寝起き 腰が痛い ストレッチ。 あなたを悩ませるツラい腰痛がたった2分の「骨ストレッチ」で軽減

寝起きストレッチですっきり!だるい朝も目が覚めるおすすめ体操 [ストレッチ] All About

寝起き 腰が痛い ストレッチ

気持ちよく朝を過ごしたい人は、ベッドで出来る簡単なストレッチが効果的です。 ぜひ、毎日の習慣にしてみてはいかがですか? 季節の変わり目は、日中よりも朝晩の急な冷えなどによる気温差で体調を崩しやすいものです。 Tシャツで寝ている人も、夜中に肩が冷えて目が覚める、もしくは寒さから身を守るように、無意識に体を丸めて寝ている人もいるかもしれません。 本来ならば、寝ている間に寝返りを打ちながら、日中の体の凝りや緊張を解消し、翌朝は目覚めもスッキリ!疲れもスッキリ!のはずですが、季節の変わり目はなかなかそうもいかないようです。 なぜなら、急な気温差による就寝中の体の強張りや、季節の変わり目による「自律神経の乱れ」等が原因となり、眠りが浅くなり朝の目覚めが悪くなりやすいのです。 しかしながら、午前中は不機嫌で午後からエンジンがかかる人で通すか?午前中から笑顔でテキパキと仕事を片付ける人になるか?答えは自ずと出ますよね。 そう、1日は24時間しかありません。 この24時間を自分のために無駄なく使うには、朝からテキパキ動いた方がいいに決まっています。 そこで、寝起きに簡単に体をほぐし、全身の巡りをよくするストレッチをご紹介しましょう。 では、ストレッチをご紹介する前に、実践する際の注意点です。 決して無理をせず、伸ばして気持ちのいい範囲で、じっくりと動作しましょう。 伸ばす時には、息をゆっくりと吐くようにしましょう。 伸ばした際に鋭い痛みを感じる方向はキープ時間を短めにしましょう。 伸ばしている部位に意識を向けるように、自分の体に集中しましょう。 両肘で床を押し、肩甲骨周辺を開き、就寝中の背中、肩の凝りを解消しましょう。 そのまま両手を左床後ろにゆっくりと歩かせ、お腹を捩じります。 さらに右肘、左肘を床につけ、両手を組み、頭を組んだ両手の間に置きます。 この時、両肘で床を押し、肩甲骨周辺を開き、就寝中の背中、肩の凝りを解消しましょう。 また、効果を最大限にするために、両肩が横一列に並ぶように意識しましょう。 特に、左肩が下がりやすいので注意しましょう。 そのまま、ゆっくり15呼吸繰り返し、元の位置に戻りましょう。 反対側も同様に動作しましょう。 股関節や鼠蹊部をほぐして、朝からホットな女になるストレッチ この動作は、下半身の関節をほぐし、可動域を広めます。 可動域が広がれば、動作が大きくなり、普段通りに駅まで歩くだけで、歩幅が広くなりその分下半身の筋肉が使われ、代謝もアップします。 さらに、捩じりの動作もあるので、内臓が活性化され血液循環がよくなります。 低体温で血圧が低い……という女性に効果があります。

次の

寝起き早々腰が痛い 反り腰からの腰痛対策ストレッチ

寝起き 腰が痛い ストレッチ

朝どうして背中が痛くなってしまうのか 背中の痛みの原因には色んなものが ありますが、特に寝起きに背中が痛 いと感じる人は、眠っている時間も 体が緊張状態にあるために、深い睡 眠をとれていません。 これでは精神的にも良くありません し、背中の痛みがとれてもストレス を抱えたままで過ごさなくてはなら なくなります。 また慢性的なものだと、放置したこと によって 「いつもとは違う背中の痛み」 を見逃し大変なことになる事もあるので す。 寝る姿勢に問題がある 仕事でパソコンを使っている人や、 スマホやゲームを日常的に使ってい る人、日中の姿勢が猫背になりがち です。 そのことから姿勢が悪く、体がいつ も緊張した状態にあります。 猫背になっていることが多く、その 姿勢のままに筋肉が記憶されてい ますので眠っていても筋肉が緊張 したままで疲れがとれません。 体が就寝中も緊張していることか ら、寝起きには背中が痛むように なってしまうのです。 寝具に問題がある 姿勢もそうですが、寝具が体にあっ ていないことでより体が緊張してし まい痛みが起きてしまうことも考 えられます。 特に枕と敷布団は自分の体にあった ものを選ばないと背中を緊張させて しまい、寝起きに背中が痛くなりま す。 体が沈むようなやわらかな布団や、 枕の高さがあっていないことで首が 不安定になってしまい、背中が緊 張したまま眠っているので寝起き に痛みがあらわれます。 内臓疾患を抱えている 就寝中には、内臓の働きも一時的に 休んでいます。 目覚めとともに、じんわりと回復 していきますが、暴飲暴食、高血圧 によって血行が悪くなっていたり、 消化が上手く働いていないために 背中が痛むことがあります。 内臓は筋肉でできていますから、 働きが悪くなるとその周辺の筋肉 や神経などに痛みを起こすように なります。 食事時間が遅く消化が上手くいっていない 前日に遅くまで飲酒をしたり、食事 の時間が遅く十分な消化が終わらな いうちに眠りについてしまうと胃腸 の働きが悪くなり、寝起きに背中が 痛くなってしまうこともあります。 寝返りを打っていない 人間は疲れてしまったり、体が緊張し ている状態になると就寝中には、体の 筋肉が硬直して寝返りを打てなくなっ てしまいます。 健康な人は自然に寝返りをしているの ですが、ストレスが溜まりすぎたり寝 具があっていないと寝返りを打つこと がなく同じ姿勢で眠ってしまうので背 中が疲れて寝起きに痛くなります。 スポンサーリンク 寝起きに背中が痛まないようにはどうすればいいの? 毎日や1週間に何回も背中が痛む と日常生活にも支障がでるので、 さっさと解決した方が精神的にも 気楽になります。 日常的な姿勢を改善する 就寝中には、自分ではどうするこ ともできませんので、日常的に自 分の姿勢が乱れているのであれば 、まずはそれを改善しましょう。 パソコン業務であれば、適度な時 間で一度デスクを離れて首から肩 をしっかり伸ばしたり、背伸びを して背中の緊張をほぐしてあげま しょう。 就寝前には軽いストレッチをする 日中に疲れをほぐしても、就寝前に はそれが戻ってしまっているので、 就寝前のストレッチで背中をリラ ックスされてあげましょう。 就寝前のストレッチは、激しいもの ではなく体をリラックスさせる目的 で行いますので力を入れずに気楽に 行うようにしましょう。 寝具の見直しをしてみる 敷布団はもちろんですが、枕が合わ ない事で上半身が緊張してしまい、 翌日に背中が痛むことはよくありま す。 ストレートネックの人は、通常の枕 では眠りにくかったりするので、バ スタオル枕を作って試してみるのも 良いでしょう。 自分がぐっすり眠る事ができる状態 にすることが大切です。 寝返りが打てるようにしてみる 枕が自分に合っていないと、寝返り を上手く打てなくなるので深い睡眠 をとれなくなります。 そうなると眠っていてもストレスを 感じるようになり、体が緊張して背 中の筋肉が固まってしまい寝起きに 痛みが起こりやすいのです。 寝具の中でも、枕が自分に合わない 事が大きな原因になっていますので、 1日の疲れをしっかり取るためにも 枕の見直しをしてみてはどうでしょ うか。 寝起きで背中が痛いのがとれない時にはどこで診察を受ければいいの 寝起きの背中の痛みは、急性期か慢性 期かによっても異なるのですが、我慢 できないほどの強い痛みを感じたり、 なにをやっても症状が改善しない、 悪化している場合や、背中以外にも 痛みが広がったような場合総合病院 で検査を受けるようにしましょう。 問題なかった場合、ひどい症状でない 場合は、整骨院や整体院などで骨格を 矯正することで改善することもありま す。 ただ整体などは、一時的な改善のため に自分でケアをしないと戻ってしまう ことがあります。 整体で治るようであれば、筋肉や骨格に 問題がありますので毎日の生活のなかで 改善していくのが一番効果的です。 寝起きで背中が痛んだらやってみたいこと 寝起きは体の筋肉が固まっています のでまずは布団の上で全身をしっか り伸ばすストレッチをしましょう。 3回くらいやったらしばらく布団の 上でリラックスします。 そのあとには体をゆっくり目覚め させていきます。 首のストレッチ 背中の痛みを和らげるためには、肩 甲骨と稼働がつながる首から順にし かりほぐします。 タオルか、ゴムベルトを使って首を しっかり伸ばしてあげます。 首の後ろにタオルをかけたら、タオ ルは前にひっぱり首は後ろに倒しま す。 ゴムベルトの方が首には負担が少な いのでスポーツ店で購入すると良い でしょう。 もちろんタオルでも行えますので、 やわらかいタオルをつかってしっ かり伸ばします。 伸ばしたあとは首を軽く回します が、肩に力が入らないように注意 してください。 3秒を3回やってみましょう。 そのあとには今度は、手を前に組ん で背中を丸くし、筋肉を緩めてあげ ます。 こうすることで筋肉は動いて緩みま すので、痛みも軽くなりやわらかく なっていきます。 この時には息は吐いてください。 お腹が背中に吸い込まれるようなイ メージで首や肩の力は抜くのがポイ ントです。 今度は息を吸いながら顔を天井に向 かって伸びるように背中を伸ばしま す。 この時も体の力は抜いて呼吸は深く しっかり全身を通るように意識しま しょう。 最後にお尻を後ろに引いて手は前に 伸ばします。 リラックスして全身の力を抜いて終了。 20ビュー カテゴリ: ,• 17ビュー カテゴリ: ,• 16ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ: ,• 9ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: , ,• 7ビュー カテゴリ: , ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 6ビュー カテゴリ: ,• 6ビュー カテゴリ: , ,• 6ビュー カテゴリ: ,.

次の

『うっ…朝から腰が痛い!』まさかの寝起きの腰痛が起きる7つの原因

寝起き 腰が痛い ストレッチ

朝方や寝起きに出る腰の症状は、筋肉が凝り固まっている場合にも起こります。 ただ、私の治療経験上では、骨と骨の連結である『関節』のトラブルが、腰痛の原因となっている場合が多いと感じています。 寝起きに起こる腰痛の大きな原因 寝起きに、布団の中で腰痛体操をしないと動き出せないという症状は、筋肉だけではなく関節の問題も大いに含まれていると考えられます。 もし筋肉の固さだけで腰痛が出ているのであれば、よほどの疲労が溜まっていない限り、少し動いてしまえば体は対応できてしまいます。 しかし、骨と骨の連結である『関節』が症状の原因となっている場合は、寝起きなどの『動き始め』が苦手になってしまいます。 その理由は、筋肉は必ず骨の上にくっ付いているため、土台の骨や関節が動けなくなると、筋肉の動きも自然と制限されてしまうためです。 慢性的な寝起きや朝方の腰痛は、関節の動きが悪くなることが原因で、体を動かしたときに筋肉が痛み、結果として症状が出ると考えられます。 『朝・寝起きの動作で出る腰痛』の4つの原因 朝方や寝起きに出る腰痛の原因は、『寝る前や前日の姿勢の問題』、『腰の筋肉に疲労が溜まっている状態』、『マットレス・敷き布団など寝具の問題』、『寝方の問題』など様々な原因が考えられます。 寝る前や前日の姿勢の問題 寝る前や前日に長時間悪い姿勢をとっていた時も、朝や寝起きの腰痛が出やすくなります。 草取りをしたら次の日の朝、布団から出たくても激痛で歩けない『ぎっくり腰』の症状が出た、というのが寝起きの腰痛の代表例です。 ぎっくり腰まで行かなくても、前日の夜に編み物を長時間していたとか、昼間に大掃除をして前かがみの姿勢が多かったなどで、朝方や寝起きに腰痛が突然出ていたという話をよく聞きます。 腰の筋肉に疲労が溜まっている状態 腰の筋肉に疲労が溜まっている状態とは読んでそのままの意味ですが、お仕事や運動、姿勢や座り方の癖などで、長期間の疲労が溜まっている状態を指します。 また、椎間板ヘルニアやヘルニアの一歩手前で椎間板に負担が掛かっている状態だったり、坐骨神経痛で足にしびれが出ている症状の方などは、より腰に疲労が溜まりやすい状態なので、 寝起きや朝に腰痛を感じやすくなります。 特に季節の変わり目、その中でも9月中旬から10月中旬が、寝起きの腰痛で来院される方が当院では1番多く、次が3月・4月という感じになります。 マットレス・敷き布団など寝具の問題 人間は寝ている時間が長いので、体の負担を上手く分散してくれるマットレスや、寝返りを打ちやすい固さの敷き布団は腰痛改善へ非常に効果的です。 良いマットレスや敷き布団を使うことが腰痛改善には最優先で、最も効果的だと私は考えています。 私はを使用しています。 寝方の問題 寝方の問題は以降で詳しくお話ししますが、うつぶせが最も体のゆがみを作りやすく、朝方の腰痛にも深く関係してきます。 また、腰痛の症状が強い時は『横向きになって丸くなって寝る』と良いですが、腰の痛みがそれなりに安定してきたら、仰向けの寝方が椎間板への負担も少なく、寝起きの腰痛も出にくくなります。

次の