ご送付いただけますでしょうか。 「送付いただけましたか?」意味と使い方・ビジネス例文

「ご送付」という敬語の正しい使い方について

ご送付いただけますでしょうか

たとえば電話のやり取りや口頭での会話では伝わりづらい場合には、相手の方との認識を合致させるためにも資料を送ったり、反対に相手の方から送ってもらうこともあると思います。 または取引先、営業先に対して何かを発注したりものを送ってもらいたい時などには、メールや口頭で「送ってください」と依頼することもあるでしょう。 ビジネス上で、私たちは社内、社外ともにメールや文書などで「送ってください」という表現を使う機会は多々あるのではないでしょうか。 しかしいざ「送ってください」と相手の方にお願いする場合、そのまま「送ってください」と伝えてもいいのでしょうか。 そこで、場合に応じて正しく「送ってください」という表現を使うためにはどのように表現するべきなのか、シーンごとに詳しく見ていきましょう。 こちらから「送る」場合 では反対に、相手に「送ってください」などと「~してほしい」ことを依頼したい場合には、どのように表現すべきなのでしょうか。 そのまま「送ってください」は失礼 「送ってください」という言葉自体は「ください」と使われていることから丁寧に伝えているように見えますが、そのままでは命令形ですので、非常に失礼な表現となります。 相手との関係性に関わらず、相手に不快な思いをさせてしまう可能性がありますので、使用は控えましょう。 それではどのようにお伝えすればよいのでしょうか。 敬語表現「送っていただけますでしょうか」 相手に「送ってください」などの「~してほしい」ことを依頼したい場合、一般的な表現としては、「送っていただけますでしょうか」と表現されることが多いのではないでしょうか。 これはたとえば取引先、営業先からメールを「送ってほしい」場合などに使われるのが一般的です。 また資料などの目視できるものを送ってほしい時には、ただ「送ってください」「送っていただけますでしょうか」ではなく「ご送付くださいますようお願いいたします」などと表現すれば、相手に失礼にならずに敬語として通用します。 「ご送付くださいますようお願いいたします」とは、 尊敬語「ご」+「送付」+「くださる」(「くれる」の尊敬語)+「お願い」+尊敬語「いたす」+「ます」となり、敬語として成立しています。 申し訳ない気持ちを添える クッション言葉とは クッション言葉とは、相手に何かをお願いする、お断りする、異論を唱えるなど、相手に依頼したり否定的な言いにくいことなどを伝える際に、言葉の前に添えて使用する言葉のことを指します。 このクッション言葉を使用することによって、直接的な表現を避け、丁寧で優しい印象を相手に与える効果があります。 また、相手に失礼にならずに伝えることができます。 ただしクッション言葉を複数用いて多用すると、わざとらしく聞こえたり、回りくどい印象に取られてしまうこともありますので、適切な頻度で使用することで発揮される言葉であることを覚えておきましょう。 クッション言葉の例 ・恐れ入りますが ・申し訳ございませんが ・失礼ですが ・早速ですが ・あいにくですが ・差し支えなければ ・お手数をおかけしますが ・できましたら ・申し上げにくいのですが ・よろしければ 以上を踏まえて、「送ってください」に申し訳ない気持ちを添えると以下のような表現となります。 (例) ・恐れ入りますが、送っていただけますでしょうか ・申し訳ございませんが、送っていただけますでしょうか ・お手数ではございますが、送っていただけますでしょうか こうすることで、「送ってください」という気持ちをさらに丁寧に表現することができます。 より丁寧に依頼したい場合 督促とは、先にもお伝えしたように、一度依頼した内容について再度依頼するものであり、「いつ何を依頼したか」が重要な部分となります。 この時に、このままでは高圧的な印象や冷たい印象を与えてしまう可能性がありますので、「行き違いがあったのではないか」という気遣いの一言を添えると、好印象を与えられます。 ご多忙中とは存じますが、至急お送りくださいますようお願いいたします。 なお、行き違いで送付いただいている場合は、失礼をお許しの上、お手数ですがその旨ご連絡をお願いいたします。 ビジネスで「送ってください」を使う場合の例文 それでは実際に、ビジネスシーンにおいて「送ってください」と使う場合を想定して、いくつか例文をご紹介いたします。 (例) ~依頼形での「送ってください」~ ・先日ご依頼した書類をお送りいただけますでしょうか。 ・ご多忙中とは存じますが、資料をご送付いただけますと幸甚です。 ・恐れ入りますが、至急カタログをお送りくださいますようお願い申し上げます。 このように、依頼の形での「送ってください」と督促の形の「送ってください」など、使うシーンによっても使い分ける必要がありますので、参考にしていただけると嬉しいです。 関係性や内容を踏まえて使い分ける.

次の

「送ってください」の敬語・使い方・例文|関連するビジネス用語

ご送付いただけますでしょうか

たとえば電話のやり取りや口頭での会話では伝わりづらい場合には、相手の方との認識を合致させるためにも資料を送ったり、反対に相手の方から送ってもらうこともあると思います。 または取引先、営業先に対して何かを発注したりものを送ってもらいたい時などには、メールや口頭で「送ってください」と依頼することもあるでしょう。 ビジネス上で、私たちは社内、社外ともにメールや文書などで「送ってください」という表現を使う機会は多々あるのではないでしょうか。 しかしいざ「送ってください」と相手の方にお願いする場合、そのまま「送ってください」と伝えてもいいのでしょうか。 そこで、場合に応じて正しく「送ってください」という表現を使うためにはどのように表現するべきなのか、シーンごとに詳しく見ていきましょう。 こちらから「送る」場合 では反対に、相手に「送ってください」などと「~してほしい」ことを依頼したい場合には、どのように表現すべきなのでしょうか。 そのまま「送ってください」は失礼 「送ってください」という言葉自体は「ください」と使われていることから丁寧に伝えているように見えますが、そのままでは命令形ですので、非常に失礼な表現となります。 相手との関係性に関わらず、相手に不快な思いをさせてしまう可能性がありますので、使用は控えましょう。 それではどのようにお伝えすればよいのでしょうか。 敬語表現「送っていただけますでしょうか」 相手に「送ってください」などの「~してほしい」ことを依頼したい場合、一般的な表現としては、「送っていただけますでしょうか」と表現されることが多いのではないでしょうか。 これはたとえば取引先、営業先からメールを「送ってほしい」場合などに使われるのが一般的です。 また資料などの目視できるものを送ってほしい時には、ただ「送ってください」「送っていただけますでしょうか」ではなく「ご送付くださいますようお願いいたします」などと表現すれば、相手に失礼にならずに敬語として通用します。 「ご送付くださいますようお願いいたします」とは、 尊敬語「ご」+「送付」+「くださる」(「くれる」の尊敬語)+「お願い」+尊敬語「いたす」+「ます」となり、敬語として成立しています。 申し訳ない気持ちを添える クッション言葉とは クッション言葉とは、相手に何かをお願いする、お断りする、異論を唱えるなど、相手に依頼したり否定的な言いにくいことなどを伝える際に、言葉の前に添えて使用する言葉のことを指します。 このクッション言葉を使用することによって、直接的な表現を避け、丁寧で優しい印象を相手に与える効果があります。 また、相手に失礼にならずに伝えることができます。 ただしクッション言葉を複数用いて多用すると、わざとらしく聞こえたり、回りくどい印象に取られてしまうこともありますので、適切な頻度で使用することで発揮される言葉であることを覚えておきましょう。 クッション言葉の例 ・恐れ入りますが ・申し訳ございませんが ・失礼ですが ・早速ですが ・あいにくですが ・差し支えなければ ・お手数をおかけしますが ・できましたら ・申し上げにくいのですが ・よろしければ 以上を踏まえて、「送ってください」に申し訳ない気持ちを添えると以下のような表現となります。 (例) ・恐れ入りますが、送っていただけますでしょうか ・申し訳ございませんが、送っていただけますでしょうか ・お手数ではございますが、送っていただけますでしょうか こうすることで、「送ってください」という気持ちをさらに丁寧に表現することができます。 より丁寧に依頼したい場合 督促とは、先にもお伝えしたように、一度依頼した内容について再度依頼するものであり、「いつ何を依頼したか」が重要な部分となります。 この時に、このままでは高圧的な印象や冷たい印象を与えてしまう可能性がありますので、「行き違いがあったのではないか」という気遣いの一言を添えると、好印象を与えられます。 ご多忙中とは存じますが、至急お送りくださいますようお願いいたします。 なお、行き違いで送付いただいている場合は、失礼をお許しの上、お手数ですがその旨ご連絡をお願いいたします。 ビジネスで「送ってください」を使う場合の例文 それでは実際に、ビジネスシーンにおいて「送ってください」と使う場合を想定して、いくつか例文をご紹介いたします。 (例) ~依頼形での「送ってください」~ ・先日ご依頼した書類をお送りいただけますでしょうか。 ・ご多忙中とは存じますが、資料をご送付いただけますと幸甚です。 ・恐れ入りますが、至急カタログをお送りくださいますようお願い申し上げます。 このように、依頼の形での「送ってください」と督促の形の「送ってください」など、使うシーンによっても使い分ける必要がありますので、参考にしていただけると嬉しいです。 関係性や内容を踏まえて使い分ける.

次の

「ご送付」という敬語の正しい使い方について

ご送付いただけますでしょうか

確認のフレーズ 確認のお決まりフレーズ・常套句・言い回し フレーズ 使用例 ご確認をお願いします いただけますか• お手数ですが、ご確認をお願いします• 後でご確認いただけるとありがたいです よろしいでしょうか• いつまでに提出すればよろしいでしょうか• 1点、確認したいことがあるのですが、よろしいでしょうか ご お ~いただけますか• 再度、ご送付いただけますか• お目通しいただけますか• ご了解いただけますか• ご参加いただけますか• ご一読いただけますか• ご返信いただけますか 既にご存知とは かと 思いますが 既にご存知とは思いますが、念のためご確認する次第です ご査収ください 本日、領収書を郵送いたしましたのでご査収ください お聞き及び• すでにお聞き及びとは思いますが、プロジェクトの担当が変わります•

次の