クラシコ 白衣。 超人気の高級白衣を支えた相馬の縫製工場

医療ドラマに引っ張りだこ、クラシコ白衣って??

クラシコ 白衣

TBSラジオで毎週土曜日、午後1時から放送している「久米宏 ラジオなんですけど」。 3月25日(土)放送のゲストコーナー「今週のスポットライト」では、福島県相馬市の縫製会社「テイクオフ」の代表・ 小島臣仁(こじま・とみひと)さんをお迎えしました。 今年2月18日にご紹介した高級白衣メーカーの白衣を作っている方です。 小島さんは1972年、福島県相馬市生まれ。 高校卒業後、地元の縫製工場に勤め、22歳の時に独立してからは主にほかの工場からの下請けの仕事を引き受けていました。 縫製の仕事は、アパレルメーカーから工場に直接発注というのはほとんどありません。 商社や「振り屋」と呼ばれる業者がその間に入ってアパレルからの発注を受け、それを工場に振り分けています。 工場といっても、家族でやっていたり、数人の従業員でやっているような小さなところが多く、全ての製作工程を一つの工場でやることはほとんどありません。 小島さんの工場も小島さんと奥さんの2人だけです。 工場にはそれぞれ得意な作業工程があって、振り屋さんはアイテムごとに得意な工場に振り分けます。 小島さんのところではボタンホールの加工が多かったそうです。 そして小さな工場同士が仕事を分担することもあります。 そうやって分業して、助け合って製品を作っているのが縫製の仕事なんですね。 福島県の相馬市と南相馬市にはそんな小さな縫製工場がたくさん集まっていました。 2008年の夏、小島さんのもとを2人の若者が訪ねてきます。 既存のぺらぺらな白衣とは一線を画した、イタリアンスーツのような白衣を作ろうと「クラシコ」を立ち上げたばかりのと大豆生田伸夫(おおまめうだ・のぶお)さんです。 普通の白衣は1着だいたい4000~5000円なのに対し、随所にこだわりがちりばめられたクラシコの白衣は1着およそ2万円。 そんな白衣が、はたして売れるのか。 ましてクラシコは当時、法人にもなっていなくて、信用も実績もありません。 当然のごとく、どこの振り屋さんも工場も協力してくれません。 そんな中で小島さんだけが「面白いね。 じゃあ、やってみようか」と言ってくれたそうです。 小島さんも当時は仕事が少なかったので引き受けましたが、半ば賭けでした。 資本がなかったクラシコは当時、料金前払いで注文を受け、それを生産の費用に回そうとしていました。 ところが肝心の工場が見つからなければ、「カッコイイ白衣」は絵に描いた餅。 小島さんが引き受けてくれたことで、クラシコの白衣は世に出ることができたのです。 小島さんが最初に受注した白衣は13着。 それが2~3年のうちにひと月500着になりました。 ところが…。 2011年の東日本大震災と福島第1原発事故。 相馬市と南相馬市に集中していた縫製工場は大変苦しい状況になりました。 「福島県で作られた製品は放射線が心配…」というような風評被害も追い打ちをかけ、多くの小さな工場がやめていく中、小島さんは奥さんと2人で仕事を再開。 クラシコの白衣は作れなくなりましたが、ほかの仕事を請け負ってなんとかしのぎました。 それから2年。 なんとかやっていけるようになった頃、小島さんの電話が鳴ります。 クラシコの大豆生田さんからでした。 「また、小島さんと仕事がしたいですね」。 小島さんが知らないうちに、クラシコはさらに急成長を遂げていました。 アイテムも大幅に増え、国内はもとより世界中から注文が来るようになっていました。 今、小島さんの工場ではひと月に600~700着のクラシコ製品を作っています。 社員2人の工場だけでは間に合わないので、まわりの工場にも協力してもらいながら、毎日忙しく働いています。 震災を境に相馬市の縫製業は、中堅どころの50代の職人がたくさんやめてしまいました。 残された職人の多くは60代。 小島さんのような40代半ばの職人はまわりにはほとんどいなくなりました。 これから10年後には相馬の縫製業はどうなっているか…。 そんな不安が頭をよぎることもありますが、小島さんは前向きに仕事に取り組んでいます。 クラシコの白衣やスクラブ(作業着)がここまで広がった礎を築いたのは自分。 そんな自負を胸に秘めているという小島さん。 クラシコの製品のタグに「02」という番号がついていたら、それは小島さんの工場で作られた印です。 小島臣仁さんのご感想 楽しかったです。 久米さんが「クラシコ」のデザイナーの大豆生田(おおまめうだ)さんの名前をお友達感覚で呼んだり、なごやかになって、大変、助かりました。 今度は大豆生田さんと二人一緒にスタジオに、というのも面白そうですね。 ありがとうございました。

次の

医師におすすめなおしゃれ白衣は?ラインが綺麗なブランド3選!|意識低い系女医が医者のQOML向上を目指すブログ

クラシコ 白衣

サッカー [ ] プロ・サッカーのリーグ戦で、同一地域を拠点とするチーム同士の試合、いわゆるや、同一地域ではないが長くライバル関係にあるチーム同士の試合を「」と言った含意でこのように表現する例がある。 - スペインリーグ、のとの試合• - ポルトガルリーグ、との試合• - エクアドルリーグのとの試合• - メキシコリーグの(チーバス)との試合• いずれもブラジル・リーグに所属し、を拠点とする4チーム(、、、)の間の試合• - アルゼンチンリーグに所属している首都であるを拠点とするとの試合。 - ウクライナリーグのとの試合。 「ウクライナ・クラシコ」とも呼ぶ。 - のとの試合• - のとの試合• の四国のチームの試合のうち、との試合は、との試合はと称される。 映画 [ ]• - 同じ地域リーグにいたとを追った、2010年の日本のドキュメンタリー映画。 その他 [ ]• - の製造販売などをおこなっている日本の企業。 Classico 関連項目 [ ]• - 曖昧さ回避• - 曖昧さ回避 このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

医療ドラマに引っ張りだこ、クラシコ白衣って??

クラシコ 白衣

クラシコ株式会社 代表取締役。 1980年、栃木県出身。 立命館大学卒業後、IT関連企業の営業や事業開発を経験。 ある時、友人医師のペラペラでクタクタの白衣ではモチベーションがあがらないという悩みを聞き、差別化できるかっこいい白衣を作ろうと思い立つ。 友人であるオーダースーツ職人の大豆生田伸夫に声をかけ、2008年に開業資金5万円でクラシコを創業。 クラシコ株式会社 デザイナー。 1980年、栃木県出身。 エスモードジャポン卒業後、銀座のオーダーサルト「ペコラ銀座」にてカッターとしてミラノ仕立ての服作りに携わっていたところ、高校時代に五十音順で後ろの席に座っていた同級生でもある代表の大和に声をかけられ、世界中の白衣を変えていこうと意気投合。 共同創業者として、最高級のスーツを仕立ててきた技術をいかして生地から開発し、美しさだけはなく医療現場に求められる機能を兼ね備えた他にないクラシコ独自の白衣をつくり、2010年には主力商品が「インターナショナルデザインアワーズ」の最優秀賞を受賞。 クラシコ株式会社 マーケティング担当。 1980年東京都出身。 大学卒業後、音楽小売・出版などを経験。 その後、2006年に株式会社バンタンに入社し宣伝・販促を担当。 2012年、株式会社LITALICOに入社し宣伝部門の部長、執行役員等を歴任。 2014年12月〜2015年9月までは株式会社マナボ マーケティング部長。 2015年10月より現職。 クラシコ株式会社 経理• クラシコの白衣は国内約4万5千人のドクターに着用いただいています。 白衣を通して知った医師の悩みを元に新たに開発した聴診器「U scope」 クラシコは2008年に創業。 「世界中の医療現場に、人間的で、感性的で、直感的な革新を生む」というミッションのもと、白衣やナース服などの医療従事者向けプロダクトの企画・販売を行なっています。 【プロダクトについて】 ・テーラード技術を採用し、着る人の気持ちを高揚させるスタイリッシュな白衣 着心地の良さやデザイン性が評判を生み、約4万5千人のドクターに着用いただいています。 ・「gelato pique(ジェラート ピケ)」とのコラボレーションによるナース服ブランド 「クラシコのナースウェアを着ると、仕事のモチベーションが高まる」など、6,000人以上のナースから高い支持を集めています。 ・発明から200年同じ形をしてきた聴診器をゼロから再構築したブランド「U scope」 世界3大デザイン賞のうち2冠を達成し、世界中から注目が集まっています。 【世界中の医療現場を豊かにする】 私たちの挑戦はテーラード白衣から始まりました。 今では国内のみならず海外向けのECサイトも展開し、世界30ヶ国の医療従事者に当社のプロダクトを愛用いただいています。 クラシコのプロダクトを着用することで、世界中の医療従事者が働く意欲が高まり、医療現場に新たな価値をもたらす。 そんな未来の実現に向け、メディカルアパレル領域におけるNo. 1のポジションを目指します。 5億の資金調達を実施 なぜやるのか• デザインはもちろん素材から開発を行なっています。 商品から広告までクリエイティブにはとことんこだわります。 「どうしてかっこいい白衣がないのだろう?」 クラシコは、そんなお医者様の一言をきっかけに生まれました。 創業当時、世界中を見渡しても白衣といえば、保健室の先生が着ていたような青白くペラペラでクタクタなものばかり。 「なぜ誰もかっこいい白衣を作らないんだろう?」という代表の大和のシンプルな疑問から、オリジナルの白衣作りがスタートしました。 白衣が数十年間ずっと変わらなかったように、医療やヘルスケアの世界にはこのような誰も手をつけなかった小さな隠れた真実がごろごろ転がっています。 医療現場は健康になるための環境にも関わらず、前時代的な発想とデザインが横行しています。 働く人にとっても、そこで過ごす人たちにとっても人間が幸せを感じる快適な環境であるとは言えないのが現状です。 そんな医療業界に新しい風を吹き込み、みんなが「こうだったらいいのにな」と思う理想を現実化していく。 これまで誰もやりたがらず、やらなかったことをやり、『お客様にとって、喉から手が出るほど欲しい商品を作り、広めていく』それがクラシコです。 どうやっているのか• 業界の枠を超え、多彩なメンバーが集まっています。 役職や職種に縛られず、様々な挑戦が可能です。 【業界の枠を超え、事業やミッションに共感したメンバーが集う】 医療やアパレルという枠組みを超えて大手や人気のベンチャー企業などから入社した社員はもちろん、外部パートナーが強力なのもクラシコの特長です。 「クラシコの白衣によって、医療従事者のモチベーションを高め、医療現場を変えていきたい」「質の高さを追求し、真摯にものづくりをしている姿勢に共感した」など、様々な想いを持った約20名のメンバーが集まっています。 【働く環境】 ・フレックス制を導入。 リモートワークや外部シェアオフィスの活用なども積極的に採用しています。 定時で帰るメンバーがほとんどで、皆仕事とプライベートのバランスを大切にしています。 ・商品開発や新規事業の提案は全メンバーが可能。 積極的に職務を超えてサポートし合える文化が根付いています。 ・会社負担での英会話学習、セミナー参加、書籍購入などのスキルアップ支援をしています。 ・受動喫煙対策を行い、働きやすい環境を整えています。 今後はtoB事業にも注力すべく、医療機関向けのセールス戦略から実行までを担うセールスプロモーションリーダーを募集します。 私たちが提供するのはありふれた「着るだけで気持ちが高揚し、仕事への向き合い方が変わる」そんなデザイン性や品質にこだわり抜いた白衣やナース服です。 「世界中の医療現場に、人間的で、感性的で、直感的な革新を生む」というミッションに共感いただき、プロダクト拡大をリードしていただける方を求めています。 【業務内容】 ・病院・医療機関向けプロダクトのセールス施策の立案、提案、実行 ・販路拡大の企画立案、構築 ・新規事業の企画・推進 ・セールスの仕組み作り 【取り扱うプロダクト例】 ・テーラード技術を用いたスタイリッシュな白衣 ・「gelato pique(ジェラート ピケ)」とのコラボレーションによるナース服ブランド など 【仕事の魅力・やりがい】 ・将来的にはセールス責任者や新規事業責任者などへのキャリアアップも可能です。 ・2020年に累計5. 5億円の資金調達を実施しました。 事業の拡大フェーズで手腕を発揮できます。 ・経理メンバーがドクター向けのシューズ開発に携わるなど、「手をあげよう」というバリューに基づき、職種や役割を超えた挑戦が可能です。 【必須経験・スキル】 ・toB向けの営業経験 ・新規開拓営業のご経験 【歓迎経験・スキル】 ・チームワークを大切にできる方 ・セールスチームにおけるリーダー経験 ・セールスの仕組みづくりに携わった経験 【こんな方が活躍できる環境です】 ・主体的に事業戦略の策定から実行までを担える方 ・売上達成に向けて行動できる方 ・当社のミッション・事業に共感いただける方 ・ベンチャーマインドをお持ちの方 「医療の世界に新たな価値をもたらしたい」「日本の医療現場を豊かにしていきたい」そんな想いを持った方が活躍できるフィールドです!少しでも興味を持っていただけましたら、一度カジュアルにお話しましょう!ご応募お待ちしています。 会社の注目のストーリー.

次の