリアル。 時折登場するお母さんの厳しいひとことコメントも見どころです。 (3)結婚してみたら、こうなった 「結婚を目指して頑張った女のその後」をテーマに、婚活を経て出会った旦那さんとの結婚生活を赤裸々に綴っている「花凛」さんの婚活ブログ。 結婚の良いところも悪いところもストレートに伝えてくれているので、相手選びや自分の行動で見直すべきポイントを見つけられるでしょう。 (4)アラサー独身女子さゆりの徒然日記 「今回の相手はこういう人だった」「今回は私はこういうふうに行動した」など、婚活現場でのやり取りが詳しく書かれた「さゆり」さんのブログ。 失敗はもちろん、成功した経緯も知ることができます。 婚活の一環として投稿されている美容ネタもおもしろく、写真つきで解説されているので女子力もアップしそう。 (5)まおの恋愛成就物語 婚活を経て出会った素敵な旦那さんとの結婚生活をメインに、働く職場での苦労をはじめとした、結婚を機に抱えるトラブルと向き合う私生活がリアルに書かれている「まお」さんのブログ。 婚活で相手を見極めるポイントも学べます。 旦那さんとの離婚話や、婚活中に出会った元カレとのトラブル話など、ドラマのようなストーリーにも注目です。 4:まとめ 婚活の現場では、たったひとつの行動によって、互いを深く知る前に「この人はナシ」と判断されてしまうことも珍しくありません。 失敗を防ぎたいからと自分を偽りすぎるのもNGですが、「好きになってもらえる自分」になることは人として大切なこと。 自分自身の行動や失敗談と向き合い、婚活成功に向けて励みましょう! 【参考】 あわせて読みたい•

次の

婚活ブログ15選!アラサーやアラフォーにおすすめのブログをご紹介

婚活ブログ rikako

【 番外編】 結婚相談所から婚活アプリまで、ありとあらゆる婚活を経験しているアラフォー婚活ブロガーのRikakoさん。 今回は婚活連載の番外編として、「結婚・婚活」にまつわる衝撃の調査結果を紹介していただきます(以下、Rikakoさんの寄稿)。 今まで婚活というと、アラサー以降の女性が行っているイメージがありました。 でも最近は男性も婚活に積極的です。 「婚活市場にいい男がいない!」はもう過去の話なのです。 ところが… 一般的な婚活女性が実践している婚活方法と、実際に結婚できた人が実践した方法にはギャップがあることが、ある調査で判明しました。 それはぐるなびが会員20~69歳の男女3,301名(未婚者1,192名、既婚者2,109名)を対象に行った「最新婚活事情調査」。 この調査から、現在の婚活の傾向と対策について考えたいと思います。 結婚相手との出会いの場は「職場」が圧倒的! まずは、なかなか衝撃的なデータ「未婚者の婚活手段と既婚者の実際の出会い」から。 既婚者が配偶者と実際に出会った手段として、最も割合が高かったのは 「仕事関係の紹介・出会い」(36. 1%)です。 次いで、 「家族や友人の紹介」(23. 7%)。 やはり、相手の身元がはっきりしている、という安心感があります。 メジャーな婚活手段である 合コン、結婚相談所、マッチングアプリ、婚活サイト、お見合いパーティー、婚活イベントは、それぞれ未婚婚活者の10~30%台が利用しています。 しかしながら、実際に配偶者と出会った理由として、これらを挙げた人はそれぞれ0. 4~4%とかなり低い結果に。 いろんな相手と出会えるというメリットはあるものの、相手も多くの異性と出会っているため、なかなか真剣交際がスタートしにくいのかもしれません。 そんな中、婚活手段としても意外と成功率が高そうなのが、 「サークルやオフ会への参加」です。 これも職場の出会い同様に、同じコミュニティに属することで自然と相手のことがわかり、恋愛感情が芽生えやすいのだと思います。 スピーディーな成婚には不向きですが、じっくり愛を育てて結婚したい人にはおすすめです。 マッチングアプリの登録は20代男性が最多! 続いては未婚者に尋ねた「マッチングアプリへの登録とトラブル経験の割合」です。 最近は婚活の手段として、マッチングアプリを利用している人も多いです。 最も利用率の高い年代は20代で、20代婚活者の34. 0%が登録経験ありでした。 婚活サイトは基本的に男性有料ですが、マッチングアプリは男性でも無料で使えるところが多いので、気軽に異性との出会いを求めて登録する若い男性が増えているのではないでしょうか。 しかし、若い男性が多いからとです。 マッチングアプリは遊び目的や既婚者なども多く潜んでいます。 マッチングアプリ登録者の トラブル経験は約4割とかなり高いです。 私もかつてでした…。 ぐるなびの調査でも「 ホテルで一晩過ごした翌日から連絡がない」 埼玉県・女性27歳 、「 ネットビジネスや宗教の勧誘だった」(東京都・女性27歳)と言ったケースが報告されています。 単なる異性の出会いではなく、結婚に結び付く出会いを求めているなら、マッチングアプリではなく別の婚活手段を選ぶのが賢明です。 信頼できる友人や職場の人に、独身の人を紹介してもらうなど、確実に独身者と出会える方法を選びましょう。

次の