デュエマ オボロ ティガ ウォック。 【デュエマ】手札は知識!知識は力!三・騎・繚・乱ティガウォック!【デッキ紹介】 / デュエマ仙台店の店舗ブログ

クソデッキ考察 〜オボロティガウォック編〜|ブライトン|note

デュエマ オボロ ティガ ウォック

手札は知識。 手札の数は知識の量。 水文明の民は皆、口を揃えてそう言った。 手札が多いということは、選択肢、可能性がそれだけ増えるということ。 言い得て妙な比喩だと僕は思うね。 手札が多ければそれだけ強い! うれしい! さて、十王篇にて大注目のドローカードが登場した。 《三・騎・繚・乱》。 5コストで3枚ドロー。 これだけではただの《トリプル・ブレイン》だ。 だが、このカードは 「チーム銀河」のカード! ギャラクシールド3がついているではないか! ギャラクシールドを用いれば3コスト3枚ドロー。 かかるコストとドロー枚数を考えれば、かの有名なプレミアム殿堂カード 《サイバー・ブレイン》を超える。 やった! 手札! いっぱい! ふえるわかめみたいにどんどん増える! これはこれで強いのだが、この「ふえるわかめ」……もとい 《三・騎・繚・乱》の使い方はそれだけじゃない。 よく考えてみよう。 《三・騎・繚・乱》は ギャラクシールドを持っている。 ギャラクシールドはコストを先に支払い、次のターンの始めにその効果を受けられる能力。 マナを使うことなくターン始めにドローが出来るのだ! ドロー効果のみを見るならばあまり気にかけることでもない。 だが、この効果によって莫大な恩恵を得られるカードが存在するのだ! 《絶海の虎将 ティガウォック》! そのターンドローしたカードの枚数分コストの下がる彼にとって《三・騎・繚・乱》は0コストで3コスト軽減出来るカード! まさに! 「Black Lotus」の様! 実質Add 3 mana! ……まあ、前のターンに3コスト払ってるから実際 Black Lotusほどとはいかないが、それでも十分すぎるくらい強い! 《天災超邪 クロスファイア 2nd》 「大量ドローなら俺も忘れないでくれ!」 お、そうだな。 というわけでこの 《三・騎・繚・乱》と 《絶海の虎将 ティガウォック》のコンボを使った「メガハンドデッキ」を紹介! デッキ名は 「三・騎・繚・乱ティガウォック」! ひねりねぇなぁおい。 《三・騎・繚・乱》と 《絶海の虎将 ティガウォック》だけでは、ドローは出来ても攻め手に欠ける。 《海底鬼面城》と 《三・騎・繚・乱》でドロー枚数を伸ばし、ティガウォックを展開。 ターンを跨いだ過剰打点にて相手を貫くのがこのデッキメインの動きになる。 大量のドローをするため手札に引き込む確率は高い。 EXターン後の打点増強に一役買ってくれること間違いなしだ。 他にも 《龍装者 バルチュリス》や 《天災超邪 クロスファイア 2nd》の手札を使った打点増強札も採用している。 大量ドローで地を固め、手札を最大限活用した超打点を打ち込む。 病みつきになること間違いなし! てなわけで今回も例に漏れずオリジナルデッキ販売コーナーにこのデッキを置こうと思う。 値段以上には楽しく、強いデッキなので是非お立ち寄りの際はお確かめを。 最後に。 《爆龍勝利 バトライオウ》使ったデッキは今回始めて作ったかも。 WINNERプロモめちゃかっこ良きだから使ってみたいなぁ。 byとかいいつつ 《爆龍勝利 バトライオウ》のプロモ持ってないスタッフ アサイシ.

次の

【ドローの数だけ得をする】オボロティガウォックデッキ

デュエマ オボロ ティガ ウォック

手札は知識。 手札の数は知識の量。 水文明の民は皆、口を揃えてそう言った。 手札が多いということは、選択肢、可能性がそれだけ増えるということ。 言い得て妙な比喩だと僕は思うね。 手札が多ければそれだけ強い! うれしい! さて、十王篇にて大注目のドローカードが登場した。 《三・騎・繚・乱》。 5コストで3枚ドロー。 これだけではただの《トリプル・ブレイン》だ。 だが、このカードは 「チーム銀河」のカード! ギャラクシールド3がついているではないか! ギャラクシールドを用いれば3コスト3枚ドロー。 かかるコストとドロー枚数を考えれば、かの有名なプレミアム殿堂カード 《サイバー・ブレイン》を超える。 やった! 手札! いっぱい! ふえるわかめみたいにどんどん増える! これはこれで強いのだが、この「ふえるわかめ」……もとい 《三・騎・繚・乱》の使い方はそれだけじゃない。 よく考えてみよう。 《三・騎・繚・乱》は ギャラクシールドを持っている。 ギャラクシールドはコストを先に支払い、次のターンの始めにその効果を受けられる能力。 マナを使うことなくターン始めにドローが出来るのだ! ドロー効果のみを見るならばあまり気にかけることでもない。 だが、この効果によって莫大な恩恵を得られるカードが存在するのだ! 《絶海の虎将 ティガウォック》! そのターンドローしたカードの枚数分コストの下がる彼にとって《三・騎・繚・乱》は0コストで3コスト軽減出来るカード! まさに! 「Black Lotus」の様! 実質Add 3 mana! ……まあ、前のターンに3コスト払ってるから実際 Black Lotusほどとはいかないが、それでも十分すぎるくらい強い! 《天災超邪 クロスファイア 2nd》 「大量ドローなら俺も忘れないでくれ!」 お、そうだな。 というわけでこの 《三・騎・繚・乱》と 《絶海の虎将 ティガウォック》のコンボを使った「メガハンドデッキ」を紹介! デッキ名は 「三・騎・繚・乱ティガウォック」! ひねりねぇなぁおい。 《三・騎・繚・乱》と 《絶海の虎将 ティガウォック》だけでは、ドローは出来ても攻め手に欠ける。 《海底鬼面城》と 《三・騎・繚・乱》でドロー枚数を伸ばし、ティガウォックを展開。 ターンを跨いだ過剰打点にて相手を貫くのがこのデッキメインの動きになる。 大量のドローをするため手札に引き込む確率は高い。 EXターン後の打点増強に一役買ってくれること間違いなしだ。 他にも 《龍装者 バルチュリス》や 《天災超邪 クロスファイア 2nd》の手札を使った打点増強札も採用している。 大量ドローで地を固め、手札を最大限活用した超打点を打ち込む。 病みつきになること間違いなし! てなわけで今回も例に漏れずオリジナルデッキ販売コーナーにこのデッキを置こうと思う。 値段以上には楽しく、強いデッキなので是非お立ち寄りの際はお確かめを。 最後に。 《爆龍勝利 バトライオウ》使ったデッキは今回始めて作ったかも。 WINNERプロモめちゃかっこ良きだから使ってみたいなぁ。 byとかいいつつ 《爆龍勝利 バトライオウ》のプロモ持ってないスタッフ アサイシ.

次の

新4弾/DMRP

デュエマ オボロ ティガ ウォック

ごきげんようエマです。 もうすぐ GP8thということで最近また話題になっているデッキ「 オボロティガウォック」を紹介します。 デッキレシピ 【デュエマ レシピ】 枚数 商品名 40枚 メインデッキ 2枚 4枚 2枚 2枚 1枚 2枚 1枚 4枚 2枚 2枚 1枚 2枚 2枚 1枚 1枚 4枚 1枚 1枚 1枚 4枚 8枚 超次元ゾーン 1枚 1枚 1枚 1枚 1枚 1枚 1枚 1枚 0枚 FORBIDDEN STAR このリストはによって作られました。 このリストをガチャログで編集できます。 その後、引いたカードと同じ枚数の手札を、好きな順序で自分の山札の一番下に置く。 ただし、コストは0以下にならない。 オボロティガウォックとは? 月光電人オボロカゲロウと 絶海の虎将 ティガウォックを組む合わせアドバンテージをとるデッキです。 絶海の虎将 ティガウォックはドローする度に 自身のマナコストを下げる能力があるので 、マナに文明が複数揃っている状態で 文明月光電人オボロカゲロウの、登場時能力で文明分ドローすることで大量のマナコスト軽減を狙うことができます! 自分のターンに1ドローを行うので、マナに5文明が揃っている状態で 文明月光電人オボロカゲロウを召喚すると5枚ドローが行われ、そのターン計6枚ドローしたことになり、 絶海の虎将 ティガウォックをわずか1マナで召喚することができます。 なので最速3ターン目で オボロティガウォックが成立します! このギミックを採用しているデッキは複数の型があります。 なので相手の行動を抑制する妨害札を多く採用して います! オボロティガウォックが成立すると手札とデッキのコントロールができるようになるため盤面を自分のペースに引き込みながら戦いを広げることが可能になります。 そうしたら、このターンの終わりに、これを自分の山札の一番下に置く。 このクリーチャーは、相手のそれ以外のシールドをすべてブレイクする。 その後、自分の手札を1枚捨ててもよい。 そうしたら、次のターン、相手は2体以上クリーチャーをバトルゾーンに出せない。

次の