田中 くん は いつも けだる げ 声優。 【田中くんはいつもけだるげ】の声優まとめ!

田中くんはいつもけだるげまとめ

田中 くん は いつも けだる げ 声優

田中くんはいつもけだるげ ジャンル 漫画 作者 出版社 掲載サイト レーベル 発表期間 - 巻数 全13巻 話数 全140話 アニメ 原作 ウダノゾミ 監督 シリーズ構成 脚本 面出明美 キャラクターデザイン 音楽 アニメーション制作 製作 製作委員会はいつもけだるげ 放送局 ・ほか 放送期間 4月9日 - 6月25日 話数 全12話 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 田中くんはいつもけだるげ』(たなかくんはいつもけだるげ)は、によるの作品。 の『』にて、毎月第2・第4週更新で更新分からまで連載された。 略称は「 たなけだ」。 いつも無気力な主人公・田中と、彼を取り巻く同級生たちの学園生活を描いたインセンシティブ青春コメディ。 作品には、実在の映像・映画作品や、ゲーム作品のパロディが散りばめられている。 登場人物 主要人物 田中(たなか) 声 - 本作の主人公。 いつも居眠りばかりしている高校1年の男子生徒。 生まれ、身長167センチメートル、体重48キログラム、はB型。 起きている間の態度は一貫して、けだるげ。 基本的に日常の如何なることに対しても一切のやる気を見せないが、その一方でだらけるための努力は惜しまないという、一見矛盾した一面を持つ。 カナヅチで泳げない が、あまりにも体が脱力しているため、水に浮くことができる。 学力は低くなく、むしろ本気を出せばテストで80点台をとれるが、目立つことを避け平均である60点台を意図的に狙う。 またピアノが弾け、多少のアレンジもできる。 地理には若干疎い。 ボーッとしているが、その割に周りの物事はよく見えている。 眠ってしまった際は小脇に抱えて運んでもらったり、昼休憩に起こしてもらったりなど、常日頃から何かと太田に世話を焼いてもらっており、そのおかげで何とか毎日の高校生活を乗り切っている。 本人も太田がいなければ生きていけないと語っている。 ケンカもしないため、2人の関係性はもはや老夫婦のそれに近い。 また、だらけていることがよくないということは自覚しており、周りに迷惑をかけていることを自覚している部分はあるものの、本能の赴くまま生活している。 本人曰く異性に対する好奇心や年相応の下心は人並みに持ち合わせている が、それを満たすまでのプロセスが面倒であるため前面に出てくることは少ない。 異性からの好意には非常に鈍感で、白石の想いには全く気付いていないが、時折、意識したり照れたりと、少しだけ気になりつつある。 妹の莉乃に対しても、いつも迷惑をかけて怒らせていると勘違いをしている。 太田(おおた) 声 - 本作のもう一人の主人公。 寡黙で大柄な男子生徒。 田中のクラスメイト。 生まれ、身長184センチメートル、体重72キログラム、血液型はO型。 自ら動こうとしない田中をいつも抱えている為か、かなり筋肉質。 長い金髪に鋭いと強面だが、家事全般に長け、面倒見が良く困った人を見過ごせないなど、見た目に反したおかん系男子。 クラスの女子からの評判も良い。 料理ができ、洗い物は歌いながらすすぐ。 年末の一大イベントであるという年末の大掃除はやり出すと止まらず、梅雨前には万全のカビ対策を施し、思い出してほくそ笑む。 様々な店のスイーツの情報が脳内にデータベース化され、文化祭で行方不明になった田中を捜す間も模擬店のスイーツの誘惑に負けるほどの甘党。 白石作のマカロンの完成度に感動し、以降彼女のことをマカロン師匠と呼んでいる。 逆に苦い食べ物は苦手であり、コーヒーにはスティックシュガーを3本も入れる。 真面目な性格だが、空回りしてしまうことが多い。 田中に負けず劣らず恋愛には鈍感で、白石や越前の思いには全く気がつく素振りがないが、胸の大きさで白石を判別した田中に対し「デリカシーがない」と感じるだけの心はある。 気絶するほどおばけが苦手。 宮野(みやの) 声 - 何事も全力で頑張る小柄な女子生徒。 田中のクラスメイト。 生まれ、身長141センチメートル(本人談)、血液型はA型。 美術部所属。 太田と並ぶとコマに入らず、一番小さいサイズの大人用浴衣でさえブカブカになる。 作中で唯一、白石が田中に好意を抱いていることを知っている人物であり、彼女の恋を応援していろいろ手助けをしている。 一度何かに思い悩むと、普段の彼女の様子からは考えられないようなけだるさを無意識に醸し出し、ポエミーなセリフを口走る。 そのけだるさは田中を凌ぐほどであり、師匠と呼ばれる田中曰く免許皆伝。 田中のけだるい立ち振る舞いを真似ることで大人の女性の品格を身につけ、好きな人に近づこうと、勘違いに近い考えで半ば強制的に田中に弟子入りをする。 しかし性格が災いしてけだるい行動をとるために頑張ってしまうため、田中からは向いていないと破門されるが、それでも彼を慕い続け師匠と呼ぶ。 越前のことは「宇宙における全生命体の中で1番好き」と豪語するほど。 白石(しらいし) 声 - 男女ともに人気の高い才色兼備の女子生徒。 田中のクラスの委員長を務める。 生まれ、身長160センチメートル、血液型はAB型。 中学生まではぼっちな芋ガールであり、高校入学を期に一念発起し、高校デビューを果たした(髪型はを参考にしたらしい)。 結果、熱狂的な親衛隊が組織されるまでになったが、思考がネガティブであったり、当日になってもその日がバレンタインデーであることに気がつかないなど、若干過去を引きずっている。 また、優等生キャラと容姿を維持するために様々な無理をしているため夕方ごろにはキャラを演じる体力が切れて、元の芋ガールに戻ってしまうことがある。 その姿は、あまりに普段と印象が異なるため周囲からは同一人物であると認識されない。 それにもかかわらず田中には見破られてしまう。 その際、田中から励ましを受け、以降コンタクトレンズをやめて眼鏡を掛けるようになった。 なお、本来の姿については田中と太田のみが知る秘密となっている。 胸が大きく、着替えの際にそれを目の当たりにした宮野からは「すごい」と評されている。 高校デビューに備えて猛勉強したためかお菓子作りが得意で、その腕前は太田に「有名店並だ」と言わしめる程である。 また、宮野の浴衣を自作するなど裁縫スキルも高い。 ひょんなことから田中に好意を抱くようになり、宮野に花火大会や体育祭などでいろいろ手助けしてもらうも、本人には一向に気付いてもらえず、よく空回りをしている。 だが、本人の頑張りと宮野の手助けによって一緒に昼食を食べたり、体育祭で二人三脚をしたりと少しずつ関係は良くなっている。 越前(えちぜん) 声 - 太田の幼稚園時代からの幼馴染。 作中の主要人物(高校生)の中で唯一彼女だけクラスが別。 生まれ、身長165センチメートル、血液型はO型。 友人である宮野のことが大好きで、「みゃーの」と呼んでいる。 ヤンキーへの憧れからスカートを長くして学校に通っており、そのスカートが雨に濡れても履き替えようとしなかったり、スケバンには似合わないからと当初は携帯電話を所持していなかったりと、ヤンキーに独特のこだわりを持つ。 手紙は毛筆でしたためる上に、文面は果たし状のようになってしまう。 悪ぶってはいるが性格は義理堅く純粋であり、根は乙女。 自室をファンシーに飾るなど見かけに反して可愛いもの好きで、宮野の手作りのケーキが可愛すぎて食べられず、カビを生やしてしまったこともある。 時々、太田に対して異性として意識しているような素振りを見せるものの、当の太田が鈍感であるため、気づいてもらえていない。 莉乃(りの) 声 - 田中の妹で中学3年生。 生まれ、身長151センチメートル、血液型はB型。 バレー部のマネージャーを務めている。 兄とそっくりな容姿をしているため、兄妹であることを知らない人からは、ドッペルゲンガーや田中が女装した姿であると勘違いされることがある。 普段は兄同様、表情の変化に乏しいため、冷たい人物に見られがちである。 性格は兄とは対照的にしっかり者で、料理や洗濯などの家事スキルも高く、両親が不在がちな田中家の家事一切を仕切る。 好きなタイプは兄のような人であり、兄を溺愛しているいわゆるである。 また、兄ととりわけ仲の良い太田を敵視しており、甘党の太田に執拗に苦いものを与えるなど、しばしば嫌がらせをしている。 しかし、そんな兄を巡るライバルと親友が兄妹であると発覚して以来、対応に苦慮している節がある。 早夜(さや) 声 - 太田の妹で中学3年生。 生まれ、身長166センチメートル、血液型はA型。 莉乃と同じクラスでバレー部に所属している。 兄同様、(女子としては)長身だが肩幅は正反対に小さく、引っ込み思案で声が非常に小さい女の子。 田中兄妹とは異なり容姿は兄と似ていない。 兄のことをゴリラっぽいと思っており、田中に兄のゴリラ度について尋ねられた際、5段階評価で「3ゴリラ」と評した。 そんなたくましい兄を頼りにしており、田中兄妹に負けず劣らず仲の良い兄妹である。 志村 声 - 田中のクラスメイト。 生まれ、身長171センチメートル、血液型はA型。 クールに振る舞う頭脳派であるが、女子に弱い。 メガネを掛けていないと本人と認識されないことがある。 女子にモテることを目的に生きている節がある。 加藤 声 - 田中のクラスメイト。 生まれの射手座だと本人は思っているが、実際は山羊座。 身長168センチメートル、血液型はB型。 おおらかな性格だがお馬鹿すぎるのが玉に瑕。 運動神経がよく、サッカーが好き。 志村と共にサッカー部に所属している。 その他 空良(そら) 宮野の弟。 中学1年生。 生まれ、身長177センチメートル、血液型はA型。 宮野と対照的に長身で無表情だが、性格は彼女に似て猪突猛進でポジティブ。 十八本松中学のバレーボール部のレギュラーであり、試合で莉乃に一目惚れをし、一度は振られるものの懲りずにアタックし続けた結果、好意こそ向けられないものの徐々に気に入られつつある。 姉同様、田中に弟子入りをするが、初めは身長に差があり過ぎて姉弟であると認識されておらず、一緒にいるところを目撃されてなお疑われていた。 吉高 声 - 白石の親友の一人。 あだ名は「きっちゃん」。 長身でボーイッシュな黒髪ショートの女子生徒。 生まれ、身長164センチメートル、血液型はO型。 三好と共に、白石の恋路を応援している。 三好 声 - 白石の親友の一人。 あだ名は「みよちゃん」。 やや小柄で泣きぼくろのある青髪の女子生徒。 生まれ、身長155センチメートル、血液型はA型。 吉高と共に、白石を見守る。 茶道部に所属している。 鷲塚先生 声 - 田中のクラス担任の男性教師。 担当教科は数学。 生まれ、身長162センチメートル、血液型はA型。 穏やかな初老の男性だが、時には厳しい一面を見せることもある。 西園寺 声 - ハンバーガーショップ「ワクドナルド」などでアルバイトをしている20歳の女子大学生。 生まれ、身長159センチメートル、血液型はA型。 様々なバイトを掛け持ちしており、しばしば遭遇する田中と太田のことが気になっている。 時に彼女視点での物語が展開されることがある。 猪熊 声 - 越前と友人関係のヤンキー。 生まれ、身長177センチメートル、血液型はA型。 見た目はいかにもなヤンキー風だが、越前と同じく義理堅い性格で、意外と良い人。 古谷先生 声 - 関根明良 田中の学校の音楽教師。 生まれ、身長159センチメートル、血液型はA型。 大人しく気弱な性格の女性教師。 田中のマイペースさには振り回されることが多い。 越前の母 声 - 小日向 三中女子バレー部の主将。 容姿が太田にそっくりで、早夜の忘れ物を届けに来た太田を見た早夜のチームメイトから妹と勘違いされ、太田本人からも似ていると評された。 書誌情報 単行本• ウダノゾミ 『田中くんはいつもけだるげ』、〈〉、全13巻• 2014年4月26日発売 、• 2014年7月22日発売 、• 2014年11月22日発売 、• 2015年5月22日発売 、• 2015年11月21日発売 、• 2016年4月22日発売 、• 2016年9月21日発売 、• 『アクリルチャームブックマーカー付き 初回限定特装版』 同日発売 、• 2017年4月22日発売 、• 2017年9月22日発売 、• 2018年3月22日発売 、• 2018年9月21日発売 、• 2019年3月22日発売 、• 2019年9月12日発売 、 ファンブック• 『田中くんはいつもけだるげ 5. 5 OFFICIAL TANAKABOOK』 2015年11月21日発売• 『田中くんはいつもけだるげ 13. 5 MEMORIAL TANAKABOOK』 2019年9月12日発売 テレビアニメ 2016年4月より6月まで・ほかにて放送された。 キャッチコピーは『頑張らなくても青春は楽しい』。 テレビ放送のほか、にて毎週土曜に「田中くんは映画館でもけだるげ」と題し、放送より数時間程度の先行上映会を開催。 劇中の背景美術は主に内の複数の町 でしたものから作品の世界観に合う景色を組み合わせて使用している。 蛇足だが、BS11では日曜日の27:30~(月曜早朝3:30~)というもっとも深い時間帯に放送されていて、2019年7月期現在この枠で放送されたのは当番組のみである(詳しくは「」の項目を参照)。 スタッフ• 原作 - ウダノゾミ• 監督 -• シリーズ構成・脚本 -• キャラクターデザイン -• プロップデザイン -• 美術設定 - 綱頭瑛子• 美術監督 - 栗林大貴• 色彩設計 - 重冨英里• 3D監督 - 須藤悠• 撮影監督 - 佐藤敦• 編集 - 坪根健太郎• 音響監督 -• 音楽 -• 音楽制作 -• 音楽プロデューサー - 伊藤善之、吉江輝成• プロデューサー - 田中太郎、金子逸人、中川二郎、飯塚寿雄、遠藤哲哉、、上治知世、若林由美、吉江輝成、今優子• アニメーションプロデューサー - 中川二郎• アニメーション制作 -• 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 第一話 田中vs太田 仁義なき戦い 面出明美 井上圭介 伊部勇志 小松原聖 飯塚晴子 第二話 小さいことはいいことだ? 第三話 太田くんの幸せレシピ 伊部勇志 加藤久美子 山本亮友 第四話 白石さん、恋の手相占い 伊部勇志 面出明美 南雲紋 第五話 越前、宿命のたいけつ 加藤久美子 第六話 西園寺さんと不可解な客達 今吉生馬 第七話 太田家のクッキング講座 南雲紋 Webラジオ 『 田中くんはラジオもけだるげ』のタイトルでにて2016年4月8日から7月15日まで毎週金曜日に配信された。 全15回。 パーソナリティは(宮野 役)と(越前 役)。 ゲスト• 第 02回:(加藤 役)• 第 03回:(太田 役)• 第 04回:(志村 役)• 第 05回:(白石 役)• 第 06回:(オープニングテーマ担当アーティスト)• 第 07回:(エンディングテーマ担当グループ「」ボーカル)• 第 08回:(莉乃 役)• 第 09回:(監督)• 第10回:(早夜 役)• 第11回:永峰遙(きっちゃん 役)、(ミヨちゃん 役)• 第12回:(田中 役)• 第13回:(原作者)• ふつうのおたより - リスナーから寄せられた普通のメッセージや質問、作品の感想を普通に紹介する• リスナーさんはいつもけだるげ - リスナーのけだるげで楽しかったこと、逆にだるくて失敗したエピソード• 白石さんはいつも不安げ - 白石のキャラクターに合わせて「ちょっとした秘密ごと」を募集する• 越前さんはいつも悩ましげ - 思い込みの激しい越前のキャラクターに合わせて「しょうもない悩み事、体験」を募集、諏訪が解決する• 太田くんはいつも頼もしげ - 太田のキャラクターに合わせて「まわりの頼もしい人物」のエピソードを募集• 宮野さんはいつかけだるげ - けだるげをめざす宮野のキャラクターに合わせて「このセリフを言えばけだるげに思われる」フレーズを募集し、実際に高森が読む 第1部 前番組 番組名 次番組• イメチェン前後で印象が全く異なる白石を、田中だけが同一人物と気づくことができたのは、胸の大きさで判断したからで、ある意味では通常以上の関心である。 2015年11月19日. 2015年11月19日閲覧。 漫画3巻58P。 漫画3巻26P。 漫画3巻34、35P。 漫画3巻36 - 39P。 漫画3巻66P。 スクウェア・エニックス. 2016年4月22日閲覧。 スクウェア・エニックス. 2016年4月22日閲覧。 スクウェア・エニックス. 2016年4月22日閲覧。 スクウェア・エニックス. 2016年4月22日閲覧。 スクウェア・エニックス. 2016年4月22日閲覧。 スクウェア・エニックス. 2016年4月22日閲覧。 スクウェア・エニックス. 2016年9月21日閲覧。 スクウェア・エニックス. 2016年9月21日閲覧。 スクウェア・エニックス. 2017年4月22日閲覧。 スクウェア・エニックス. 2017年9月22日閲覧。 スクウェア・エニックス. 2018年3月22日閲覧。 スクウェア・エニックス. 2018年9月21日閲覧。 スクウェア・エニックス. 2019年3月22日閲覧。 スクウェア・エニックス. 2019年9月12日閲覧。 アニメ! アニメ(株式会社イード) 2016年2月18日. 2016年2月18日閲覧。 校舎のをはじめとした、など。 一部やの背景も使用されている• 架空の町を描くための背景モデルとして使用している為、実際の地理に則して描かれてはいない• 響 - HiBiKi Radio Station. 2016年6月6日閲覧。 TVアニメ「田中くんはいつもけだるげ」公式サイト. 2016年3月3日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 響 - HiBiKi Radio Station. 2016年7月22日閲覧。 外部リンク•

次の

オープニング&エンディング主題歌アーティスト決定

田中 くん は いつも けだる げ 声優

あらすじ【田中くんはいつもけだるげ】 とある高校の供しての片隅。 眠そうな目で頬杖をついている 男子高校生・田中はいつもけだるけ。 授業中は居眠り。 体育の時間も動かない。 登校も下校も出来るだけ歩きたくない。 変化のない日々をゆるゆる過ごしたい。 なのに田中の周りは意外とにぎやか。 外見は怖いけどおかん気質な太田。 全力前回猪突猛進んあ宮野。 才色兼備(?)な委員長の白石。 ヤンキーリスペクトの越前。 しっかり物すぎる妹……etc こんな個性豊かな面々に囲まれてもマイペースにのんびり。 そんな田中のけだるい日常を描く インセンティブ青春コメデイが ゆるゆると開幕……するかもしれない。

次の

【ゆるく生きる】アニメ「田中くんはいつもけだるげ」に学ぶ生き方

田中 くん は いつも けだる げ 声優

あらすじ【田中くんはいつもけだるげ】 とある高校の供しての片隅。 眠そうな目で頬杖をついている 男子高校生・田中はいつもけだるけ。 授業中は居眠り。 体育の時間も動かない。 登校も下校も出来るだけ歩きたくない。 変化のない日々をゆるゆる過ごしたい。 なのに田中の周りは意外とにぎやか。 外見は怖いけどおかん気質な太田。 全力前回猪突猛進んあ宮野。 才色兼備(?)な委員長の白石。 ヤンキーリスペクトの越前。 しっかり物すぎる妹……etc こんな個性豊かな面々に囲まれてもマイペースにのんびり。 そんな田中のけだるい日常を描く インセンティブ青春コメデイが ゆるゆると開幕……するかもしれない。

次の