すき焼き。 【すき焼き用のお肉】一人前の量と最強部位5選!すき焼きを攻略!

しゃぶ源 ホームページ

すき焼き

作り方• しらたきは水気を切っておきます。 春菊は根元を切り落とし、5cm幅に切ります。 しいたけは軸を切り落とし、カサに切り込みを入れます。 長ねぎは根元を切り落とし、1cm幅の斜め切りにします。 焼き豆腐は一口大に切ります。 しらたきは約10cmの長さに切ります。 鍋を中火に熱し、牛脂を入れて溶かし、2を入れて焼き色が付いたら牛肩ロースを入れて焼きます。 牛肩ロースの色が変わってきたら割り下の材料を全て入れ、弱火にします。 ざらめが溶けたら1、3を入れて15分程煮込み、全体に火が通ったら火から下ろします。 溶き卵を添えて完成です。

次の

しゃぶ源 ホームページ

すき焼き

すき焼きのたれ(割り下)のレシピ まず、すき焼きの割り下を手作りする場合のレシピをまとめます。 市販品を使う場合はもちろんそれでOKです。 鍋にAの調味料をすべて合わせ、火にかけて一度沸騰させます。 一度しっかり沸騰したらアクを軽くすくい取って火を止めます。 これで割り下の完成です。 また、すき焼きを作る時に汁気が煮詰まって味が濃くなる時があります。 それを薄めるのには 「昆布だしで薄める」もしくは 「水と酒で薄める」のどちらかでいいと思います。 また、水&酒の場合は、酒だけだと甘くなってしまうので水と酒を同割くらいで併用するとよいです。 すき焼きの具材の準備 ここからはおすすめの具材の紹介です。 牛肉以外のうちの定番具材は、 長ねぎ&玉ねぎ、しらたき、椎茸&しめじ、絹さや、焼き豆腐です。 まず、しらたきは下ゆでする必要があるので、鍋にお湯を沸かして、さっとゆでてざる上げしておきます。 ねぎは長ねぎ(1~1. 5㎝幅の斜め切り)だけでもいいですが、玉ねぎ(1~1. 5㎝幅の半月切り)も一緒に入れるのもおすすめ。 また、椎茸は軸を落として半分に、しめじは石づきを落として塊が少し残るくらいにほぐします。 それから、焼き豆腐と下ゆでしておいたしらたきは、食べやすい大きさ、長さにそれぞれ切っておきます。 切ったしらたきは一度ざるに戻して、水気をギュッと押し出しておくと水っぽくなりません。 絹さやはヘタと筋を除いておきます。 長ねぎと玉ねぎの一部を入れて(牛肉が後から入るくらい隙間を残して)、長ねぎに軽く焼き色がつけば裏返します(玉ねぎはバラバラになるのでそのままでOKです)。 風味が広がって美味しく仕上がると思います。 続けて、割り下を鍋底全体が隠れるくらいに入れ、沸いたら牛肉を1枚ずつ入れます。 色が変わってきたら一度裏返し、さっと両面から火を通します。 小鉢に卵を割り入れておき、溶いた卵に牛肉をからめていただきます。 あとは好みの具材を鍋に入れ、牛肉を入れるスペースをあけて、それぞれ火を通します。 牛肉や絹さやなどは火を通しすぎず、その他の具材は比較的じっくり火を通して、卵にからめていただきましょう。 適宜、鍋の中の煮汁が少なくなったり、味が薄く感じたら割り下を足し入れ、逆に煮詰まって味を濃く感じたら昆布だしや水&酒で薄めます。 ひと通り具材をいただいた最後は、鍋にゆでうどんを入れて(適宜割り下や水で味を調え)、卵にからめて食べても美味しいです。

次の

【楽天市場】すき焼き:肉匠 わが屋

すき焼き

すき焼きのたれ(割り下)のレシピ まず、すき焼きの割り下を手作りする場合のレシピをまとめます。 市販品を使う場合はもちろんそれでOKです。 鍋にAの調味料をすべて合わせ、火にかけて一度沸騰させます。 一度しっかり沸騰したらアクを軽くすくい取って火を止めます。 これで割り下の完成です。 また、すき焼きを作る時に汁気が煮詰まって味が濃くなる時があります。 それを薄めるのには 「昆布だしで薄める」もしくは 「水と酒で薄める」のどちらかでいいと思います。 また、水&酒の場合は、酒だけだと甘くなってしまうので水と酒を同割くらいで併用するとよいです。 すき焼きの具材の準備 ここからはおすすめの具材の紹介です。 牛肉以外のうちの定番具材は、 長ねぎ&玉ねぎ、しらたき、椎茸&しめじ、絹さや、焼き豆腐です。 まず、しらたきは下ゆでする必要があるので、鍋にお湯を沸かして、さっとゆでてざる上げしておきます。 ねぎは長ねぎ(1~1. 5㎝幅の斜め切り)だけでもいいですが、玉ねぎ(1~1. 5㎝幅の半月切り)も一緒に入れるのもおすすめ。 また、椎茸は軸を落として半分に、しめじは石づきを落として塊が少し残るくらいにほぐします。 それから、焼き豆腐と下ゆでしておいたしらたきは、食べやすい大きさ、長さにそれぞれ切っておきます。 切ったしらたきは一度ざるに戻して、水気をギュッと押し出しておくと水っぽくなりません。 絹さやはヘタと筋を除いておきます。 長ねぎと玉ねぎの一部を入れて(牛肉が後から入るくらい隙間を残して)、長ねぎに軽く焼き色がつけば裏返します(玉ねぎはバラバラになるのでそのままでOKです)。 風味が広がって美味しく仕上がると思います。 続けて、割り下を鍋底全体が隠れるくらいに入れ、沸いたら牛肉を1枚ずつ入れます。 色が変わってきたら一度裏返し、さっと両面から火を通します。 小鉢に卵を割り入れておき、溶いた卵に牛肉をからめていただきます。 あとは好みの具材を鍋に入れ、牛肉を入れるスペースをあけて、それぞれ火を通します。 牛肉や絹さやなどは火を通しすぎず、その他の具材は比較的じっくり火を通して、卵にからめていただきましょう。 適宜、鍋の中の煮汁が少なくなったり、味が薄く感じたら割り下を足し入れ、逆に煮詰まって味を濃く感じたら昆布だしや水&酒で薄めます。 ひと通り具材をいただいた最後は、鍋にゆでうどんを入れて(適宜割り下や水で味を調え)、卵にからめて食べても美味しいです。

次の