白黒 写真 を カラー に。 白黒を、カラーに。CODIJY(コディジ)|ソースネクスト|ソースネクスト

白黒(モノクロ)写真を簡単にカラー写真に変更する方法

白黒 写真 を カラー に

白黒写真 モノクロ をカラー化するColouriszeSGで色々やってみた もう最近は手元に白黒写真があることも稀だとは思いますが、白黒写真に色をつけられれば色々な情報が得られます。 人工知能学習でモノクロームの写真をカラーライズ、色付けをしてくれるサイトが話題です。 このcolouriseSGの使い方は簡単です。 サイトを開いたら赤いボタンの「Try it yourself」をクリック。 「Upload a block and white photo」の下の点線のブロック内に「Select photo」というボタンがあるのでこれをクリックしてアップロードダイアログが開いたらカラー化したい写真を選択するとアップロードされます。 変換終了後「Download result」でカラー化した写真を、「Download comparison」で変換前と変換後を並べた画像をダウンロードできます。 その横の「Color new photo」でまた新しい画像変換をします。 モノクローム写真の変換度合いを試してみた このサイトの変換の実力がどれくらいかを知るために、素材サイトの写真を使っていくつか変換してみました。 素材サイトから調達したのは「もともとモノクローム仕上げの画像」と「カラーの素材を手元でグレイスケール化した画像」の2つです。 スポーツカーの写真 こちらは元からモノクローム仕上げになっている画像素材。 元の画像はこちら。 オープンカーのスポーツタイプの自動車ですね。 メタルパーツが分だんに使われているようで鈍い光沢がいい感じになっています。 変換前後の比較 ビビッドな色の写真をグレースケールにしてテスト ここからはちょっと意地悪なテストになります。 素材の状態ではかなりビビッドな発色になっている画像を手元の画像ソフトでグレースケール変換してColourizeSGで変換、変換後の写真と元画像を見比べてみよう、というテスト。 青空 1発目はこの青空がフィーチャーされた画像。 夏ですねぇ・・・。 かなり彩度を上げた感じの画像になっています。 グレースケール変換した画像がこちら。 これをColourizeSGに入れてみると・・・? うーん、大分色あせた感じになりました・・・。 空の青さもそうですが、下半分の雑草の緑が完全に飛んでしまっています。 変換比較を見た限りではちゃんと着色されているのは間違いないんですが・・・。 お肉 今度は題材を変えてお肉です。 素材感たっぷりのお肉。 グレースケール変換でこうなります。 ColourizeSGで変換すると・・・?うーん、セピア色になりました・・・。 変換比較を見ると色相を全体的に振った感じになってますね。 空にかかる虹 これが一番意地悪な気もしますが・・・雲模様の雲にかかった二重の虹。 じんわりとした発色具合なのでこれは相当難しい気がします。 グレースケール変換した画像はこれ。 もう白が多いだけの写真な感じですね。 ColourizeSGに通すと・・・やはり・・下の森の部分はちゃんと緑が再現されていますが、上空の雲と虹が同じように処理されているようです。 変換比較を見るとちゃんと色は付いてるんですよね。 ColourizeSGはどんな写真に向く? 白黒写真に着色する技術、というのは前々からあって、白黒になっている各部分の色が本来何色だったかを解析して着色していく、という手法が主だったようです。 こうやってテストをしてみた限りでは、ColourizeSGはそういった手法もありながら、形や模様から色を想定して着色する手法になっている感じがします。 なので人物などは強いのですが、お肉のブロックや虹、道路標識などは苦手そう。 ディープラーニングだそうなので今後蓄積されるデータが増加すると徐々にこういうところが無くなっていくんでしょうが、それでも謎の物体は苦手、よくある被写体は得意、という特性は変わらなそうな気がします。

次の

アップロードするだけで白黒写真をカラーに出来るサイト : ZAPZAP!

白黒 写真 を カラー に

Advertisement 古い白黒写真をディープラーニングの技術を使い、自動でカラー化してくれるウェブサービス「」が公開されていたので、今回はご紹介します。 このサービスを利用すれば、ボタン一つクリックするだけで、お好みのモノクロ写真をオリジナルの色使いで表現することができます。 ColouriseSGとは? は、2019年1月に開催されたハッカソンイベントに参加したによって開発された、白黒写真の自動カラー化ツールです。 カラー化したい白黒写真をアップロードすると、ほんの数秒で自動的に写真に色付けを行ってくれます。 ただし、この色付け作業でのポイントは、もっともらしい色で画像を生成するため、カラー化された画像が正確に色を表現していることを保証するものではありません。 また、このサービスは現在も開発が続けられているベータ版のため、うまくカラー化できない写真もあります。 ベータ版のサービスですが、それでも色の再現精度はかなりのものと言えるでしょう。 では、実際に以下に用意したモノクロ写真をカラー化してみましょう。 Image via そして、こちらがカラー化された写真との比較画像。 肌の色はもちろん、メガネのフレームや髪の毛一本一本まできれいに色が再現されているのが分かります。 19世紀の終わりに起こった世界的な大不況(英: Great Dispression)時に撮影された、有名な写真も見事にカラー化することができました。 Mother of seven children. Age thirty-two. Image via その他にも古い白黒写真をカラー化したサンプル例は以下の通り。 どれも鮮やかで本物そっくりな、オリジナルカラーで再現することができました。 Image via こちらの写真を試してみたところ、シャツの色合いがあまりうまく再現されていません。 しかし、灰色のシャツや水玉模様のネクタイもきちんとカラー化されています。 Image via 古いモノクロ写真が撮影された、当時の情景が見事に甦る楽しいサービスではないでしょうか。 されており、ディープラーニング技術が今後もますます進化することが期待されています。 先述した通り、このサービスはベータ版となるため、期間限定での公開となるようです。 ただし、ただしサーバー使用量に応じて延長する予定となっています。 Image via 参照元リンク :.

次の

アップロードするだけで白黒写真をカラーに出来るサイト : ZAPZAP!

白黒 写真 を カラー に

もし、Photoshopと言うソフトをお持ちでしたら、 それでできます。 白黒写真という事ですので、恐らくグレースケールの 画像だと思いますが、カラーモードを『グレースケール』 から『モノクロ2階調』にしてやります。 それで、タイプを 『ハーフトーンスクリーン』にしてやれば、新聞の様な 網点の写真になります。 ガリ版印刷でしたら、線数を 粗くしておいた方が良いでしょうね。 普通の新聞の線数が 60~85線くらいだと思いますので、さらに粗く、20~40線 くらいにした方が良いかも知れません。 印刷機の性能に よっては、もっと線数を上げられるかも知れませんが。 ちなみに、線数と言うのは、網点の密度を表す単位で、 1インチ(約2. 54cm)の間に何本の線が並ぶか、と言う物 です。 基本的に、解像度と概念は一緒ですね。 線数が多く なると、すなわち密度が高くなると言う事ですから、 それだけ精度の高い印刷機でないと、目詰まりしてしまう 訳です。 A ベストアンサー No. 1の方のアドバイスに対するpngchanさんのコメントはあまりにもひどいと思いますよ。 あなたの質問を読めばPhotoshopを使う人は誰だって同じように答えるでしょう。 そういうときは「説明不足で申し訳ありません」とみなさん書かれるようです。 1の方の名誉のためにまずそのことを申し上げておきます。 結局は網点で表現したいということのようですね。 4の方のおっしゃるとおりですが、2階調にするときに「誤差拡散」を利用するとまた違った効果が得られます。 また2階調化する前にフィルターの中の「粒状」とか「ノイズ」とか「点描」などを使ってもおもしろいでしょう。 解像度や色調をいろいろ変えながら加工すればご希望のものが作成できるかもしれません。 いずれにしても試行錯誤しながらの作業になりそうです。 それに、S端子接続やコンポーネント接続の安いキャプチャーユニットでは、遅延が多く出そうです。 パソコンの種類が判りませんが、液晶一体型デスクトップの場合、HDMI の入力があればそれに接続すれば映ります。 ただ、殆どの液晶一体型デスクトップには HDMI の入力はありません。 セパレート型のデスクトップなら、モニタが別になっているので、インターフェースによってはパソコンと同時に接続することが可能です。 HDMI をすでにパソコン側に繋いでいる場合は、HDMI 切替器を用意して Switch と切り替えれば良いでしょう。 ノートパソコンは液晶一体型デスクトップより HDMI 入力があるものは少ないので、内蔵ディスプレイに映す場合は、どうしてもキャプチャ方式になります。 これは、HDMI 入力のない液晶一体型デスクトップでも同じです。 キャプチャ方式でまともにゲームをプレイしたい場合は、下記のようなユニットが必要です。 USB3. 0 が必要ですが、遅延もそれほど感じない高速キャプチャが可能です。 ゲームの実況中継や録画も可能で、各種ソフトウェアにも対応しています。 HDMI だけでなくコンポーネント入力もあるので、PS3 や古いゲーム機にも対応しています。 avermedia. 0対応HDMIキャプチャー CV710 ただ、買うには一寸高いので、実況中継や録画を行わないのでしたら、液晶モニタを買った方が安く済みます。 下記は一例です。 ゲーム用と言うことで、TNを選んでいます。 それに、S端子接続やコンポーネント接続の安いキャプチャーユニットでは、遅延が多く出そうです。 パソコンの種類が判りませんが、液晶一体型デスクトップの場合、HDMI の入力があればそれに接続すれば映ります。 ただ、殆どの液晶一体型デスクトップには HDMI の入力はありません。 セパレート型のデスクトップなら、モニタが別になっているので、インターフェースによってはパソコンと同時に接続することが可能です。 HDMI をすでにパソコ... A ベストアンサー イメージはわかるが、エクセルに差込印刷の機能はありません。 ワードなどと違ってA. X氏1人分書類シート作成、B印刷、Aのシートををy氏分のデータでシート内容(セル)を置き換え、印刷、の繰り返しをします。 ーー 例データ Sheet1 A1;D3 連番氏名住所品物 1山田 三郎東京都江東区かばん 2植田 健横浜市港北区帽子 A列はこのたび連番を振りました。 Sheet2 に送り状の書式を体裁よく作ります。 H1セル(どこでも良いが、下記のVLOOKUPの式は変わる) 送り状 住所X 氏名Y 品物Z 上記の品をお送り申し上げます。 PrintOut '印刷範囲は各人同じとする Next i End Sub を張り付け、実行する。 山田、植田分の紙が2枚印刷されました。 これは質問者はVBAの経験も無いでしょうと、最低限にしてあります。 VBAを勉強してください。 別ブックにある名簿を対象などは複雑になるので避けています。 イメージはわかるが、エクセルに差込印刷の機能はありません。 ワードなどと違ってA. X氏1人分書類シート作成、B印刷、Aのシートををy氏分のデータでシート内容(セル)を置き換え、印刷、の繰り返しをします。 ーー 例データ Sheet1 A1;D3 連番氏名住所品物 1山田 三郎東京都江東区かばん 2植田 健横浜市港北区帽子 A列はこのたび連番を振りました。 Sheet2 に送り状の書式を体裁よく作ります。 H1セル(どこでも良いが、下記のVLOOKUPの式は変わる) 送り状 住所X 氏名Y 品物Z... A ベストアンサー こんばんは わたしはフレッツ光 800~900Mbps ですが、 回線の良い人同士ではとても快適です、相手が悪ければそちら依存になります。 ただしゲームでしたら10Mbpsもあれば十分です。 実質1Mbpsもあれば問題ないかと思いますが、mutmasterさんの場合上りがネックになっていそうです。 ポート解放により快適に出来る場合もあるので、可能なら設定してみてください。 もし回線を変更するのであれば、重要なのは安定して通信できる回線とプロバイダーですね。 比較的安価な100Mbps契約でも良いのでフレッツ光がベストですが、 フレッツADSLでも特別基地局から遠いなどの悪い環境でなければとても快適にプレイできるかと思います。 プロバイダーは300~500円位の所は総じてラグが酷いことが多いので、 OCN,So-net,plalaあたりの一般的な価格の大手の中から選ぶのをオススメします。 参考になれば。

次の