スマホ 熱い 充電 減る。 スマホが熱い原因と対処法/電池が減る要因に【Android】

スマホの充電が急激になくなる3つの原因と解決方法

スマホ 熱い 充電 減る

iPhoneの場合• Androidの場合• 強制終了させる場合はタスクキラーアプリなどを利用して完全に終了させるのがオススメです。 アプリ暴走の場合はバッテリー消費が増えることによって発熱している可能性が高いので、強制終了させることでバッテリー消費の問題とあわせて発熱の問題も解決できるでしょう。 また、暴走しているアプリがほとんど使っていないアプリの場合や強制終了しても勝手に起動されるアプリの場合は、アンインストールしたり無効化したりするのもオススメです。 アプリの種類に応じて最適な対処法を選びましょう。 対策2: スマホを再起動する アプリ暴走が考えられるもののどのアプリが原因かわからない、アプリではなくOS側に問題がありそうだという場合は一旦スマホを再起動してみてください。 なお、発熱している場合は電源を切り、しばらく放置してから再度電源を入れるのがいいでしょう。 原因不明のエラーが発生している場合や、どのアプリが原因かがわからない場合、起動しているアプリが多すぎる場合は再起動が最もオススメの対処法です。 スマホが熱くなってきたと感じたら一度再起動してみるのもいいかもしれません。 対策3: スマホを冷やす スマホの周囲の温度が高くなると、スマホ自体の温度が上がりやすくなります。 スマホの温度が上がると、動作に異常や不具合が出るケースがあります。 スマホが熱くなった場合はまず冷却を優先するのがオススメです。 夏場の炎天下はもちろん、冬のストーブの前も注意が必要な場所です。 そのような場所でスマホを利用している場合は涼しい場所に移動してみてください。 熱いスマホ本体を冷やす方法については、次のページでも詳しく紹介しています。 合わせて参考にして下さい。 対策5: 充電器やケーブルを変更してみる 充電に使用している充電器や充電ケーブルが純正品でないと、バッテリーにトラブルが起きるケースがあります。 社外品を使っている場合は、純正品の充電器・ケーブルを使用して充電するようにしてみて下さい。 対策6: スマホを修理する ここまでの対処で解決しない場合、スマホのハード自体に故障、もしくは接触不良があることが考えられます。 考えられるのは バッテリーやロジックボードの故障です。 特にバッテリーが膨らんでいるような場合は、経年劣化して故障していることが考えられます。 バッテリーの交換は自分でもできますが、保証の対象外となってしまうため、スマホメーカーや街中の修理屋などを利用して修理することをおすすめします。

次の

【スマホ】要注意! 電池を余計に消耗させてしまう“NGな使い方”7(1/3)

スマホ 熱い 充電 減る

スポンサーリンク スマホが熱いとき電池がすぐ減るのをどうすればいい? スマホの充電が1日も持たないと、さすがに不便ですよね。 私も以前、モバイルバッテリーを持ち歩かないと電池が持たなくて生活できない時期がありました。 スマホの電池がものすごい勢いでなくなるのはどう対策したらいいのでしょうか? まず試すべきは、立ち上がっているアプリをすべて終了させること&再起動です。 高温ということはスマホの処理が高負荷になっているということです。 高負荷の原因はバックグラウンドで動いているアプリが原因かもしれませんし、アプリ以外のシステムの負荷かもしれません。 分かりませんが、どちらも一旦停止するためにはやはり再起動が最強です。 また、ただ再起動するだけではなく、一度電源を落として、スマホの温度が下がるのを待ってから起動しなおすとさらにいいでしょう。 というのも、高温であること自体が、スマホの電池であるリチウムイオンバッテリーに悪影響を及ぼすからです。 リチウムイオンバッテリーの温度が高温になると、バッテリーの劣化スピードが速くなることが知られています。 つまり、高温状態が続くことで、電池持ちがどんどん悪くなっていく……ということです。 これ以上電池の持ちを悪くしたくはありませんよね? そうであれば、一旦冷えるのを待ってから起動しなおしましょう。 スマホが熱いし充電できないときはどうする? 続いて、「スマホの電池持ちが悪い」がさらに悪化した状態、「充電しているのに電池が減るスピードのほうが速い」問題です。 これ、絶望的ですよね。 充電しているのに電池が減っていくって、どうすりゃいいんだって感じです。 次はこちらについて対策していきましょう。 スポンサーリンク そもそもの話ですが、スマホは充電しながら使うことは推奨されていません。 というのも、充電中は充電していないときと比べてバッテリーが高温になります。 使っていなくてもバッテリーが高温になっているのに、その状態で負荷のかかるアプリを起動したりなんかしたら……。 お察しの通り、いつも以上に高温になるわけです。 そういう使い方をすると、充電してるのに電池が減っていく……という現象も起きますし、バッテリーが高温になることでバッテリーの寿命が減り、さらにこの現象が起きやすくなる……という負のループにハマってしまうのです。 ここは一旦スマホを我慢して、電源を落としてフル充電まで待ちましょう。 そうすれば、充電も問題なくできるはずですし、温度も下がるのでバッテリーにもやさしいです。 スマホが熱いときの対処法は? ただ、そうは言っても、そのスマホも買ったばかりのころは朝から晩まで使っても電池はなくならないし、普通に充電しながら使えていたはずですよね。 それが今では1日持たない上に、充電しながら使えなくなっているということは、バッテリー自体の劣化がかなり進んでいる可能性があります。 心配であれば、携帯ショップや専門店で見てもらい、必要であればバッテリー交換をしてもらうのが一番の近道だったりします。 携帯ショップの安心サポートのようなものに加入している場合は、バッテリー交換も無料で行ってくれる場合があるので、一度試してみてください。 サポートに入っていない場合は……買い替え時ですかね。 まとめ スマホが必須なこの時代。 スマホの電池が持たないことは死活問題ですよね。 一時しのぎであれば、一旦スマホの電源を落とすことが正解ですが、高温で電池が持たないという状況が長く続くようであれば、バッテリーを交換するというのが最善手です。 あるいはこれを機にスマホを買い換えるというのも考えてみてください。 この記事が少しでも参考になってくれれば幸いです。

次の

熱で劣化・故障する前に!スマホが熱くなる理由と対処法

スマホ 熱い 充電 減る

スマホのトラブルと解決方法 2020. 02 スマホサポートライン編集部 スマホの充電が急激になくなる3つの原因と解決方法 スマホの充電が急激になくなる現象でショップに訪れるユーザーも少なくありません。 充電残量が50%残っていたはずが急に電源がきれたり、今朝満タンにしたはずなのに、昼には画面が真っ暗になっていたりと、スマホを見ると突然使えない状態になっているというのです。 症状はそれぞれ少し違う事もありますが、充電が急になくなると言います。 このようなときに、携帯ショップに相談すると、詳しい原因が分からない場合は、本体やバッテリーに異常がないか、メーカーに点検に出す形になります。 点検に出すということは、修理の時と同様に基本的にはデータが初期化されて戻ってくると思ってください。 そうなると、データのバックアップと復元など面倒なこともありますし、メーカーに送っている間は、ショップで借りたスマホを使わなければなりません。 運が悪ければ、代替機がなく、点検期間中はスマホを使えないことになります。 スマホを購入して間もない状態で、頻繁に起こっているのであれば新品交換ができないかなどの相談もしておいた方が良いです。 あきらかな以上であれば、交換対応してもらえるケースが多いです。 バッテリーが急になくなるときに、携帯ショップのプロに見てもらうのもいいですが、自分でできることもあります。 このページでは、急激に減る3つの原因と解決方法について書いていますので、よければご参考に改善するか試してみてください。 バッテリーの劣化・故障• スマホ本体やSDカード、SIMカードの故障や不具合• スマホで表示される電池残量と実際に充電されている残量にズレが生じている それぞれ詳しく解説していきます。 ご自身のスマホの充電がすぐになくなる原因を探っていきましょう。 バッテリーの劣化・故障 スマホの利用期間が長いことで起こっているなら、バッテリー劣化の可能性が高いです。 スマホを何機種も使った事のある方でしたら、経験があると思いますが、1年経過するだけでも、新品の頃と比べると充電持ちが悪くなっていますし、2年、3年と経つとかなり弱ってきます。 使い方が激しい人であれば、1年くらいでバッテリーがかなり弱っている場合もあります。 解決方法 バッテリーが劣化している場合は、バッテリーの交換で改善します。 バッテリー交換と言っても機種によっては、数千円から1万円程度する機種もあります。 機種変更も検討するのも良いと思います。 最近のスマホは、バッテリー内蔵タイプが多い為、メーカーで行うものが増えています。 内蔵のものは、通常は自分ではできないのでメーカーに送って交換する事になります。 大手キャリアの場合は、購入した携帯ショップに問い合わせてみましょう。 取り外し可能な機種は、バッテリーを注文して自分で交換できます。 バッテリーが弱る原因 スマホの使い方次第で、バッテリーがダメージを受けたり、寿命を早めてしまったりする場合があります。 バッテリーに熱を持っている状態で使い続ける• メーカーで動作確認された充電器を使っていない• 過充電(充電が満タンになっても充電器を挿したまま)• 電圧の違う充電器を使い分けている(充電スピードが違う充電器) スマホバッテリーについて スマホのバッテリーの多くは、リチウムイオン電池を使っています。 リチウムイオン電池は、充電の回数が決まっています。 これを充電サイクルと言い、約 500回~700回ほど充電すると性能が工場出荷時の50%~70%程度になります。 その機種に使われているバッテリーによって異なる場合があります。 期間で言うと利用頻度にも寄るが、 2年~3年が交換時期と言われています。 あくまで目安ですので、バッテリーの減りが気になり始めたら、バッテリーの交換や機種変更を考えてみましょう。 また、充電の仕方を工夫するだけでも、バッテリーの寿命を延ばす事ができます。 まず充電する際に気を付けたいのは、過充電や0%になってからの充電を避ける事です。 かと言って、充電しながらのスマホの使用や充電が少し減ったからと言ってすぐに充電をするのもよくありません。 タイミングとしては、充電残量が20%くらいになってから充電をするのが目安と言われています。 スマホ本体の故障・SDカードやSIMカードが原因 スマホの本体、SDカードやSIMカードが原因となっている事があります。 いずれかが原因になっているのならば、SDカードやSIMカードよりも本体が原因である可能性が高いです。 解決方法 SIMカード・SDカードを抜いた状態で利用して試してみましょう。 問題があるようなら、カードを新しいものと交換してみてください。 スマホ本体の故障の場合は、アプリやシステムなどの不具合が原因になっているのであれば、端末を初期化したり、問題となるアプリを削除したりして改善する場合があります。 本体の基盤など機械的なところが原因な場合、修理に出す必要が出てきます。 購入元の携帯ショップやメーカーに相談する事をおすすめします。 充電残量の表示ズレ スマホを購入してから間もない場合や突然不具合が起きたのであれば、充電残量の表示が何らかの不具合により、おかしくなっている可能性があります。 最近の機種では、起こることは少ないですが、可能性としてはあり得ます。 解決方法• 充電を完全に0%まで使い切る(電源ボタンを押しても電源も立ち上がらない状態にする)• 電源を切ったままフル充電する(完全に充電がない状態で充電すると勝手に電源が立ち上がる機種は、立ち上がったらすぐに電源を切る) 上記を何度か行っても直らない場合、アプリが不具合を起こしている可能性があります。 アプリやシステムの異常であれば、端末の初期化を行う事で改善を期待できます。 以上で改善しない場合は、スマホが故障している可能性があります。 メーカーで動作確認された充電器を使っていない• 過充電(充電が満タンになっても充電器を挿したまま)• 電圧の違う充電器を使い分けている(充電スピードが違う充電器)• アプリが不具合を起こしている 最後に 急激な充電の減りには原因が必ずあり、自分で解決できる内容もあります。 まずは自分でできる事を行ってから、携帯ショップで相談してみてはいかがでしょうか? 意外と簡単な事で改善されるかもしれません。

次の