卵巣 嚢腫 再発。 卵巣嚢腫を持っています。40代から閉経後にかけて、どうなりますか?【医師に聞く#5】|OTONA SALONE[オトナサローネ]

卵巣嚢腫を持っています。40代から閉経後にかけて、どうなりますか?【医師に聞く#5】|OTONA SALONE[オトナサローネ]

卵巣 嚢腫 再発

症状: ほとんど自覚症状が無く、ある程度の大きさになってから初めて様々な症状が現れることが多いです。 症状としては、下腹部膨満感、腰痛、他臓器への圧迫症状(トイレが近くなったり便秘がちになったり等)が挙げられます (嚢腫の大きさに関係なく、症状が出たり出なかったりする場合もあります。 ) 嚢腫の茎捻転(嚢腫が捻れること)や、嚢腫が破裂して内容物が腹腔内に漏れることによって急激な腹痛を起こすこともあります。 その場合は、緊急手術が考慮されます。 卵巣腫瘍が良性か悪性かの判別は画像診断や血液検査(腫瘍マーカー)でもある程度の予測がつきますが、確定診断に至るには手術を行い最終的に組織型や良性、悪性を調べる病理検査を行う必要があります。 手術の実際 最近、卵巣腫瘍の標準的治療として腹腔鏡を用いた手術が選択される場合が多くなってきています。 ただし、術前に悪性の可能性が完全に否定できない場合や、手術の既往があり腹腔内の癒着が予想される場合などは、最初から開腹術が選択される場合があります。 また、腹腔鏡手術で腹腔内を観察したあとで、安全確保を第一に考えて、途中で術式を腹腔鏡手術から開腹手術に変更することもあります。 卵巣嚢腫に対しては、嚢腫部分のみを摘出し健常部分を残す卵巣嚢腫摘出術と、卵管・卵巣も含めて嚢腫全体を摘出する付属器切除術があります。 しかし、卵巣腫瘍の診断(病理組織診断)が確定し、一部でも悪性の所見が認められた場合には、卵巣がんの治療に準じて再度追加手術を行わなければならないケースもあります。 また、良性の腫瘍で嚢腫摘出術あるいは付属器切除術が選択された場合でも、その後の経過で切除を受けた側の卵巣からの腫瘍の再発や、切除を受けなかった側の健常な卵巣から腫瘍が発生すれば、再度手術を行わなければならなくなる場合もあります。

次の

婦人科部長の闘病記 Part25

卵巣 嚢腫 再発

監修 落合病院 副院長 近藤恒正 先生 この記事の目安時間は3分です 卵巣嚢腫は主に4種類 原因は不明なことが多い? 卵巣嚢腫(のうしゅ)には、以下のような種類があります。 ただ、 多くの原因ははっきりとした原因はわかっていません。 ・漿液性嚢胞(しょうえきせいのうほう) ・粘液性嚢胞(ねんえきせいのうほう) ・成熟嚢胞性奇形腫(せいじゅくのうほうせいきけいしゅ) ・卵巣チョコレート嚢胞 30代から40代に多いものは? 「漿液性嚢胞腺腫」は、卵巣の中にさらさらした水のようなものがたまっている状態です。 幅広い年代に見られますが、30代から40代が特に多いようです。 悪性化することがあるので、注意して経過観察する必要があります。 「粘液性嚢胞腺腫」は、卵巣の中に水あめのような液体がたまっている状態で、漿液性嚢胞腺腫と同じく30代から40代にみられることが多いです。 「成熟嚢胞奇形腫」は、胎児の時期に卵巣の中に赤ちゃんのもとになる細胞が何らかの理由で入り込んで増殖してしまったものです。 嚢胞の中に、脂肪や骨、毛、歯などが詰まっています。 20代から40代まで、若い人も含めて幅広い世代にみられることが特徴です。 「茎捻転」というねじれを起こしたり、まれに悪性化することがあるので、注意が必要です。 卵巣チョコレート嚢胞の原因は血液の逆流? 卵巣チョコレート嚢胞は、「子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)」と言われる病気の一種です。 子宮内膜症とは、程度の差はありますが、生殖が可能な年齢の女性の10人に1人は持っていると言われている病気で決して珍しい病気ではありません。 本来、子宮の中にある内膜と同じような組織が、何らかの原因で卵巣や子宮の周囲にできてしまった状態を言います。 生理の周期に合わせて分厚くなったり、はがれ落ちたりしている子宮内膜は、子宮の中であれば腟を通って体外に排出されますが、 卵巣の中では行き場を失い、たまっていってしまいます。 生理のたびに、卵巣の中に古くなった血液がたまっていくこととなります。 なぜ子宮の中にある子宮内膜が子宮以外の場所にできてしまうのでしょうか。 原因としては、生理の時の血液が子宮から卵巣の周囲へ逆流してしまうことなどが挙げられています。 初潮の低年齢化や妊娠回数の減少によって、生涯の生理の回数が多くなっている現代では、決して珍しくない病気となっています。 ただ、明確な原因はわかっておらず、予防するのは難しいのが現状です。 女性特有の病気でもありますので、定期健診などはしっかり受けるようにしましょう。 卵巣チョコレート嚢胞の再発は完全に防げない 卵巣チョコレート嚢胞の再発率は調査により様々ですが、 卵巣チョコレート嚢胞で嚢腫を摘出する手術を行ったとしても再発を完全に防ぐことはできないと言われています。 生理がある限り、卵巣チョコレート嚢胞が再発するリスクは十分にありえます。 卵巣がんは半数以上が再発 卵巣チョコレート嚢胞はごくまれに悪性化し、卵巣がんの原因となることもあります。 卵巣がんはもともと欧米に多く、近年では日本も増加傾向にあることから、動物性脂肪の大量摂取など欧米型の食事やライフスタイルの変化、喫煙などが原因とされています。 卵巣がんになりやすい家系というのもあるので、ご家族が卵巣がんなどにかかった方は注意が必要です。 卵巣がんに関しては、治療を行っても半数以上が再発してしまい、再発の時期は治療後2年以内が多いようです。 再発するケースは決して少なくないので不安を抱く方も多いと思いますが、治療後もきちんと医師によるフォロー(内診、超音波検査、血液検査など)を受けるようにすることが大切でしょう。 【卵巣癌の他の記事】• 【卵巣嚢腫関連の他の記事】• 卵巣嚢腫について原因や再発率などをご紹介しました。 もしかして卵巣嚢腫かもしれないと不安に感じている方や、この病気に関する疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?.

次の

【医師に聞いた】卵巣嚢腫ってどんな病気?再発の可能性や妊娠への影響を知りたい!

卵巣 嚢腫 再発

卵巣嚢腫の再発について教えてください。 66055] 4ヶ月前にチョコレート嚢腫の摘出手術をしました。 腹腔鏡、片側、8cm、保存手術 手術前は痛みがひどく、腹部膨満感や、吐き気、寝返りするとお腹のシコリが揺れるくらい辛かったです。 手術を受けてから一気にそれがなくなり嬉しかったのはつかの間、術後から3ヶ月後の超音波ですでに5-6cmの卵巣嚢腫が見つかり、がっかりしています。 術後から低用量ピルも服用中です。 今回は真ん中に太めの隔壁ありの二房性です。 たまたま内科を受診したときに見つかったもので、内科では「おそらく子宮内膜症の再発、チョコレート嚢腫、低エコー Solid mass」という説明で婦人科へ報告書を書いていただきました。 報告書と画像を主治医にみてもらうと「再発かどうかは今の時点で分からないし、液体のようにも見える、精密検査。 結果次第では再手術、片側卵巣摘出も視野に入れた方がいい。 」でした。 主治医は特に焦っている様子もなく、私が再手術を嫌がっているのも知っているので、念のためMRIをという感じです。 前回の時に比べれば痛みや他の症状は今のところ大したことなく、夕方になると下腹部痛や不快感が気になりはじめるくらいです。 鎮痛剤飲んだり飲まなくても平気な時もあります。 検査は数週間先で、普段通りの生活をこなしていますが、不安を少しでも消化するために幾つか教えてください。 考えられる原因はありますか。 体質や運ですか。 主治医は卵巣の手術をしたばかりなので、チョコレートの再発かどうかには首をひねています。 今回の嚢腫の種類はまだわかりませんが、明らかに術後3ヶ月以内に急速にできてしまったものなので悪性の可能性はほぼないと考えて大丈夫ですか。 こんなものですか?ピル服用してから4ヶ月目です。 お忙しいところ申し訳ありません。 教えてください。 Re: 卵巣嚢腫の再発について教えてください。 66157] 4ヶ月前にチョコレート嚢腫の摘出手術をしました。 腹腔鏡、片側、8cm、保存手術 術前は痛みがひどく、腹部膨満感や、吐き気、寝返りするとお腹のシコリが揺れるくらい辛かったです。 手術を受けてから一気にそれがなくなり嬉しかったのはつかの間、術後から3ヶ月後の超音波ですでに5-6cmの卵巣嚢腫が見つかり、がっかりしています。 術後から低用量ピルも服用中です。 今回は真ん中に太めの隔壁ありの二房性です。 たまたま内科を受診したときに見つかったもので、内科では「おそらく子宮内膜症の再発、チョコレート嚢腫、低エコー Solid mass」という説明で婦人科へ報告書を書いていただきました。 報告書と画像を主治医にみてもらうと「再発かどうかは今の時点で分からないし、液体のようにも見える、精密検査。 結果次第では再手術、片側卵巣摘出も視野に入れた方がいい。 」でした。 主治医は特に焦っている様子もなく、私が再手術を嫌がっているのも知っているので、念のためMRIをという感じです。 前回の時に比べれば痛みや他の症状は今のところ大したことなく、夕方になると下腹部痛や不快感が気になりはじめるくらいです。 鎮痛剤飲んだり飲まなくても平気な時もあります。 検査は数週間先で、普段通りの生活をこなしていますが、不安を少しでも消化するために幾つか教えてください。 考えられる原因はなんですか。 体質や運ですか。 主治医は卵巣の手術をしたばかりなので、チョコレートの再発かどうかには首をひねています。 今回の嚢腫の種類はまだわかりませんが、明らかに術後3ヶ月以内にできてしまったものなので悪性の可能性はほぼないと考えて大丈夫ですか。 先月から休みなく継続服用していますが、一旦生理がくると10日くらい鮮血が続き、その後は少量の茶色い出血が一週間以上続きます。 こんなものですか?卵巣嚢腫関係ありますか。 お忙しいところ申し訳ありません。 教えてください。 Re: 卵巣嚢腫の再発について教えてください。 66201] 直接診察してみないと何とも言えませんが、チョコレート嚢腫がそのスピードで再発するとは思えません。 手術後に卵巣内に出血が溜まっただけではないでしょうか?止血が甘いと術後に腫れる可能性があります。 とりあえず、腫れた卵巣の中身の確定診断がつかないと何もわかりません。 MRIの結果がわかったら教えて下さい。 ピルの継続服用は大事です。 今後再発させない為にもきちんと服用して下さい。 ピル服用中の不正出血がわずわらしければ、種類変更をしてもらいましょう。 卵巣嚢腫は関係ありません。 Re: 卵巣嚢腫の再発について教えてください。 66269] 返信ありがとうございました。 MRIの結果は、嚢腫はなかった、でした。 こんなこともあるのですね!正直驚いています。 radiologyオフィスからの報告書を受けとりましたが、恐らく同じ報告書をドクターがみて全く問題ないから今は手術もしなくていいよ、という連絡がきました。 嬉しい反面、一つ不安がでてきました。 嚢腫がないのにどうして痛みがあるのですか。 左側だけ。 疲れている時に痛みだす。 自分でお腹触ってもまだシコリのようなものに触れる。 以前に嚢腫があったときと同じ症状。 Radiologist の判断を信頼して放っておくか、画像などの書類を全部もってセカンドオピニオンをもらいに行き、何か見つかれば主治医と相談。 本当に何もなければ痛みは自分でマネージする。 どれが賢い方法ですか? 一番不安なのは知らないうちに大きくなって気づいたときに捻れて破裂。 痛みの原因を知りたいです。

次の