ねずこ、ぜんいつ。 ≪楽しい≫鬼滅の刃 グッズ てぬぐい 手ぬぐい フェイスタオル キャラクター タオル 竈門炭治郎 竈門禰豆子 我妻善逸 嘴平伊之助 冨岡義勇 胡蝶しのぶ たんじろう ねずこ ぜんいつ いのすけ ぎゆう 柱 お風呂 銭湯 日本製 綿100% 子供 大人 きめつのやいばの通販

鬼滅の刃善逸はねずこと結婚する?恋人になる可能性は?

ねずこ、ぜんいつ

善逸と禰豆子の関係 ヘタレで女好きキャラの善逸と、鬼になってしまったねずこですが、 二人はどういう関係なのか? 元々で言えば善逸がねずこの容姿を見た時に発狂するほどに喜んだことから始まります(笑) これがねずこを始めてみたときの善逸のリアクションですね(笑) このように、炭治郎がいつも背負っていた籠の中にいたのがねずこだと知ったときは、本当にいい反応見せてくれてました! それまでは女なら誰それ構わず求愛してた善逸でしたが、 ねずこと出会ったことで以前と比べると控えめになります。 ^^ まぁこの時点ではチャラい男がノリでやってるみたいな感じで、ねずこもそこまで相手にしてなかったというか。 ねずこは鬼化してるのであんまり恋愛とかそういった感情はない様子。 ところがどっこいですよ!(笑) 意外にも善逸はかなり本気モードだったようで、 ねずこのことを何が何でも守ろうとします! 普段はクソヘタレ(笑)な善逸なのでねずこも全くなびく気配はなかったのですが、 覚醒状態の善逸がねずこを守った時、ねずこの心境にもうっすら変化が訪れます。 この表情!なんだか、うっすらときめいてませんか? 覚醒した善逸は鬼化したねずこですら感じるものがあるようです。 確かに、こ の時の善逸は、くそかっこいいですよね(笑) このように善逸の猛烈なアプローチもあって、最初は善逸の一方通行でしたが、 今では、ねずこも善逸の事を普通に守るべき人間、という風には見ていないんじゃないかな〜と! 恋愛感情があるかどうかまでは不明ですが、善逸はよく炭治郎と一緒にいる事もって 「兄や自分と仲の良くしてくれる人間」 「仲が良い家族」 といった感じになっているんじゃないかと思われます〜。 スポンサーリンク 善逸とねずこが結婚する可能性は? 二人が結婚するための大前提としては、まずはねずこが人間に戻らなければなりません。 恐らくねずこが人間に戻る話が鬼滅の刃のゴールになるかと思われますので、この先もまだまだ二人の間にはいろんな問題やハプニングが起こるでしょう。 もっと絆が深まることや、むしろ険悪になるようなことも起きるかも知れません。 ただ、今現在の二人を見る限りは 結婚する可能性も大いにあると思います! 善逸は予想に反して 好きになったら超一途ですし、 元々の性格もヘタレなこと以外は至って優しい性格です。 ねずこも鬼になってからはアレですが、 元々は健気で他人思いな優しい子でした。

次の

ぜんねず (ぜんねず)とは【ピクシブ百科事典】

ねずこ、ぜんいつ

炭治郎に宥められ大泣きするねずこ 引用:鬼滅の刃15巻 これは鬼滅の刃10巻の85話 ここに至るまでの数話 炭治郎でさえ倒す事に苦労していた上弦の陸である堕姫を、ねずこは圧倒的な力で追い詰めていました。 けれどそのために使った力は鬼の力。 つまり力を暴走させればさせるほど、ヒトとしての意識は薄れ、鬼へと近付いてしまう。。。 人間の流す血に息を荒らげ、涎を零し、襲い掛かろうとするあまりにも凶悪なねずこを、咄嗟のところで兄の炭治郎が止めます。 そして炭治郎は傷つきながらも、幼い頃の子守唄をうたって聞かせるのです。 ねずこは今は亡き母との風景を思い出します。 そうして我を取り戻した時のねずこの泣き顔! 仰々しい角や鬼の文様は消え、身体は縮み、ぼろぼろと涙をこぼしながら眠りにつくねずこの姿はまるで小さな子供のようです。 ほんの少し前までの鬼の形相とのギャップも相まって、このシーンは涙なしには読めません… ちなみに、これが最初のムーコ 👉 炭治郎以外にもぎゅっ 引用:鬼滅の刃3巻 これは3巻の19話。 珠代と愈史郎とともに鬼を退けた後です。 兄である炭治郎との再会を喜ぶだけではなく、共に戦い良くしてもらった珠代や愈史郎に対して人としての感情で接している所がジーンとなります。 このシーンは久々の子供っぽい可愛さですね。 可愛がられ喜んでいる姿がなんともキュート! ここら辺数コマに渡ってじゃれつく姿が、可愛さMAXです。 あまんり炭治郎以外に甘えたりするところも見られないので新鮮ですよね。 その後もなついて手をずっと繋いでいるのが実の親子のようにも見えてさらにかわいい! 👉.

次の

鬼滅カラーとは?鬼滅の刃のキャラに染めた人の画像集!

ねずこ、ぜんいつ

炭治郎に宥められ大泣きするねずこ 引用:鬼滅の刃15巻 これは鬼滅の刃10巻の85話 ここに至るまでの数話 炭治郎でさえ倒す事に苦労していた上弦の陸である堕姫を、ねずこは圧倒的な力で追い詰めていました。 けれどそのために使った力は鬼の力。 つまり力を暴走させればさせるほど、ヒトとしての意識は薄れ、鬼へと近付いてしまう。。。 人間の流す血に息を荒らげ、涎を零し、襲い掛かろうとするあまりにも凶悪なねずこを、咄嗟のところで兄の炭治郎が止めます。 そして炭治郎は傷つきながらも、幼い頃の子守唄をうたって聞かせるのです。 ねずこは今は亡き母との風景を思い出します。 そうして我を取り戻した時のねずこの泣き顔! 仰々しい角や鬼の文様は消え、身体は縮み、ぼろぼろと涙をこぼしながら眠りにつくねずこの姿はまるで小さな子供のようです。 ほんの少し前までの鬼の形相とのギャップも相まって、このシーンは涙なしには読めません… ちなみに、これが最初のムーコ 👉 炭治郎以外にもぎゅっ 引用:鬼滅の刃3巻 これは3巻の19話。 珠代と愈史郎とともに鬼を退けた後です。 兄である炭治郎との再会を喜ぶだけではなく、共に戦い良くしてもらった珠代や愈史郎に対して人としての感情で接している所がジーンとなります。 このシーンは久々の子供っぽい可愛さですね。 可愛がられ喜んでいる姿がなんともキュート! ここら辺数コマに渡ってじゃれつく姿が、可愛さMAXです。 あまんり炭治郎以外に甘えたりするところも見られないので新鮮ですよね。 その後もなついて手をずっと繋いでいるのが実の親子のようにも見えてさらにかわいい! 👉.

次の