勉強 させ て いただき ます。 勉強はやる気が全て!?勉強のやる気を引き出す方法10選

値引きするという意味の「勉強する」

勉強 させ て いただき ます

それもその筈、この言葉、出所は「大阪」でっしゃろ? 「大阪」の商人さんが、使わはったもんで、語源なんてたどらしまへんのや。 それが証拠に、 わては、「勉強」は正しい使い方でおまへん。 「勉学」とか「勉励」と言いなはれ、と言われ続けておりましたんや。 「勉強」という文字を「勉学」と同義で使うのは、日本人だけだす。 ですから、「勉強」=「値切り」は「無理を重ねてもしょうもおへん、清水の舞台から飛び降りたつもりで、もういっちょう、値切らせてもらいまっさ」という大阪言葉=関西弁が語源だす、という回答にさせてもらいます。 それに「お勉強させてもらいます」なんて、なんて関西的でかっこいいんでしゃろ、浪速の商人は、「詩人」だす。 乱気流さん 「勉強」の語句自体は、孔子の孫・子思の作と伝えられる『中庸』 元『礼記』の一編 にも見出され、 読んで字の如く「強いて勉める」ことで「つとめはげむ。 精を出す。 努力する。 」等を意味して、本来対象とする事物・分野等を特定・限定していた訳では有りま せん。 商取引の値段交渉の際に互いに「高い・安い。 まける・まけない。 」等と露骨に言い合ったり、直接的に「値引き」等の表現を遣うのは失礼でもある事から、両者がお互いの立場を尊重する駆け引きの中で「値段を下げて利益が薄くなっても売ります=精一杯無理をする。 努力する。 」その姿勢・態度を指して「勉強」と間接的な表現がされるようになりました。 現代の国語辞典を見れば、商品の値段を安くする事と学問・技芸等を身に付けるために努力する・学習等と項目を分けていて、後者の方が一般化しているのは確かですが、学問・学習でも「精を出す。 努力する。 」ことを要するので「勉強」の言葉があてられるようになっただけで、 遣われ方としては商取引の方が古く、本来的には、学生が勉強に励むことも、商人が勉強に励むことも同じ意味で、どちらも「精を出してその道に励む」ことを意味していますので、同じ字があてられている訳です。 参考図書:大修館『漢語新辞典』鎌田正・米山寅太郎著 新講社『日本語おもしろ雑学練習帳〔語源篇〕』日本雑学能力協会編著 Tsuneさん 大辞林によると、「勉強する」には、もともと、「(商人が)商品の値段を安くして売ること」という意味があります。 また、なぜ、「勉強」という字をあてるようになったかは、「勉強」という言葉の第一義は「努力して困難に立ち向かうこと」であることから、商人にとっては「値引きすること」はすなわち「努力して困難に立ち向かうこと」であるためそのような表現が使われるようになったと思われます。 参考URL:物の由来や語源に関する掲示板 よりかさん 勉強…精を出す。 困難なことを強いて勤める。 旺文社 漢和辞典 勉強するの本来の意味は困難なことを強いて勤めることだと思います。 商人にとって値下げは「困難なこと」それを自らさせて頂くという意味で勉強を使うのではないでしょうか。 くろぅさん 俗語ですが、勉強を「学習する」という意味に使うのは近代日本語の特別な用法です。 もともと勉強という言葉の意味は、困難なことをむりにがんばってやること、むりに勧めることという意味です。 ですから、商人が商売をする上で、また買い手が値切る上でそのかけひきにストレートに「まける、まけない」というより「勉強」という言葉を使い始めたのがきっかけだと思いますが、勉強するということはさせる相手よりも力関係で下になりますから、売り手とすれば客を立てて売るという姿勢につながりこの言葉が重宝されるようになったと思われます。 matsumotoさん 「勉強」の語源は中国語で「無理をすること」という意味だそうです。 つまり商人が無理をして値引きするという意味で「勉強する」という使い方をする様になったようです。 「勉強」が現代のように「学習」の意味で使われるようになったのは明治以降のことで、「無理をして知識をつける」ことが美徳とされて「勉強=学習」となったそうです。 参考URL:LIFE 勉強などの由来かと思ったら、どうやら商取引などの方が古そうなのにはビックリです。 それにしても、ムリをして知識をつけるなんて、いかにも昔の学校の授業みたいでイヤですね。 子供には、ムリをせずに興味を持って勉学してくれればいいのですが、やっぱりついつい「勉強しろ〜!」って言っちゃうんだよね。 なるべく勉強という言葉を使わないにするかな.. 正答者の方々です。 本当にありがとうございました。 そくらちゃん・乱気流さん・Tsuneさん・よりかさん・くろぅさん・matsumotoさん.

次の

中学生の勉強時間・睡眠時間ってどのくらい?|栄光ゼミナールの高校受験情報

勉強 させ て いただき ます

値引きします、という意味で「勉強させてもらいます」 値引きしてよ、という意味で「もうちょっと勉強して」「勉強が足りない」 とか言ったりしますが、この「勉強する」というのは 標準語?として、日本全国で普通に使われてる言い方でしょうか? 「もうちょっと勉強してよ」とか言ったら「え?(どういう意味?)」 みたいに通じないことも結構あるのでしょうか。 地域的にというより、年代的に通じないということも あるのかもしれませんが・・・ あと、そういう値引き交渉が出来るお店でないと は?何言ってるの?と値引き交渉自体を否定されることも あるかもしれませんが、それは除外してください。 「もうちょっと勉強できませんか?」と言うよりは普通に 「もう少し値引きできませんか?」と言う方が良いのでしょうか。 あまり何も考えず「勉強する」という言葉を使うこともありますが あんまりいい言い方ではないでしょうか? ちょっと、気になりました。 ご存知の方に教えていただければと思います。 こんにちは。 「勉強する」という意味の中には「精一杯努力する」という意味も含まれていますので、商い言葉ではよく使われる言葉です。 「もうちょっと勉強できない?」と言えば、全国どこの販売店でも通じると思います。 全国で通じるという事は、ある意味「標準語になった」と言えます。 「もう少し値引きしてよ」という言い方と、「もう少し勉強してよ」という言い方を比べたら、何かこう商人と客の駆け引き、値段交渉に使うなら「勉強して」の方が何となく「やわらかい」感じがします。 「もう少し値引きしてよ」では、ちぃっと露骨過ぎやしないか?とも思えなくありません。 私も会社を経営していた頃がありましたが、お得意様に「もうちょっとも値引きできる?」と聞かれるよりも「もうちょっと勉強できないかなぁ」と言われた方が、露骨な表現じゃ無いので、不快を感じる事は無かったですね。 まぁ「風情のある言葉」「相手をその気にさせる言葉」として捉えれば、「もう少し勉強して」「もう少し勉強できない?」の方が、交渉もスムーズにいくと思います。 A ベストアンサー 1 「程」に「お待ちしております」をつけてよいかの問題 「程」に「お待ちしております」をつけるのは違和感があります。 「程」はぼかした言い方で、連絡に必要な準備や配慮を含めたものごとの一式を意味すると思います。 したがって、「よろしくお願いします」というあいまいな文句と相性が良いと思います。 「お待ちしております」では具体的な「連絡そのもの」を待っているのですから、「程」は余計な言葉になります。 ただし、「…の程、お待ちしております」がまちがいだと断定はできません。 2 「程」は漢字か平仮名か 「ご理解の程」「ご了承の程」「ご了解の程」「ご利用の程」などで検索すると、漢字派と平仮名派の勢力はほぼ拮抗しているようです。 おおむね平仮名がやや多いようですが、これは、「程」に名詞としての明確な意味がないと感じるためだと思います。 面白いのは、「ご了解の程」では漢字が多数であることで、これは言い訳をするときは漢字を使いたくなる(=わかりやすく書きたくない)心理かもしれないと思いました。 3 辞書による説明 「程」をいくつかの辞書で引いてみましたが、それらの意味の説明は大きく異なります。 辞書編纂者も手を焼く言葉のようです。 1 「程」に「お待ちしております」をつけてよいかの問題 「程」に「お待ちしております」をつけるのは違和感があります。 「程」はぼかした言い方で、連絡に必要な準備や配慮を含めたものごとの一式を意味すると思います。 したがって、「よろしくお願いします」というあいまいな文句と相性が良いと思います。 「お待ちしております」では具体的な「連絡そのもの」を待っているのですから、「程」は余計な言葉になります。 ただし、「…の程、お待ちしております」がまちがいだと断定はできません... A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。

次の

キャスト・スタッフ|遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます|ドラマ|WOWOW

勉強 させ て いただき ます

「勉強する」という言葉は社会人になってもさまざまな場面で使われ、どんな仕事をしているときでも「精進する」、「勉強する」、「何かに励む」という言い方は、敬語表現として使われることが多いです。 ・ご貴重な経験をさせていただきました。 ・今後とも、学ばせていただきます。 ・どんなことでも、勉学として受け取らせていただきます。 ・大変貴重な参考とさせていただきました。 このように「勉強する」という言葉の言い換えをもって、他にもさまざまな言い方がされます。 「勉強する」の敬語での使い方 日本語には主に3種類の敬語表現があり、1つ目は尊敬語、2つ目は謙譲語、3つ目は丁寧語による表現となり、それぞれの敬語表現は場面によって使い分けられます。 尊敬語は「目上の人・上司に対して話者が一方的に敬意を示す敬語表現」となり、もっぱらビジネス上のやり取りにおいて使用される一般的な敬語表現となります。 謙譲語は「相手と自分の立場や関係性を問わず、話者が自発的にその姿勢や立場を低め、相手への敬意を示す敬語表現」を意味し、これはビジネス上・プライベートを問わず、実に多くの場面で使われています。 丁寧語は「不特定多数に公示できる丁寧な言葉遣いによる敬語表現」を指し、主に「です・ます調」をもって相手に伝えられる一般的な情報に見受けられます。 よくニュースのテロップや、SNSサイトで掲載される宣伝文句などに多く使われている敬語表現となります。 ビジネスメールで「勉強する」という旨を敬語で伝える際でも、先述しました「勉強する」の一般的な敬語表現を用いてかまいません。 ・ぜひ、精進させていただきたいです。 ・ご貴重な経験をさせていただきました。 ・今後とも、ご助言のほど、どうぞよろしくお願いいたします。 これらの言葉は「勉強する」という言葉を敬語に置き換える際に、実によく使われている敬語表現となります。 たいていこの4つの敬語表現をもって「勉強する」という旨を相手に伝えると、相手への印象はかなりよくなるでしょう。 仕事での「勉強する」の敬語の使い方 基本的に「勉強すること」を敬語表現をもって相手に伝える場合、その相手は上司や立場が上位にある人であることがほとんどです。 そのため「勉強する」という言葉を使う際にも慎重に言葉を選び、その「勉強する」という言葉以外の表現にしても、きちんとした敬語を使っておくことが肝心です。 つまり「文章・会話表現の全体的なバランスを図って敬語表現すること」が大切で、たとえ「勉強する」という言葉の敬語表現をいかに多く知っていても、その言葉を含む表現全体をしっかり把握しておくことが大切です。 「勉強する」を敬語表現するときの例文 先でご紹介しました「勉強する」の敬語の使い方ですが、「文章・会話表現の全体的なバランスを図って敬語表現すること」を意識する習慣を身に付け、あとはいくつもの例文を作って覚えていくことが大切です。 ・先日は大変お世話になりました。 この度のセミナーは、大変ご貴重な経験となりました。 ・次期プログラムへの従事の機会をいただき、ぜひ精進させていただたく存じます。 ・今後とも、益々もって貴社さまの仕事へ励んで参りたいと存じます。 ・大変ご貴重なご助言をいただき、多くのことを学ばせていただきました。 「勉強する」という言い方は「勉学」や「学ばせていただきました」という語形に変えておき、「勉強」という言葉そのものを使わない場合が比較的多いです。 「勉強」という言葉は義務教育に対して使われる場合が多く、社会に出て「勉強すること」を言う場合は「勉学」という言葉が基本的に使われます。 「勉強する」の別の敬語表現例 先でご紹介しましたように、「勉強する」という言葉は「勉学」や「学ぶ」という言い方に置き換え、あえて「勉強」という言葉そのものを外しておくことも工夫の1つです。 ・大変貴重な経験をさせていただきました。 ・ぜひ多くの事柄を学ばせていただきます。 ・益々もって精進させていただきます。 ・ぜひ目標に向けて、邁進させていただく所存です。 ・今後とも、多くのご助言をいただけますよう、何卒よろしくお願い申しあげます。 「勉強する」の類義語と意味 日本語をはじめ各国の言葉を覚える際には、その言葉の関連語と一緒に覚えることが効果的です。 その関連語には類義語や対義語があり、意味の似た言葉と正反対の意味合いを持つ言葉をセットで覚えることによって、その1つの言葉への理解がさらに深まるでしょう。 ・勉(つと)める ・学業に励む ・勤勉 ・苦学する ・参考にする ・教訓を得る ・励む ・精進する ・邁進する ・努力する ・刻苦勉励(こっくべんれい:心身を捧げて仕事や勉強に打ち込むこと) ・習得する ・会得する ・吸収する ・修める ・インプットする これらの言葉が並びますが、どの言葉にも「新しい知識を会得すること」や「何らかの新しい仕事に真面目に打ち込むこと」という意味合いが含まれます。 学ぶなど 先でご紹介しました「勉強する」の英語表記を参考にして、「勉強する」という意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。 ・I have a very valuable experience this time. 「この度は、大変ご貴重な経験をさせていただきました。 」 ・Regarding participation in the next project, I would like to continue to devote ourselves to the future. 「次期プロジェクトへの参加につきまして、ぜひ今後とも精進させていただきたく存じます。 」 ・I will learn a new job. 「新しい仕事を学ばせていただきます。 」 「勉強する」の英語表現と意味(2) 先述の「勉強する」の英語表現と意味に引き続き、さらに具体的な「勉強する」の意味合いを含めた例文をご紹介します。 ・Thank you very much for your valuable advice this time. 「この度は貴重なご助言をいただき、誠に感謝申し上げます。 」 ・With the admission to Doshisha University as my first choice, I would like to devote more and more to literature. 「第一志望の同志社大学への入学を機に、益々文学に精進していきたいと存じます。 」 「勉強する」の英語表現と意味(3) 先述の「勉強する」の英語表現と意味に引き続き、今度は「勉強する」という旨を伝えるさまざまな場面についてご紹介します。 ・We will step forward to further study after taking this experiment report as a step. 「この実験報告をステップにした上で、さらなる勉学に精進いたします。 」 ・"Studying" is to acquire various life experiences. 「「勉強すること」とは、さまざまな人生経験を会得することです。 」 ・"Studying" is to keep going for everyone throughout the life. 「「勉強すること」は、一生誰でも続けていくことです。 」 「勉強する」の正確な敬語表現をマスターしましょう いかがでしたか。 今回は「勉強する」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例と題して、「勉強する」という言葉の正確な敬語表現やその使い方、またさまざまな場面で使われる「勉強する」という言葉の用例についてご紹介しました。 「勉強する」という言葉は社会に出てもさまざまな場面で使われる表現であり、これは「人生は一生勉強」の言葉でも認められるように、人というのはずっと勉強して経験を積んでいくことに起因しています。 つまり「何かを経験すること」そのものが勉強になっているということで、会社へ入社してどんな仕事をする場合でも、この「勉強する」という言葉は必ず使われることになります。 このように、ずっと使っていく言葉であるからこそ、その表現法や敬語のあり方を正しく理解しておきましょう。

次の