格安スマホ 移行。 【Android編】格安スマホへ電話帳・写真のデータを移行する方法

ガラケーからスマホへ電話帳を移行する方法

格安スマホ 移行

androidスマホからandroid格安スマホにデータ移行する方法 androidスマホからandroid格安スマホにデータ移行するための方法には、 1. Googleアカウントを使ってデータ移行する方法 2. SDカードにバックアップしてデータ移行する方法 3. バックアップアプリを使ってデータ移行する方法 といった選択肢があります。 Googleアカウントを使って格安スマホにデータ移行する方法 Googleアカウントを持っていて、Googleアプリを使っている方におすすめの方法です。 電話帳・Google-playからダウンロードしたアプリ・Gmailなど、Googleと紐づいたデータをバックアップしておけば、新しい格安スマホでの復元が可能です。 同期が完了したら、新しい格安スマホでGoogleアカウント(ID・パスワード)を入力すれば自動で復元されます。 Googleでは用途別に無料で使えるアプリが用意されていますので、以下を参考にしてください。 SDカードで格安スマホにデータ移行する方法 電話帳・動画・画像をバックアップしたいという方向けの方法です。 SDカードにバックアップして移行させれば、データ通信料もかかりません。 電話帳のデータ移行の大まかな流れ 電話帳アプリを開いてメニューボタンを押し「インポート/エクスポート」を選択します。 その後SDカードを新しい端末に差して電話帳を開いてメニューからインポートするだけです。 Googleアカウントがあれば簡単に設定できます。 動画・画像のデータ移行の大まかな流れ 普段から動画や画像の保存先をSDカードにしてる場合は、すでにSDカードにデータが入っています。 入っていない場合は、本体に保存されたデータがギャラリーにあるので、ギャラリーを開いて画像・動画を全選択し、SDカードに移行させましょう。 バックアップが終わったらSDカードを取り出して、新しい端末にSDカードを差してからデータ復元をすればOKです。 格安スマホのデータ移行にSDカードを使う時の注意点 SDカードを扱う際は、静電気や湿気などでデータが破損しないように慎重に取り扱ってください。 データが多すぎるとSDカードに入り切らないので、いらないデータがあれば削除するなどして、整理してから移行させましょう。 また、機種によって対応しているSDカードの最大容量が異なるため、格安スマホでも使用できるか確認しておくことをおすすめします。 基本的に最初から付属されているSDカードの場合は容量が少ないものが多いため、SDカードにバックアップする方法は移行するデータが比較的少ない方におすすめです。 もちろんSDカードを買い足せば入れ替えて保存できます。 その後、新しいiPhoneで「AppleIDとパスワード」を入力してバックアップデータを移行すればいいだけですから非常に簡単です。 その他に、パソコンがある場合はデータ通信料がかからない方法としてiTunesでデータ移行する方法もあります。 新しいiPhoneの場合は「クイックスタート」という機能があり、iCloudよりもっと簡単にデータ移行することができます。 iPhoneから格安SIMのiPhoneへデータ移行する際の注意点 iPhoneのデータ移行をする前には、エラーが発生するのを防ぐために、旧新iPhoneのiOSとアプリの情報を最新にした状態から行いましょう。 iCloudは5GBまでは無料で使えますが、それ以上になるとバックアップができなくなります。 ストレージは月額料金を払えば増やせますが、お金をかけたくないのであればGoogleフォトがおすすめです。 Googleフォトは、無料で15? まで動画・画像がクラウド上に保存できる優れものです。 iPhoneはSDカードが使えないので、基本的にクラウド上に保存してデータ移行するかたちになります。 データ移行はW-iFi環境で行なうことをおすすめします。 格安スマホへのデータ移行は手順通りやれば簡単! 大まかなデータ移行を解説しましたが、いかがだったでしょうか。 推奨は、W-iFi環境でクラウド上で行う方法です。 W-iFi環境でクラウド上で行えば、データ通信料を気にせずとても簡単にバックアップできて移行するのも簡単に終わります。 ただ、アプリの内部データの移行の際はくれぐれも気をつけてください。 nuroモバイルでは、1万円台から購入できる格安スマホを取り揃えていますので、格安スマホを購入の際は検討してみてくださいね。 それでは、新しい格安スマホでお得なスマホライフをお過ごしください。

次の

格安SIM/スマホへ機種変更する時のデータ移行方法まとめ

格安スマホ 移行

読了時間:約 2 分 スマホ機種変更時のデータ移行とバックアップは、何度やっても慣れないものです。 スマホが必須の現代では、データ移行・バックアップを失敗することはかなりのリスクになるでしょう。 アプリによっては、機種変更する前にバックアップ設定が必要なものもあり、忘れているとデータ移行が失敗することがあります。 そんなハプニングに見舞われないためにも、この記事ではAndroidスマホへ機種変更の際に必要な、データ移行やバックアップ方法を詳しくご紹介します。 スマホの機種変更時のデータ移行はしっかりと準備が必要 まず、スマホの機種変更時のデータ移行についてですが、しっかりと準備が必要になります。 ガラケーの時は、古い機種をケータイショップの店員さんに渡せば、電話帳や画像なども移行してくれました。 しかし、スマホの場合は、基本的には自分でデータを移行する作業を行わなければなりません。 一度、外部のメディアやクラウド上にデータをバックアップし、機種変更後にまた引っ張り出すという流れです。 ひと昔前に比べると、バックアップ機能がかなり発達しているのでデータ移行は簡単になったと言えるでしょう。 しかし、1つ1つのアプリでデータ移行のやり方が変わっていたりするので、手間がかかることは間違いありません。 バックアップはこまめにとっておく スマホの機種変更時に、スムーズにデータ移行を行うために気をつけておきたいこと、それは普段から 「バックアップをこまめにとっておく」ということです。 画像や音楽などはもちろんですが、電話帳やメールなど、機種変更後も引き継ぎたいと思っているデータに関しては、定期的にバックアップを取るようにすると良いでしょう。 LINEなども、トーク内容を保存したいのであれば、こちらもバックアップを取るようにしておいたほうが良いでしょう。 そうすることで、機種変更時にあわてて膨大なデータをバックアップせずに済みます。 また、仮にスマホが壊れて機種変更せざるを得ない状況となったとしても、事前にバックアップを取っておくことで、全データが消えてしまうという最悪のケースを回避することができるでしょう。 そのために、マメにバックアップを取っておくことはとても重要だと言えるでしょう。 機種変更後のデータ移行ポイントと手順 画像引用元: まずは移行方法の種類や注意点など、機種変更後のデータ移行ポイントを確認しておきましょう。 1つの方法で手軽に済ませられるのが理想なのですが、データの種類はもちろんSIMフリー機種かどうかで 複数の方法を組み合わせる必要性が出てくるでしょう。 また、Androidとは違いiPhoneはSDカードスロットが搭載されていないため、iTunesやiCloudを利用したクラウド上のバックアップが基本です。 データ移行の注意点 個別にデータ移行作業が必要なもの• LINEやゲームのアカウント• おサイフケータイ Edy、iDなど 先述のとおりスマホのデータ移行には複数の方法が存在します。 しかし一部のアプリやおサイフケータイは個別にデータ移行を行う必要性があります。 例えばLINEのトーク履歴は事前にバックアップを取らないと消えてしまいますし、ゲームアカウントなども基本的にはゲーム内でのデータ移行作業が必要となります。 また、おサイフケータイは利用しているアプリごとに残高の預け入れなどを行わなくてはなりません。 データ移行の事前準備• アカウントやIDを確認 Googleアカウント、Apple IDのID・パスワード• データのバックアップを取る SDカードやアプリ、クラウドでバックアップ• 個別の引き継ぎ設定を行う LINE、ゲームアカウント、おサイフケータイなど データ移行をする前に行う事は主に上記の3点です。 GoogleアカウントやApple IDは万が一わからなくなっても復元する事が可能です。 しかしデータ移行をスムーズに行うために事前に確認しておきましょう。 続いてスマホ本体に保存してあるデータのバックアップを行います。 一括で簡単にバックアップを取りたいなら、各キャリアが提供しているアプリや無料の「JSバックアップ」などを利用するとよいでしょう。 最後にLINEやゲームアプリ、おサイフケータイの個別引き継ぎ設定を行います。 アカウントとパスワードの確認 まず一番重要なことは、iPhoneならApple IDを、Androidならばgoogleアカウントの IDとパスワードをしっかりと確認しておきましょう。 普段、あまりアプリなどを利用しない人は、機種変更時に設定を行って以来、IDやパスワードを確認していない人が多くいます。 アカウントのIDとパスワードがわからないと、機種変更後にスムーズにデータ移行を行うことができなくなってしまいます。 それどころか、最悪の場合、 元のアカウント情報がわからずに、1から設定し直さなければならない可能性もあります。 そのため、アカウントのIDとパスワードは、どこかに控えておくようにしましょう。 普段から使っている人からすると、ウソのような話かもしれませんが、この段階でつまずく人が多いことも事実です。 電話帳のバックアップを取る 次に重要なのが、電話帳のバックアップを取ることです。 スマホの電話機能を使う人は年々減っているでしょうが、LINEやFacebookなどのSNSでも電話帳から友達を探す機能があるので、電話帳はやはり重要です。 iPhoneの場合は、iCloudで自動的にバックアップされますが、Androidの場合は次の2つの方法で電話帳のバックアップを行うことが一般的です。 SDカードにバックアップする Androidは、 SDカードにデータを保存することが可能です。 電話帳もSDカードにバックアップすることができるので、SDカードにインポートすることで、最新のバックアップデータを取っておくことができます。 基本的には手動で行う作業となるので、定期的にバックアップを取っておくと安心です。 ただし、機種変更後のスマホにSDカードが入らない場合があるので注意しましょう。 クラウドサービスにバックアップする ドコモやauなど、各キャリアが提供する バックアップアプリを利用して、電話帳をバックアップを取る方法もあります。 その他にも、バックアップアプリはたくさんリリースされているので、自分の使いやすいアプリを使って、バックアップをしておくと良いでしょう。 その他にもgoogleのアカウントであれば、googleバックアップというサービスを利用することもできます。 SDカードに比べて、バックアップする方法は面倒かもしれませんが、対象機種を選ばない分、使い勝手は良いと言えるでしょう。 アプリのデータ移行 次に必要なのが、 アプリのデータ移行設定です。 よく使うアプリとしては、SNS関連のアプリやおサイフケータイといった決済アプリでしょう。 特に注意が必要なのが、ほとんどのスマホユーザーが利用しているLINEとパズドラなどのゲームアプリです。 これらのアプリは、しっかりと引き継ぎ設定をしないとデータを移行させることができず、LINEであればトーク履歴が消えてしまいます。 ビジネスでLINEを使用している人も多いでしょうから、LINEの引き継ぎ設定を詳しくご紹介しましょう。 ゲームアプリについては、各アプリの説明を見ると引き継ぎ方法が詳しく掲載されている他、必ずアカウントIDが存在しているはずなので、それをメモしておくようにしましょう。 LINEのデータ移行のための設定方法 LINEのデータ移行方法は、簡単です。 ここで、「アカウントを引き継ぐ」にチェックを入れると、36時間以内に引き継ぎを行うようにアラートが出るのでOKをタップします。 ここにチェックを入れない状態で新しい機種でLINEをインストールしてログインしてしまうと、 過去のトーク履歴や購入したスタンプ情報が全て消えてしまう可能性があるので、注意しましょう。 写真や音楽などのデータのバックアップをする スマホのデータフォルダに入っている、撮影した写真やダウンロードした音楽も、新しいスマホに移行したいところです。 その場合も、バックアップを取って、新しい機種に移す必要があります。 iPhoneの場合は、こちらもiCloudで自動バックアップをしてくれるので、Apple IDがあれば大丈夫です。 Androidの場合は、電話帳と同じようにSDカードにバックアップをするか、クラウドサービスでバックアップを行う必要があります。 ただし、電話帳と違い、画像や動画が多い場合はデータ容量が大きいので、 スマホ向けのバックアップアプリやSDカードでは容量が足りない場合があります。 その時は、パソコン向けのクラウドサービスを利用するか、パソコンに繋いでバックアップを行う必要があります。 パソコン向けのクラウドサービスにバックアップする ドロップボックスやgoogleドライブなどの、パソコン向けのクラウドサービスには、スマホアプリもリリースされており、スマホからデータの出し入れを行うことも可能です。 無料である程度の容量が与えられるので、SDカードやスマホ向けのバックアップアプリと違い、容量を気にせずに保存することが可能です。 また、パソコンやタブレットにもアプリをインストールしておけば、データの共有が簡単にできることもメリットです。 パソコンにバックアップする パソコン向けのクラウドサービスを使わずに、お持ちのパソコンに直接繋いでバックアップを取るという方法もあります。 スマホとパソコンをUSBケーブルで繋ぐと、スマホの中身をコピーできるようになります。 画像データなどは、同じフォルダに保存されているはずなので、それをデスクトップ上にコピーしておくことで、確実にバックアップを取ることができます。 データの数が多いとコピーに時間がかかってしまうかもしれません、 アナログでありながら一番確実な方法であると言えるでしょう。 機種変更後にやるべきこと 機種変更前のスマホでデータ移行の準備やバックアップが終わったら、次に新しいスマホを使って行う設定があります。 iPhoneでもAndroidでも、最初に確認したアカウント情報を入力する画面になるので、ここは間違わずに入力するようにしましょう。 iPhoneの場合、Apple IDで全ての情報がiCloud上に一元化されているので、ログインすればアプリのインストールやデータの移行は一瞬で終わります。 あとは、各アプリの設定を行うだけでOKです。 Androidの場合は、バックアップしたデータを、それぞれインポートする作業が必要となるので、一手間増えるような形となります。 電話帳のエクスポート Androidの場合は、電話帳のインポートを行う必要があります。 機種変更前にSDカードに保存したか、クラウドサービスを利用したのかによって、インポート方法は異なります。 また、スマホ上でgmailなどでやりとりした履歴があった場合、google連絡先に登録されていることがあります。 その場合はgoogleアカウントにログインすると連絡先はインポートされます。 その他のインポート方法が次の手順で行います。 SDカードからのエクスポート方法 新しいスマホにSDカードを挿した状態で電話帳を開き、メニュー画面から「インポート/エクスポート」をタップします。 その後、SDカードからエクスポートを選択し、全ての連絡先をエクスポートをタップすると、事前にバックアップした電話帳が反映されます。 この時、google連絡先と重複している連絡先がある場合があり、同じ連絡先が2種類登録されたりする可能性があるので、気になる人は事前にどちらかの連絡先を削除しておくと便利です。 クラウドサービスからのエクスポート方法 クラウドサービスを使ってバックアップを取っておいた場合は、再度アプリをインストールしてからエクスポートの手順を踏む必要があります。 利用しているクラウドサービスによりエクスポート方法は異なるので、インポートする前に、 エクスポートの手順をある程度頭に入れておくようにしましょう。 アプリをインストール 続いて、使っていたアプリをインストールします。 iPhoneの場合は、Apple IDでログインすれば、利用していたアプリはすでにインストールされた状態で使用することができるので、とても便利です。 ここから必要なアプリをインストールすれば、いちいち探す手間が省かれるのでおすすめです。 また、古いスマホでインストールしたままだったけれど使用していなかったアプリなど、 不要なアプリの断捨離にもなります。 Androidの場合、このアプリのインストールする手間は少しストレスに感じるかもしれません。 アプリのデータ復元 必要なアプリをインストールしたあとは、1つ1つのアプリを設定していく作業が必要です。 LINEは引き継ぎ設定の時間内にログインを行えば、トーク履歴やスタンプ購入履歴、友達情報は引き継がれます。 しかし、ダウンロードしたスタンプは削除されているので、使用する場合は再度ダウンロードする必要があります。 LINEで気をつけなければならないポイントとして、アカウント情報やメールアドレスを登録していないとそもそもログインができなくなってしまう場合があるので注意してください。 その他のゲームアプリについては、引き継ぎ方法は各アプリを確認しましょう。 SNSやメールアプリについても、アカウント情報でログインすれば、その後は自動ログインになるので、初回のログインだけでもしておくと良いでしょう。 1つ1つ設定しなければならないので、 スマホの機種変更のデータ移行作業で、一番大変な作業だと言えるでしょう。 AndroidからAndroidへ機種変更後のデータ移行 ここからはAndroidとiPhone別に機種変更後のデータ移行方法をチェックしてみましょう。 データ移行にはいくつか種類がありますので、ここではおすすめの方法を中心にOSごとに順番に紹介していきます。 まずは、AndroidからAndroidへ機種変更した時のデータ移行についてです。 SDカードへのデータ移行はスマホのファイル管理ソフトなどを利用して個別に行う事もできますが、データの量が多いならアプリを利用するのもよいでしょう。 キャリアのスマホを利用している場合は専用のバックアップアプリなどを利用する事でスムーズにデータ移行が行えます。 SIMフリー機種の場合は無料のデータ移行アプリを探して利用するのもよいでしょう。 Google系のサービスはクラウド上にデータが保存されていますので、新しい機種でログインするだけでデータの引き継ぎは完了となります。 LINEのトーク履歴やおサイフケータイの引き継ぎ設定などは忘れないようにしましょう。 また、iOS12. 4対応モデルなら機種変更後に利用できる「クイックスタート」機能でデータを移行する事が可能です。 キャリアのiPhoneを利用している場合はデータコピーアプリを利用してでもデータの移行が可能となります。 こちらも LINEのトーク履歴やおサイフケータイの引き継ぎ設定などは忘れないようにしましょう。 チェックポイント• 新旧どちらもiOS12. しかし機種変更を機にAndroid・iPhoneで異なる端末にしたいという方も多いと思います。 この場合は通常とは異なる方法でデータを移行しなくてはなりません。 「Move to iOS」は連絡先やメッセージ履歴はもちろん、写真や動画などのAndroid内のデータをWi-Fiを利用してiPhoneへ移行する事ができます。 ドコモの提供する「ドコモデータコピー」でも同じようにWi-Fiを利用してデータ移行を行えますが、特段の理由が無いならApple純正アプリである「Move to iOS」がおすすめです。 ただしどちらとも「LINEのトーク履歴・コイン残高」や「おサイフケータイ」のEdy残高など 一部引き継げない機能があります。 「LINEのトーク履歴」はテキストファイルやスクリーンショットで保存しておく事もできますが、おサイフケータイは各種アプリ上でしっかり確認しておきましょう。 また、連絡先や写真・動画などの移行も基本的には複数の方法を組み合わせる必要性が出てくるでしょう。 他の機種変更と比べると複雑ですが、データの取りこぼしが無いように時間をかけて移行を行いましょう。 iPhoneからAndroidへの機種変更で移行できないデータ• 通話履歴• iMessage• ボイスメモ• 「iTunes Store」で購入した映画など• 「iBooks」で購入した電子書籍など 引き継ぎが完了したら必ず確認を 画像引用元: データの引き継ぎが完了して、これまで使っていた旧機種を下取りに出す予定の方もいるかもしれません。 旧機種をどのように処分するにしても、データがしっかり移行されているかの確認は重要です。 特にLINEやゲームアカウント、おサイフケータイなど個別アプリのデータは引き継ぎを忘れてしまいがちです。 新機種・旧機種どちらも手元にあるうちに、すべてのデータが引き継ぎされているかしっかり確認しておくようにしましょう。 また、スマホ内のおサイフケータイ FeliCa のデータは「回線を解約している」などの場合端末だけで完全に消去するのは不可能です。 機種変更と同時にキャリアを解約しており、おサイフケータイのデータが残っている方はドコモ店頭に設置してある「DOCOPY ドコピー 」などを利用しましょう。 おサイフケータイ FeliCa のデータ消去はスマホを売却する際の条件にもなっていますし、個人情報保護のためにも重要となります。 データが移行されているか再確認する• 旧機種のデータ消去はすべてのデータが移行されているか確認してから• というのも、基本的にはスマホはgoogleアカウントやApple IDで管理して使っているので、この情報さえ把握していれば全く0の状態から設定しなければならないということはありません。 そのため、機種変更前と変更後で使っていたアプリの情報などは、いちいち探さなければなりませんし、googleプレイにあるアプリが、Apple Storeには存在しないというケースもあります。 データの移行に関してもiPhoneにはSDカードが存在しないので、クラウドサービスかパソコンを使った方法のみとなります。 スマホの機種変更におけるデータ移行は慎重に行おう スマホの機種変更におけるデータ移行の方法をご紹介しましたが、どの方法でデータを移行する場合でも、慎重に行うことをおすすめします。 基本的には、1つの方法でバックアップを取るのではなく、 2つ以上でバックアップを取っておいたほうがいいでしょう。 SDカードだけではなく、クラウドサービスでもバックアップを取るようにしたり、スマホで撮影した写真やムービーのデータは、Dropboxなどに保存するようにするなど、バックアップの方法は何重にもしておいたほうが安心です。 特に大切なデータの場合は、このように複数の方法でデータを管理しておけば、仮に1つの方法でデータ移行に失敗してしまっても応用が効くので安心です。 まとめ スマホの機種変更時のデータ移行やバックアップの方法をご紹介しました。 今回ご紹介した一般的な方法を理解しておけば、データ移行で失敗することはほぼないでしょう。 そのため、複数の方法でバックアップを取る、普段からこまめにバックアップを取ることを意識し、スマホの機種変更の時にデータのトラブルが起きても、対処できるようにしておくことが大切なのです。 新しいスマホで快適なスマホライフを送るためにも、データ移行はスムーズに行えるようにしましょう。 この記事を読んだ人におすすめの記事• 携帯電話を乗り換え時、必ずやるべきことの一つとしてバックアップデータをとる、ということが挙げられます。 しかし、いざキャリアの移行準備でバックアップを行うと言われても、普段からその習慣がなかった人にとっては何から手をつけてよいか分からない方も多いのではないでしょうか。 乗り […]• 新しいiPhoneに機種変更してデータ移行する場合、どのような方法で行いますか? これまで定番だった「iCloud」「iTunes」に加え、2019年7月からは「クイックスタート」でも全データを移行可能となりました。 準備から仕上げ作業までのデータ移行完全ガイドと共 […]• 現在利用しているiPhoneが壊れたり紛失してしまった時のために、定期的にバックアップをとっておけば大切なデータを復元することができるので安心です。 パソコンを利用した「iTunes」とクラウドを利用した「iCloud」の2種類のバックアップや復元の手順と、エラーになる原 […]• iPhoneユーザーであればぜひ活用したいアプリが「iCloud アイクラウド 」。 大事なデータが消えてしまったり、機種変更時に活躍するバックアップ機能のほか、PCとファイルを共有できる「iCloud […]• iPhoneで使えるベッドタイム機能は非常に画期的なものです。 そんなiPhoneのベッドタイム機能はどのように使えば良いのでしょうか。 今回はベッドタイム機能について詳細に解説すると共に、ベッドタイム機能の設定・使い方をご紹介していきます。 睡眠の質を高めたいという […].

次の

AndroidからAndroidへデータ移行する方法|バックアップ・復元方法

格安スマホ 移行

Androidデータ移行前に必ず確認すること 画像引用元: AndroidはもともとGoogleアカウントでログインしてスマホを利用しているため、基本のデータ移行自体はそんなに難しいものではありません。 ただし、最近はアプリがたくさん利用されているため、 それぞれのアプリデータの引継ぎ作業が必要になってきました。 また、 データ移行方法ごとに引き継げるデータ内容が違うため、データ移行させるべきデータ内容のこともしっかりと確認しておきましょう。 万が一のために、引継ぎ前にデータをバックアップしておくことも忘れずに行うことも大切です。 データ移行やバックアップは大量のデータ通信を行うため、選択するデータ移行方法によってはスマホの通信回線のみでは難しい場合も出てきます。 できるだけWi-Fiなどの インターネット接続環境が整った場所で行いましょう。 データ移行前の準備POINT• おサイフケータイやポイントサービスのアプリの引継ぎ手続きをしておく• 移行させたいデータを把握して、どのデータ移行方法を選ぶか決めよう• データ移行作業前にバックアップをとっておこう• データ移行はインターネット接続環境の整った場所で行おう 必要なアプリの確認と引継ぎ作業 画像引用元: Androidデータ移行を行う前に、 個別にデータの引継ぎ作業が必要なアプリがないかを確認しておきましょう。 もし引継ぎ作業を行わずにデータ移行をしてしまうと、アプリによっては引き継ぐことができなくなります。 また、おサイフケータイやポイントサービスを利用している場合は、 残金や残っているポイントが消滅するので注意しましょう。 機種変更後では対処できない場合が多いので、必ずデータ移行を始める前にそれぞれの引継ぎ手続きをしておくことが大切です。 個別に引継ぎ作業が必要なアプリ• LINEなどのメッセージアプリ• おサイフケータイ• ポイントサービスアプリ• ゲームアプリ• キーボードアプリ アプリには、フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどのように新しい機種で ログインできればそのまま利用できるアプリもあります。 その場合は引継ぎ作業は必要ありませんが、ログインするために登録時に利用した メールアドレスやパスワードが必要になります。 もし登録時にキャリア独自のメールアドレスを利用している場合は、乗り換えで利用できなくなるので気を付けましょう。 パスワードを忘れて再設定したい場合などはメールアドレスが利用できないと再設定することができず困ることになります。 データ移行する前に、メールアドレスとパスワードを確認して、いつでもログインできるようにしておきましょう。 のまとめはこちら。 Androidでデータ移行させるデータの種類は3種類 画像引用元: Androidで移行させるデータの種類は大きくわけて3種類です。 電話帳やメールなどのスマホの 基本データ、写真や動画などの メディアデータ、アプリを利用する場合の アプリデータです。 Androidで移行させるデータは3種類 基本的なデータ ・メール ・Gmail ・カレンダー ・キャリアの電話帳 ・Googleアカウントの電話帳 ・通話履歴 ・お気に入り ・SMSテキストメッセージ ・Wi-Fiネットワークとパスワード メディアデータ ・画像 ・動画 ・音楽 アプリデータ ・LINEデータ ・おサイフケータイ ・個別に引継ぎが必要なアプリ 基本的には電話帳やメールなどのデータが移行できれば利用に支障はありません。 しかし、これまで撮った写真や動画・ダウンロードした音楽やアプリを利用する際のデータも、大切なデータなのでしっかり移行したいですよね。 以前ならそこまでスマホの容量が大きくなかったので写真や動画を移行させることは少なかったのですが、現在は容量の大きいスマホが主流となっています。 大切な思い出をそのまま新しい端末でも楽しむためには、メディアデータも移行できる方法を選択することが必要です。 次はAndroidのデータ移行方法の選び方をチェックしてみましょう。 Androidのデータ移行方法の選び方 データ移行用のアプリやサービスは 移行できるデータ内容が違うため、どのデータ移行方法を選べばいいか悩みますよね。 基本的なデータのみ移行できればいい場合と、 全てのデータを完全に移行させたい場合とでは選ぶ移行方法も異なってくるでしょう。 移行させたいデータ内容によっては、複数の移行方法を組み合わせて利用することも検討してみましょう。 Androidのデータ移行方法の選び方• 移行させたいデータの範囲(基本データのみか?全てのデータか?など)によって選ぼう• それぞれのデータ移行方法で移行できるデータ内容をしっかりチェックしよう• 内容によっては複数の方法を組み合わせてデータ移行を行おう 例えば、AndroidではGoogleアカウントを利用したデータ移行で基本データは簡単に移行できます。 しかし、Googleアカウントを利用してデータ移行した場合は、 画像・動画・音楽や、LINE、おサイフケータイなどのデータなどは移行できません。 画像や動画もデータ移行したいなら、他の方法も併用しながらデータ移行させる必要があるのです。 しっかりと移行方法ごとに移行できるデータ内容をチェックして、 自分に合った移行方法を選択しましょう。 ここからはそれぞれのデータ移行方法ごとの特徴や移行できるデータ内容と、データ移行方法を詳しくご紹介します。 それ以外のデータも移したい場合は別の方法を用意する必要があるので注意しましょう。 もしGoogleのサービスで移行したい場合は、写真や動画は「Googleフォト」、その他の設定やデータは「Googleドライブ」で移行可能です。 また、注意したいのはGoogleアカウントで移行できる「連絡先」についてです。 Googleアカウントで移行できる「連絡先」は、 Gmailに登録してある連絡先となっていて、各キャリアの電話帳ではありません。 普段キャリアの電話帳を利用している方は、利用しているキャリアが無料提供しているキャリアアプリやその他の方法でデータ移行を行う必要があるので注意しましょう。 アプリについても同期可能なものは自動でダウンロードされますが、中のデータについては個別に設定が必要な場合もあります。 アプリごとに事前に確認しておくようにしましょう。 多少面倒な部分もありますが、Androidを利用しているならGoogleアカウントは一番おすすめのデータ移行方法と言えます。 機種変更時のデータ移行だけでなく日常的なデータのバックアップもできるので、定期的に利用していきましょう。 「Googleアカウント」を使ってデータ移行する手順• アカウント一覧から目的のアカウントをタップ• 「アカウントの同期」をタップ• 項目ごとに同期のオンオフを設定する• メニューから「今すぐ同期」をタップ• 「JSバックアップ」を利用してデータ移行する 画像引用元: JSバックアップ 移行できるデータ Android ・標準アプリデータ (電話帳、カレンダ、ブックマーク... Etc) ・写真 ・音楽 ・動画 ・文書 ・ジョルテアプリデータ クラウド連携 ・SDカード ・Dropbox ・Google Drive ・Sugarsync 主な機能 ・かんたんデータ移行 ・JSバックアップPC版 ・クラウドストレージ対応 ・ジョルテ連携 有料版 アプリ内課金あり ¥240~¥960 JSバックアップは 基本無料で利用できますが、 かんたんデータ移行でメディアデータ(画像や動画など)を移行する機能は有料となっています。 写真・動画などを含めてより多くのデータを移行したい方は有料版を利用するのが良いでしょう。 また、JSバックアップでは有料機能でLINEのトーク履歴を新端末に移行することも可能です。 ただし、この機能はLINEで予めトーク履歴をバックアップしておく必要があるので気を付けましょう。 「JSバックアップ」を利用してデータ移行する手順• アプリをインストールする• 旧端末でアプリを起動し、「バックアップ&復元」をタップする• 「バックアップする」をタップ• バックアップ先を選択してバックアップスタート• 新端末にもアプリをダウンロードし「復元する」をタップ• 復元したいデータを選んで復元する 画像引用元: 「Move to iOS」を利用してデータ移行する 画像引用元: Move to iOS 移行できるデータ Android ・連絡先 ・メッセージの履歴 ・写真 ・動画 ・ブックマーク ・メールアカウント ・カレンダー ・無料アプリケーション 転送方法 プライベートWi-Fiネットワークを作成 アプリのリストについては、Google PlayとApp Storeで共通している 無料アプリが自動でインストールされます。 共通する有料アプリについては、App Storeのウィッシュリストに表示されます。 ただし、ブックマークやメールアカウントを上手く移行できないケースがあるので、その場合は手動で同期・アカウントを追加する必要があります。 また、既にiPhoneの初期設定を終えている場合は、「設定」アプリから一度初期化してから利用しましょう。 「Move to iOS」を利用してデータ移行する手順• 新端末を設定する際に「Appとデータ」の画面で「Androidからデータ移行」をタップする• 旧端末に「Move to iOS」をダウンロードする• アプリを開いて「続ける」をタップ• 利用規約に同意して「コードを検索」>画面の右上隅の「次へ」をタップ• 新端末の「Android から移行」という画面で「続ける」をタップ• 10 桁または 6 桁のコードが表示されるまで待つ• 旧端末にコードを入力する• コンテンツを選択して「次へ」をタップ• 転送が完了したら、設定をして完了 画像引用元: 画像引用元: 各キャリアの「キャリアアプリ」を利用してデータ移行する ドコモ・au・ソフトバンクの各キャリアでは、機種変更時のデータ移行やバックアップに対応できるアプリを提供しています。 ドコモは「 ドコモデータコピー」、auは「 auバックアップアプリ」、ソフトバンクは「 あんしんバックアップ」が利用できます。 キャリア別 データ移行アプリ ドコモ 連絡先・画像・動画・音楽・スケジュール・+メッセージのデータを移行可能。 (Androidの場合) au アドレス帳、着発信履歴、メール、写真、動画、音楽、カレンダーなどを移行可能。 メール (MMS)、カレンダー、ブックマーク、発着信履歴、写真、音楽、動画などを移行可能。 (利用機種やOSによってご利用いただける機能が異なる) それぞれ 無料なので、キャリア内の機種変更であればそちらを利用するのも良いでしょう。 Googleアカウントに紐づけされていない キャリアの電話帳などもキャリアアプリを利用してデータ移行すれば取りこぼしがなく安心です。 各アプリでバックアップ・データ移行できるデータや手順が異なりますので、詳細は各公式サイトで確認しましょう。 キャリアのデータ移行アプリは写真や動画、音楽などは移行できない場合も多いですが、SDカードなども併用すればうまく移行することができます。 また、SDカードを持っていないという場合には、各キャリアごとにクラウドサービスも展開していますので合わせてご紹介しましょう。 ドコモデータコピー 画像引用元: ドコモの「ドコモデータコピー」なら、 1対1のダイレクト接続なので大容量のデータでも通信量を気にせずに移行させることができます。 また、データ移行で移動できないデータも microSDへバックアップできるので安心です。 ドコモスマートフォン・タブレット(AndroidTM 4. 4以上)およびiPhone・iPad(iOS 10. 0以上)で利用可能なので、iPhoneへの機種変更でも利用できます。 0以上の機種は非対応 また、ドコモでは最近はドコモのサーバーでデータを管理する「 ドコモクラウド」もよく利用されています。 画像引用元: こちらはdアカウントを利用してデータをクラウドに保管するサービスで、5GBまでなら無料で利用できます。 クラウドサービスを利用すればSDカードが無くても写真や動画などのデータも保存しておくことが可能です。 容量は有料で追加することが可能で、プラス10GBは100円/月、プラス25GBは250円/月、プラス50GBは400円/月となっています。 ドコモの場合は、auやソフトバンクのクラウドサービスに比べて容量が少なく、たくさん保存したい場合は有料となるのがネックです。 基本的にはバックアップ用のサービスですが、バックアップしたデータを新端末へ戻すことでデータ移行することができます。 auバックアップアプリ 画像引用元: auの「 auバックアップアプリ」は、スマートフォンに保存してある様々なデータを SDカードにバックアップ・復元できるアプリです。 ただし、移行できるデータは限られているので注意しましょう。 com/ ezweb. jp)、SMS、+メッセージのみ対象。 画像引用元: auの場合も、auのサーバーにデータを預けることができる「 データお預かり」というサービスが無料で利用できるアプリがあります。 こちらはauスマートパスまたはauスマートパスプレミアム会員なら 50GBまで無料で利用でき、auスマートパス非会員でも1GBまで利用可能です。 写真や動画などがたくさんある場合は、アプリをダウンロードして利用するといいでしょう。 あんしんバックアップ ソフトバンクの「 あんしんバックアップ」は、機種内にある電話帳やS! メールなどの データのバックアップをかんたんに行えるサービスです。 データをかんたんにソフトバンクが管理する安全なサーバ(クラウド)に保存することができ、保存データを戻すことでデータ移行が可能です。 ただし、利用している機種またはOSによって保存/読み込みできるデータが異なるので注意しましょう。 0以上 iPhone 電話帳 〇 〇 〇 〇 S! サーバーへの保存/読み込みはできません。 画像引用元: ソフトバンクの場合は、「 Yahoo! かんたんバックアップ」をクラウドサービスとして利用できます。 アプリを利用すれば 誰でも5GBまで利用できますが、ソフトバンクのスマートフォン利用でスマートログインを設定すればYahoo! プレミアム会員特典が無料です。 Yahoo! プレミアム会員なら バックアップ容量は無制限となるのでかなり便利でお得です。 データ移行の前に、個別引継ぎ作業が必要なアプリを引き継ごう• 移行させたいデータ内容によって利用方法を選ぼう• Android標準搭載で簡単だが移行できるデータが限られる「Googleアカウント」はバックアップにも使える• 定番のデータ移行アプリ「JSバックアップ」(有料版あり)もバックアップに使える• iPhoneへの機種変更ならApple純正の「Move to iOS」が安心だが、データ移行専用• 「キャリアアプリ」も併用しよう Androidのデータ移行とバックアップを行って大切なデータを引き継ごう Androidの機種変更や乗り換え時に利用できるデータ移行方法は意外とたくさん用意されています。 Androidを長期で利用している方なら、ドコモショップなどでGoogleアカウントを利用したデータ移行を行ったことがある方も多いでしょう。 今回ご紹介したJSバックアップなどのデータ移行専用アプリを利用すれば、写真や動画、音楽などもまるごとデータ移行できるのでとても便利です。 AndroidからiPhoneへ機種変更する場合には、Appleが公式に提供している「Move to iOS」を利用するのが簡単で安心でしょう。 最近では各キャリアのアプリも使い勝手が良いですし、アプリでデータ移行できない写真や動画などに関しても、それぞれクラウドサービスを展開して対応しています。 取り扱えるデータと手順をチェックして、自分が移行したいデータに合った最適な移行方法や組み合わせを選びましょう。 更に、データ移行前の準備をしっかり行い、個別で引継ぎが必要なLINEやおサイフケータイなどのアプリは忘れずに手続きを行っておくことも重要です。 Androidのデータをしっかりバックアップ・データ移行して、大切なデータをそのまま保存しながら新しい端末での生活を楽しみましょう。 この記事を読んだ人におすすめの記事• 今や生活必需品となったスマホですが、落下による破損や水濡れ及び水没故障など、精密機械であるが故に偶発する故障リスクは高く存在します。 加えて、モバイルデバイスとして何処へでも持ち歩くので、端末ごと紛失する可能性もあります。 しかし、そんな不測の事態が起きても、端末内部のデー […]• 今やスマホはパソコンよりも身近なデバイスとなりました。 そんなスマホのセキュリティや、ウィルス対策には何をしなくてはならないかをしっかりと理解できているユーザーは決して多くありません。 スマホはパソコンと同じように、個人情報の流出や、お金の不正送金をされる危険性が無いともい […]• 聞いたことや見たことはあるけど意外とまだ使っていない人が多い「おサイフケータイ」。 何でもかんでもスマホだけでやっていたら何か起きた時に心配と思っていませんか? 実は「おサイフケータイ」はロックもかけられますし、使用停止も簡単にできてしまうのでむしろ安全です。 しかもお得なポ […]• スマホの機種変更や乗り換えの時、手続きや初期設定は問題なくできても、時間がかかり手間なのがデータ移行です。 写真や音楽、電話帳など移行する内容ごとに手順が違うのも面倒な点です。 しかし、「ドコモデータコピー」なら、スマホのバックアップやデータ移行もとても簡単でスムー […]• 写真・動画などのファイル共有に便利なiPhoneのAirdrop、iPhoneユーザーであれば使用したことがある方も多いでしょう。 気軽にファイル共有できる非常に便利な機能なのですが、実はAndroidにも似たような便利機能があることをご存知でしょうか。 ここでは意 […].

次の