ひざ 裏 名前。 膝裏のくぼんだ部分の名前

【膝の痛み】膝の裏が痛くて正座できない・・その原因とは

ひざ 裏 名前

膝の後ろ(裏)の名前 膝の後ろ(裏)には、実は呼び名があります。 膝の後ろ(裏)は、 膝窩といいます。 膝の後ろ(裏)の痛み 膝の後ろが痛い時にどんな原因、病気があるのでしょうか。 反張膝 特徴は、膝の後ろ全体に痛みを感じることです。 一番多い症状です。 反張膝がまず最初に疑われます。 反張膝になる人は、つま先をあげて歩く傾向にあります。 変形性膝関節症 膝関節に形状が変わり、痛みが生じるもので、慢性の退行性変化(老化)によるもの原因です。 筋肉痛 膝の後ろ(裏)の痛みで、筋肉痛があります。 下腿三頭筋の筋肉痛というもので、膝の後ろ(裏)からふくらはぎにわたって痛みを感じます。 関節リウマチ 膝の関節の側面から裏側を ・指で押した痛みを感じる ・熱を感じる 場合は 関節リウマチの可能性があります。 尚 リウマチとは、体のあちこちの関節に炎症が起こり、 関節がはれて痛む病気です。 放置すると間接が変形したり、その間接周辺が使えなくなることがあります。 ベーカー嚢腫 50代以降の女性によく発症します。 膝の後ろにしこりができ痛みはあまりありません。 医者によっては老化のひとつと話す人もいます。 通常何もせずにいても大丈夫です。 痛みがある場合は、注射器で吸引します。 まれに膝の後ろ(裏)にあるしこりは、腫瘍の可能性もあります。 良性か悪性は、調べて見ないとわかりません。 その他では 深部静脈血栓症(エコノミー症候群) 下肢や上腕その他の静脈(大腿静脈など)に血栓(血のかたまり)が生ずる疾患。 原因としては脱水、感染、旅行・長期臥床・手術などによる血流鬱滞、抗リン脂質抗体症候群などがある。 この血栓が血流に乗って肺へ流れ肺動脈が詰まると、肺塞栓症となる。 肺動脈が詰まるとその先の肺胞には血液が流れず、ガス交換ができなくなる。 その結果、換気血流不均衡が生じ動脈血中の酸素分圧が急激に低下、呼吸困難をきたす。 また肺の血管抵抗が上昇して全身の血液循環に支障をきたす。 軽度であれば胸やけや発熱程度で治まるが、最悪の場合は死亡する。 引用 wikipedia 膝窩動脈瘤 膝窩動脈瘤の膝の後(裏)しこりを感じます。 生命の危機は少ない病気です。 動脈瘤は破裂しても死亡することはまれです。 しかし下肢切断となる危険性はあります。 しかしあまり心配することはないようです。 耳の後ろや耳たぶにできるもので、老廃物がたまったもので、良性の腫瘍です。 ピアスなどをしていると体が金属などの異物の進入を防ぐために炎症を起こします。 しかしどちらも稀に悪性腫瘍の場合がありますので、気になるようであれば病院で診察されても良いと思います。 その中でも胃がんの発症率は非常 腰痛に関する本文サマリー(要約) ・腰痛、食欲不振など複合の痛み ・原因不明の腰痛 ・腰の痛み 夏になりました。 夏といえば水虫の時期です。 今回は水虫について公開します。 ・すい臓とは ・すい臓に関する病気 ・すい 本文(イライラしない、減らす方法)に関するサマリー(目次) ・いらいらする理由 ・予想通りの範囲.

次の

ひざの裏の痛み

ひざ 裏 名前

膝の裏側にでる痛みについて 膝の真ん中が痛いという人もいるのですが、 膝裏の痛みは両端に出ることが割りと多いのです。 その痛みは左右どちらかに痛みが出るケースが多いです。 出典: 膝裏に痛みがでる原因として、様々なケースがあります。 その原因を2つに分けてみていきたいと思います。 バレエや水泳を長年やっている人に多く見られます。 膝が反りすぎて膝裏が必要以上に伸ばされるので、膝裏が痛くなることがあります。 これは、膝を曲げる筋肉と伸ばす筋肉のバランスが悪くなり、大腿四頭筋といわれる膝を伸ばす筋肉が緊張して、ハムストリングスという膝を曲げる筋肉が緩んでいることが考えられます。 後十字靭帯損傷 膝関節を支える靭帯の中で、後ろにある後十字靭帯がスポーツや交通事故などで、膝を打ち、下腿(膝から下部分)が後ろ方向へ引っ張られることで損傷を起こしてしまっている状態です。 この後十字靭帯が損傷されると、膝の曲げ伸ばしや正座などで膝の裏が痛くなってしまうという症状が出てしまいます。 転けて膝を打ったり、心当たりがある方は、整形外科でちゃんと受診することをオススメします。 半月板損傷 膝の内側と外側に膝関節のクッションの役割をする半月板という軟骨が有ります。 加齢や使いすぎにより半月板が傷つくことがあり、損傷してしまうと正座などの膝を曲げたりする動作が痛くなり、人によっては膝の裏に痛みを感じることもあります。 変形性膝関節症 60代以降に多く見られる膝の疾患。 膝関節にある軟骨が摩耗し始め、骨と骨の間が狭まり、擦れ合うことで炎症が生じ、膝に痛みが出るという症状。 変形性膝関節症はたいてい、膝の前側に痛みが出るのですが、裏に痛みを感じる方もいらっしゃいます。 この変形性膝関節症も膝を曲げ伸ばしする筋肉のバランスを整えていくことで膝がより動かしやすくなっていくのです。 その他の膝裏が痛くなる疾患(ベーカー嚢腫など) 膝の後ろにある滑液包と言われる袋で炎症が起こり、その袋に過剰に水が貯まることによりゼリー状の腫瘤ができることをベーカー嚢腫といいます。 ゴルフボールぐらいの塊が膝裏の内側にできるのですぐ確認できます。 50歳以降の女性に多く、症状としては膝裏のつっぱり感や下腿の鈍痛などがあります。 腫れもない。。。 でも、 しゃがんだり、正座で膝裏が痛い・・・ そういった方がほとんどだと思います。 こういった場合・・・・ 膝を曲げ伸ばしする筋肉のバランスが悪く、左右のふともももの筋肉(ハムストリングスや大腿四頭筋)の引っ張る違いがあり、膝関節にねじれやゆがみがあることが多いです。 また、 膝関節だけではなく、股関節や足首といった足の3大関節のバランスを整え、重心がしっかり真ん中に安定し、左右の足に均等に体重をかけれる状態に戻してあげる必要があります。 そうすれば、膝の曲げ伸ばしがスムーズになり、しゃがんだり、正座で膝の痛みがだんだん感じなくなるのです。 膝裏が痛くなると、どういう症状が出るかというと・・・ しゃがもうとすると痛い 座ってる姿勢から立ち上がるのが痛い 階段の昇り降りに痛みを感じる 和式便所で座れない 正座が痛くてできない 歩き始めが痛く、歩きにくい 整形外科でレントゲンを撮っても骨に問題なし 大抵の場合、レントゲンを撮っても「骨に異常ありません」といった 答えが返ってきて、膝裏の筋肉の炎症という診断で貼薬(シップ)を出されて、 様子を見るケースがほとんどです。 シップを貼って、軽症であれば自然治癒していきますが、 長引くことの方が多いのです。 実際に膝裏の痛みで来院された方のケースを見ていきましょう! 症状は、 「正座ができない」、 「階段を降りるときに痛みがある」 「和式便所ができない」、 「物を拾うのも辛い」 といった状態でした。 正座した施術前の状態 正座をすると、右の膝裏が痛くて辛そうな状態でした。 膝の曲がる角度はこれが精一杯でした。 この検査では、 膝を曲げる筋肉の左右の違い、膝を伸ばす筋肉の左右の違い を診ていて、左足と右足のそれらの違いが明らかに出ていますよね。 膝を伸ばす筋肉 太もも前面の「大腿四頭筋」という筋肉 膝を曲げる筋肉 太もも後面の「ハムストリングス」という筋肉 右膝の曲がりが悪いということは、右の前面の筋肉が強く働いて 縮んでいる。 あるいは緊張し過ぎている。 なので、 曲がらない足の前面の筋肉を緊張をとって緩めてあげれば、 曲がるようになるのです。 施術前は右の前面の筋肉(大腿四頭筋)が強く働いて縮んでいたのですが、 施術を行ない、その筋肉が緩み左右の筋肉の伸び縮みが揃ったということなんです。 施術後・・・正座した状態 膝を深く曲げれるようになり、かかとがお尻につくように なりました。 ほぼ正座もできるようになってきました。 この方の感想はこちら 主訴 右膝の痛み 川内さん 年齢51歳 川西市在住 ぜひ、とにかく一度体験してみて下さい。 今までの治療はなんだったんかという気持ちになります。 【膝の裏が痛い・・・・まとめ】 レントゲンでは骨に異常がないといった膝裏の痛み・・・ 筋肉が原因です。 膝を曲げたり、伸ばしたりする筋肉の伸び縮みの左右差 が膝裏の痛みを引き起こしているのです。 なので、 右足の太ももの筋肉と左足の太ももの筋肉の伸び縮みを揃えてあげる 必要があるんですね。 施術は全くの無痛なので、痛い施術が嫌な方にはぴったりです。 ただでさえ膝が痛いのに、施術で痛い思いをするのは辛いですからね。 膝の裏の痛みでお悩みの方へ 整形外科で骨には異常がないと言われた・・・ 今の治療に疑問を感じ、治る気配が無い・・・ 根本から治したい・・・ 健康だった頃の体に戻り、仕事や旅行、スポーツ、趣味を楽しみたい・・・ そういった方は是非「しんそう箕面桜井」へ来院下さい。 きっと、改善されるはずです。 私と一緒にしっかり直していきましょう! 悩んでいるなら、まず行動ですよ!! 【40代マラソンランナー】 膝裏の痛みで正座できない・・・ その他の【膝の痛み】が改善された方の声.

次の

膝裏伸ばしストレッチの効果・方法・タオル使用法【たけしの家庭の医学】

ひざ 裏 名前

笠原先生からのメッセージ『私は怒りさえ覚えています』 『膝(ひざ)の痛みがなかなかよくならない』『正座ができない』『階段がつらい』 このような人が実に多い。 膝(ひざ)の治療法において何かが間違っています! それは、『固定をしていない』ということなのです。 治療者も患者さんも楽な方に逃げて、「固定をしない」という悲しい現状と、 人間の土台「足裏」から診断しないということに怒っているのです。 『運動のし過ぎ』『歳のせい』『太り過ぎ』などと言われ、それに納得していませんか? 自分で3週間しっかりサラシ固定をすれば、どんな膝(ひざ)の痛みも3週間で半分改善するのです。 ! たとえ水が溜まっていても1週間程でなくなってきます。 私はこれを無重力療法と呼んでいます。 残りの半分はこじらせた期間の5分の1の期間です。 ひざを治す秘訣は 「サラシを使った固定」にあるのです。 これなんだ! 自分で治す「ひざサラシ無重力療法」 ひざの痛みの種類・ご自身のお悩みのページへお進みください。 施術をご希望の方はこちら.

次の