ラインモバイル データフリー ビデオ通話。 LINEモバイル:データフリーなビデオ通話で防犯カメラを構築してみた

LINEモバイル:データフリーのビデオ通話が全く使い物にならない

ラインモバイル データフリー ビデオ通話

「LINEモバイルでビデオ通話をしてみたらスムーズに動画が見れず、 カクカクしていた」 「止まってしまってうまくビデオ通話が出来なかった」 というお悩みはございませんか? ビデオ通話に限らず、動画がカクカクと止まってしまうという状態は かなりストレスですよね。 昨今の感染症の影響で、ビデオ通話やテレビ電話が、テレワークでも 取り入れられたり、 オンライン会議やオンライン講義、オンライン面接、 オンライン面談など様々な状況で ビデオ通話というものが重宝される ようになりました。 仕事以外でもオンライン飲み会も流行っており、ビデオ通話をする機会も 増えてきた方も多いと思います。 そんな中、「LINEモバイルでビデオ通話をすると止まる」 という噂があるようです。 LINEモバイルでビデオ通話をすると止まるのか、 止まってしまった場合の原因と対策について、こちらの記事を 読んでいただければ スッキリ解決すると思いますので、ぜひご覧ください。 もくじ• LINEモバイルでビデオ通話をすると止まってしまうのか 結論からいうと、「LINEモバイルだからビデオ通話中に止まってしまう」 のではなく 通信環境が悪いから 止まってしまうというのが真相のようです。 LINEモバイルでは、データフリー(カウントフリー)オプションを 実施 しており、 LINEデータフリーならLINEのみ、 SNSデータフリーならLINEとTwitter、Facebookの3つ、 SNS音楽データフリーならLINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICの5つの利用時にデータ使用量を 消費しません。 つまり、LINEのアプリでビデオ通話をいくらしても、データ消費量は 減ることはありません。 そのうえ、データ消費量を使い切って通信制限がかかっていても、 データフリーの対象なので高速通信のままなのです。 それをふまえると、 LINEモバイルは格安SIMの中で ダントツでビデオ通話に向いている と言えるでしょう。 そんなLINEモバイルでスムーズなビデオ通話をするために知っておきたい、 カクカクと止まってしまうことのない使い方をご紹介します。 LINEモバイルでビデオ通話をしていたら止まってしまった時の原因と対策 【原因1】4Gではなく3Gなど回線を遅い設定してしまっている 間違って3Gなど設定してしまっていると、回線が遅くなってしまいます。 一番早い設定できているか端末で確認してみましょう。 【原因2】山奥など電波が届きにくい場所にいる 山奥など電波が届きにくい場所では、LINEモバイルであるかどうか関係なくビデオ通話をするのは難しいです。 電波の届きやすい場所に移動してみましょう。 【原因3Wi-Fiのルーターから遠い場所にいる こちらはWi-Fiを使用している場合なのですが、ルーターから遠い場所で スマートフォンを使用していると、うまく電波を拾うことができず、 回線が遅くなってしまうことがあります。 その場合は移動するか、ルーターの位置を変えてみましょう。 【原因4】電子レンジやBluetooth搭載の端末などを近くで使用している こちらもWi-Fiを使用している場合なのですが、電子レンジや Bluetooth搭載の端末、コードレス電話機などを 近くで 使用していると 同じ周波数帯を使用することが多いため 電波干渉を 受けて インターネットが つながりにくくなること が あります。 その場合は近くでの使用を控えるか、 もしくは、 ルーターの周波数帯 (チャンネル)を変更すると解消すること も ありますので 一度 試してみましょう。 チャンネルを変更をすることで、逆に通信速度が落ちて しまう場合や、うまくいかない場合もありますので 変更をする際は注意してください。 【原因5】遅いWi-Fiにつないでしまっている(移動中など) 移動中によくあるのが、公共のWi-Fiを自動でつないでしまっていた ということです。 特に無料のWi-Fiスポットはかなり速度が遅いもの も多いので、 無料のWi-Fiに繋いでいる状態に気づかずスマホ側の 故障を疑ってしまうということもあるかもしれません。 その場合には、公共Wi-Fiをつながない設定にしておく、 移動中はWi-Fiをつながないよう設定するなどを試してみましょう。 【原因6】アプリが最新の状態になっていない アプリが最新の状態でないと、動作が重くなってしまうことがあります。 アップデートをしてアプリを最新の状態にしてみましょう。 【原因7】キャッシュがたまってしまっている キャッシュとは、簡単に言うと「よく使うデータを、すぐに取り出せる 場所に一時的に保管しておく仕組み」のことです。 よく使うデータにも かかわらず、毎回呼び出していては、読み込みに時間がかかって しまいます。 定期的にキャッシュを削除するようにしてみましょう。 【原因8】裏で動いているアプリがある ビデオ通話の裏で、他のアプリが起動していると、そのアプリが邪魔をして動作を遅くさせてしまうことがあります。 使用していないタブを消したり、裏で起動しているアプリを 終了してみましょう。 【原因9】これら全て試してみたけど回線速度が戻らないときは… 充電が十分にないと、スマートフォンがうまく機能しない場合が あります。 充電が十分にあるか確認してみましょう。 それでも回線が遅い場合は、端末を再起動をしたり、SIMを 抜き差ししてみましょう。 LINEモバイルでビデオ通話をする際の注意点3つ 【注意点1】LINEのアプリでビデオ通話をしよう LINEモバイルでは、前述したように、LINEデータフリーであれば LINEのみが、 SNSデータフリーであればLINEとTwitter、Facebookが、 音楽SNSデータフリーであれば LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICがデータフリーで使用できます。 言い換えると、それ以外のアプリはデータフリーではありません。 なので、それ以外のアプリではデータを使用してしまい通信制限に かかってしまうと 速度が遅くなり、ビデオ通話がカクカクと 止まってしまってスムーズにできなくなります。 (通信制限にかかっても、LINEのビデオ通話は高速回線で使用できます) ですので、ビデオ通話をするときはLINEのアプリでビデオ通話を するようにしましょう。 【注意点2】外部リンクに気を付けよう LINEモバイルのデーターフリーは、主要SNSのアプリ内の何をしても データが 使用されないというわけではありません。 特に外部リンクと呼ばれる、LINE以外のリンクが表示されているものは タイムラインなどで多く見かけます。 こちらを閲覧するとデータが使用 されてしまいます。 その他にも、オープンチャットやグループ内Liveの 使用はデータが使用されます。 (詳しくは ) 【注意点3】データフリー内でも、データ通信を大量に行うと通信制限がかかることがある LINEモバイルの公式ページには 「データフリー機能の利用により、他のお客様の迷惑となるような、大容量のデータの継続的な送受 信などを行った場合に、一時的に通信を制限する場合があります。 」 公式サイトより引用( と書いてあり、あまりにも大量にデータ通信をしてしまうと制限が かかってしまうことも あります ので、不用意なビデオ通話の 繋ぎっぱなしはやめておきましょう。 ビデオ通話をするならLINEモバイルがおすすめな理由 LINEでビデオ通話をどれだけしてもデータフリー LINEモバイルでは、LINEのアプリでビデオ通話をしてもデータが 一切使用されません。 なので、たとえ他のアプリを使い過ぎて 通信制限がかかっていたとしても、 LINEのアプリでビデオ通話を する ときには通信制限が関係がなく、高速通信ができます! これなら気楽にビデオ通話を楽しめそうですよね。 LINEモバイルならデータSIMでもビデオ通話ができる LINEモバイルでは、音声通話ができる「音声通話SIM」と、音声通話が できない「データSIM」からSIMのタイプが選べます。 データSIMだと 音声通話が出来ないのですが、 その分料金が低くなっています。 「音声通話ができない」と聞くと、「ビデオ通話もできないんでしょ」と 思われる方も 多いかもしれませんが、データSIMを選んでいる場合でも、LINEのアプリから ビデオ通話をすることができます。 データSIMを選んでしまっている場合でも安心ですね。 まとめ• LINEモバイルはLINEでのビデオ通話がデータフリーで使い放題• データSIMでもLINEのアプリでビデオ通話ができる• LINEのアプリでビデオ通話をしよう• 過度なビデオ通話の繋ぎっぱなしと、外部リンクに気を付けよう LINEモバイルだからビデオ通話が止まるのではなく、 通信環境が悪いから ビデオ通話が止まってしまうというのが真相でした。 それどころか、LINEモバイルではデータフリーでLINEのアプリから ビデオ通話が出来るので、格安SIMでビデオ通話をするなら ダントツでLINEモバイルがおすすめです。 外出自粛要請をうけて、実家への帰省も控えるよう呼びかけられている 現在では、 おばあちゃんやおじいちゃんの家に行くこともできないので、 ビデオ通話をすれば 簡単かつ安心して、お互いの家にいながら、近況を話し合ったり、自分やお子さん の元気な姿を見せてあげることもできます。 皆さんも、ぜひこの機会にLINEモバイルで通信制限を気にすることなく ビデオ通話を楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の

【要注意】LINEモバイルコミュニケーションフリー注意点5つ!知らなきゃ損!

ラインモバイル データフリー ビデオ通話

ラインのビデオ通話は無料なのか ラインは音声通話やメッセージ機能は無料ですが、ビデオ通話は有料じゃないのかと思っている方もいますよね。 ラインではこの「ビデオ通話」も無料です。 ・海外ではどうなのか 海外にいる相手や海外でライン利用してもビデオ通話は無料です。 海外にいるお友達とも通話料金を気にせずおしゃべりできるのはとても魅力的ですよね。 ・PC版ラインとのビデオ通話も無料? PC版ラインとのビデオ通話も、もちろん無料です。 また、自分または相手がPCだと、ネットワーク接続が有線だと回線速度が安定し、映像が途切れたり、音声が途切れたりするという事が少なくなります。 【ビデオ通話をする前に知っておかなければならない事】 ビデオ通話をする前に知ってほしい事、やってほしい事があります。 これを知らずにビデオ通話などしてしまうと結構大変なんです。 ラインは機能は基本的に無料ですが、通話やビデオ通話の際、通信料というものがスマホには存在します。 それは各携帯会社が決めたもので一定通信量までは定額で使えるなど、またその通信量を超えると回線速度制限したりします。 ですのでライン自体は無料ですが、その通信をするのにお金掛かっている事になります。 また、特にビデオ通話は映像も通信するのでその分通信量が掛かります。 Youtubeなどの動画を観た場合と同量の通信が必要になるので、すぐに通信規制が掛かってしまう場合があります。 また、パケット放題に加入していない方が知らずに使っていると、数十万という請求額になってしまったという話も聞いたことがあります。 なので、知っておいて欲しい事は「ライン自体はお金は掛からないがその分通信料が出ている」という事です。 ですが、その通信料が節約できる方法があるんです。 ・Wifiを使う。 Wifiを使えば、パケット通信を使わずラインなど利用する事ができます。 家にWifiの環境がある方はそちらに接続していれば好きなだけ使ってもパケット通信は行わないので節約できます。 また「モバイルデータ通信」のチェックを外しておくとすべての通信をWifiにて行うためラインの他のアプリなどもWifi接続のみで利用できます。 端末によって異なります 注意点なのですが、「モバイルデータ通信」をOFFにすると電話番号からの着信やSMSやメールなどが受信されなります。 着信などは携帯会社のモバイル通信をしなければ利用できないようになっているからです。 また、外出時などはポケットWifiなどを使うか、外出先のフリースポットWifi コンビニ、マクドナルド等 に接続して利用すれば、パケット接続になります。 この利用をしていればパケット通信量が、一か月に1GB未満で済む事だって出来るんですよ。 オススメのコンテンツ まとめ 今回はラインのビデオ通話は無料できるのか?また、知っておいてほしい事などをまとめました。 無料と言っていますが、実はパケットが掛かっているので実質有料だったんです。 完全無料にするには、「モバイルデータ通信」をOFF、通信をすべてWifiに変更すると全くパケット通信が掛からないようになっています。 なので外出時もなるべくフリースポットWifiを見つけて接続するようにしましょう。 現在フリースポットWifiは全国各地に設備されており様々なところで利用できるので便利です。

次の

LINEモバイルでビデオ通話をすると、止まるという噂の真相は…?

ラインモバイル データフリー ビデオ通話

もくじ• 【結論】LINEモバイルでテレビ(ビデオ)電話は無料じゃないのか? 結論からお話しすると、LINEモバイルではLINEのテレビ電話(ビデオ通話)以外のテレビ電話(ビデオ通話)は無料ではありません。 反対に、 LINEのテレビ電話(ビデオ通話)は無料で使い放題(データフリー)となります。 LINEを日常的に使っている方であれば、 いつも通り友達とのトーク画面からビデオマークをタップするだけで、簡単に無料で使い放題(データフリー)のテレビ電話(ビデオ通話)ができちゃいます。 さらに、 LINE自体も基本的には無料で使い放題(データフリー)ですので、LINEしか使わないよ!という方には特におすすめです。 LINEを使ったテレビ電話(ビデオ通話)なら何時間使っても一切データ通信料がかからないので、とても快適に利用することができます。 ただし、あまりにもデータ通信をし続けてしまうと、通信制限が入り、途中で止まってしまう可能性もあるようですので、不用意な繋ぎっぱなしはやめておきましょう。 通信制限が入る目安は3日で10GBとも言われています。 ただ、LINEでのビデオ(テレビ)通話程度であればここまではいかないのでご安心ください。 そもそも、LINEモバイルのようなデータ通信に使い放題のプランがあるというのはとってもすごいことで、他のキャリアにはない魅力でもあるんです。 他のキャリアでは、通話料だけで3分あたり200円がかかりますし、データ消費量も同時にかかってきますからね。 Wi-Fiが突然繋がらなくなった時用にLINEでのビデオ通話ができる状態にしておくと欠席しなくて済みますし、料金も安いので2台持ちにしても最低限のコストで済みますね。 定額の Wi-Fiと最低料金の 4G回線を併用してリスクヘッジ、これができるのが LINEモバイルです。 データフリー(無料で使い放題)になるテレビ電話(ビデオ通話)は他にある? LINEモバイルでは、LINE以外のテレビ電話(ビデオ通話)はデータフリー(無料で使い放題)ではありません。 このため、仮にLINE以外の通話アプリでテレビ電話(ビデオ通話)を行うと、止まることもありますし、通信制限がかかると機能しなくなってしまいます。 念のため、LINEモバイルのビデオ通話のデータフリー(無料で使い放題) の対象範囲についてもう一度確認してみましょう。 結論ですが、ビデオ通話がデータフリーなのはLINEだけです。 もちろんWi-FiならLINE以外も通話時間は気にしなくていいですね。 現状、TwitterやInstagram、Facebookは音声通話が実装されていませんが、もし実装されたらLINEモバイルでデータフリーになるか注目したいところですね。 データSIMではテレビ電話(ビデオ通話)が使えるのか 結論から言うと、LINEモバイルではデータSIMでもビデオ通話ができます。 しかし残念ながら、 データSIMは普通の(090、080から始まる)電話自体が全く使えないSIMです。 このため、データSIMは一見すると電話が全く使えないSIMなのかなと思っちゃいますよね。 実はここに落とし穴があって、 LINEモバイルのデータSIMはLINE通話はビデオ通話もできるし、Skype通話も当然できるんですね。 Wi-Fiを使えばどんな長時間テレビ(ビデオ)通話でもし放題なので、この辺りは大手キャリアとほとんど同じ使い方ができますよ。 データSIMであれば、月額600円だけのLINEフリーオプションでも、SNSデータフリーオプションでも、SNS音楽データフリーオプションでもLINEを使ったテレビ電話(ビデオ通話)はデータフリーとなります。 LINEだけしか使わない方であればこのLINEフリープランで契約してしまっても良いかもしれませんね。 まとめ いかがでしたでしょうか。 LINEモバイルでは、LINEを使ったテレビ電話(ビデオ通話)であれば無料で使い放題(データフリー)なので、ぜひ活用してみてくださいね。 現在は、LINE以外の3つのSNS(Twitter、Instagram、Facebook)はデータフリーとなるテレビ電話(無料通話)のような通話機能はありませんが、今後実装された場合は無料で使い放題になるのか気になるところですね。 ただし、データSIMは090や080から始まる電話のできないSIMですので、LINEモバイルで普通の電話を使ってテレビ電話(ビデオ通話)をたくさんしたいという方は音声通話SIMを契約することをおすすめします。 はじめまして、ばたおです。 長年大手キャリアの携帯電話を使い続けていましたが、 夫だけの給料では厳しく、子どもにお金がかかるので、 ここで家族で生活費の見直しをしようと、 それまで個人で月1万円以上かかっていた携帯代を見直し、格安スマホに乗り換え、 家族で年間10万円以上を節約することに成功。 それまで携帯代に消えていたお金が旅行代など自分の使いたいお金に変わりましたし、なんだか得した気分になれている、そんな毎日をおくれています。 むしろ、「もっと格安スマホに詳しくなろう!」と向上心を持つこともできています。 今はお金に多少の余裕も持てていますし、毎日前向きに生きています。 なんだかんだ、 「格安スマホに失敗しないで乗り換えたい」と考えるアナタへ 有力な情報を発信していきます。

次の