ソーシャル ジャスティス ウォリアー。 「共感至上主義者」と「ソーシャル・ジャスティス・ウォリアー」が世界を回す

ソーシャル・ジャスティス・ウォリアーとは

ソーシャル ジャスティス ウォリアー

Quilletteというサイトに掲載された記事を紹介。 「社会正義左翼とオルタナ右翼:我らの分断された新世界」 by ベン・シックススミス あなたが猫の写真や料理のレシピやヌード写真以外のことをインターネットで調べた経験があるなら、現代政治における2つの極端な運動を知っているかもしれない。 どちらの運動も大半はインターネットで行われており、左翼と右翼のの主義的な要素( identitarian elements)を極端な形で体現している。 どちらの運動も、文化戦争を本気で行おうとしているのだ。 先に登場したのは社会正義左翼の方だ。 社会正義左翼は反-人種差別的な関心と・LGBTQ的な関心を融合させたものであり、特定の一貫したや政治運動ではなく、もリベラルも含まれている。 その左翼的な要素は西洋における革命の可能性の無さに幻滅した的な傾向を体現しており、ルディ・ドゥチュケが「制度内への長征」と呼んだものを追求している。 だが、資本家階級がその運動を包摂する可能性こそが、社会正義運動をこれ程までに普遍的にした要因なのだ。 ローリー・エルウッドが論じたように、企業には移民や女性の労働を支持する財政的なインセンティブが存在している。 …そして、重要なことに、それを言っている人が企業の重役で大富豪であったとしても、進歩的な社会的意見を主張する人はクールで的に思われるのだ。 人種、、に関する文化的な態度が変化していったにつれて、社会正義運動は反-直感的になって、より過激になっていた。 クリスチャン・ニーミエッツは、この傾向は「ネスの経済学」を反映していると論じている。 進歩的な意見を持つことで得られるステータスはその進歩的な意見が普及して標準化するにつれて失われていくから、進歩的な意見を支持する人がステータスを維持するために進歩的な意見の基準はより過激になり続けなければならない、ということだ。 ジァーメイン・グリアはかつてはカウンタカルチャーのアイコン的な人物であったが、今の人々の趣味からするとあまりに退行的であると見なされている。 社会正義運動を過激に体現する人々は、愛情と軽蔑の両方を込めて「ソーシャル・ジャスティス・ウォーリアー( social justice warriors, SJW)」と呼ばれている。 年長のSJWの多くはジャーナリストや大学関係者であり、若いSJWはキャンパスで抗議をして に投稿をする学生である場合が多い。 オルタナ右翼の方を見てみよう。 「オルタナ右翼」は、マイノ・ヤノプロスやポール・ジョセフ・ワトソンに代表されるような主義的な要素から や The Right Stuff といったウェブサイトに集まっている白人の集団まで、それぞれに異なる様々な要素に対して包括的に適用される単語だ。 オルタナ右翼の代弁者にはから者までが含まれているが、彼らは的な層に対する憎しみを共有している。 そして、くどい話と怒鳴り声のために不人気だった過去の右翼たちの轍を踏まないこと、より若くてテクノロジーに精通した聴衆たちに幅広くアピールすることを望んでいる。 や subreddits といったサイトで行われた的な勧誘のおかげでメンバーが増えたために、オルタナ右翼は活気づいた。 オルタナ右翼に勧誘されたのは、大半は白人であり男性である若い成人たちだ。 彼らは、批判的で侮辱的な動画やや罵詈雑言をジャーナリストや政治家たちに浴びせかけたのだ。 オルタナ右翼の内のかなりの部分が、社会正義左翼に対する反応として発展したものである。 社会正義左翼の所業…アニータ・サーキージアンによるに登場する女性の悪名高い分析に代表されるようなの政治化、社の共同創設者であるブレン・アイクがに反対したために会社から追い出された事件に代表されるような口やかましい批判、などの所業に対する反応である。 また、「トリガー警告」や「セーフ・スペース」といった名を末代まで残すことになった、社会正義左翼の過敏症に対する反応でもある。 若い男性たちは文化戦争に加わり始めて、的でヒステリックに見える人々に対して喧嘩を吹っかけるようになった。 彼らは政治的な意識を発展させたのだ。 若い男性たちは昔から冷笑的であったのは明白だが、全ての物事が攻撃的・侮辱的(offensive)であるという概念が、何事も攻撃的・侮辱的ではないという考えを生み出してしまったのである。 ハロウィンの仮装やミュージックビデオには「問題のある」要素が含まれているというユーモアが欠如していて過剰な分析や、些細で馬鹿げた「マイクロアグレッション」が増え続けることに直面した若い男性たちは、人々に「(訳注:トラウマを引き起こす)トリガーを与える」ことにひねくれたプライドを見出すようになった。 そして、適切な行動についての理に適った指針も気にせずに、彼らは攻撃的で露骨になり続けているのである。 オルタナ右翼の中の白人派閥はを大きく強調して論争しているが、それも社会正義のレトリックから着想を得たものだ。 ソーシャル・ジャスティス・ウォーリアーたちは、自分たちは白人の特権や性差別や規範性に反対していると自称しているが、実際には彼らは単に白人や男性や愛者に反対しているように見えることが多い。 好むと好まざるとに関わらず、自分のような人間がハイヒールで踏み潰されるビデオをのレナ・ダナムが投稿するのを目にした者の白人男性は、性や白人性や男性性をより熱心に受け入れるようになるだろう。 皮肉なことに、 社会正義のロジックは極右にとって好ましい結論も導いてしまう。 例えば、者たちは白人男性たちが不当に多くの権力と財産を手にする地位にあることを強調して、この現象は単なる偏見と身内贔屓によって説明できると言い張る。 だが、彼らの論敵も、者たちと同じ思考の道筋を辿ってユダヤ人たちにその論法を当てはめるのだ。 と差別に対するこの異常なまでの集中は、悪質なの口実を右翼に与えてしまったのだ。 SJWとオルタナ右翼が共有しているのは、自分は社会の本当の闇を知らされた、という感覚である( SJWは「目覚めた」と言い、オルタナ右翼は「赤い薬を飲んだ」と言う)。 多くの人々にとっては、その感覚は未発達で的ではない感覚であり、大して機能しない。 だが、別の人々に対しては、難解で曖昧な研究に偏向を引き起こして、論争的で奇妙ですらあるをもたらしてしまった。 左翼たちはファッショナブルな社会批判理論を内面化していったし、オルタナ右翼たちはや擁護論といった奇妙な分野に突入していったのだ。 最近では、どちらの運動も内紛に突入している。 左翼は「・ポリティクス」を疑問視するようになったし、一部の左翼は今回の大統領選挙に負けたのも・ポリティクスのせいだと考えている。 一方で、オルタナ右翼の中でも的な派閥は、自分たちの人種主義的な仲間が備えている主義的な性質を批判している。 これらの議論のニュアンスを見失いたくはないので書いておくが、SJWとオルタナ右翼のどちらの反応もややナイーブである、と私は考える。 どちらの運動も、盛り上がることもあれば盛り下がることもあるだろうが、彼らの主義的な考えは残り続けるだろう。 「・ポリティクス」は何もないところから起こるのではなく、が不安定で危機に晒されている時に起こるのである。 多くの場合は匿名である様々な アカウントや チャンネルの背後には、自分たちを生み出した文化に対して敬意をほとんど持たず未来への希望もほとんど持たない若者たちがいるのだ。 ネット上の若者たちの他にも、SJWやオルタナ右翼という単語を耳にしたことがない何千万人もの人々が、移民や貿易や戦争や文化という問題を巡って痛烈に争っている。 彼らは異なった存在かもしれないが、そのどちらもが、つかの間のトレンドやよりも長続きする社会の原子化と不安によって生み出された存在なのだ。 : 訳注:ルディ・ドゥチュケの参考サイト 上の記事から引用:"彼は、社会の機構の完全な一部となることにより、政府や社会の中から過激な変革を実現するという「制度内への長征」(long march through the institutions)を提唱した" : 訳注:"包摂 subsummation"は経済学的な用語のようだ : : : : 訳注:グリアはであるが、に関する発言が顰蹙を買ってや左派から嫌われてしまったようだ : 訳注:アニータ・サーキージアンはGamerGate事件の被害者としても有名 : : 訳注:調べたけどビデオの詳細はよく分からない : 訳注:「赤い薬」は『』由来の : : DavitRice.

次の

「不謹慎狩り」引き起こすソーシャル・ジャスティス・ウォリアー 長谷川京子は謝罪に追い込まれた

ソーシャル ジャスティス ウォリアー

ソーシャル・ジャスティス・ウォリアー(: Social justice warrior、 SJW、直訳すると「」)は、、()、 、など様々なな考え方を広めようとする人を指して言う言葉で、軽蔑的なニュアンスが色濃い。 誰かをソーシャル・ジャスティス・ウォリアーと名指すことは、その人が深く社会に根差した信念体系よりも個人的な物差しを優先し 、不誠実な議論をしているという意味合いがある。 この言葉は20世紀後半に使われ始めたといわれるが、当時は社会正義の実現を目指す人々を指す、中立的どころかむしろ肯定的な用語であった。 しかしで2011年に初めて使われた時には、もともと肯定的な言葉だったはずが圧倒的にネガティブな表現になっていた。 ネガティブな使われ方はを機に多くなり、や文化的包摂主義、フェミニズム、的とみなされた考えた方を広める人を特に指して言う言葉になった。 この言葉はサブカルチャー界隈に浸透し、2014年にはパロディ的なロールプレイングゲームである「ソーシャル・ジャスティス・ウォリアーズ」までリリースされた。 この曲ではシャルル・ド・ゴールやケベック人の民族主義者であり社会正義の闘士〔 ソーシャル・ジャスティス・ウォリアー〕、マイケル・カートランドの言葉がサウンドバイトとして現代音楽的な即興演奏に重ねられている 〔〕内は引用者による補足・強調 の米語辞典編集長キャサリン・マーティンは、2015年に「私が今まで見てきたのは、ごく最近のものを除けば、すべて人をかつぎあげる用例だけだ」と発言している。 この時点で、はこの言葉の最初期の用例について全面的な調査は行っていない。 しかし2015年8月に、ソーシャル・ジャスティス・ウォリアーは他の新語とともにオックスフォード英語辞典に収録された。 マーティンは「いままで正当と思われていたもの〔進歩的な政治的活動〕が、自分たちの言論活動に対する取り締まりと受け取った人によるを受けた」と語っている。 ネガティブなニュアンス [編集 ] "「ソーシャル・ジャスティス・ウォリアー」はつまり、不合理で、聖人を気取り、先入観にとらわれ、自己権力の拡大に腐心するというステレオタイプ的なフェミニストである" スコット・セリスカー マーティンによれば、もともと肯定的だったこの言葉が圧倒的にネガティブになったのは2011年前後にTwitter上で侮辱的な使い方をされてからである。 アーバン・ディクショナリーに登録されたのもこの年だ。 2014年のゲーマーゲート論争では、参加者が思想的に対立する側を表現する言葉として採用し 、一気にネガティブな表現として浸透した。 およびを取り巻く英語圏のカルチャーにおいて、ソーシャル・ジャスティス・ウォリアーという言葉はゲーマーゲート論争と結びつけられてさらに広まり、ひいてはをめぐる2015年の「サッド・パピーズ」運動 に代表されるカルチャー・ウォーの副産物とみなされた。 この言葉は主にTwitterのほか 、 、 [ 要出典]などのウェブサイトで侮辱的な使われ方をしている。 「ソーシャル・ジャスティス・ウォリアー」はインターネットにおけるフェミニズム批判において特によく使われている。 スコット・セリスカーが「ニュー・リテラリー・ヒストリー」誌に書いているが「〔言論フォーラムの参加者は〕『ソーシャル・ジャスティス・ウォリアー』に分類されるとみなした人間に対して批判的であることが多い。 この分類はつまり、不合理で、聖人を気取り、先入観にとらわれ、自己権力の拡大に腐心するというステレオタイプ的なフェミニストである」。 この言葉は、そう言われた人の行動原理が「社会に深く根差した信念体系ではなく個人的な物差し」に基づいていることを揶揄することで、その人を萎縮させる意図があるとも言われる。 そのネガティブなニュアンスは主として、社会進歩主義、文化包摂主義、フェミニズムを支持し、それを広める人へ向けられる。 また個人的に評価されるために社会正義に関して不誠実な議論や行動をしている、という含みもある。 アレグラ・リンゴはヴァイス誌に次のように書いている。 「言い方を変えれば、ソーシャル・ジャスティス・ウォリアーは確固たるプリンシパル〔規範・信条〕を持たずに、取り繕っているだけということだ。 ここで問題になるのが、これは現実に誰かをカテゴライズする言葉ではないということである。 この言葉を使えば簡単に社会正義を掲げる人をけなすことのできるというだけだ」。 エリザベス・ノーラン・ブラウンはリーズン誌に寄稿した記事で「ソーシャル・ジャスティス」の支持者の類型を示そうとした。 彼女によれば右であろうと左であろうと、何かに憤っていて、被害者意識があり、人をいじめたりする悪い人間のように相手を演出し、自分たちの側が正当性なく抑圧されているかのように言うという共通点がそこにはある。 ヴァイス誌の記者、クリントン・グウェンは、このソーシャル・ジャスティスに身をゆだねたユーザーの背景にある攻撃的な行動を分析する記事において、この言葉を取り上げている。 記事では、Tumblrに作品を投稿したアーティストに継続的にハラスメントを行ったユーザーが例に出されている。 この嫌がらせの結果は暗澹たるもので、アーティストが自殺未遂までしていて、少なくとも10人のユーザーが警察に通報され、確認されただけで1人の逮捕者が出た。 ゲーム [編集 ] 2014年5月、この言葉がタイトルとコンセプトに取り入れられたパロディ的なロールプレイング・ゲーム「ソーシャル・ジャスティス・ウォリアー」が発売された。 このゲームを開発したのはノンアカデミカル・クリエイティヴ社で、 人種差別的であったり挑発的なコメントをする「荒らし」とインターネット上で討論するというコンセプトである。 荒らしには、様々なリプライを選択して「君のロジックで相手の主張をばらばらにする」こともできるし、荒らしのコメントを拡散して他人に攻撃させたり、人格そのものを攻撃させることもできる [ 訳語疑問点]。 プレイヤーは、「ソーシャル・ジャスティス・ドルイド」などの職業()を選択することができ、ゲームを進めるとプレイヤーの「正気」と「評判」のパラメーターが変化する。 クリエイターのエリック・フォードは、クリティカル・シンキングを涵養するゲームとしてデザインしたと語っており、「人種差別的だったり性的だったりする攻撃的な言辞がオンライン上に現れるべきではないと言う考えを提示する意図はない。 このゲームは、いかに効果的な思考をするかというクリティカル・シンキングの勧めであり、現実のソーシャル・ジャスティス・ウォリアーと対峙するときになるべく負担感をなくすことが目的である」。 脚注 [編集 ] 注釈 [編集 ]• The Washington Post. の2017年1月26日時点におけるアーカイブ。 2016年1月2日時点のよりアーカイブ。 2019年1月7日閲覧。 'Social justice' may sound like a good thing to many of our readers, but the people who use this term only use it pejoratively. Blistein, Jon 2016年4月19日. Rolling Stone. 2019年1月6日閲覧。 ACM SIGCAS Computers and Society 44 4 : 18—29. Vice. の2016年1月14日時点におけるアーカイブ。 Gameranx. 2015年1月3日時点のよりアーカイブ。 2019年1月7日閲覧。 Technology Tell 2015年3月30日. 2016年1月3日時点のよりアーカイブ。 2019年1月7日閲覧。 Breiner, Andrew 2015年3月13日. ThinkProgress. 2016年3月1日時点のよりアーカイブ。 2019年1月7日閲覧。 The Oxford English Dictionary. Oxford University Press 2005年9月. 2005年9月閲覧。 Wagner, Laura 2015年8月27日. 2016年3月20日時点のよりアーカイブ。 2019年1月7日閲覧。 Steinmetz, Katy 2015年8月26日. Time. の2016年1月20日時点におけるアーカイブ。 New Literary History 46 3 : 505—523. Jeong, Sarah 2015. Forbes Media. Clarke, Donald 2014年10月18日. の2016年1月2日時点におけるアーカイブ。 "The term "social justice warrior" surely a good thing has been used pejoratively to describe those writers who choose to examine the social and political subtexts of contemporary video games"• Dewey, Caitlin 2014年10月14日. 2015年4月22日閲覧. 'SJW,' for social justice warrior—a kind of shorthand insult for liberals and progressives. Waldman, Katy 2015年4月8日. Slate. 2016年1月14日時点のよりアーカイブ。 2019年1月7日閲覧。 The Peak. 2016年3月17日時点のよりアーカイブ。 2019年1月7日閲覧。 Reason. 2016年8月16日閲覧。 Vice. 2018年3月21日閲覧。 関連項目 [編集 ] に関連の辞書項目があります。

次の

「不謹慎狩り」引き起こすソーシャル・ジャスティス・ウォリアー 長谷川京子は謝罪に追い込まれた

ソーシャル ジャスティス ウォリアー

直訳すると「社会正義の戦士」の意味。 略称として「SJW」と表記されることもある。 現在は、揶揄的な意味を込められることが多い。 詳細は英語版ウィキペディアの項目を参照。 "Social justice warrior" commonly abbreviated "SJW" is a pejorative term for a person expressing or promoting socially progressive views, including advocacy for women's rights and civil rights. [1][2] The phrase originated as a laudatory term for those engaged in social justice. [2] The Washington Post interviewed the chief of United States dictionaries for Oxford University Press, Katherine Martin, who acknowledged that the term was previously used primarily to compliment an individual. [2] Martin noted the term had mostly positive usage in the 1990s through 2000s. [2] The Washington Post traced its usage "when it was used as a compliment" to its subsequent inclusion in debate with a negative connotation. [2] The negative connotation was particularly aimed at those espousing views adhering to social liberalism, political correctness or feminism, and was popularized during the Gamergate controversy. [3][2] The accusation of being an SJW implies that a person is engaging in disingenuous social justice arguments or activism to raise his or her personal reputation. [4] 機械翻訳 「社会正義の戦士」(略称「SJWは」)である軽蔑のためのアドボカシーを含む社会的に進歩的な見解、表現するか、促進者のための用語、女性の権利と市民権を。 [1] [2]という語句は、それらのための賞賛用語として始まり従事し、社会正義。 [2] ワシントン・ポスト紙は、米国辞書のチーフにインタビューオックスフォード大学出版用語は、以前に個々を補完するために主に使用されたことを認め、キャサリン・マーティン、。 [2]マーティンは、この用語は2000年代を通じて、1990年代に主に肯定的な用法を持っていたと指摘しました。 [ 2] ワシントン・ポスト紙は、「それは褒め言葉として使用されたときに「否定的な意味合いを持つの議論でそれに続く含めることにその使用をトレース。 [2] 否定的な意味合いは、特にに付着したものespousingビューを目的とした社会自由主義、政治的正しさやフェミニズムとの間に普及したGamergate論争。 [3] [2] SJWであることの告発は、人が不誠実に従事されていることを意味し社会正義彼または彼女の個人的な評判を高めるためには、引数またはアクティビズム。 [4] 英語スラングを紹介するブログでも、2014年に記事にされている 英語ネットスラング辞典 2015年記事によると、この言葉をタイトルにうたった風刺ゲームもできているという。 この解説文は、した内容に基づいています。 その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。 問題のある記述を発見した場合には、よりご連絡ください。

次の