鬼滅の刃 伊黒小芭内 画像。 鬼滅の刃・伊黒小芭内(いぐろおばない)キャラ設定ネタバレ!プロフィールをwiki風にまとめて紹介!

【鬼滅の刃】蛇柱・伊黒小芭内の呼吸を使った技や刀について紹介!

鬼滅の刃 伊黒小芭内 画像

むしろ、激しくなってるんじゃない!? 圧されていく柱 小芭内、富岡、不死川、甘露寺。 柱達は皆、 呼吸の技を駆使しながら対応しますが徐々に圧されます。 甘露寺に関しては、 無惨の攻撃が全く見えなく、勘で運よく避けれているのみ!! 「私が一番に潰れる・・・!! 少しも役に立ててないのに・・・!!」 そこで、甘露寺は捨て身を覚悟します。 斬りかかるよりも、間合いを詰めて無惨を羽交い絞めにすることを考えますが、 その瞬間、 無惨の攻撃がついに甘露寺に直撃っ!! すぐに 甘露寺に駆け付ける小芭内!! 悲鳴嶼さんは思います。 「何だあの技は!? 甘露寺は攻撃を避けたはず・・・!!」 そして、甘露寺と小芭内に追撃を加えようとする無惨に、 悲鳴嶼さんと富岡、不死川が立ち向かいます。 小芭内も!! でも、助けてくれてよかった!! 何かを感じる甘露寺 何かを感じた甘露寺は叫びます!! 「伊黒さん 嫌だ 死なないで!!」 その声を背中で聞きながら、 小芭内は思います・・・。 『鬼なんてものが この世に存在しなければ 一体どれだけの人が 死なずに済んだだろうか』 『もし君と 何気ない日常で出会うことができていたら どんなに良かっただろう』 『いや無理だな俺は』 『まず一度死んでから 汚い血が流れる 肉体ごと取り替えなければ』 『君の傍らにいることすら憚られる』 そう思う小芭内の包帯が取れています。 何と!! 口が裂けていました・・・!! 包帯で隠していたのですね・・・!! 何故なのでしょう!?それはこれから判明するのでした。 『甘露寺 俺は 人を殺して私腹を肥やす 汚い血族の人間なんだよ』 小芭内は甘露寺を好きだったんだね! でも、深い事情がありそうだ・・・!! 小芭内の過去 そこから場面は、小芭内の回想に入っていきます。 女系一家で、370年ぶりに男として生まれた小芭内。 生まれてからすぐに座敷牢に入れられます。 ですが、虐待などを受けるわけでもなく、 小芭内にご馳走を次から次に運んでくる家族・・・。 そして、夜には 巨大な何かが這い回る不気味な音・・・!! 小芭内は、その不気味な視線を感じ、身動きすら出来なくなっていました。 そんな生活が続き・・・、 12歳で座敷牢から出され 連れて来られたのはきらびやかな座敷。 そこに当主のように座っているのは・・・、 何と!!足が蛇の女の鬼っ!! どういうこと!? 呪われた一族 不気味な音の正体は、この蛇女鬼だとすぐに理解出来た小芭内。 つまり!! 小芭内の一族は、 この蛇女鬼に 自らの子供を生贄としてさしだすことで、 この蛇女鬼が人を殺して奪った金品で、 生計を立てていたのです!! そして、女系家族に生まれた 珍しく男で、生まれつきオッドアイの小芭内は、 蛇女鬼に気に入られ、成長して食える量が増えるまで生かされていたのです!! その後の地獄 もう少しだけ生かされ、成長を促された小芭内。 蛇女鬼は、 『口の形を自分と揃える』と、 小芭内の口を切り裂きます・・・!! さらにあふれ出た血を飲んだ蛇女鬼・・・。 毎日、バレるのではないか?と神経をすり減らします・・・。 口が裂けた理由は、こうだったんだね・・・。 柱の助けと一族の恨み その後、何とか屋敷から逃げた小芭内。 すぐに、蛇女鬼に追いつかれますが、当時の 炎柱が助けてくれます!! そして、 炎柱が小芭内の生き残った従妹を引き合わせてくれます。 しかし!! その従妹に小芭内は酷く罵られます・・・。 「あんたのせいよ あんたが逃げたせいで、 みんな、50人殺された」 と。 その言葉に傷付き、心をえぐられた小芭内・・・。 でも、逃げたかったんです。 あんな地獄のような所から・・・。 逃げれば家族がどうなるかを考えなかったわけではなかったのです・・・。 小芭内は思います。 「屑の一族に生まれた俺も また屑だ。 業が深すぎて普通の人生は歩めない」 ヤバイ・・・。 もう何も言えない・・・。 鬼を倒し、人に感謝される時。 少しだけ心が救われる小芭内ですが、 いつまでも 一族の50人の幻影が小芭内を苦しめるのでした・・・。 「無惨を倒して死にたい どうかそれで俺の汚い血が 浄化されるよう願う」 「鬼のいない平和な世界で もう一度人間に生まれ変われたら」 「今度は必ず君に 好きだと伝える」 そして、甘露寺の笑顔で終了となります・・・。 最後に 泣きました・・・。 もう小芭内にまさか、そんな過去があったなんて・・・。 あの包帯の理由に、あまりにも辛い過去があったなんて・・・。 小芭内。 死なないで欲しいです。 禰豆子や炭治郎に対する対応は目に余るものがありましたから。 でも、「鬼」というものへの思いは頷けます・・・。 小芭内が低身長なのも、 幼い頃、牢獄生活で、日に当たることが無かったからなのですね。 食事も、あんなにたくさん出されても食べる気にならないでしょうし、 「自分が食べられる為に生かされている」と知ったらなおさらですよね・・・。 それでも鬼狩りとなり、柱にまでなったスゴイ人です!! そして、幼い小芭内を助けた、 当時の炎柱は槇寿郎さんですね。 最新コミックス18巻で猗窩座との決着がありますが、.

次の

【鬼滅の刃】伊黒小芭内の素顔が判明!包帯下の口元が避けている!?

鬼滅の刃 伊黒小芭内 画像

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】伊黒は甘露寺に一目惚れしていた? 伊黒と甘露寺のなれそめですが、伊黒の一目惚れであったことが明かされています。 二人の出会いは、甘露寺が鬼殺隊に入隊した日のこと。 産屋敷邸で迷ってしまった甘露寺は、偶然出会った伊黒に助けを求めました。 その時伊黒は、甘露寺のあまりの可愛さに、度肝を抜かれたそうです。 相棒の蛇、鏑丸も、パニックになって伊黒に噛みついてしまいました。 ちなみに、 本編で伊黒の甘露寺への思いが初めて示唆されたのは、124話のことでした。 唐突に本誌に、 食堂で仲良さげに食事をとる甘露寺と伊黒の扉絵が掲載されたのです。 以前にも、柱合会議にて苦言を呈する伊黒に対して、甘露寺が「 ネチネチして蛇みたい、しつこくて素敵」と頬を染めるシーンがありましたが、甘露寺は恋柱の名の通り、誰にでもときめいてしまう性格なので、問題視されていませんでした。 それまであまり接点のなかった二人が、実は一緒に食事に行く仲であったことを知り、読者は驚かされました。 それまで、口を開けば嫌味ばかりの、嫌われ者キャラだった伊黒。 しかし、 前述の扉絵で見せた、甘露寺を見つめる優しいまなざしに、伊黒の人気が少しずつ上昇していきます。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】二人は文通をし合う仲だった? 132話にて、伊黒と甘露寺は文通をする仲であることが判明しました。 おばみつファンの間でずっと議論されてきたのが、「 伊黒が甘露寺を好きなのは明白だけど、甘露寺は伊黒のことをどう思っているの?」ということでした。 「 文通までしているのだから、二人は絶対両想いだ!」というファンもいれば、「 甘露寺のことだから、誰のことも無下にできず、なんとなく文通しているのでは?」「 甘露寺は他の人とも文通していそう」「 伊黒の片思いなのではないか?」というファンもいました。 しかし、 公式ファンブック「鬼殺隊見聞録」が発売され、その議論には終止符が打たれます。 「 甘露寺が一番気になっている柱は?」という質問に対し「 しのぶも含め全員気になっていますが、特に伊黒さんと食事や文通をする時が楽しいようです」との回答が掲載されたのです。 この事件は、おばみつファンたちを大きく沸かせました。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】伊黒が素直に告白できない理由とは? ほとんど両想いと言えた伊黒と甘露寺でしたが、伊黒は甘露寺に思いを伝えるつもりはありませんでした。 その理由が明らかになったのは、 188話のことです。 その回では、いつも白い包帯を口に巻いていた伊黒の素顔と、つらすぎる過去が判明しました。 伊黒は、 生まれた赤ん坊を鬼に与え続けることで、対価として富を得る、恐ろしい一族の元に生まれました。 伊黒自身も、生まれてすぐ生贄になる予定でしたが、珍しい男の子であったこと、綺麗なオッドアイであったことから、鬼に気に入られ、体が大きくなり肉が増えるのを待ってから、捧げられることになりました。 伊黒は、生まれた時から座敷牢に入れられ、たくさんの食事を与えられ育ちました。 12歳になったある日、座敷牢から引きずり出された伊黒は、蛇のような姿をした鬼の元へ連れていかれます。 その鬼は伊黒を見ると「 小さいねえ小さいねえ。 やっぱりもう少しだけ大きくしてからにしようかねえ」と言います。 すべてを理解した伊黒は恐怖で震えました。 蛇のような鬼は、伊黒の頬を切り裂き、自分と同じ形にすると、あふれ出る血を飲みました。 伊黒はその日以来、必死に簪で座敷牢の壁を削り、命からがら屋敷を抜け出しました。 しかし、お気に入りの生贄が逃げたことで、激怒した蛇の鬼は、 伊黒の親族をほとんど殺してしまいました。 忌まわしい一族の元に生まれたこと、自分のせいでその一族がたくさん死んだこと、また、自分の顔には忌まわしい傷跡があること…。 汚れている自分は、甘露寺にふさわしくない。 そう思っていた伊黒は、 無惨を倒して死に、生まれ変わった世界で甘露寺に思いを伝えようと決意します。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】無惨戦でお互いの気持ちを確認 そんな伊黒と甘露寺ですが、 無惨との最終戦で、瀕死の重傷を負ってしまいます。 無惨を倒し、喜びの声がこだまする中、瀕死の甘露寺を伊黒が抱きとめます。 他の重傷の柱には、手当のため隠が駆けつけているのに、二人の周りに隠はいませんでした。 二人が一目見て、もうどうにもならないほど重傷だったのか、伊黒が二人きりにしてほしいと頼んだのか、真実はわかりません。 死の間際、自分は戦いで役に立たなかった、と甘露寺が謝ります。 伊黒は、初めて会った日のことを思い出し、「 君と話していると、とても楽しい。 」「 底抜けに明るく優しい君は、たくさんの人の心をも救済している。 胸を張れ。 俺が誰にも文句は言わせない。 」と言い、甘露寺を強く抱きしめます。 その言葉を聞いた甘露寺は涙を流します。 「 私、伊黒さんが好き。 」 「 伊黒さんと食べるご飯が一番おいしいの。 だって伊黒さんすごく優しい目で私のこと見てくれるんだもん。 」 「 伊黒さん伊黒さんお願い。 生まれ変われたら、また人間に生まれ変われたら、私のことお嫁さんにしてくれる?」 その言葉に伊黒は、涙を流しながら「 もちろんだ。 君が俺でいいと言ってくれるなら」と返します。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】相思相愛で共に命を落とす その後、本編に伊黒と甘露寺は登場せず、二人は一体はどうなったのか、読者の間で議論が広がりました。 いままでギャグ扱いの多かった甘露寺のことだから、あんなやり取りをしながらも、後日談でひょっこり顔を出すのでは?と考察するファンもいました。 しかし、 203話にて、黄泉の国から炭治郎を救い出そうとする伊黒と、甘露寺の腕が登場し、二人があのまま死んだことが、確定になってしまいました。 あまりにも悲劇的な結末でしたが、 甘露寺は鬼殺隊入隊の理由であった「添い遂げる殿方を見つける」という目的を果たし、伊黒も「一度死んで血を浄化したい」という目的を達成しました。

次の

【鬼滅の刃】おばみつが本編でついに夫婦になった!?一途に想う伊黒小芭内!甘露寺蜜璃の返事とは?

鬼滅の刃 伊黒小芭内 画像

「信用しない 信用しない そもそも鬼は大嫌いだ」 概要 階級 柱 誕生日 年齢 21歳 身長 162cm 体重 53kg 出身地 東京府 八丈富士 趣味 川柳、俳句、飴細工を作っているところをずっと眺める 好きなもの とろろ昆布 CV の隊士。 隊の中ではと同じく「」と呼ばれる上級剣士。 「蛇柱」の二つ名を持つ。 「」というオスの白蛇を首に這わせており、初登場が木の上。 代表的な異常の発現である虹彩異色症()の罹患者であり、左目が青緑、右目が黄という身体的特徴を持つと同時に、片目が弱視など、他の柱達に比べて小柄な身体も併せて疾患が影響と思われる先天的特質を複数抱えている。 服装面では口元を常に包帯で覆っており、素顔を人前に見せることは無い。 人物 基本的に主人のおよび同じ柱以外の人間を信用も期待もしない気難しい性格。 何かと嫌味や皮肉交じりの言葉で接する偏屈な男だが、状況は冷静に把握している模様。 口調は曰く「ネチネチしている」らしい。 実際彼が言葉を発すシーンでは「ネチネチ」という擬音が書かれる。 一方で孤高主義かと思えばそうとも言えず、蜜璃とは文通をする仲でもあるとのこと。 彼女に関しては単なる仲間以上の感情を抱いているようで、文通以外にも蜜璃にニーハイソックスを贈ったり、柱稽古の際にはに対して「馴れ馴れしく甘露寺と喋るな」と牽制したり、無限城での戦いでは率先して蜜璃を雑魚鬼から守ったりしている。 吉原での戦いを終えた後のの下に現れた際も(かなり嫌味ったらしいが)、労いをかけたりしている。 また、重傷を負ったために引退を宣言する彼に後進の隊士が育っていないことを理由に拒否しようとしたりなど、鬼殺隊の今後について気にしていたりする面もある。 同様に「は絶対信用しない、問答無用で滅殺すべし」という考えを持つ。 その不死川によって傷を負わされたを助けようと、拘束された炭治郎が足掻いた際、何らかの体術らしき技を使い、背中に肘を付くだけで炭治郎の呼吸と動きを封じるという場面が見られた。 の活躍が隊内で評価されるようになった後も、二人への不信感は完全には捨てていないようで、特に炭治郎には上述した蜜璃と親しくなったことが原因で嫌っており、全隊合同の隊士修練において 修行場とする建物の内部の壁や床一面に他の隊士の身体を括り付けてその中で相手をするという、底意地の悪い修行を課している(おまけに、括り付けた隊士たちを見た炭治郎の「何らかの罪を犯したのか?」という問いかけへの答えは、 「弱い罪、覚えない罪、手間を取らせる罪、イラつかせる罪」などという理不尽極まりないもので、なおかつ隊律違反に抵触しかねないものだった)。 たが、宇髄から彼らへの評価を聞いたこともあるのか、彼らの力について(気に食わないながらも)少しは認めているフシがあり、休憩時間をちゃんと設けて無理をさせず、真面目に稽古はつけていたようである。 更に、括り付けられている隊士は 恐怖と危機感から二人の剣閃を嫌でも覚え、炭治郎は必死で目で訴える隊士達を避けて必要最低限の動きと剣捌きを覚えざるを得ないという、双方の利になる修行だったりする。 後にとの最終決戦にて炭治郎と共闘した際は意外なほどにお互いの息が合い、炭治郎の渡したの血鬼術で作り出した呪符のお陰で失った視力を補い、感謝の言葉を口にするほどである。 隊士修練を経てお互いの動作を理解していたのか息の合った攻撃を続け、遂にはあれほど嫌っていた炭治郎に 「二人ならできる!!」と言い放つほどに彼の力を認めた。 特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。 雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。 伊黒は隊服の上にボーダーが入った羽織を着用している。 羽織の色は白と黒であるが、デジタル版ジャンプで公開されているフルカラー版の初期では薄紫と黒になっていた。 女ばかり生まれる家で男が生まれたのは実に三百七十年ぶりだった(性別不明で、「女ではないか?」と言われた事がある)。 生まれた時からずっと小芭内は座敷牢の中で暮らしていた。 母、姉妹、叔母たちは猫撫で声で、小芭内から内心で「気色が悪い」と思われる程に親切であり、毎日毎日過剰な量の料理を運んできた。 座敷牢では夜になると、まるで巨大な蛇が這い回るような音と、そして粘りつくような視線を感じた。 小芭内は十二になると座敷牢から出され、きらびやかな装飾が施された豪華な部屋へと連れて行かれた。 小芭内の一族は蛇鬼が殺した人の金品で生計を立てていた。 その代わり赤ん坊が好物の蛇鬼に、 自分たちが生んだ赤ん坊を生け贄として捧げていた。 小芭内は一族では珍しい男であり、風変わりなオッドアイだったため、蛇鬼に気に入られており、成長して喰う量が増えるまで生かされていた(後に右眼の視力が殆どないことが発覚した為、先天盲だと思われる)。 蛇鬼は口の形を自分と揃えると言って、 小芭内の口の端を裂いて、そこから溢れた血を飲んだ(口元を隠していたのはこれが原因、また扉絵で蜜璃と外食していた際に口にしなかったのは、口元を見せたくなかったからで、好物がとろろ昆布なのも固形物が食べられなかったからだろう)。 炎柱は小芭内と生き残った従姉妹を引き合わせてくれたが、しかし従姉妹は小芭内を罵った。 「あんたのせいよ あんたが逃げたせいで皆殺されたのよ!! 五十人死んだ! あんたが殺した! 生贄のくせに!! 大人しく喰われてりゃ良かったのに!!」 しかし小芭内の心を抉るには十分だった。 そして小芭内は、自分が「汚い」「屑」だと卑下を通り越して自分自身を罵倒した。 『身内ならかばって当たり前』、どういう気持ちで言ってたのだろう…。 この辛辣な言葉は彼の心に深い傷、サバイバーズギルトに類する心的外傷を負わせるに至り、もはや普通の人生を歩む事など当然できなかった彼は、鬼殺隊に入って鬼に感情を全てぶつけた。 だけど、いつまでも五十人の恨めしい眼と腐った手が小芭内の身体を掴んで離さない。 ネタバレA 無限城内部での対「」戦。 ネタバレB 鬼の首魁「鬼舞辻無惨」との最終決戦及び「」。 ネタバレC。 ネタバレA 無惨によって無限城に落とされた後は蜜璃と合流し、彼女と共に程度の力を与えられた雑魚鬼と戦いながら無惨を探す。 その後、新・上弦の肆のを発見し対決。 当初は彼女のの一つである、城内の構造を自在に操作する能力(例・別の部屋に飛ばす扉を造る、部屋を回転させる)に苦戦するが、蜜璃と合流していた愈史郎の能力で、彼女の能力を封じることに成功する。 その後は無惨に挑む炭治郎達と合流し、最終決戦に参加する。 ネタバレB 覚醒した無惨の猛攻により両目を失う重傷を負わされながらも、炭治郎や鏑丸の助けを得て戦い抜き、ようやく無惨を倒すに至った。 しかし、その時にはもう蜜璃共々瀕死の状態で助かる見込みはなかった。 「あんまり役に立たなかった」と詫びる蜜璃に対し、小芭内は産屋敷家で初めて蜜璃と会った時の事を話し出す。 蜜璃からしてみれば屋敷の中で迷っていた自分を小芭内が助けてくれた思い出だが、小芭内からしてみればあの日会った蜜璃が、 「ささいなことではしゃいで鈴を転がすように笑い、柱になるまで苦しい試練もあっただろうに、それを少しも感じさせないあまりにも普通の女の子」だったからこそ、自分はあの日から今日に至るまで蜜璃に救われてきたこと、底抜けに明るい蜜璃はたくさんの人の心をも救済していることを告げる。 それを聞いた蜜璃は号泣しながら 「私 伊黒さんが好き」 「伊黒さんと食べるご飯が一番美味しいの」 「だって伊黒さんすごく優しい目で私のこと見ててくれるんだもん」 「伊黒さん伊黒さんお願い」 「生まれ変わったら また人間に生まれ変われたら」 「私のことお嫁さんにしてくれる?」 と告白する。

次の