ツールド フランス 2019 放送 nhk。 ツール・ド・フランス2019

ツール・ド・フランス2019 TV放送予定一覧/JSPORTS

ツールド フランス 2019 放送 nhk

・7月6日 第1ステージ 194. 5km ・7月7日 第2ステージ 27. 6km(チームTT) ・7月8日 第3ステージ 215km ・7月9日 第4ステージ 213. 5km ・7月10日 第5ステージ 175. 5km ・7月11日 第6ステージ 160. 5km ・7月12日 第7ステージ 230km ・7月13日 第8ステージ 200km ・7月14日 第9ステージ 170. 5km ・7月15日 第10ステージ 217. 5km ・7月16日 休養日 ・7月17日 第11ステージ 167km ・7月18日 第12ステージ 209. 5km ・7月19日 第13ステージ 27. 2km(個人TT) ・7月20日 第14ステージ 117. 5km ・7月21日 第15ステージ 185km ・7月22日 休養日 ・7月23日 第16ステージ 177km ・7月24日 第17ステージ 200km ・7月25日 第18ステージ 200km ・7月26日 第19ステージ 126. 5km ・7月27日 第20ステージ 130km ・7月28日 第21ステージ 128km スポンサーリンク ツールドフランスのテレビ放送は?NHKやDAZN、J SPORTS? ツールドフランス2019の放送ですが、 J SPORTSで予定されています。 まだ放送の詳細は発表されていませんが、例年通りであればNHKはBSでの放送となり ダイジェストのみとなりますよ。 スカパーのJ SPORTSは 全行程の放送を行いますので、しっかりと観たい方はこちら一択となります。 近年はDAZNでもロードレースの放送を行っていますが、ツール・ド・フランスの放送予定はありません。 J SPORTSの視聴にはBS放送やケーブルテレビ、オンデマンドなどがありますが…一般的には BSのスカパーかと思います。 初加入の方には2週間の 無料期間もありますよ。 スカパーへの加入は下記の公式ページからどうぞ。 ツールドフランス2019のコースを紹介! ツール・ド・フランス2019のコースですが、 全21ステージ 3,472kmとなっています。 公式のホームページにて全工程マップも公開されています。

次の

G

ツールド フランス 2019 放送 nhk

完全生中継を観たいというほど熱心ではなくなっている。 あののドーピング事件以来、距離が出来てしまったという感じか。 ネガティブな話は置いといて、今年も始まった。 でレースの翌日にはダイジェスト版を放送してくれて、全レースが終わってしばらくすると、総集編を放送してくれた。 といえば、1985年からを映像で紹介してきた伝統がある。 ツールといえばなのだ。 さて今年はと・・・の番組表を確認してみたが、どうもないようだ。 BSで放送していたはずだが・・・ない・・・どうした、! 総集編に期待しつつ、別の方法を検討。 放送権は例年通りが持つ。 そのを何で見るのかということだ。 アンテナもチューナーも外してしまったから、では見られない。 次はネットだが、 オンデマンドなら2400円(税抜)。 ビデオでもが見られる。 2,138円(税込)。 初めてだと2週間お試し無料もあるようだ。 使い勝手も含め、個人的にはに軍配。 1か月間、経由でを契約して、を楽しもうと思う。 なお、初日の今日は、で無料で見られます。 ところで、フランスって猛暑ですが大丈夫ですかね。 日本の比じゃない状態のようですが・・・。 iga-120rpm.

次の

G

ツールド フランス 2019 放送 nhk

から開催されており、主催は傘下にスポーツ新聞や一般紙などを抱えるフランスの大企業・ ASO, Amaury Sport Organisation。 名称はフランス語で「フランス一周」を意味する。 フランス語による同様の名称のレースには、スイスで行われるなどがある。 単にル・ツール(Le Tour:ル・トゥール)と称されることもある。 FIFAワールドカップ、オリンピックと並び、世界三大スポーツイベントの1つと称されることもある。 2007年のコース 毎年7月に23日間の日程で行われるステージレースで距離にして3300km前後 、高低差2000m以上という起伏に富んだコースを走り抜く。 フランス国内でのレースが中心だが、、、、など周辺国が舞台になるステージもある。 ステージ数は1993年以降「プロローグ」を含めて全21ステージが定着しているが、それ以前はもっと多いステージ数で争われることもあった。 平坦ステージ、山岳ステージ、タイムトライアルステージ(個人、チーム)と多彩なステージ設定がされているが、山岳の比重が大きくなることの多いやに比べて平地ステージと山岳ステージのバランスがとれた構成となっている。 スポンサーの名を冠した8人編成(最低6人。 2017年大会までは9人編成)のチームが、20~22チーム参加する。 出場する選手の国籍は、ヨーロッパだけに限らずや、、など多様である。 総合成績1位の選手には黄色のジャージ「」が与えられるほかスプリント賞、山岳賞、新人賞といった各賞の対象者も特別なジャージを着用する。 賞金総額は2015年の場合で約203万、うち総合優勝者に45万ユーロとなっているほか、各ステージ優勝やスプリント賞・山岳賞などに細かく賞金が設定されている。 特徴 [ ] 街を駆け抜ける集団 例年、前半は平坦基調のステージが続き、たちの逃げやたちによる迫力あるゴールスプリントが見られる。 そして中盤に一度山岳を通過し優勝候補が絞り込まれ、その後はまた平坦ステージが続き、今度はポイント賞争いが絞り込まれる。 後半にかけては、、などの峠を舞台にした山岳ステージで総合優勝や山岳賞をかけたやたちの戦いが繰り広げられる。 2度の山岳コースはそれぞれ3日ほど繰り広げられ、それぞれとを使うことが多いため、ピレネーラウンド、アルプスラウンドと呼ばれる。 間の平坦基調ステージは主にこの二つの山脈の間を移動するために設定されているが、この緩急をつけたレイアウトと平坦ステージの多さ、ポイント賞のシステム(後述)などもあり、スプリンターが一番ポイント賞を獲得しやすいグランツールとなっている。 かつては各ステージのゴールと次のステージのスタートが同じ町だったが、スタート・ゴール地点を希望する市町村が多いため現在は一致しないことが多い。 他のグランツールではしばしば最終ステージが個人タイムトライアルとなることがあるが、ツール・ド・フランスにおいては稀である。 最終日前日の第20ステージ(プロローグが設定される場合は第19ステージ)で総合優勝争いには決着がつき、最終ステージは市街を中心に回る形式のコース設定がされ、ゴールに設定されるのが恒例である。 最終日は選手たちがシャンパンを片手に走る光景もよく見られるなど顔見せの凱旋パレードの色合いが強く、ポイント賞を争うスプリンターやステージ優勝を狙う選手以外は安全を優先して走る。 総合優勝を争う選手は集団落車に巻き込まれないようアシスト選手で周囲を固めゴールスプリントが済んだ後にゴールに入るため、実質的な総合優勝争いは最終日の前日までとなる。 もっとも、過去に最終日に個人タイムトライアルに設定されたケースもあるが、総合首位が逆転するケースもしばしば起こっている。 、前ステージまで16秒差の総合3位につけていたがを、また、同じくに50秒の差をつけられていたが大逆転したケースがある。 しかし1989年のケースにおいて、フィニョンの負け方があまりにも悲劇的だったことから、最終ステージを個人タイムトライアルとすることに対し、とりわけ同胞であるフランス人から批判が殺到した。 この影響を受け1990年以降、最終ステージにおける個人タイムトライアルは2019年現在、一度も設定されていない。 歴史 [ ] 黎明期 [ ] スポーツ新聞社・ロト(L'Auto、現在のレキップ紙)の宣伝のために当時の編集長が 自動車による「ツール・ド・フランス」をヒントに企画したのが始まりで自転車レースを企画するライバル2紙、ル・プティ・ジュルナル Le Petit Journal による(現在はアマチュアが参加するというイベントに変わっている)、並びにヴェロ紙 Le Velo がスポンサーとなるボルドー〜パリ間レースに対抗するためのものであった。 に行われた第1回は、パリ郊外 Montgeron のカフェ「ルヴェイユ・マタン Au Reveil Matin 」前からまで、合計走行距離2428km・6ステージで行われ、1ステージ平均400kmを走るという過酷なレースであった。 初期のレースではほとんど休みがない耐久戦であり、眠る際にもライダーは道路脇で眠っていたという。 一方で休息日が第1回は1日おき(1ステージ走ったら1日休み)、その後も3~4日ごとに設けられるなど休息日の数は現在よりも多かった。 ゴール先の宿泊先も自分で手配し、いかなる場合でも(自転車の故障による修理なども含む)他者の協力を得ることは禁止されていたため、選手は修理用の工具や交換用のタイヤを身につけて走っていた。 第3回からは距離を縮めた分、ステージ数が倍増。 さらに山岳ステージが導入された。 ただ当時はが無く、登山用の低速ギアが後輪の反対側(ダブルコグ)に取り付けられていた。 しかし、上り坂に来るたびに選手は後輪を前後反対に付け直さねばならなかったためレースは相変わらず過酷なものだった。 間もなく変速機が開発されるが、デグランジュはこれを禁止した(デグランジュは「変速機は女子供が使うもの」との考えを持っていたといわれる)。 初期はルールが一定せず、第3~10回は総合優勝がポイント順位制(各ステージ首位の選手とのタイム差をポイントに換算し、点数の最も少ない選手が優勝)とされていた。 また第9回からチームによる参加が認められたが、引き続き個人としての参加も可能となっていた(まで)。 以後も徐々にステージ数は増えそれに伴いレースは大規模化していくが、によってからまでは中断。 から再開されたがこの頃は再び走行距離も伸び1ステージ平均350kmを走るのが当たり前で、総距離は5000kmを超える傾向がまで続いた。 ナショナルチーム時代 [ ] からは商業スポンサーによるチーム(いわゆる「トレードチーム」)の参加を禁止し、チームは全て同一国籍の選手によるナショナルチームでの参加を義務付けることとなった。 しかしチーム数が不足したため、ナショナルチーム以外にも地域選抜チームの参加も認められた。 チームから商業スポンサーを排除した結果、主催者は選手への機材の供給を一手に引き受けなければならなくなった。 主催者は運営費用を調達するため、レースの前に宣伝カーを走らせてそのスポンサー料を運営費用に充てることを思いつく。 この結果、現在のツールでも見られる「キャラバン隊」がこの年に誕生した。 以降はステージ数20前後、走行距離は4500km程度の規模になりほぼ現在の開催スタイルとなる。 にデグランジュが代表の座を退くとツールでは変速機の使用が認められるようになったほか、個人参加が禁止されチームカーが導入されるなど「チームによる戦い」としてのツールが確立される。 総合優勝以外の各賞が制定されたのもこの頃で、チーム賞は、山岳賞は(ただしジャージ制定は)、ポイント賞はに制定されている。 しかしによってからまで再び中断を余儀なくされた。 この戦争を挟んだ時代に参加した選手の中にイタリアの、がいる。 この時代からツールはチームを編成した集団競技へと移行し、チーム編成の規定も試行錯誤が続けられた。 から再開され、以後にが3連覇を達成した。 トレードチームによる戦いへ [ ] に入ると自転車レース人気の高まりからスポンサーが増え、ナショナルチーム制を取る当時のツールに対する不満が高まってきた。 これに加えフランスナショナルチーム内においてとが対立、ナショナルチームとして両者を同じレースに出場させることができない状態となった。 当時のフランス自転車界の二大スター選手の片方を欠くことはレースの盛り上がりをそぐことになるため、主催者はこの問題を回避すべくからトレードチームによるエントリーを認めることとなった。 その後・には一時的にナショナルチーム制が復活するものの、現在に至るトレードチームによる戦いがここにスタートした。 1960年代にはアンクティル、前半にが4連覇を達成。 には今や恒例となっているシャンゼリゼ通り周回コースによる最終ステージがスタートした。 1970年代後半からはやらフランス人が活躍。 後半は後半は出身以外の選手の台頭も目立つようになり、アメリカ人のが活躍した。 前半にはが史上初の5連覇を達成。 にはが7連覇を達成したが、にドーピングによるものであるとして剥奪された。 2010年以降はの天下が続いており、が3連覇を成し遂げている。 知名度と露出度 [ ] ツールの名物・ことディディ・ゼンフト 他に3週間程度にわたり行われる大規模なステージレースとしてはジロ・デ・イタリア(イタリア一周)とブエルタ・ア・エスパーニャ(スペイン一周)があり、これにツール・ド・フランスを加えて俗に(三大ツール)と呼ばれる。 その中でもツール・ド・フランスの知名度・露出度は突出しており、日本でも「世界最大の自転車レース」として認識されている。 世界中で他の自転車レースには興味がなくてもツールだけは熱狂的に応援するファンが多数存在しており開催規模や放映される国の多さ、参加する選手の国籍の多彩さなどから見ても世界屈指のスポーツ競技大会である。 2010年現在、186の国と地域でテレビ放送され、うち60か国は生中継を実施している。 そのため総合優勝をはじめとした各賞のステータスが非常に高いことはもとより、各ステージの優勝もなどのビッグレースでの優勝に匹敵する価値があるとされ、1回のステージ優勝であっても生涯の勲章になる。 さらに超級山岳ポイントの峠を1位で通過するだけでもステージ優勝と同じくらいの価値があるとされ、次回以降通過する際、歴代の峠の制覇者としてオフィシャルガイドに名前が掲載される。 それゆえプロロード選手にとっては一度は出場してみたい大会の筆頭である。 運営 [ ] レースが非常に大規模、かつメディア露出度が高いために専門の本部が置かれ、およそ500人のスタッフが運営に関わる。 交通規制やレース中の警備、極端な不正行為の取締りはジャンダルマリ()とポリスナシオナル()の2系統の警察が担当しており、これに動員される人数が約2万5000人。 さらにボランティアで警備などを担当する人は数十万人にのぼると推察されている。 またレース中は情報・・飲料水を供給したり、機材のトラブルをサポートするメカニックが乗り込んだ「サービスカー」と呼ばれる車やオートバイが、選手と共におよそ1500台走る。 このサービスカーはチーム専属の車両のほか、中立の立場で水や機材を提供する(ツールでは主にが提供するため「マヴィックカー」として知られる)も参加している。 このほかにも選手が通過するおよそ1~2時間前に各スポンサーが出すのような宣伝カーが連なったキャラバン隊が沿道の観客に菓子、応援グッズ、キーホルダーなどのグッズをばら撒いていく。 配られる数は1000万を超え車の台数はおよそ200台にもなり、全て見るのに40分以上かかるほどである。 と2002年にはこのキャラバンカーに観客の子どもがはねられ死亡する事件が起きている。 キャラバン隊は現地にいる観客へのPRだけなく山岳地帯などレースのスピードが落ちる区間でチームジャージと同じ吸湿性に優れた素材で出来たTシャツを配布し、沿道に即席の応援団を作り出すことでスポンサーのロゴが中継で長く映るようにする(2008年の)など巧妙な宣伝を行っている。 近年ではキャラバン隊は選手の通過後にも登場する(2008年以降のなどが代表例)。 運営費は主にテレビ放映権とスポンサー収入でまかなわれるほかレースの舞台となる市町村から主催者に支払われる開催料も充てられているもようだが、正確な収入および運営費用は非公開となっている。 各賞とリーダージャージについて [ ] タイムトライアルと最終ステージを除く各ステージで特に果敢に動いたと認められた選手には「敢闘賞」として、通常白地に黒文字のゼッケンの代わりに赤地に白抜き数字のゼッケンが与えられる(ただしはスポンサーの関係から青地に白数字のものが使われていた)。 「敢闘賞」は他の賞と異なり審査員の主観によって選ばれる賞で、各ステージ終了直前に受賞選手1人が主催者から発表され、表彰が行われる。 審査員の中にはでおなじみとなっていたも含まれていることもあり、逃げ集団が吸収された際は最後まで逃げていた選手、逃げ集団が逃げ切りでゴールした際は2位の選手、単独逃げ切りに成功した場合はその選手が敢闘賞となる確率が高い。 の最終ステージ(シャンゼリゼ通り)では、が日本人初の敢闘賞を獲得した。 以降、最終ステージについてはステージ敢闘賞の対象外となっている。 また最終日には大会全体で最も果敢な走りをしたと認められた選手1人に「スーパー敢闘賞」(「総合敢闘賞」とも)が贈られる。 ドサール・ジョーヌ(チーム総合時間賞) [ ] 各ステージの終了後、チームごとに先頭から3人の所要時間の合計が加算され(各チームの総合時間成績の上位3人ではないことに注意)、最も少ない時間のチームが表彰される。 リタイアなどによりチームが3人未満になったチームは順位から除外となる。 からは黄色地に黒文字のゼッケンがチーム総合首位の選手全員に与えられている。 チーム総合1位のチームに敢闘賞ゼッケン対象者がいる場合は、敢闘賞ゼッケンを優先する。 そのほかの賞 [ ] その年の最大標高の山岳をトップで通過した選手に アンリ・デグランジュ記念賞が与えられる。 特にジャージやゼッケンなどは設定されていないが、数千ユーロの賞金が授与される。 ジロ・デ・イタリアにおけると同じもの。 各種規則 [ ]• ゴール争い時の危険防止のため集団でゴールした場合、集団内(前車との差が1秒以内。 2017年以降、平坦ステージに限り3秒以内)のすべての選手は集団先頭と同タイムとみなされる。 同様の目的でゴール手前3km以内(までは1km以内)でに巻き込まれたり、メカトラブルなどが発生し遅れた場合は、原則として元々その選手が加わっていた集団と同じタイムが与えられる。 各ステージには制限時間があり、基本的には「そのステージの優勝選手のタイムに対し何パーセントオーバー以内」という形で定められる(具体的な割合は優勝選手の平均速度やステージ形態などにより変化する)。 不正行為には罰金やポイント没収、タイム加算などの各種ペナルティが課され、ゴール地点に設置されるプレスルームで配布されるコミュニケに記載され配布される。 主な不正行為としては以下のものがある。 落車や修理で集団から遅れた際、集団に復帰するために規定以上にサポートカーを風除けに使う、サポートカーに掴まるなど。 ゴールスプリントの際の危険行為(蛇行、斜行による走路妨害、体当たりなど)• 既定以外のユニフォーム着用• 山岳コースでのギャラリーによる後押し• ゴールまで残り20kmを切ってからのサポートカーからの補給• スプリントポイントについては与えられるポイント数がステージの形状により変わる。 ゴールでのスプリントポイントは平坦ステージの場合が最も高く以下、中位のステージ、山岳ステージ、タイムトライアルの順にポイントが少なくなる。 また各ステージには中間スプリント地点が設定されているが、2010年までは「ステージ毎に概ね2ヶ所程度、3位までにポイント」というルールだったのに対し、2011年からは「各ステージ1ヶ所のみ、15位までにポイント」と大幅にルールが改められた。 総合成績と異なり1cmでも先に通過した選手が高いポイントを得られるためポイント設定箇所、特にゴール前ではスプリンター同士の熾烈な争いが繰り広げられることとなる。 また2015年は難易度1のステージのみポイントが改定され、スプリントステージ優勝者がより有利となるようになった。 山岳ポイントについては上り坂の勾配と長さに応じてからカテゴリー4級までの5段階に区分されており、通過順にカテゴリーに応じた山岳ポイントが与えられる。 カテゴリー超級の坂はいずれも過酷な登りであり、、、等が有名である。 近年はポイント稼ぎの目的でコース前半の山岳でアタックし、最後の上りとなる山頂ゴールでは大きく後退する作戦で山岳賞を狙うケースが目立ったことからからルールが改正され、最後の上り坂がカテゴリー2級以上の場合は与えられるポイントが2倍となった。 このため最後まで上位集団に食らいついてゴールした方が総合優勝争いだけでなく山岳賞争いでも有利になったため、戦略にも大きな影響が出ている。 山岳ポイント表 ~2003年 通過順位 1 位 2 位 3 位 4 位 5 位 6 位 7 位 8 位 9 位 10 位 11 位 12 位 13 位 14 位 15 位 カテゴリー超級 40 35 30 26 22 18 16 14 12 10 8 6 4 2 1 カテゴリー1級 30 26 22 18 14 12 10 8 6 4 2 1 カテゴリー2級 20 15 12 10 8 6 4 3 2 1 カテゴリー3級 10 7 5 3 1 カテゴリー4級 5 3 1 山岳ポイント表 2004年~2010年 通過順位 1 位 2 位 3 位 4 位 5 位 6 位 7 位 8 位 9 位 10 位 カテゴリー超級 20 18 16 14 12 10 8 7 6 5 カテゴリー1級 15 13 11 9 8 7 6 5 カテゴリー2級 10 9 8 7 6 5 カテゴリー3級 4 3 2 1 カテゴリー4級 3 2 1 山岳ポイント表 2011年 通過順位 1 位 2 位 3 位 4 位 5 位 6 位 カテゴリー超級 20 16 12 8 4 2 カテゴリー1級 10 8 6 4 2 1 カテゴリー2級 5 3 2 1 カテゴリー3級 2 1 カテゴリー4級 1 山岳ポイント表 2012年~ 通過順位 1 位 2 位 3 位 4 位 5 位 6 位 7 位 8 位 9 位 10 位 カテゴリー超級 25 20 16 14 12 10 8 6 4 2 カテゴリー1級 10 8 6 4 2 1 カテゴリー2級 5 3 2 1 カテゴリー3級 2 1 カテゴリー4級 1 歴代総合優勝者 [ ] 所属チーム名は当時。 5km 40. 5km 40. 3km 39. なおの優勝剥奪()があるため、大会の回数と勝利数の合計は一致しない。 5勝クラブ [ ] ツールで総合優勝を5回達成した選手達を俗に「5勝クラブ」と呼んでいる。 「5勝クラブ」に名を連ねている4人はいずれも歴史に残る名選手である。 2005年には史上初の7回の総合優勝を達成したが、2012年にドーピングによるものとして7連覇の記録は剥奪されている。 ( ) 優勝年……、、、、 タイムトライアルのスペシャリストである。 1957年に初出場にもかかわらず、圧倒的な強さで初優勝を飾った。 その後、肺炎等のため勝利から見放されていたが1961年にカムバックを遂げ勝利を重ねた。 1964年のレースでは消化不良に苦しんだが(休養日に振る舞われた羊料理のためとされる)それを隠し通し、ライバルの追撃を振り切り5度目の栄冠を摑んでいる。 ( ) 優勝年……、、、、 ツール・ド・フランス5勝に加えジロ・デ・イタリアでも5勝、世界選手権でも3回優勝している。 クラシックレースでの強さも圧倒的で、勝利に対するあまりの貪欲さから「食人鬼」の異名をとった。 トータル525勝、勝率28. 初出場の1969年には総合優勝に加えてとも併せて受賞し主要3部門独占を果たしており、この記録を達成した選手は今もなおメルクスただ一人である。 ( ) 優勝年……、、、、 アンクティル、メルクスに続いて初出場で初優勝を飾った。 「ブルターニュの穴熊」の異名で呼ばれた。 1985年のレースでは山岳ステージの落車で鼻を骨折し呼吸が困難になるアクシデントに見舞われチームメートだったに優勝のチャンスが舞い込んだが、翌年はイノーがレモンのアシストに徹することを条件に優勝を譲らせたという逸話が残っている。 しかし翌年、6勝目を挙げるべくレモンに立ちはだかったため2人の間に確執が生じることとなった(結局この年はレモンが総合優勝をしている)。 かねて公言していた通り、1986年に32歳で引退した。 ( ) 優勝年……、、、、 ツール・ド・フランス史上初となる5年連続優勝を達成した。 80kgを超す巨体ながら山岳ステージや個人タイムトライアルで絶対的な強さを発揮した。 1992・1993年にはジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスの両方で総合優勝する「ダブルツール」を2年連続で達成するという、空前絶後の偉業を成し遂げている。 圧倒的な強さに加え、どの選手からも尊敬され愛される穏やかな人柄から「ロワ・ソレイユ(太陽王)」とまで呼ばれた。 また日本では「相手選手が引き離してもすぐ背後に貼りついている」様子から「」と呼ばれていた。 区間優勝回数 [ ]• 通算 順位 名前 国籍 優勝回数 1 34 2 30 3 28 4 25 5 22 なお、は22勝で5位となるが、により剥奪されている。 一大会 1930年 エディ・メルクス 1970年、1974年 1976年 以上8勝 ツールをめぐる問題 [ ] ツール・ド・フランスは、その初期から不正が横行していた。 2回目のの時点で、優勝者のを含む完走27選手中12選手が、列車の使用などの不正をして失格となり、がレースを開催しないと宣言する事態となる。 このデグランジュの決断は、後に撤回されたため、ツール・ド・フランスは継続されるようになったが、貧しい階級出身者が多かった当時の自転車競技者にとって、巨額な賞金は何としてでも手に入れたいものであり、その後も不正行為は後を絶たなかった。 特定の場所を通過したかどうかのチェックを行うポイント制が導入されてから、列車などの乗り物を使った不正は減少したが、代わりに薬物によるが用いられるようになる。 21世紀になっても、ドーピングの問題は根深かった。 2013年大会以降は、現在まで重大なドーピング問題は報告されていない。 ドーピング問題 [ ] 2006年のレースでのドーピング批判の横断幕• 途中棄権したらのペリシエ3兄弟が、親しい新聞記者に、などを常用していた事実を告白したことで浮上した形となり、その後深刻さを深めていった。 当時は競技力向上よりも苦痛を和らげるための鎮痛剤(覚醒剤)が主に用いられていたとされる。 が生前、某テレビ番組の中で、「悪いクスリを飲んだとたん、ペダルが後ろに回ってしまった」といったジョークを交えながら、第二次世界大戦終戦直後に、を服用し続けていた事実を告白した。 第11ステージ途中、付近で棄権したが、後にアンフェタミンを常用していたことが判明 したが、ツール・ド・フランスで明らかになった最初のドーピング事例だった。 第14ステージ、にあるエグア山で、崖下から転落するアクシデントにより途中棄権となったばかりか、この事故が原因で、後に現役引退を余儀なくされたが、事故以前からなどの薬物を常用していたことが判明。 総合優勝者のの部屋から、注射器が発見された。 第13ステージでがの上りで倒れ死亡する出来事が起きた。 このときシンプソンの体内から、やが検出され問題となった。 ただしこの年の周辺のプロヴァンス地方は猛烈な暑さだったこともあり、またチームとの契約問題で精神的に追い詰められていたとの証言もあり薬物はあったもののの作用によるものという意見も多い。 実際、シンプソンの死は熱中症として扱われている。 が第15 b ステージ、が第18ステージでそれぞれ禁止薬物使用により、区間記録を剝奪され、両選手にはそれぞれ、所定総合時間プラス10分のペナルティが科せられる。 を1位で入線したが、禁止薬物使用を隠蔽するため、尿をコンドームにしまいこんで隠していたことが発覚。 悪質な行為とみなされ、順位剝奪はもとより、即座に帰郷を命じられる。 最終ステージ終了後、ヨープ・ズートメルクにドーピング違反が判明し、同ステージの区間記録が剝奪され、所定総合時間プラス10分のペナルティが科せられる。 当初総合4位を記録していた()に、の陽性反応が出たため、所定総合時間プラス10分のペナルティが科せられた。 これによりテュニスは、総合11位に降格。 同年の山岳賞獲得者、(PDM)が、 EPO 常用の事実を2009年に認める。 総合優勝を果たすことになる()の体内から、当時既にでは禁止薬物として指定されていたプロベニシド Probenecid が検出されたが、当時がそのことを認識していなかったため、制裁等の処置は行われなかった。 が第10ステージ後、突然の体調不良を訴え選手全員が棄権した。 チームの声明が二転三転したこともあり薬物摂取による副作用ではないかとされている。 ポイント賞獲得の()が EPO を使用していたことをに告白。 また同年大会の総合優勝者、(チーム・テレコム)が同年前後にわたり、EPO常用の事実を2007年に告白。 チーム・フェスティナの車から禁止薬物が発見されたことに端を発し逮捕者8人を出す一大スキャンダルに発展、第6ステージ終了後、チーム・フェスティナはツールから除名された。 さらにツールにが介入したことに抗議して、第17ステージを選手全員がボイコット。 次の第18ステージではスペインから参加した全チームおよびイタリアから参加した1チームが棄権した。 この結果完走者は96人という以来の2桁を記録することとなった。 この年の出場選手のサンプルを後の技術で再検査した結果、総合上位1、2位を含む18名からEPOが検出され、総合3位を含む12名が「疑わしい」と判定された。 〜、〜• 、前日までにが、同年6月12日に合衆国アンチドーピング機関 USADA から送付されたドーピング違反にかかる告発状に対し、不服申し立てを行わなかったことを受け、USADAは、以降の記録を全て抹消した上で、アームストロングに対し、「永久追放」宣告を行った。 以下はアームストロングを「永久追放」宣告するに至った、USADAの見解である。 EPO 、(時ドーピング)、、、及びそれらマスキング剤の使用歴があると考えられること。 EPO、輸血関連機器(例:測定針、血液バッグ、貯蔵容器と他の輸血機器や血液パラメータなど)、テストステロン、およびマスキング剤などを所持している疑いがあること。 EPO、テストステロン、剤を他者へ「横流し」していた形跡があること。 EPO、テストステロン、を他者へ投与した形跡があること。 またUSADAは、1998年8月1日以降の成績抹消について、次の通り見解を示した。 元チームメイトなどの証言や観察等を通して、1998年以前から2005年までの期間中にEPO、輸血(時ドーピング)、テストステロン、コルチゾンなどの使用歴があると考えられること。 EPO、テストステロン、については、1996年頃から使用していた可能性があること。 1999年から2005年までの期間に、EPO、輸血、テストステロン、コルチゾンなどの物質の提供(横流し)を行った上、それら物質の処方指導や投与をアームストロングが行っていたことを示す証拠を、元チームメイト等から提供を受けたこと。 2009年、アームストロングが4年ぶりにツール・ド・フランスに出場するまでの間、EPO、輸血時ドーピングが行われていたとする、科学的データが存在すること。 同年10月10日• USADAのCEO、トラヴィス・タイガートは、USポスタルサービスチームにおける一連のドーピング違反事例についての調査報告書を公表した。 USADAは、アームストロングが、ドーピングの「黒幕」と目される医学博士のミケーレ・フェッラーリに対し、100万ドルを超える「顧問料」を支払っていたことを、2人との間で取り行われた金銭授受明細書に基づいて明らかにした。 またUSADAは、かつてUSポスタル、ディスカバリーチャンネルでチームぐるみのドーピングが行われていたことを証言した11名の元チームメイトの名前を発表(、、、、、、、、、、)。 このうち、ライプハイマー、ヴァンデヴェルデ、ザブリスキー、ダニエルソン、ヒンカピー、バリーの6選手に対し、6か月の出場停止処分と該当期間の成績剥奪処分を下した。 6選手は、その期間についてのドーピング歴をUSADAが公表したところ、全選手がこれを認めたため、処分を受け入れた。 加えてUSADAは、アームストロングがUSポスタル時代にドーピングを是とするチーム土壌を醸成したとする報告書を、当時チームメイトだった上記選手の証言を交えながら公表した。 同年10月22日、UCIはへの上訴を行わず、USADAの裁定を受け入れることを表明し、1999年~2005年の7連覇の記録は剥奪されることが確定した。 総合3位の()の夫人が、同年大会終了後、大量の禁止薬物所持により、警察当局に身柄を拘束される事件が発生。 スポーツ仲裁裁判所 CAS は、総合3位で全日程を終了した()に対し、UCIのアンチドーピング違反規定15. 2 違反により、2005年5月以降、引退年日の2007年2月までの記録を抹消とする裁決を下したため、ウルリッヒの当年大会記録はすべて抹消された。 ()が、体力消耗度が激しい山岳区間の第17ステージにおいて、残りまだ120kmもある地点にもかかわらず単独アタックを敢行してそれが見事に決まり、同ステージ2位通過の()に5分48秒もの差をつけて区間優勝を果たした。 さらにその後、ランディスは総合1位で全日程を終えた。 ところが大会終了後、上記第17ステージにおける検体について、値が異常であるとの結果が出たことを発端に、その後複数の検体が陽性と判明したため、ASOは、ランディスの総合優勝記録を保留とし、その後1年以上に亘ってドーピング違反の真偽が問われることになった。 ランディスは公聴会等で陰謀論を唱えるなど、当初は一貫してドーピング事実を認めなかったが、に合衆国アンチドーピング機関(USADA )が、ランディスの総合1位記録を取り消し、失格とする告知を出したことから、ランディスの総合優勝はく奪が決定した。 これを受けてASOは同年10月15日、総合2位で全日程を終えた()を総合優勝者として認定した。 の余波を受けて、疑惑の渦中にあったや、などの優勝候補が大会直前になって出場を拒まれた。 優勝の大本命とされていたアレクサンドル・ヴィノクロフ()が第15ステージ終了後にドーピング検査で陽性反応が出たことで棄権。 さらに第16ステージ終了後に()がドーピング疑惑で連行された上、総合優勝をほぼ確実にしていた()も検査に際して虚偽の居場所を報告したことでドーピングを疑われチームを解雇される形で棄権。 この影響で、コフィディスはチーム全体が棄権することになった。 総合17位で完走した()の検体からの陽性反応が出たことをチームが明らかにするなど、レース後も混乱を引きずることとなった。 EPO よりも長い投与間隔で、ヘマトクリット値を維持することが可能な CERA の使用が、当年より欧州で可能となったことにより、これに伴うドーピング違反事例が続発した。 () - 第8ステージスタート前に発覚。 () - 第11ステージスタート前に発覚。 第6ステージと第9ステージの上りで驚異的な走りを見せてステージ優勝を果たし総合優勝争いにも加わっていた()が第11ステージ終了後のドーピング検査での陽性が発覚し、これによりチーム監督のの判断により、サウニエル・ドゥバル・スコットは全選手を棄権させ、レースから撤退した。 加えて以後しばらく、レース活動を自粛した後、サウニエル・ドゥバルがスポンサーから撤退• 大会終了後、()、(ゲロルシュタイナー)、(サウニエル・ドゥバル・スコット)、 ()にもCERA陽性が発覚。 一方、一時的にドーピング違反とされた()は喘息治療薬の摂取量が基準値を超えたというものであったが、元々喘息持ちであり後に無罪とされている。 ASOは、2月13日にUCIプロツアーの有力チームの一つである(当時登録)をでのドーピング疑惑を理由に参加招待リストから除外することを発表した。 これにより、前年の覇者であるの連覇および前年3位であるの雪辱がレース開始前に思わぬ形で阻まれる形となった。 『ツール・ド・ドーピング』とまで言われるようになってしまったことを受け、UCIが2009年6月に、「」(生体パスポート)と呼ばれるドーピング検査を導入。 これにより、()にEPO陽性反応が出たため、既にスタートリストに名前があったデッケルは、同年大会直前にメンバーから外された。 、のドーピング違反発覚が発端となり、チーム全体がドーピングスキャンダルに揺れていたが、参加予定選手を大幅に変更せざるを得なくなった。 当時でありながら、(2008年のツールでは、サウニエル・ドゥバル・スコットとして参加)は、前年の大会においてドーピングスキャンダルのため、全選手途中棄権となったことを ASO に咎められ、当大会に参加することができなかった。 7月31日、 UCI が()に対し、同年6月26日にで国際アンチドーピング機構 WADA が行った尿検査の結果、前日の7月30日にWADAから、 EPO 陽性反応が認められたという話を受け、出場保留処分としていたことを表明 したことを受け、5月15日、スペイン自転車競技連盟が、2年間の出場停止処分を下したことから、後日、当年第16ステージ優勝記録を含めた全記録を抹消された。 山岳賞を獲得した()に、UCIのバイオロジカル・パスポートにより血液ドーピングの疑いがかけられ、2011年3月8日、CASはこれを支持して2年間の出場停止処分を下したため、後に山岳賞ははく奪された。 大会終了後の9月29日、総合優勝者の()の広報担当者が、7月21日に行われたドーピング検査結果、の陽性反応が出たことを明らかにしたことが発端となり、その後約1年半にも及ぶ「白黒」の大論争が展開された。 コンタドールは検出量がごく微量であったことを受け、食肉摂取時における食物汚染によるものだと主張したが、 UCI と WADA はそのような事実はないと結論。 2011年1月、なかなか処分決定を下そうとしなかったスペイン自転車競技連合は漸く、水面下でコンタドールに1年間の出場停止処分を提示したが、その1か月後、同連盟は不処分とすることを決めた。 この裁定にUCIとWADAが異議を唱え、同年3月24日、UCIが CAS に提訴。 そして2012年2月6日、CASはコンタドールに2年間の出場停止処分とする裁定を下し、漸く決着を見た。 これを踏まえてUCIは、2010年のツール・ド・フランス以降に記録したコンタドールの成績を抹消する決定を下したため、2010年のツール・ド・フランス総合優勝者は()となった。 ()が、メディカルスタッフの事前許可なしに、覚醒剤のを含む薬物を使用していたとして、プロローグ開始直前にメンバーから除外。 よって、同チームは最初から8人での戦いを余儀なくされた。 7月11日、第5ステージ終了後に採取された()の尿の中から、であるの陽性反応が確認された。 当初コロブネフは意図的に行ったものではないと主張。 同月20日、Bサンプルでも陽性が確認されたが、2012年2月29日、スポーツ仲裁裁判所 CAS は、競技力向上に起因するものではなく、医学的見地から使用されたとみなし、処分なしの裁定を下した。 ()が、同レース休息日となった7月10日、チームが宿泊するホテルで、警察官及び『OCLAESP』の憲兵隊にドーピング容疑で逮捕された。 そして、ディ・グレゴリオのドーピング事例は、とを注射を用いて注入していたと見られると、フランス検察当局は述べた。 2012年7月17日、は、()の尿サンプルから、が禁止薬物に指定している利尿剤キシパミドの陽性反応を検出したことを発表した。 シュレクは棄権処分となり、警察の事情聴取を受けた。 世界アンチ・ドーピング機関は、キシパミドを「パフォーマンスの向上目的で使用したのではないと証明することができる物質」に指定しており、シュレクには無実を証明する機会が与えられる。 この節のが望まれています。 UCIプロツアーを巡る確執 [ ] 主催者であるASOととの間で、参加チームの選定など、管理・運営に関する溝がUCIプロツアー制定初年度の2005年から生じた。 さらにその溝は、年を追うごとに深刻さを増し、ジロ・デ・イタリアの主催者であるRCSスポルト、ブエルタ・ア・エスパーニャの主催者であるウニプブリクをも巻き込こんだ。 そしてついに2008年、ASO、RCS、ウニプブリクが、UCIプロツアーからの離脱を決定。 この決定に対し、看過できないという強硬姿勢をとったUCIとの確執がさらに続き、2008年の大会開催時に、ASOから参加を拒まれたアスタナ・チームを除く当時の17のUCIプロチームが、翌2009年シーズンのUCIプロツアーライセンスを更新しないという事態にまで発展したが、同年8月、UCIがASOの親会社であるEPAとの話し合いの末、UCIプロツアーを包含した新制度を2009年シーズンから開始することで和解。 ツールは2年ぶりに、ロードレースの年間シリーズに復帰することになった。 そのほか [ ] ツール・ド・フランスとを同一人物が同年に総合優勝することを指して「」と呼び、加えて個人ロードレースを同年に制すると「」と呼び 「カンピオニッシモ(伊:campionissimo、「」の最上級)」として称えられる [ ]。 これは以前は貨物列車の最後尾に目印として赤ランタンが掛けられていたことに引っ掛けて(が赤であるべきことは世界共通。 参照)「一番後ろを走る存在」すなわち「最下位の選手」を意味しており、総合優勝などとは別の意味で非常に注目される存在である。 日本人選手 [ ] 第20回()、第21回() 大正15年と翌昭和2年の2大会に出場。 いずれも第1ステージでリタイアに終わっている。 第83回() 日本人として近代ツール初出場。 第14ステージでタイムオーバーによりリタイア扱い。 第96回()、第97回()、第99回()、第100回()、第101回()、第103回()、第104回() 2009年は第2ステージ5位、129位完走。 2010年は第11ステージ6位、112位完走。 2012年は第4ステージ敢闘賞、84位完走。 2013年は99位完走。 2014年は65位完走。 2016年は第6ステージ敢闘賞 、116位完走。 2017年は109位完走。 第96回(2009年) 第3ステージ8位、第19ステージ7位、第21ステージ敢闘賞、112位完走。 日本でのテレビ放送 [ ] 現在日本での放送はスポーツ専門チャンネル「」で全ステージ生中継されている。 からにかけてはが放映権を持ち、主にで中継を行っていたほか、地上波でも数回「世界最大の自転車レース」と題して単発特番を放送していたこともある(現在この間の放送を化したものがから発売されている )。 からはBS1で後日ダイジェストながら放送を再開している。 からまでは「まいにち ツール・ド・フランス」のタイトルでデイリーハイライト番組を、以降はウィークリーハイライトを放送。 にが放映権を取得し、同系列で「 英雄たちの夏物語」というダイジェスト番組を2~3回にわたり放送していた。 またJ SPORTSが生中継を始める前はフジテレビが衛星録画、山岳ステージの衛星中継を独占で行っていた。 テーマ音楽はの「CHASER」。 には当時の「SKY Sports」(J SPORTSの前身)がフジテレビからサブライセンスを受ける形で生中継を開始(その関係から、などフジテレビのアナウンサーが実況を担当することが多かった)。 にはフジテレビが放送権を放棄し、代わってJ SPORTSが5年間の独占放送の権利を取得した。 に契約を更新しまでの延長が発表され、さらに契約延長により現在でも放送されている。 2017年は全21ステージについて、スタートからフィニッシュまでの完全生中継が実現した。 なおJ SPORTSの生中継では、非常に長時間(2017年は最大で約8時間中継)に及ぶことから放送中に実況・解説者に(レース中に選手が補給食を受け取るための袋にちなんで「サコッシュ」と呼ばれている)が配られそれを食べながら放送を行うという、他のスポーツ中継にはない特色があった。 2007年にはJ SPORTSの携帯サイトにおいて視聴者が中継を見ながら食べているものを撮影してメールで送ってもらう「今日のサコッシュ」というコーナーが展開されるなど、ツール中継における名物となっていた。 またからまで開催中に「裏ツール」サイトが公式サイト内に設置され、視聴者からの質問などをフォローしていた。 川柳の投稿や放送内に行われるプレゼントクイズへの珍回答などを題材に毒舌の担当者の独断と偏見でプレゼントが贈られていた。 制作の『』では、主人公がの男性で、このレースの歴代優勝者を落ち着かなくなったときにつぶやくというシーンがある。 関連大会 [ ]• 1月、同年10月にも「ツール・ド・フランス」の名を冠した初の関連大会を日本ので開催を目指していることが報道され 、3月25日には周辺で開催することが発表された。 2013年10月26日に「」の名で開催され、沿道には20万人の観客が詰め掛けた。 現在も開催されている。 関連書籍 [ ]• 『ツール・ド・フランス物語』、1997年• ポール・キメイジ 『ラフ・ライド アベレージレーサーのツール・ド・フランス』未知谷、1999年• 『MEMOIRE ツールの記録、追憶のツール』未知谷、2002年• 安家達也『ツール100話 ツール・ド・フランス100年の歴史』未知谷、2003年• 安家達也『ツール 伝説の峠』未知谷、2005年• ビル・ストリックランド『ツール・ド・ランス』、2010年• セルジュ・ラジェ、ルーク・エドワード・エヴァンス『ツール・ド・フランスの百年史』、2010年• 山口和幸『ツール・ド・フランス』講談社現代新書、2013年• ジェレミー・ホイットル『バッド・ブラッド ツール・ド・フランスの秘められた生活』未知谷、2014年• ムスタファ・ケスス、クレマン・ラコンブ『ツール・ド・フランス100話』白水社文庫クセジュ、2014年• 『クラウン仏和辞典』第4版 、1995年、1531頁。 プレスリリース , さいたま市, 2019年4月15日 , 2019年10月9日閲覧。 8ページ参照。 UCIの規定で「グランツールに関しては、日程は23日以内で内2日間を休息日に充てること、総走行距離は3500km以内であること」と定められている。 の場合は平坦10ステージ、山岳5ステージ、中級山岳4ステージ、個人タイムトライアル2ステージという構成。 サイクルスポーツ1989年10月号• Cyclingnews. com. 2012年10月22日. 2012年10月23日閲覧。 (英語)• そのため、では「ヤングライダー賞」との呼称を用いている。 実際には・の2回、はからまで、はからの連続3回獲得している。 ただし個人タイムトライアル及び山岳ステージの山頂ゴールの場合には、この救済が行われない。 の第6ステージでは総合首位を走っていたが残り500mで落車したがゴールが山頂だったため救済の対象とはならず、マイヨ・ジョーヌを失った。 全レース終了後に行われた検査において総合1位となったの体内から多数の禁止薬物が検出された。 これを受けランディスの総合優勝は保留とされ、その後公聴会などの調査が続けられた。 1年以上に亘る調査の結果、に「アメリカ合衆国反ドーピング機関」 USADA が後日ランディスの総合1位記録を取り消し失格とする告知を出したことからの繰り上げ優勝はこの時点で決定的となった。 には、が正式にランディスの失格とペレイロの優勝を認定し優勝が決定。 そして同年に総合ディレクターのクリスティアン・プリュドムから優勝ジャージ(マイヨ・ジョーヌ)が授与された。 ヤエスメディアムック408『ツール・ド・フランスを知るための100の入り口』p55、J SPORTS企画、八重洲出版、2013年6月、• Spencer Platt 2013年1月22日. 2016年6月15日閲覧。 De Mondenard, Dr Jean-Pierre: Dopage, l'imposture des performances, Chiron, France, 2000• Archive extract from Quando Volava l'Airone, part of a programme called Format, Rai Tre television, 1998• (フランス語)• Jean-Pierre de Mondenard, "Dictionnaire du dopage" 2004 , p. 896• - シクロワイアード 2013年7月25日付• com 8月24日付 (英語)• - 毎日新聞 2012年08月25日付• - USADAのUSポスタルサービスチームにおけるドーピング事例に関する調査報告書 (英語)• - cyclingnews. com 10月10日付 (英語)• - cyclingnews. com 10月10日付 (英語)• - シクロワイアード2012年10月11日付記事• - cyclingnews. com 10月11日付 (英語)• 『禁止物質または禁止方法の使用の成否は,重要ではない。 アンチドーピング規則違反は,禁止物質また は禁止方法を使用したこと,または使用の企てたことにより成立する。 』 - UCIアンチ・ドーピング規則より• (英語)• フォフォノフはドクターの処方ミスだったことが証明されたため、3か月間の出場停止処分となった• (英語)• 2012年1月22日, at the. (フランス語)• ただし、アスタナ・チームは実際には前年からチーム体制・スタッフ・メンバーが一変しており、実際にはUCIプロツアー参加チームの全チーム参加を目論んだUCIに対するASOの当てつけではないかとの見方がある。 詳細はの項目を参照のこと。 ドーピング問題が尾を引き、のに招待されなかった。 - cyclingnews. com 2010年5月15日付記事 英語• - cyclingnews. com7月11日付 (英語)• - シクロワイアード7月11日付• - cyclingnews. com7月12日付 (英語)• AFPBB News. 2012年7月17日. - 日刊スポーツ 2012年7月23日閲覧• - 朝日新聞 2014年7月29日閲覧(インターネットアーカイブによるキャッシュ)• スポーツニッポン新聞社 2016年7月7日. 2016年7月10日時点のよりアーカイブ。 2017年2月18日閲覧。 - スポニチアネックス、2016年7月25日閲覧• (インターネットアーカイブによるキャッシュ)• J SPORTS 2017年6月21日. 2017年8月23日時点の [ ]よりアーカイブ。 2020年5月28日閲覧。 スポーツニッポン. 2012年1月4日. 日刊スポーツ. 2013年3月25日. サンケイスポーツ. 2013年10月26日. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - のアルバム及び楽曲。 - ツール・ド・フランスを題材にした漫画作品。 外部リンク [ ]• (フランス語) (英語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• letour -.

次の