フレンチブルドッグ 価格。 価格が安いフレンチブルドッグの子犬を探す|専門ブリーダー直販の子犬販売【みんなのブリーダー】

フレンチ・ブルドッグの子犬たち

フレンチブルドッグ 価格

Contents• フレンチブルドッグの概要・歴史 フレンチブルドッグは、その名の通り、フランスが原産の犬種です。 イギリスのブルドッグやスペインのマスチフを元に、フランスで小型化され、フレンチブルドッグの基礎が作られました。 その後アメリカに渡り現在のスタイルに近づいたため、現代のフレンチブルドッグを作ったのはアメリカだという考え方もあるようです。 フレンチブルドッグの性格 フレンチブルドッグは、活発でフレンドリー、好奇心旺盛で遊ぶのが大好きです。 自分で何かを見つけたり、探し出してきたり、とゲームのような遊びを開発してしまいます。 いっぽう、思慮深く聡明で、物静かで人間の言うことをよく理解できます。 フレンチブルドッグに何か話しかけると、首を傾げながらじっとこちらの目を見つめます。 その姿は言葉の意味を理解しようとしているように見え、実際に理解できることも多くあるようです。 フレブルの「何か話しかけると、首を傾げながらじっとこちらの目を見つめるしぐさ」は、フレブルを飼っている飼い主さんなら経験があると思います。 その表情は、話しかけた人間の言葉を必死で理解しようとしている様に見えます。 フレブルは言われた事を理解すると言われますが、これも本当です。 時には、わかっていて無視をする事さえあります。 言葉がわかるゆえ、フレブルは空気を読む力もとても高いです。 フレブルの性格と言っても、その子によって違うわけですが、この空気を読む力や言葉を理解するという特徴は共通している様に思います。 この点もフレブルを飼う楽しさかなと感じています。 フレンチブルドッグの種類(色やタイプ) フレンチブルドッグの毛色には、フォーン・ブリンドル・パイドがあります。 フォーンとブリンドルには白斑が入ることもあります。 フォーンの色調はレッドからライト・ブラウンまであり、全体的にホワイトの犬はパイドに分類されます。 パイドは白地にフォーンやブリンドルが入ったものです。 フレンチブルドッグの値段・価格相場 フレンチブルドッグの平均的な価格は、約20~50万円位です。 一般的に価格を上下させる条件として、血統や月齢、性別の他には、被毛の色があり、特にフレンチブルドッグの場合は、フォーンやブリンドルよりも、珍しい色が入ったパイドの方が少々高価になる傾向があります。 また、フレンチブルドッグは頭の大きな体型から自然分娩での出産が難しく、帝王切開となるため、他の犬種よりも価格相場が少し高めになっています。 我が家のフレブルうたは、ペットショップで購入したわけですが、ぶっちゃけ60万円ほどでした。 フレブルの人気と共に、他の犬種と比べてフレンチブルドッグの値段は高騰しているようです。 特にうたと同じパイドが一番高いです。 フレンチブルドッグの価格に関して、ペットショップのお姉さんが教えてくれた事をまとめておきます。 ・フレブルの色に関しては、パイドが一番高い傾向がある。 理由は、きれいなパイドの模様がなかなか出ないからだそうです。 ・ブリーダーが沖縄に多いらしく、関東圏ではそもそもフレブルの流通が少ない。 短頭種であることもあり、体の負担を考えると飛行機移動もあまりむかず、関東圏では値段が高騰しやすい。 ・手足が短い、ザ・フレンチブルドッグ体型の子の方が価格が高くなる フランスのフレンチブルドッグは、手足が短く、コロンとした体型ですよね。 あのザ・フレンチブルドッグ体型が当たり前の様に思いますが、実は日本で交配されているフレンチブル ドッグは、手足が長い子が多いのだそうです。 その為、ザ・フレンチブルドッグ体型の手足の短い子は値段が高騰するとの事でした。 我が家のフレブルうたの場合は、ペットショップのお姉さんには、この子は手足も短いと言われていましたが、成長するにつれ少しバランスが変わり、今は若干手足は長めなフレブルかもしれません。 ・もしろん、親の血統やブリーダーによって値段設定が変わる。 うたを購入する際に、フレブルの価格設定についてペットショップのお姉さんが教えてくれたのはこの辺のお話でした。 フレンチブルドッグのしつけのしやすさ フレンチブルドッグは理解力や状況判断力に優れますので、しつけのしやすい犬種です。 しつけの時にはフレンチブルドッグの特徴を生かし、きつくしかってしつける方法よりも、犬が理解する方向へ、「あなたがそんなことをすると私は悲しい」という気持ちを伝えるべく、落胆してみせたり落ち込んで見せたりする方法が効果的な場面もあるようです。 犬のしつけは、その子その子で性格も違うし、一概に言えない部分が大きいですね。 先ほども書きましたが、フレブルはとても空気を読む力がある犬種です。 たとえば、うたがじゃれて私の手をガブリと噛んだとします。 その時に、大きな声で「痛い!」と耳元で叱るというのもしつけの方法ではよくありますよね。 それはしつけ方法のひとつではありますが、叱るのではなく、「痛いよ」と優しく言ってどうしてそんな事をするの?と悲しそうな顔で訴えると、噛む力も徐々に弱めて、やがて噛むのをやめて「しゅん」と反省した表情で自分の別途にうつ伏せでおとなしくなる。 というケースが多々あります。 フレブルの空気を読む力、人間の表情や言葉を理解できる特徴を活かしたしつけ方法といえますね。 冨塚ドッグトレーナーによる、フレンチブルドッグの飼い方・しつけの記事には、 フレブルの飼い主が知っておくべき注意点もわかりやすくまとまっていますので是非参考に! フレブルの飼いやすさについて、飼いにくさについて、実際にフレブルを飼っている体験談から補足します。 フレブルの食欲(食べる事)に関して 我が家のフレブルうたの場合、食欲があるので栄養や体調の面で、食べるということは安心しています。 ただ、同じフレンチブルドッグでも、好き嫌いが多かったり、食が細いフレブルも多いようで、食に対する悩みを抱えた飼い主さんの意見も良く耳にします。 フレブルのアレルギーに関して フレンチブルドッグは、アレルギーの子が多く、我が家のうたも実はアレルギーもちです。 うたの場合は、牛肉やお米もアレルギーで食べられません。 アトピーになり、体を掻いて赤くなってしまうこともありますし、皮膚に関しては心配な点も多いです。 正直手はかかりますが、犬を飼うにあたり、正直手間ってあまり気になりません。 飼いやすいかどうかは、手間ではなくしつけのしやすさとかで判断する飼い主さんが多い様に感じています。 ただ、その犬のしつけもどれだけ犬に歩み寄れるか、どれだけ犬という動物を理解したあげるかによって大きく結果が変わります。 そういう意味では、自分が飼いたくて迎えた子であれば特に、飼いにくい犬というのは本来いないのではないでしょうか。 フレンチブルドッグのブラッシングや抜け毛などの処理 フレンチブルドッグの被毛は光沢があり柔らかく滑らかですが、抜け毛はそれなりに多い犬種です。 毎日ラバーブラシなどでブラッシングをして、月に1~2回はシャンプーしてあげましょう。 また、脂漏性になりやすい皮膚なので、顔の皺やボディを蒸しタオルなどでこまめに拭いてあげると皮膚炎の予防になります。 フレンチブルドッグは、散歩が好きな子が多いみたいですね。 我が家のうたも散歩が大好きです。 ただ、以前一度だけ、散歩から帰ってきたら急に足を引きずる様に歩きだして、緊急病院に駆け込んだ時がありました。 元旦だったので、緊急病院しかやっていなかったのです。 その時の獣医師の診察としては、骨は大丈夫だし、関節も大丈夫そう。 薬を飲んで様子を見ましょうという事になりました。 幸い怪我は何ともなかったようで、次の日からは普通にしていたのですが、その時にフレンチブルドッグの散歩のしかたでアドバイスを持ったのは、 短頭種の犬は、あまり長時間散歩をしたり、運動量を上げると呼吸的に負担が大きいので、15分を目安にとのことでした。 うたの場合、成犬でも8kgくらいで体も小さいので、そこまで散歩をたくさんしなくても、十分運動は足りるとのことでした。 適切な散歩の時間は、その子の体型やカロリー摂取量にもよると思うので、運動不足で肥満にならない事と、フレブルの体への負担も考慮し、飼い主の方で調整が必要になりますね。 フレンチブルドッグの室内で飼うにあたって気になること フレンチブルドッグをお家の中で飼う場合は、暑さに弱い犬種のため、温度管理に気を付けてあげましょう。 エアコンや、涼しいお気に入りの場所を作ってあげると安心です。 また体型から関節に負担がかかりやすい犬種ですので、フローリングの床にはマットや絨毯を敷くなど、滑りにくいように工夫してあげましょう。 フレンチブルドッグの子犬の時の大きさや体重 フレンチブルドッグの子犬は、生後3か月で約3kg、生後5か月で約5kg、生後7か月で約7kgまで成長し、1歳頃までに成犬のサイズになります。 フレンチブルドッグの成犬の時の大きさや体重 フレンチブルドッグの成犬のサイズは、体高26~31cm位、体重は約10~13kg位です。 比較的体型や骨格に個体差がでやすい犬種です。 フレンチブルドッグの吠え声の大きさなど フレンチブルドッグは無駄吠えが少なく、鳴き声もそれほど大きくない犬種で、自分の飼育している犬の鳴き声を聞いたことがない、という飼い主さんもいるようです。 ただ、分離不安から鳴くことはしばしばありますので、寂しさを感じさせないように工夫してあげることで寂しさからの無駄吠えは予防できます。 フレンチブルドッグの餌について フレンチブルドッグは遺伝的に肥満傾向になりやすい犬種です。 運動量と餌の量のバランスを考慮して適性な量の良質なフードを与えましょう。 しつけの際、ご褒美が有効な犬種ですが、ご褒美のカロリーと、食餌のカロリーとのバランスを考慮する必要があります。 我が家のフレブルうたは、ホント良く食べます。 よく食べるわりに今のところ肥満にはならず、丁度良い感じのスタイルを保っていて、獣医師にもベスト体重ですと言って頂いています。 うたは、アレルギーがあるので牛肉やお米など、食べれないモノがたくさんあります。 ラムを使ったナチュラルドッグフードを長く食べていますが、色々と試した結果、うたにはナチュラルドッグフードが一番良かったです。 フレンチブルドッグのかかりやすい病気 フレンチブルドッグのかかりやすい病気には、大きな目が傷ついたり異物が入ったりして炎症を起こす結膜炎や、短吻種がなりやすい鼻の穴が狭く呼吸困難を起こす鼻腔狭窄、先天的に股関節の形に異常がみられる股関節形成不全、ノミ・ダニ・食べ物などが原因で起こるアレルギー性皮膚炎、尿路結石、心疾患などです。 フレンチブルドッグってどんな犬?まとめ フレンチブルドッグは独特の風貌で「ブサかわいい」と人気を博し、憎めない愛らしさで大人気の犬種です。 犬種ならではの健康管理のコツがあり、上級者向けの犬種では?と考えられがちで、実際に体調管理や日々の観察は欠かせない犬種ではありますが、体調管理や日々の観察は他のどの犬種でも大切な飼い主の勤めでもあります。 愛犬のために時間やお金、手間を惜しみなく差し出せる方であれば、フレンチブルドッグは与えたもの以上の幸せをもたらしてくれるでしょう!.

次の

みんなの犬図鑑

フレンチブルドッグ 価格

1860年頃にイギリスからイングリッシュ・ブルドッグがフランスに送られ、パグやテリアなどの異種交配により作り出された。 元々はパリの下町の人々に飼われていた。 性格 物静かで愛情豊かな性格。 愛想がよく、お年寄りや小さい子供とも相性がよいといわれている比較的飼いやすい犬種。 また、知的で無駄吠えも少ない。 主人や子供を喜ばせることが好きで、好奇心が旺盛で遊ぶことが好きなので、飼い主とのスキンシップや、一緒にうたた寝をしたりすることなどに強い喜びを感じる。 (最終更新:2016年 4月20日) 起源についてはたくさん説がありますが、マスティフタイプの犬と一緒で、イピロスやローマ帝国のモロシア犬に由来すると考えられ、 イングリッシュ・ブルドッグの祖先や中世の大型獣猟犬、フランスのマスティフや小型のマスティフタイプとも関連があるようです。 1860年頃にイギリスからイングリッシュ・ブルドッグがフランスに送られ、やテリアなどの異種交配により作り出されました。 元々はパリ中央市場の下町の人々に飼われていましたが、 その独特な愛くるしい外貌と特徴から、貴族にも噂が急速に広まっていきました。 フレンチ・ブルドッグの特徴ともいえる耳『バッドイヤー(こうもりの羽のような形の耳)』は、今でこそ定着していますが 1900年頃は、『ローズイヤー(うしろに垂れ下がった耳の形)』と人気を二分していました。 その後アメリカに広まった際にバッドイヤーが一般化されました。 日本には大正時代に輸入されて、昭和初期にはたくさん飼育されていました。 その後は見かけることが少なくなりましたが、近年また人気が沸騰しています。 フレンチ・ブルドッグの性格 物静かで愛情豊かな性格です。 主人や子供を喜ばせるのが大好きで、飼い主に抱きつかれたり、 一緒にうたた寝をしたりすることなどに強い喜びを感じます。 好奇心旺盛で遊ぶことがとても好きな犬です。 何かを発見したり探し出したりするようなゲーム感覚の遊びを次々開発するなど、愛らしい姿を見せてくれます。 また、とても賢い犬でもあります。 表情や行動から、家族の会話がすべて理解できるのかと思うほどです。 飼い主が声を掛けると一生懸命聞き取ろうと頑張ってくれるでしょう。 愛想もよいようで、誰とでも仲良くなれるため 小さいお子様がいる家庭や、お年寄りの家庭でもすんなりなじめる性格です。 フレンチ・ブルドッグの飼い方 暑さや寒さに弱いため、温度には十分注意が必要です。 やと同様、短頭種 短い鼻の犬種 は体内の熱交換が難しいため 夏場の散歩は特に注意が必要です。 ただし、エネルギーいっぱいのフレンチ・ブルドッグは、暑いという理由で散歩に出ないと そのエネルギーを発散できず、問題行動を起こす可能性もあります。 散歩の際は時間帯を選んであげましょう。 また、散歩の際はリードを短く持つことをおすすめします。 引っ張り癖がつくと力の弱い人は、そのあり余るエネルギーに負けてしまうかもしれません。 幼犬のときから、人間社会・犬社会での触れ合いをしっかり行ってください。 その時から触れ合いを多く行うことで、成犬になった時に温厚なやさしい性格になります。 閉鎖的な飼い方をした場合には、興奮しやすくなったりワガママになったりします。 しつけについては、あまり叱りつけることはかえって逆効果になることがあります。 賢い性格のため、悪いことをしたらじっくりそのことを言い聞かせ、飼い主が落胆している様子を見せつけてみてください。 きっと理解し効果的な反省をしてくれるはずです。 だからといって、甘やかせてばかりいるとワガママになってしまいます。 悪いことは悪いと教え、よいときはしっかり褒める、といったメリハリをつけてあげましょう。 被毛は短く手入れは簡単です。 伸びることはないので、こまめにブラッシングを行ってください。 注意したいのは、目や鼻にあるシワの手入れです。 濡れたタオルや綿棒で週に1回程度拭いてあげましょう。 臭いがきつくなると要注意です。 comのレビューでは『留守番の際は寝ていることが多い』『無駄吠えが少ない』など、 1人暮らしや共働きの家庭でも飼いやすいとの意見が多く見られました。 【人なつっこさ】 2匹飼っていますが2匹とも人懐こいです。 それから、他の犬にもとても友好的です。 【落ち着き】 普段は寝ているか、2匹で戯れています。 でも時々、ムキになり喧嘩もしますね。 あとはおとなしく過ごしています。 【しつけやすさ】 私は基本的に吠えない事と人を噛んだりしない事を重視して躾けていますが、ちゃんと理解しています。 【お手入れ】 トリマーさんに頼んでいます。 目ヤニなど毎日拭いてあげています。 (ウンチした後にはお尻を拭いてあげます) 【鳴き声】 上の子がびっくりすると吠えるくらいで近所の方も『何で吠えないの』と聞いてくるくらいでよほどの事がない限り吠えないです。 (近所の方に『声帯を切っているの』と言われるくらいです(勿論、声帯を切るような事は致しておりませんが) 【総評】 とても情深い犬種だと思います。 無駄吠えもなく友好的で飼いやすいです。 ただ筋肉質なので力強いので小さいお子さんには、近付けないように気をつけています。 戯れているのですが、エキサイトし喧嘩になる場合がありますので注意深く見ていないとダメかと思います。 あとは特に問題なく平穏に暮らしています。 とても理解力があり、頭の良い犬種だと私は思います。 【人なつっこさ】怖いもの知らずと言うのか、人間はもちろん誰でも近付き、お腹を見せて撫でてオーラを出しますが、犬嫌いな人には大変迷惑な事かもしれませんが(笑) 【落ち着き】 普段家の中では、一人でゴロゴロしたり、鹿の角をかじったりしてますが、誰かが家に訪問して来た時や、外出前など、半端なく落ち着きが無くなります。 【しつけやすさ】 うちは、ある程度は言葉は理解してくれてますが、興奮したり、何かに夢中になってると、全くの無反応、無視です(笑) 【お手入れ】 確かに他の犬種に比べたら、大変です 病弱な所や暑さ、寒さは半端なく大変です 抜け毛も凄く、毛が硬い為、こまめに掃除をしないと、服に入り込み身体中がチクチクします。 【鳴き声】 全く無駄泣きはありませんが、飼い始めの頃、ケージから出せと遠吠えに似たような鳴き方をしてましたが、何とも言えない可愛さでした(笑) 【総評】 生活に余裕があって、犬好きなら french bulldog を飼うべし(笑) いつも楽しく拝見させていただいてます。 5ヶ月になるフレブルの女の子なのですが、トイレ等のしつけもなんとか覚えて 最近は寝る時以外はゲージから出して生活してます。 昼間は誰もいなくてもお留守番もきちんと出来てますが、 最近彼女と遊んでて楽しんでる途中で、来客や電話などで遊びを中断したりすると 当て付けのように人が出入りするドアの前などにウンチやオシッコをします。 した後は申し訳なさそうに椅子の下などに隠れて いかにも反省してるかのような顔してます。 その仕草が可愛くて笑って怒る気にもならないのですが…それ以外は留守番の時などもトイレはきちんとします。 やはり叱ったほうがいいでしょうか? 叱った後色々なところでしないか心配です。 吠えたりしないならまだいい子ちゃんですね。 気を引きたいというのがアリアリと出てる行動ですので、チャイムが鳴ったらおやつをあげて粗相するスキを与えないといいのではないでしょうか。 可能ならガムとかジャーキーとかちょっと時間のかかるものがいいかもですね。 始めは、ご家族や友人に手伝ってもらって、お家のチャイムで練習してみては? 叱るのは絶対逆効果だと思いますよ。 いけないとわかっているのにしてしまうのがワンちゃんですから。 我が家には、1歳半のフレブルがおります。 一人暮らしではありませんが、共働きのため、日中は家を不在がちにしております。 パピーの頃、最初のうちはケージに入れていたのですが、オシッコマットは毎回ボロボロ・・・ 生後半年前、少し落ち着いたと思いケージから出して、留守番させていたら、壁の角、椅子、机、座布団etc. あらゆるものを齧りまくりのイタズラし放題で、ホント多くのものをボロボロにしてくれました。 ですが、一人暮らしでもフレブルを飼われている方は多くいらっしゃいますので、無理と言うことはないでしょう。 飼育される子の性格による部分が多いと思いますが、大人しく留守番できる子、イタズラしまくりの子、寂しさからシッコをしまくる子などなど・・・いろんな子が居ます。 また、余り吠えないと言われてますが、これも性格だと思います。 うちの子は結構吠えまくっていますから。。。 余り参考にはならないかと思いますが、体験談をご紹介しました。

次の

フレンチブルドッグの子犬を探す|ブリーダーナビ

フレンチブルドッグ 価格

ご希望にあわせて、各種ご利用ください。 取り扱いクレジットカードは以下のとおりです。 お支払方法についてさらに詳しくはをご覧ください。 athos shopの商品はメール便(日本郵便)、宅配便 ヤマト運輸またはゆうパック、佐川急便 での配送となります。 配送方法についてさらに詳しくはをご覧ください。 当サイトは株式会社キュービークリエイトが運営しております。 商品等のお問合せ等ございましたら、電話やメールでお気軽にお問合せください。 店舗名: 〒135-0031 東京都江東区佐賀1-9-12 サガフラット2F TEL:03-5621-8001 athos-shop shop. rakuten. jp 営業時間:10:00〜18:00 会社情報についてさらに詳しくは をご覧ください。

次の