ツイッター モーメント と は。 ツイッターのモーメント機能の使い方とは? ブックマークとの違いは?

Twitter新機能「モーメント」を知ってますか?

ツイッター モーメント と は

ツイッターでは、「モーメント」という新機能を発表しました。 あるテーマに沿ったつぶやきを集められるキュレーション的な機能です。 いよいよ作成機能も一般公開されることになりました。 モーメントとは? モーメンツは、ツイッターのつぶやきから自分の好きなものやテーマに沿ったものだけを集めて専用ページを作れる機能です。 トギャッターなどのツイッターのキュレーションサイトのようなものといってよいでしょう。 パソコン版でモーメントを作る 作るには? まずは自分の気になるツイートのメニューを開きます。 すると「モーメントを作成」というのがあるので実行します。 するとモーメント作成ページへ移動します。 1つだけでは寂しいのでツイートを追加しましょう。 下へスクロールすると• いいねしたツイート• アカウント別ツイート• ツイート検索• ツイートへのリンクから などのほうほうでツイートを探すことができます。 右にあるチェックマークをクリックすることで追加できます。 追加が終わったら、タイトルや説明文を入力します。 該当箇所をクリックして文字を入れればOK。 タイトル画像を入れないと完成できません。 「カバーを選ぶ」ボタンを押すと、選んだツイートにある画像が一覧され、カバー画像として選ぶことができます。 なお、ツイートの各画像を携帯用に最適化しないと、公開できません。 このあたり一括ボタンのようなものがあると便利なので、今後の改善に期待しましょう。 以上が終わり、右上の「モーメントを公開」ボタンを押すと確認画面がでます。 確認すると 公開されます。 続けて共有用のつぶやき画面がでます。 ツイートボタンを押すと自分のタイムラインへモーメントのリンクをつぶやくことができます。 以上で終わりです。 右上の「完了」ボタンを押しましょう。 埋め込むには? 公開されたページはこんな感じ。 メニューより「モーメントをサイトに埋め込む」を選んでコードをコピペするとブログなどに貼ることができます。 埋め込んだサンプルはこちら。 削除するには? モーメントのその他のメニューには「モーメントを削除」というのがあります。 自分の作ったモーメントは削除することができます。 自分の作ったモーメントを一覧するには? 右上の自分のアイコンから「モーメント」を選ぶと、作ったモーメントを一覧できます。 アプリでモーメントを作る やっとアプリからもモーメントを作れるようになりました。 自分のマイページで「歯車アイコン」でメニューを表示。 「モーメント」とあるのでタップします。 作成するには? 新しく作るには「モーメントを作成」をタップします。 「ツイートを追加」で早速追加していきましょう。 検索もできますが、自分のツイートや自分がいいねしたものからピックアップすると探しやすいと思います。 普段からネタは「いいね」しておきましょう。 ツイートの追加が終わったら、表紙で「タイトルを設定」「説明を設定」をタップして上書きします。 「右下」の「さらに表示」を使うと設定項目が出てきます。 もし過激な?内容の写真を含むツイートを含める場合「不適切な内容が含まれる」という設定をオンにしておきましょう。 また、モーメントを削除する場合には、こちらにある「モーメントを削除」を実行してください。 公開するには? メイン画面の右上にある「モーメントを公開する」をタップするといよいよ作ったモーメントを誰でも見れるようにできます。 なお「公開」にすると、続けてこのモーメントについてのつぶやきを投稿する画面となりますが、こちらは必ずしも投稿しなくても大丈夫です。 削除するには? モーメントの一覧を表示します。 削除したい項目を左側にスワイプすると削除の選択肢が出てきます。 あとは削除をタップします。 モーメントの不具合 モーメントアイコンが出ない? モーメントのアイコンがツールバーへもつく予定とされています。 ただしモーメント機能は順次アップデートされます。 人によっては、上にモーメントアイコンがまだ出ないという場合があります。 もっともこの記事執筆時もモーメントアイコンはメニューバーには見当たらないので、実は出ない... というオチなのかもしれません。 しかしメインのメニューには「モーメント」アイコンのようなものは特につかないようです。 apicode.

次の

twitterモーメントの作り方【作成・編集・削除・シェア方法】

ツイッター モーメント と は

「モーメント」って何? 「モーメント」とは、どうやら複数のツイートをまとめて記事化する機能らしい。 このモーメント機能は昨年の秋ごろに米国Twitterに実装され、NFLのストリーミング中継などが見れるということで今年の春ぐらいに話題になっていました。 機能としては別に動画ストリーミング機能というわけではなくて、特定の記事やキャンペーンについてTwitter内で「まとめ」を作成するようなもののようです。 上の事例では、Twitter独自のNFLの放送チャンネルのような使い方として「モーメント」が活用されたみたいですね。 TwitterのTLは情報の流れが速く、あらゆるものがどんどん流れていってしまうので、 特定の情報のみを見たい場合に便利な機能のようです。 Twiiterのまとめサービスとしては「や各種まとめ系メディアがありますが、Twitter内に直接「まとめ」を作れるということで、 そうしたメディアは「モーメント」をまとめるメディアに変わっていくかも知れません・ 使い方 割と簡単でした。 PC画面からのみ作成可能なようです。 (記事内のツイートから画像を選べるので、最後に設定するのがおすすめです。 記事の検索がちょっと面倒ではありますが、複雑な作業ではなかったです。 モーメント記事の閲覧については、まだ日本ではタブが実装されていないようです。 近いうちに公開予定とのこと。 活用事例など 既に米国でのリリース、ユーザーリリース、日本での試験運用も経ているので、調べればいくつかの活用事例など探せそうですね。 7月ごろに、16社の実験参加が行われていました。 (参照:) 例えば朝日新聞スポ-ツのツイッターではスポーツに関しての大きなニュースをモーメントで、まとめ記事にしているようです。 現在でもモーメントはガンガン活用されております。 最近だと25年ぶりに広島カープがセ・リーグ優勝を達成しましたが、写真まとめが作られています。 PC上でみると、下記のような感じで、Tweetが一連の記事のように並んでいるUIになっています。 今年の初めのほうに流行りだした「note」にちょっと近いかもしれませんね。 使い方なんかもある意味、気軽に「自分流まとめ」を作れるというところが似ています。 まとめ こういったSNSの新機能は、認知が広がる前に、いかにマスターしておくかが重要ではないでしょうか。 まだ、多分、一般には知られていません…! 今のうちに運用計画を練りましょう!.

次の

【Twitter】意外と知らない!?モーメントの使い方まとめ

ツイッター モーメント と は

まず、モーメントはどこで見られるのか 自分のモーメントはこちらから見れます。 ツイートの追加 モーメントへのツイート追加方法は 現在はこんな手順になっています。 モーメントを開いて、編集画面へ >下まで一気にスクロールし 「モーメントに追加するツイートを以下から選んでください」へ >「ツイートへのリンクから」メニューから、 追加したいツイートのURLを送信 以前は、モーメントに追加したいツイートの オプションメニューから「モーメントへ追加」 という行動が選べたのですが…… そのボタンはなくなってしまいました。 TL上からはモーメントがいじれなくなり、 モーメントの中から編集する形のみになりました。 カスタマイズ方法(ツイートの並び替え) モーメントの見せ方をカスタマイズする方法というと、 タイトルと説明文を入力することと、 ツイートの順番を並び替えることくらいです。 順番を並び替える方法は2通りあります。 改めて、モーメントの不便なところまとめ モーメントのとくに使いづらいところは 下記の5点だと思います。 スマホからだと作れない・編集できない• どこにあるのかわかりにくい• ツイートをサクッと追加できない• 1モーメントにつき100件しかツイートをまとめられない 昔はそうでもなかったのに、 機能が縮小されていってしまったんですよね。 それから、何気に不具合が多かったというのもありました。 モーメントを公開してるのに0のままで表示され、 結局自分だけにしか見えていない。 モーメント編集中、エラーで並び替えができない。 などなど…… あとは細かいところですが、 小さい画像もモーメントの画面では 横幅いっぱいに引き伸ばされて 表示されるのも気になるところでした。 」 と出てアクセスできないんです! なので、複数のモーメントがあって、 それを全て一気に見せたいときに不便です。 プロフィールにも置きにくいし、 固定ツイートに全モーメント載せようとすると めちゃくちゃなURLだらけになってしまうし……笑 モーメントの不便なところを全部解消できている min. tはなかなかおすすめです。 (私はもう乗り換えてしまいました。

次の