ミネルヴァ 過払い金。 過払い金CMの大手弁護士法人、「東京ミネルヴァ」破産の底知れぬ闇(2020年6月26日)|BIGLOBEニュース

東京ミネルヴァ破産黒幕の元武富士兒島(児嶋)勝は在日?顔写真や経歴は?

ミネルヴァ 過払い金

弁護士人口増加でライバル増加 弁護士の人口が年々増えていく事はライバルが増えるという事になります。 日本弁護士連合会によると、2014年の弁護士数は35045人でその後も1200人単位で増加し2018年には弁護士数は40066人に増加しています。 ライバルが増加するので、ネット戦略のライバルは過払い金CMの論破や否定をする事によって広告費ゼロでも自身の信憑性を高め依頼者を勝ち取られる。 アコムによると2014年は「約40,000件」だった請求件数が、2019年には「約13,000件」 つまり案件が減っていく中で、CMなどの広告費をかけて世間に認知させることで、同時に他の法律事務所も追随しようとしますので、ライバルになり悪循環になります。 過払い金請求ナビによると下記の問題点を指摘していますね。 ある程度過払い金請求の実務経験があれば、アコムに関して「H19. 18」以降過払い金の発生しない法定内金利(18%)になっている事実は常識。 1)手数料が高い ・面談時の説明が曖昧 ・あとから追加費用を請求された (2)対応が遅い ・半年以上連絡なし ・担当者たらい回し ・説明がコロコロ変わる (3)5割が限界 ・回収率が低い ・面談時は調子いいこと言ってた ・返金までが遅い () 手数料が高い ネットだと人件費が浮くので経費も抑えられるので、企業全体的に少数精鋭の会社が増えてきている時代なのにわざわざCMで不特定多数に向けて広告費を費やしても費用対効果が悪いので負債が積もっていきます。 テレビCM1回15秒程度で70万~100万円と言われていますので、ザックリ計算すると365回放送したら3億6500万円になります。 しかも多くの人の場合過払い金とは関係のない人の方が多いです。 まさに過払い金や弁護士の仕事はニッチな仕事なので、寧ろネットの方が適している。 ネットの意見 ミネルヴァ評判くっそ悪かったです。

次の

【速報】弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所 破産手続き 過払い金訴訟手掛ける

ミネルヴァ 過払い金

東京ミネルヴァ法律事務所といえば、過払い金のイメージが強い弁護士事務所の1つです。 2020年 6月10日に全社員(役員)の同意により解散しており、2020年 6月24日に、東京地裁から破産開始決定を受けております。 2007年前後に過払い金ブームというものが起こり、それに乗じて事務所の拡大を図ってきた弁護士・司法書士事務所は決して少なくありませんが、東京ミネルヴァ法律事務所も過払い金ブームの流れにうまく乗った事務所と言えるでしょう。 それではなぜ、過払い金を含む債務整理をメインに扱う事務所が、破産に追い込まれたのでしょうか。 まずここで1つ、過払い金のメカニズムを簡単に説明しておきましょう。 過払い金とは、グレーゾーン金利に該当する利息分のことを指し、多く払い過ぎていた分は取り戻すことができます。 グレーゾーン金利とは、2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前に存在した、利息制限法に定める上限金利は超えるものの出資法に定める上限金利には満たない金利のこと。 つまり、利息制限法の上限利息と出資法の上限利息の中間部分ということです。 出資法の上限利息は、29. 2% 利息制限法の上限利息は、借入額で異なり、• 10万円未満:20%• 10万円~100万円未満:18%• 100万円以上:15% 出資法の上限利息が、29. 2%に対し、利息制限法は15~20%となっており、同時期にこの2つの法律が存在していました。 多くの貸金業者(消費者金融やカード会社)は、より高く利息を得らえるように、出資法の上限利息を採用していたわけですが、これは、利息制限法には刑事罰が無く、出資法には刑事罰が存在したことが起因します。 貸金業者は、刑事罰を受けないのであれば、利息制限法に従わなくてもいいと考えていたのでしょう。 しかし、2006年1月13日に、貸金業者の利息制限法の上限利息を超えた利息の受け取りは無効であることを、最高裁において判決が下されました。 つまり、「多くとっていた利息分は無効だから返還しなさい」 というわけです。 殆どの貸金業者(銀行は除く)は、出資法に従っていたわけですから、2006年以前に貸金業者を利用していた大勢の人に過払い金が発生したのです。 ここで過払い金ブームの勃発というわけです。 過払い金は、最高裁によって認められたため、裁判の争点になる箇所は少ないことから、弁護士業務はそこまで複雑なものではありませんし、1人の依頼者から何百万と過払い金が発生していることはザラにありました。 (過払い金の弁護士報酬は、回収金額における%で決められることが殆どです) このように、過払い金の回収は、効率良く利益が出る弁護士業務の1つだったことから、こぞって多くの弁護士事務所が過払い金の集客に乗り出したわけです。 東京ミネルヴァ法律事務所も、テレビCMやインターネット広告に膨大な予算を投下し、過払い金集客の強化とともに事務所の拡大化を行っておりました。 しかし、事務所の拡大とは反し、過払い金が発生している人は、2006年以前に貸金業者を利用していた人なわけですから、少なくなっていきます。 集客力は低下していくけれども、大きくなった事務所は維持しなければいけない状況に陥ってしまったのです。 さらには、東京ミネルヴァ法律事務所の広告運用は、とある広告会社が仕切っておりました。 東京ミネルヴァ法律事務所は、広告を無くしてしまうと集客力を失ってしまいますので、提携している広告会社は、強気な契約で東京ミネルヴァ法律事務所が身動きが取れない状態に縛っていたのです。 よく弁護士業界で問題になる実質的支配権が、東京ミネルヴァ法律事務所には無く、広告会社が持ってしまっていたわけです。 東京ミネルヴァ法律事務所の約52億円の負債の内、約20億円もが広告会社への未払い分という事実からも、広告会社の操り人形になっていたことが見え隠れします。 また、実業家として有名なホリエモン(堀江貴文氏)は、東京ミネルヴァ法律事務所の背後にいる何らかの組織が、過払い金を持ち逃げしたのではないかと結論付けております。 過払い金は、貸金業者から回収する際、まず弁護士事務所の口座に振り込まれ、その振り込まれた過払い金から弁護士報酬を引いた分を依頼者の銀行に振り込むという流れになっています。 つまり、弁護士事務所と依頼者の信頼関係の下、このような流れになっているわけですが、東京ミネルヴァ法律事務所の過払い金回収口座を自由に扱える誰かが、そのお金をごっそり持ち逃げしたのではないかというわけです。 東京ミネルヴァ法律事務所の年間売り上げが、18億円前後であることを考えると、単純に広告費・人件費・家賃だけで3倍にものぼる52億円もの負債になることは考えにくいため、ホリエモンの見解もうなずけるものでしょう。 いずれにせよ、この事態を受け、最も被害を被ったのは、依頼者です。 東京ミネルヴァ法律事務所クラスであれば、約1~2万人くらいの依頼者が常時いることが想定できますが、その依頼者たちは野放しになってしまった状態です。 東京ミネルヴァ法律事務所が受けていた事案は、過払い金だけでなく、債務整理全般・交通事故・B型肝炎訴訟・離婚問題など多岐に渡ることでしょうから、事務所破産によって宙ぶらりんになってしまった依頼者は非常に多くいることは想像に難くありません。 当事務所にも、 「東京ミネルヴァ法律事務所に依頼していたが、連絡がつかないのですがどうすればいいですか?」 というご相談が日々増えてきておりました。 第一東京弁護士会は、東京ミネルヴァ法律事務所対応のため臨時電話窓口を開設していますが、東京ミネルヴァへの依頼人数が非常に多いことから混雑が予想されます。 弁護士法人リーセットは、債務整理(過払い金含む)・交通事故の2つの事案に特に力を入れておりますので、まだ次の弁護士が決まっていない方は、お気軽にご相談ください。

次の

「東京ミネルヴァ法律事務所」破産 過払い金返還請求CM展開

ミネルヴァ 過払い金

消費者金融に頼っていたあの頃 1997年頃の僕は別に薄給でもなかったはずだったんだけど、あると使っちゃうタイプ。 また当時の相方が芸能人並みの金銭感覚だったのも運の尽きといいましょうか。 だからあの頃、借金しまくってた。 中堅広告代理店の契約社員だったにもかかわらず、消費者金融に行けば、すぐにまずは10万円は貸してくれました。 月々1万円くらいの返済ならどうにでもなるわ、なんて軽く考えていたわけです。 でも結局は自転車操業。 返しては借りるの毎月。 そうすると、融資枠がどんどん増えていくのです。 黙ってても貸してくれるんだもんと、都合のいい理由をつけての悪循環で、武富士、アイフル、アコム、プロミスの大手4社のカードを持ってました。 お給料日になると、それら消費者金融のATM回りです。 都合良く目黒駅前の雑居ビルには、消費者金融の数社が同居していて、返済詣でに時間はかかりません。 返して借りて、返して借りて、返す。 その日のうちに、もらったお給料はなくなり、借りたお金で生活する。 なので借金は全く減りません。 かといって貧乏の感覚もないという、今振り返ると、まったくダメダメな男でした。 過払い請求というものを知る そんなさなかの2007年に、世間では「消費者金融の高利息が問題視。 過払い金返還請求という法的手続きで、払いすぎたお金を取り戻しましょう」というムードが広がっていて、かつ、超大手 武富士の経営破綻疑惑があって、これはすぐに手続きしなければと立ち上がったのです。 過払い金返還請求については、実際に僕がお世話になった弁護士事務所のサイトを見ていただくとして、とにかく、面談とかなしで法的手続きを進めてもらえるという仕組みが気に入って、お願いしました。 弁護士事務所でお願いしてよかったことは、• 申し立て手続きを開始すると、以降の返済をしなくていい。 業者とのやりとりや、もし係争となったも全部お任せできる。 ほんとに電話やメールだけでやり取りできて、事務所に出向くなどはない。 マイページで逐次報告してくれる。 でした。 2000年代後半になると業者も、急に降りかかってきた多くの過払い金返還請求に対応していたり、返金により経営そのものが危うくなってきてたりで、ゴールまでは時間はかかりましたね。 借入額によっては、手数料を差し引くと微々たる額しか戻らないけど、もう返済しないでいいという安堵感というか解放感はものすごかったです。 結局4社から総額で弁護士費用を差し引いても、 150万円近い額が返ってきました。 もう消費者金融から借りることはできません。 というか、しません。 ホント、借金がないというのは心が軽いです。 4社の案件が終わって、一部の物販系クレジットカードのカードローンが残っていたので、こちらも過払い請求で返済ゼロに。 これを機会に、それらクレジットカード会社も退会したので、お給料だけで生活するように。 こういう生活っていわば常識だし、大人として、社会人として当たり前をやっとわかったというか、バカですね。 おこちゃまでした。 \こちらの事務所もおすすめ/ クレジットカードが持てない人はデビットカードが安心 によるからの画像 その数年後に会社を辞めて起業した僕ですが、『起業する前にその身分を利用してクレジットカードは数枚は持っていたほうが良い』とアドバイスされましたが、作りませんでした。 絶対またやる、という自分を知っていたからです。 でもふとネットをうろついていると、ポイントサイトでクレジットカード作ると5000ポイントバックなんてのがあると、へー、とか思って申し込んだりもしましたよ。 けど、案の定、審査通らず。 これは過払い金返還請求をしたからなのか、個人事業主の身分のせいなのかは判然としませんが、通らなくてよかったのです。 いまは デビットカードです。 デビットカードのいいところは、クレジット支払=後払いではないので、買い物するとその場で銀行口座から引き落とされてしまいます。 持ち金以上の買い物はできないということです。 まだ誤解している人もいるみたいですが、今のデビットカードはクレジットカード会社が発行しています。 カードの体裁は世界のVISAカードやMasterカードと同じ。 感覚としてはキャッシュカードで支払う感じ。 でもこれ普及しなくて、使えるところが少なくて、海外ではまったく使えません。 今は、「(クレジット)カードで」でOKです。 でも当然ながら銀行口座に残がなければ、「取引不能」となります。 当たり前ですね。 \国内外でも使えるプリペイドカードもいいかも/ 最後に:身の丈にあったキャッシュレス生活をしましょう によるからの画像 基本は、借りたものは返すのが鉄則です。 でも平成のはじめ頃はホントにほぼ無条件にお金を貸してくれました。 その手軽さに負け、法外な高利息にも、借金をしている後ろめたさから受け入れていました。 僕は過払い金返還請求手続きをしてほんと良かったと思いました。 今、消費者金融で苦しんでいる人はそういないのではないでしょうか。 先述の法律事務所も、過払い金返還請求案件をもうメインにしていません。 業者も利息を法定内におさめているようですし。 こうなると続いての心配は、クレジットカードですよね。 クレジットカードは結局は借金です。 身の丈にあったキャッシュレス生活をしましょうね。 今日は過払い金返還請求したときのお話と、これからはデビットカードの時代というさわりでした。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の