世界 バレー 2019 女子。 ワールドカップバレー2019

女子バレーU20メンバー2019出身校などプロフィール一覧!|なぜなにいんふぉ〜

世界 バレー 2019 女子

概要 [ ] 今大会は の予選を一切実施しない。 また、で会場として使用されていた(日本開催では以来となる大会通算2度目の不使用)や、が改修工事のため使用できず、女子大会の開幕戦を横浜アリーナ、最終戦を大阪市、男子は広島市で行う。 男女アベック出場を果たしたのは、開催国の日本のほか、アメリカ合衆国、アルゼンチン、ブラジル、ロシア。 前回大会と同じく、5試合・3試合・3試合の、計3ラウンド制(男子は第2・3ラウンドが同会場となって移動なし)。 「3-2-1ポイント制」の方式。 今回は各チームの登録メンバー25名から、毎試合の24時間前までに、最大14名の選手を登録できるという方式を採用した。 2018年10月に(FIVB)と4年間のパートナーシップを結んだ中国企業の「景田百岁山(Ganten Water)」が 、本大会でも試合中の選手に提供された (同商品のロゴ広告は副審側に表示された )。 なお、2008年の北京五輪以来用いられてきたの「MVA200」に代わり、同社製の最新モデル「V200W」が、FIVB公式試合球として本大会にてデビューを果たした。 男子大会9日目となった(日曜日)夜の日本対イラン戦では、試合開始前に会場全体で、前日(元々開催が無い日だった)に日本を直撃した(台風19号)の被害に遭われた方へ、黙祷を捧げた。 主催者等 [ ] 主催 (FIVB) 共催 (公財)日本バレーボール協会(JVA) 、、、、、、、 (、)、 フジテレビ以外の系列局は、地元開催分のみに関わる。 特別協賛 (女子。 名義) (男子。 広島県立総合体育館・小アリーナ () 放送 [ ] 「フジテレビ開局60周年特別番組」の一つとして放送。 大会スペシャルサポーターは、大会テーマソング『』を歌う。 前回大会の同様、副音声も担当した(「LIVE! バレチャンWEST」)。 開発のリアルタイム計測技術「3Dトラッキング」が今回、テレビ中継としては初採用された。 フジテレビのバレーボール解析表示システム「モーションスカウター(サーブとスパイクの高さ・速度の表示)」「トレースビジョン(ボール軌跡・レシーブ角度・トスからスパイクまでの秒の表示)」に用いられた。 日本戦の実況は、フジテレビアナウンサー(女子横浜大会は全試合担当)の他、系列局から(・女子札幌大会第3戦)、(・女子大阪大会第2戦)、(・男子福岡大会第3戦)、(・同第5戦)、(・男子広島大会第2戦)が担当。 の開催(女子計3・男子計2)ではフジテレビ地上波中継の直前番組にあたる『』のラストにて、当日の見どころ紹介が、「次週予告」のパロディ形式でによって実施された。 なお本大会開催の関係で、2017年以降9月に放送されてきた『』の放送時期がに限り11月に変更されている。 女子大会 [ ] 9月14日から29日まで、、(・)、、で実施。 出場権と出場国 [ ]• 大会開催国(1)-• 優勝国(1) -• アジア - ・• 北中米 - ・• 南米 - ・• 欧州 - ・• アフリカ - ・• アフリカ・南米・北中米は、2019年に行われた大陸選手権あるいは大陸予選上位2チーム。 アジアは現在の世界ランキングの大陸内上位2チーム、欧州は2019年1月1日現在のヨーロッパランキング上位2チーム。 405 2 28 10 1 5 3 2 0 0 1 30 10 3,000 929 773 1. 202 3 23 8 3 5 1 2 1 1 1 27 14 1. 929 948 818 1. 159 4 21 7 4 4 2 1 1 1 2 24 16 1. 500 922 832 1. 108 5 19 6 5 3 2 1 2 1 2 23 19 1. 211 918 899 1. 021 6 18 6 5 2 4 0 0 3 2 21 19 1. 105 898 888 1. 011 7 17 6 5 2 2 2 1 2 2 22 21 1. 048 933 949 0. 983 8 17 5 6 4 1 0 2 2 2 21 19 1. 105 890 865 1. 029 9 13 4 7 2 1 1 2 4 1 20 24 0. 833 927 954 0. 972 10 5 2 9 1 0 1 0 3 6 9 29 0. 310 736 890 0. 827 11 3 1 10 0 1 0 0 0 10 3 31 0. 097 590 835 0. 707 12 2 0 11 0 0 0 2 1 8 5 33 0. 152 670 912 0. 735• - [ 02] (ベスト) 齢 位 アウトサイドスパイカー [ 02] 朱婷 [23] 1 2 オポジットスパイカー [11] 2 ミドルブロッカー [ 06] [17] 3 1 セッター [16] 1 リベロ [18] 1 統計7部門(女子) [ ] 太字は、を獲得した選手。 64 2 [ 09] 97 28 76 201 48. 26 ブロッカー Blocks Faults Rebounds 計 Avg 1 [ 06] 41 61 70 172 1. 00 2 [17] 34 26 59 119 0. 94 サーバー Aces Faults Hits 計 Avg 1 [ 03] 20 13 79 112 0. 53 2 [18] 18 14 118 150 0. 42 セッター Running Faults Still 計 Avg 1 [12] 287 4 897 1188 6. 83 2 [ 07] 250 7 869 1126 5. 81 ディガー Digs Faults Receptions 計 Avg 1 [ 05] 158 26 15 199 3. 95 2 [25] 169 41 35 245 3. 13 2 [14] 59 7 105 171 30. 41 男子大会 [ ] 10月1日から15日まで、、で実施。 出場権と出場国 [ ]• 大会開催国(1)-• 優勝国(1) -• アジア - ・• 北中米 - ・• 南米 - ・• 欧州 - ・• アフリカ - ・• アフリカ・南米・北中米は、2019年に行われた大陸選手権あるいは大陸予選上位2チーム。 アジアは現在の世界ランキングの大陸内上位2チーム、欧州は2019年1月1日現在のヨーロッパランキング上位2チーム。 600 925 752 1. 230 2 28 9 2 6 3 0 1 1 0 30 9 3. 333 941 787 1. 196 3 27 9 2 4 4 1 1 0 1 29 12 2. 417 960 778 1. 234 4 22 8 3 3 3 2 0 2 1 26 16 1. 625 967 902 1. 072 5 19 6 5 2 3 1 2 2 1 24 20 1. 200 984 969 1. 015 6 15 5 6 1 3 1 1 3 2 20 23 0. 870 939 961 0. 977 7 14 5 6 3 0 2 1 2 3 19 22 0. 864 903 904 0. 999 8 12 4 7 1 2 1 1 5 1 19 25 0. 760 965 1042 0. 926 9 12 4 7 0 1 3 3 1 3 19 28 0. 679 976 1058 0. 922 10 8 2 9 0 2 0 2 5 2 15 29 0. 517 927 1025 0. 904 11 5 2 9 1 0 1 0 3 6 9 29 0. 310 790 904 0. 874 12 4 1 10 0 1 0 1 1 8 6 31 0. 194 696 891 0. 781• - [21] (ベスト) 齢 位 アウトサイドスパイカー [ 09] [14] 2 4 オポジットスパイカー [11] 4 ミドルブロッカー [12] [16] 3 1 セッター [11] 3 リベロ [17] 1 統計7部門(男子) [ ] 太字は、を獲得した選手。 85 2 [ 09] 89 15 45 149 59. 73 ブロッカー Blocks Faults Rebounds 計 Avg 1 [ 09] 39 26 65 130 0. 91 2 [15] 29 48 66 143 0. 66 サーバー Aces Faults Hits 計 Avg 1 [11] 29 36 82 147 0. 69 2 [ 02] 19 30 104 153 0. 46 3 [ 09] 45 116 180 0. 44 セッター Running Faults Still 計 Avg 1 [ 01] 478 4 419 901 10. 86 2 [ 02] 378 2 495 875 9. 22 ディガー Digs Faults Receptions 計 Avg 1 [11] 94 45 37 176 2. 47 2 [17] 86 30 24 140 2. 51 2 [11] 116 7 40 163 66. 87 脚注 [ ] 注釈• (公財)日本バレーボール協会. 2018年10月20日. 2018年10月20日閲覧。 - 日本バレーボール協会、2019年9月6日• - 日本バレーボール協会、2019年9月25日• - WorldofVolley、2018年10月15日• - 、2018年11月17日• - 日本経済新聞、2018年11月20日• - 公益財団法人日本バレーボール協会(JVA)、2019年10月13日• - NHK NEWS WEB、2019年10月13日• - フジテレビダイレクト• - フジテレビ マスカット、2019年8月22日• - サイゾーウーマン、2019年9月22日• - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - フジテレビュー!! - パナソニック ニュースルーム ジャパン、2019年9月13日• - 大林素子オフィシャルブログ「モトコレ! 」、2019年9月23日• - 大林素子オフィシャルブログ「モトコレ! 」、2019年10月14日• - FIVB、2019年9月29日• - FIVB、2019年10月15日• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (英語)• FIVBvolleyball -•

次の

ワールトカップバレー2019!【男子・女子】出場選手やメンバーは?

世界 バレー 2019 女子

何故古賀を外す?その必要があったか? 苦しい中、ポイントは取れていたと思うぞ。 それに、少しでも高さを残しておかないと、上から抜かれるばかり。 監督の采配が全く理解できない。 順位、勝ち星でも格下の韓国に上回られ、メダルなんかは夢のまた夢。 メダルを獲ると豪語した大会だけにメダルが獲れなければそれなりの覚悟をしてほしい。 というか、この時点で解任レベルだが。 フィジカルの強化はゼロ。 サーブの強化ナシ。 レシーブの強化は相手のサーブ効果率が上で強化されず。 MBの攻撃はほぼ皆無で攻撃パターンは単調。 セッターはコントロール悪くアタッカーが気持ちよく打てるパスが行かない。 何重苦だ? 全体的な大型化と身体能力の高い選手の発掘、指導を協会が率先して行わないと、世代交代のはざまで混乱中のブラジルにいいようにやられてしまう。 どんなチームを目指してるのかが全然わからない。 全部中途半端、サーブで崩すと言えるほどの効果が無い、崩して打つところが分かりきってるのにブロックでシャットアウト出来ない、ブロックに引っ掛けたボールを絶対上げるみたいな粘りもない、かと言ってサーブレシーブも乱されることが多い、攻撃も単調… 背の高い選手がいないのは仕方ない、背だけ高くても仕方ないし。 だけど今時世界で闘うなら190くらいないと、絶対試合の中でつかまる時が来る。 そうならない為に撹乱しなきゃいけないのに… 平均身長がもっと高いチームよりプレイがお粗末って、そりゃあ勝てない。 このチームで勝つには、相手が攻め方探ってる内に強かに点を取り交替もガンガン使って狙いどころを定めさせずに3セット先取で逃げ切るしかないと思う。 酷使されてる選手が気の毒ですから、もう今大会は若手の育成と経験を積ませる方にシフトしてはどうですか… 24. 今日はもう少し集中して対策を考えていたら勝てていたかもしれない。 守備体系の穴があまりにもハッキリし過ぎた。 あれでは相手につけ込まれてしまう。 それとサーブミスが目立ち過ぎて相手に無駄に相手に得点を与え過ぎた。 スパイクの打ちミスもかなりあった。 本当に勿体ない試合だった。 クイックの種類も三つ全てをランダムに使ってもいいと思う。 クロスに打ち抜くと見せかけてブロッカーの奥にフェイントするとか囮のアタッカーが一緒に二人飛ぶとかもね。 良い意味でのハッタリ作戦をもっと使ってもいいはず。 良いところまでいってるけどあともう少しという状況ですね。 中田久美監督ならこれだけ書けば伝わるはず。 それでも貴女には確りと自分のやるべきことをやり抜いてもらいたい。 どんな時でもたとえ誰が何と言おうとも貴女を応援していますよ! やると決めたならとことんやり抜いてほしいね。 頑張れ!.

次の

【2019年版】世界一は誰だ!男子バレー最高到達点 世界ランキング ベスト10│バレサポ

世界 バレー 2019 女子

Contents• ワールドカップバレー2019出場選手を紹介! ワーロドカップバレー2019のメンバーと似顔絵を紹介します! 全日本バレー女子、火の鳥NIPPONメンバー 【ウイングスパイカー】 ・ 長岡望悠選手は日本のサウスポーエース!まさに「点取り屋」の称号がお似合い!全日本のメンバーからは外せない存在です。 ・ 古賀紗理那も世界バレーで抜群の存在感を発揮し、全日本のエースに成長しました。 勝利のために必要な選手です。 ・ 新鍋理沙選手も全日本の攻守の要。 守って良し、攻めて良しの選手です。 もし私が監督だったら、絶対に使う選手です。 ・ 石井優希選手も安定感抜群の選手です。 サイドからのパワフルなスパイクに加え、テクニックも身につけ経験豊富な素晴らしい選手です。 ・ 黒後愛選手も若手有望株の選手。 世界バレーでは実力を発揮できませんでしたが、そま素質は未来の全日本チームのエースになる器です。 ぜひ国際大会を経験させて、東京オリンピックでは主軸になって欲しい選手のひとりです。 ・長内美和子 ・石川真佑選手 【ミドルブロッカー】 ・ 奥村麻依選手はミドルブロッカーとして類まれな身体能力をもつ選手です。 クイックや得意のブロード攻撃で対戦相手のブロッカーをかき乱せる能力を持っています。 彼女の活躍が、全日本のウイングスパイカーを楽に打たせることになり、チーム全体の得点能力が上がるカギになる選手です。 ・ 岩坂名奈選手は全日本代表のキャプテン。 残念ながら全日本代表のゲームに出場する機会は少ないですが、腐らずチームをまとめている大事な存在です。 ぜひ活躍してほしい選手のひとりです。 ・荒木絵里香選手 荒木絵里香選手は全日本代表で唯一のママさんバレーボーラーです。 彼女の魅力は「経験値」です。 かつて代表チームのキャプテンもつとめ、苦しい場面で得点を取る精神的な柱でもある貴重な存在です。 ワールドカップに限らす、東京オリンピックまで続けて欲しいと思わせる選手です。 ・茶川愛加選手 【セッター】 ・佐藤美弥選手 佐藤美弥選手は今年のネーションズリーグで11試合に先発。 球質の良いトスから生み出されるコンビバレーは日本の勝利を握るカギです。 けがから復帰した今回のワールドカップではどんなトスワークを見せてくれるのか楽しみです。 ・宮下遥選手 ひさびさに代表に戻ってきた宮下遥選手。 15歳で全日本入りしたものの、その後はなかなか実績が出せずに悔しい思いをし続けてきた宮下選手。 リオオリンピック出場した経験を活かし、177センチの長身からのトスワークに期待したいです。 また、宮下選手はディグも良い選手なので、相手のスパイクをどれだけ上げられるかも注目したいです。 【リベロ】 ・木幡真子選手 木幡真子選手は世界バレーではキャッチリベロで活躍しました。 彼女の安定したサーブレシーブは全日本代表の多彩なコンビバレーを支える安定感は欠かすことのできない存在です。 ・山岸あかね選手 【火の鳥NIPPON全日本バレー女子の監督】 ・ 中田久美監督は個人的にも大変期待しています。 オリンピック4度の経験を持ち、日本が誇る指揮官です。 強気の指導で選手の最大限の能力を引き出して、全日本代表チームを牽引していって欲しいです。 新しい若手もドンドン出てきています。

次の