ふたりぼっちのオタサーの姫。 ヤンジャン新連載『ふたりぼっちのオタサーの姫』が期待大な件!

ヤンジャン新連載『ふたりぼっちのオタサーの姫』が期待大な件!

ふたりぼっちのオタサーの姫

人気の漫画• アーカイブ• 192• 342• 329• 223• 2 カテゴリー• 227• 277• 500• 104• 138•

次の

【漫画】 ふたりぼっちのオタサーで姫になる?クール教信者の読切がヤンジャンに │ inANIME

ふたりぼっちのオタサーの姫

8話のネタバレ 大山は料理の本を読んでいた。 男性の心をつかむにはまずは料理からと本に書かれていたからであった。 基本的なことのようでなかなかできる女性はいないであろう。 なんと大山は意外にもそこそこ料理ができる女性であった。 一通り作って弁当箱に詰めるが、作ったあとでで肉類が多すぎてバランスが悪いことが判明してしまった。 ひとまずこれでいいかと大山はタクさんに弁当を渡すことにした。 大山は弁当を作りすぎてしまったからと、テンプレートのセリフで弁当を手渡した。 タクさんはあっという間に弁当を平らげてしまったのであった。 こんなボリュームのある弁当を食べているのなら大山さんはさぞ活力にあふれた毎日を送っているのであろうと言われてしまった。 そうしていい気分になってしまったのでまた次の日もアレンジして違う弁当を作ってくる。 タクさんは大山の狙い通りに弁当のアレンジ部分を指摘して褒めてくれたのであった。 その後も大山はシチューなどの変わり種弁当を次々と作っていたのであった。 しかし連日ボリュームのある弁当を食わせすぎてしまったため、タクさんの体重は増加してしまったのであった。 大山はお母さんにヘルシーな弁当の作り方を教わった。 翌日ヘルシーの弁当を差し出すと、タクさんはバス券を貢いでくれたのであった。

次の

クール教信者

ふたりぼっちのオタサーの姫

人気の漫画• アーカイブ• 192• 342• 329• 223• 2 カテゴリー• 227• 277• 500• 104• 138•

次の