フォートナイト マウス プロ。 フォートナイトプロが使っているおすすめゲーミングマウス【2020年最新版】

プロチームから『フォートナイト』のコツやマナーを学ぼう! 小中学生が対象の“DETONATOR塾 FORTNITE編”リポート

フォートナイト マウス プロ

このページの目次• sharots. 動作 キー配置 ジャンプ スペース ダッシュ 左Shift しゃがむ 左Ctrl リロード R 使用 E 収集ツール 1 武器スロット1 2 武器スロット2 3 武器スロット3 4 武器スロット4 5 武器スロット5 6 建築:壁 F1 建築:床 F2 建築:階段 F3 建築:屋根 F4 トラップ F5 このゲームでは、もっとも大きな特徴として「建築」要素があります。 階段を作って敵よりも高い位置に陣取る、壁を作って弾除けにするなど、重要な役割です。 しかし、初期設定を見ると、これらの建築がファンクションキー F1~F5 に割り当てられています。 FPSの基本配置である 「WASD」からは少し離れており、かなり押しづらい位置。 私も最初はこの設定でプレイしていましたが、 とっさに建築できないんですよね...。 では、プロゲーマーはどのようなキーバインド設定をしているのでしょうか? スポンサーリンク 【フォートナイト】有名実況者やプロのキーバインド設定はこれ! ninja 引用:YouTube まずは、『フォートナイト』で1番強い といわれている 、また有名でもあるninjaさん。 プロゲーマーというよりも、ストリーマー 配信者 ですが、実力は本物です。 そんなninjaさんは、下の表のように配置しています。 また、特に使用頻度の高い壁と階段の建築は、マウスのサイドボタンを有効活用。 左手はWASDにおいているので、その周辺であるQ,Z,X,Cを使っています。 デフォルトにあったファンクションキーは完全に未使用です。 さらに、1番面白いのはダッシュ。 なんと、キーの割り当てをしていません。 ninjaさんは 設定で常時ダッシュ状態にしているため、ダッシュキーは不要なんです。 とはいえ、これはかなりトリッキーな設定といえます。 足音を立てずに行動したいときなどは普通に歩くべきなので、好戦的なプレイヤーならではなのかもしれません。 また、どうしても音を立てたくない場合は、しゃがみを活用しているのでしょう。 FPSでは、しゃがみが左Ctrlであることがほとんどなので、これをCキーに割り当てているのも面白いですね。 ちなみに、浮いた左Ctrlは「乗り物の座席変更」に流用。 正直、 特殊すぎてあまり参考になりそうにありませんね。 なお、2018年3月前後は、建築にU,O,Lキーを割り当てていたこともありました。 どんな配置だよ...。 もちろん、『フォートナイト』もプレイ。 最近はあまりやってないようですが... そんなSPYGEA選手のキー配置は下の通り。 動作 キー配置 ジャンプ スペース ダッシュ? しゃがむ? リロード R 使用 F 収集ツール マウスボタン 武器スロット1 1 武器スロット2 2 武器スロット3 3 武器スロット4 Z 武器スロット5 X 建築:壁 Q 建築:床 マウスボタン 建築:階段 E 建築:屋根 F4 トラップ F5 比較的オーソドックスに配置されていますね。 武器スロットはninjaさんと同じく、数字の3までとZ,Xキーを使用。 建築はQとE、床をマウスボタンに設定しています。 気になるのは、屋根に使いづらいF4を指定していること。 おそらくですが、屋根はほとんど使用することがないので、デフォルトのままなのではないでしょうか? もっとも、使用するはずのトラップがF5という、めっちゃ使いづらい位置にあるので、何か考えがあってのことなのかもしれませんが...。 スポンサーリンク 【フォートナイト】キーボードのおすすめ配置は? 引用:ゲーム内画面 では、『フォートナイト』のキーボード配置は、結局どのようなスタイルがおすすめなのでしょうか? 正直なところ、人によって使いやすいスタイルは違うので、プレイしながら自分なりの設定を見つけるのが1番です。 とはいえ、デフォルトのファンクションキーはあんまりにもアレなので、個人的にオススメしたいスタイルをご紹介します。 まずは、上で紹介したプロ同様、 WASDに近いキーを使用するのがベストです。 数字キーは3、あるいは4までを使用。 Q,Z,X,Cキーは積極的に利用したいですね。 壊れかけの建築を修理するより、とっとと移動して新しい壁を作ったほうがジリ貧になりにくいですし。 押しやすいFキーをこの動作に割り当てるのは、もったいないと考えます。 また、 マウスはサイドボタンがあるタイプを使用するのがベストです。 キーボードだとどうしてもキーが足りなくなってしまいますし、右手に少し割り振ったほうが、左手の負荷が軽くなります。 さらに、上では紹介しませんでしたが、インベントリもわりと重要ですよね。 とっさにアイテムを整理したいときなど、デフォルトのIキーは遠すぎますので。 そこでおすすめなのが、Tabキーです。 これも押しやすいキーなので、インベントリの呼び出しにはうってつけなのではないでしょうか。 ninjaさんやSPYGE選手も、同様の設定をされているようです。 これらを総合すると、 個人的なおすすめキーバインドは下のようになります。 動作 キー配置 ジャンプ スペース ダッシュ 左Shift しゃがむ 左Ctrl リロード R 使用 F 収集ツール 1 武器スロット1 2 武器スロット2 3 武器スロット3 4 武器スロット4 Z 武器スロット5 X 建築:壁 Q 建築:床 E 建築:階段 マウスボタン 建築:屋根 F4 トラップ C もしマウスにサイドボタンがなければ、武器スロットに数字の5キーまで使用し、ZかXを階段に割り当てるのがいいかもしれません。 正直、屋根にはそこまで有用性が見出せないので、ほぼ使わないという意味合いでデフォルトにしています。 もしかしたら、屋根を有効に使うことが上級者になるためのテクニックなのかもしれませんが、私は使いこなせないので。

次の

フォートナイトにおすすめのゲーミングマウス【ロジクールG300Sr】コスパ抜群のエントリーモデル|シーアカフェ

フォートナイト マウス プロ

フォートナイトは比較的単純なゲームで、数多くのスキルやボタンを押す必要がないという意味です。 高速で建築し、その場で武器を切り替えることができる必要があるので、いくつかのサイドボタンを備えたマウスを使用することをお勧めします。 このリストのすべてのマウスには、少なくとも2つの追加ボタンと、最上位のセンサー(フォートナイトはシューティングゲームですので、優れたセンサーが必要です)と堅牢な内部構造が備わっています。 シューティングゲームであり、 狙いを定められるようにする必要があるため、グリップのスタイルと手のサイズにも合ったマウスを選択することが重要です。 結局のところ、正確かつ快適に照準を合わせることができることは、間違いなくゲームで最も重要なスキルです。 決してコントローラーが劣っているわけではないのですが、 現状振り向きなどを考えたときにマウスが有利なのは明らかです。 最新製品であるG Pro Wirelessは、 過去に見ない最強の性能と人気を誇っています。 すべてのゲームの人気デバイスランキングに登場しています。 Logicoolの古い製品に、G Pro Wiredがありますが、これは、G Pro Wirelessと混ざって混乱を招きますが、G Pro Wirelessとはまったく異なるマウスです。 2位には、 FinalMouseのAir 58 Ninjaがあります。 Ninjaは最も人気のあるフォートナイトストリーマーであり(さらに、一般的に最も人気のあるストリーマーの一人です)。 FinalMouseとの彼のコラボレーションの製品は多くの人を魅了しています。 彼らの最新の製品である UltraLight 2は、ここの人気ランキングでは3位になりました。 Razerもこの上位5位に入り、 DeathAdderELITEが4位になりました。 LOGICOOL G PRO WIRELESS ワイヤレスゲーミングマウスを持っている人を見ると、その人は 初心者であると昔は言えましたが、 最近ではワイヤレスマウスが有線の性能に確実に追いついています。 Logicoolによると、 LIGHTSPEEDテクノロジーは有線マウスよりも高速で、場合によってはさらに高速であるそうです。 ただし、G Pro Wirelessの魅力はそれだけではありません。 ゲーム内で40時間以上のバッテリー寿命を誇り、完璧なHEROセンサー(3366の社内バージョン)を搭載し、POWERPLAYテクノロジーを介して充電できます。 つまり、このマウスをPOWERPLAYマウスパッドで使用するとマウスを接続する必要はありません。 Air58はより軽量で、改良されたスクロールホイールを備えていますが、それ以外は基本的に同じマウスです。 ただし、UltraLight Phantomはすでに素晴らしいマウスであったため、これは問題ではありません。 Air58は、その前の製品同様に、完璧な3360センサーと快適で快適な形状を備えています。 それを非常に柔軟なファントムコード(マウスケーブルの名前です)と組み合わせると、最強軽量マウスの完成です。 オススメポイント UltraLight 2は、 FinalMouseの安定製品の最新リリースです。 自分でカスタマイズできる形状にすることで革新を目指しています。 「ベースマウス」は、 現在有名なUltraLightの小型バージョンですが、これにはINFINITYSKINが付属しています。 それは間違いなく興味深いアイデアであり、望みどおりの形状のマウスを持ちたい人にとっては素晴らしいアイディアですが、INFINITYSKINSを使用する予定がなくても、最高のゲーミングマウスです。 裏には、誰もが知っているように完璧な3360センサーがあり、FinalMouseはマウスホイールとケーブルも改良しています。 それを47グラムの(基本)重量(FinalMouseによる)と組み合わせると、軽量の小さなゲーミングマウスの完成です。 オススメポイント 地球上で最も軽いゲーミングマウスが必要な場合、これがおすすめです。 これはUltraLightの小さいバージョンです。 そのため、サイズが大きすぎることがわかった場合、これがピッタリかもしれません。 当然のことながら、マウスの正確な形状をカスタマイズできるINFINITYSKINSは、一部の人にとっては良い追加機能になりますが、実際にそれらを使用しなくても、これは素晴らしいゲーム製品です。 ただし、他のFinalMouse製品と同様、可用性は大きな問題です。 彼らの製品はほぼ常に売り切れており、実際に購入できる唯一のコピー製品は市場でとんでもない価格で販売されているので、その高すぎるプレミア価格を支払うことはお勧めしません。 RAZER DEATHADDER ELITE Razerのマーケティングは常に非常に積極的であり、マーケティング部門は性能を誇張することしますが、DeathAdderは本当に最高です。 人間工学に基づくデザインは最強です。 Razerの完璧な3360センサーのバージョンと、 Omronと共同開発されたスイッチを備えています。 オムロンのボタンは、快適で鮮明なクリック体験を提供します。 センサーはなんと 16000 DPIまで対応可能ですが、それはパフォーマンス機能というよりはマーケティングの仕掛けのようなものです。 ただし、3360は最高の精度で動きをキャプチャするセンサーであるため、通常のDPI設定でDeathAdderを使用するのは問題ないです。 形状はかなり一般的ですが、 小さな手の人は注意する必要があります。 ただし、ほとんどのグリップスタイルに合うはずです。 DeathAdder Eliteのサイズは約98グラムで、最も軽いマウスではありませんが、ほとんどの人気のマウスが100g以下であることから、問題ないことがうかがえます。 オススメポイント ある意味では、G Pro Gaming Mouseは現在のナンバーワンであるG Pro Wirelessの前身ですが、 どちらのマウスにも共通点はほとんどありません。 2016年に開発およびリリースされたG Pro(G403と一緒に発売されました)は、完璧なセンサーを搭載した最初のマウスの1つです。 有線G Proは、さまざまなプロのプレイヤーの助けを借りて開発されたもので、ほぼ瞬時にヒットしました。 元のG Proには小さな両手利きのデザインがありましたが(マウスの左側にはサイドボタンしかありません)、非常に軽いクリックとかなり頑丈なケーブルがありました。 G305は、G Pro Gaming Mouseの持っている利点をすべて提供していてさらに、ワイヤレスパッケージで提供します。 完璧なHEROセンサーを搭載し、Logicoolの驚異的なLIGHTSPEEDテクノロジーで動作します。 つまり、有線マウスと同じようにレポートをすばやく実行できます。 オススメポイント たとえば、トップ5のCSGOマウスリストとは異なり、フォートナイトのプロが使用するマウスの種類に関しては、共通点はありません。 ただし、このリストのすべてのマウスは最高です! 時間をかけて、ここで得た情報を参考にし自分にピッタリのマウスを選択するためのガイドラインとして使用してください。 このガイドがお役に立てば幸いです! 情報についてのお願い 掲載している情報が足りない、古い、間違っている部分があれば 下のコメント欄からお知らせ頂くようお願いいたします。 カイくまTwitterでは 最新情報や、 大会の情報等も投稿していますので、フォローよろしくお願いします。

次の

【2020年最新】フォートナイトのゲーミングマウスはこれ一択!超おすすめマウス紹介

フォートナイト マウス プロ

このページの目次• 『フォートナイト』の上達にはマウス感度が重要! 引用:Amazon マウスの感度は、FPSにおいてもっとも重要な設定のひとつです。 そもそも、マウス感度とはどういうものなのでしょうか? この設定は、「マウスを動かした際、どれだけの距離を照準が移動するか」ということを表します。 つまり、マウス感度が高ければ少しマウスを動かしただけで照準が大きく移動。 逆に感度が低いと、照準を移動させるために大きくマウスを動かす必要があります。 マウス感度が適切でない場合、 ・索敵 周囲の確認 が遅れる ・ 敵に弾が当たらない など、様々な状況で不利になってしまいます。 初心者の場合、このマウス感度をついつい高い設定にしてしまいがちです。 その気持ち、私も痛いほどよくわかります。 しかし、このような設定にしていると、いざ敵と戦闘になった際、照準がブレて弾が全然当たりません。 こういった意味でも、適切なマウス感度の設定は重要であるといえます。 とはいえ、『フォートナイト』は少し前から、かなり親切なマウス感度設定が可能になっています。 この設定を上手く使えば、 初心者にありがちな不安を簡単に解消できるんです! 『フォートナイト』のマウス感度はどうやって設定できる? 引用:ゲーム内画面 『フォートナイト』マウス感度の初期設定値 現在『フォートナイト』では、上で書いたように「親切な」マウス感度設定ができます。 その項目は、次の通り。 ・X軸感度 ・Y軸感度 ・ターゲット感度 ・スコープ使用時感度 最初の頃は「マウス感度」の設定しかなかったのに、ずいぶん進化しましたよね! 簡単に説明すると、X軸感度は「照準を横方向に移動する際の設定」、Y軸感度は「縦方向に移動する際の設定」となっています。 つまり、 「左右」と「上下」の感度を別々に設定できるわけですね。 とはいえ、このゲームは建設等によって敵プレイヤーが縦横無尽に移動するため、 異なる感度にする必要性は少なめです。 また、「ターゲット感度」は、リボルバーやアサルトライフル、ショットガンなどを装備している状態で、「照準モードにした際の感度」となっています。 ようは、右クリックしているときのことですね。 さらに、「スコープ使用時感度」は、スナイパーライフルやスコープ付きの武器を装備している際、同じく「右クリックをしているときの感度」を指します。 この2つは、かなり重要ですね。 この設定が追加されたことで、 X軸感度とY軸感度を高くして索敵を素早く行いつつ、ターゲット感度を低くすることで戦闘時に照準のブレを大きく抑える、ということが可能になったからです。 『フォートナイト』のプロゲーマーはどれくらいのマウス感度に設定している? Ninja 引用:YouTube では、『フォートナイト』のプロゲーマーは、どの程度のマウス感度に設定しているのでしょうか? 最初に紹介するのは、世界でも1番人気といわれる『フォートナイト』のプロゲーマー どちらかというと配信者 のNinjaさん。 最近、配信サイトを「twitch」から「Mixer」に変更したことで、大きな話題になりましたね。 そんな Ninjaさんですが、マウス感度の設定は次のようになっているようです。 ・X軸感度 :0. 077 ・Y軸感度 :0. 079 ・ターゲット感度 :0. 569 ・スコープ使用時感度 :0. 399 なお、 マウス自体のDPIが800なので、かなり低めの感度設定を使っているようです。 これ、右手がかなり忙しいです...。 ちなみに、X軸とY軸の設定がビミョウに違うのは、完全にあわせるのが面倒だったからじゃないかと思っていますw 0. 001の変更はスライダーだと厳しいので。 Mongraal 引用:BBC 英国放送協会 続いては同じく海外の有名プレイヤー、Mongraalさん。 14歳という若さでトップレベルの戦いを見せる彼は、どのような設定なのでしょうか? ・X軸感度 :0. 108 ・Y軸感度 :0. 098 ・ターゲット感度 :0. 171 ・スコープ使用時感度 :0. 271 Mongraalさんの DPIは400なので、通常状態の使用感としてはNinjaさんと大きな差はなさそうです。 しかし、ターゲット感度が極端に低く設定されており、 より精密な射撃を可能としていますね。 Tfue 引用:Instagram 最後は、 世界レベルの大会でも優秀な成績を収める、Tfueさん。 ・X軸感度 :0. 10 ・Y軸感度 :0. 10 ・ターゲット感度 :0. 70 ・スコープ使用時感度 :0. 55 マウスの DPIは400となっています。 なんというか、上2人に比べると、きっちりとキリのいい数字に合わせていますね。 几帳面な性格なんだろうな、という印象を受けますw ターゲット感度はやや高めで、照準状態でもわりと自由に動かすことができそうです。 『フォートナイト』でオススメのマウス感度は? 引用:ゲーム内画面 では、『フォートナイト』でオススメのマウス感度は、どの設定なのでしょうか? まず、 マウスのDPIは、プロも愛用する400か800がオススメ。 慣れないと設定を変更する際にイライラしますが、そこは慣れましょうw 仮に DPIを800とした場合、ゲーム中のマウス感度は次のようにしてみてはいかがでしょうか? ・ X軸感度 :0. 150 ・ Y軸感度 :0. 150 ・ ターゲット感度 :0. 100 ・ スコープ使用時感度 :0. 一方、射撃時の精度を上げるため、ターゲット感度とスコープ使用時感度は低めに設定しましょう。 このとき、敵が照準から離れた場合などに備え、 通常モードと照準モードを頻繁に切り替えるクセを付けたいですね。 まずは上記の設定でプレイしてみて、自分に合うかどうか試してみてください。 ただし、「ちょっと合わないな」と思っても、 しばらくやってみることが大事です。 慣れてきたら、基本的にはX軸感度とY軸感度を 下げる方向で調整するのがベスト。 上げていくと、いつの間にか初心者の設定に逆戻りしてしまいますからね...。 もちろん、「感度が高いほうが当てやすいんだ!」という人には強要しませんが。

次の